忍者ブログ
プロヴァンス滞在記 (管理人の日記です)
今日は城山へクライミング。
メンバーは我が家とケイスケさん。
朝5:00に我が家へ迎えに来てくれて、出発!
我が家のエブリィとは違ってハイエースは早い!!
途中買い出しも含めて、7:03峠の駐車場に着いた。

7:49 岩場・ワイルドボア到着。
登ったのは・・・

イスタンブール  5.8
みんなでアップ

ジャンバラヤ  5.11c
オクサンのトップロープ張り・兼アップで登ったが、逆光が激しくてホールドが眩しくて見えず、半分手探り?で登る羽目に。思わず落ちるかと思った。パンプしてしまった。

ドロンパ  5.12a
ケイスケさんがトライして、私もついでで1回登ってみた。だいぶ前に既に登ったルートだけど、気持ちよくレッドポイント出来た。

ラストショー  5.12a
エリアに入ってすぐ、エリア一番上の、視野に入りにくいルート(笑)
短いし、見た目汚いし、今までまったく食指が湧かなかったルートだが、誘われて試しに登ってみたら意外に面白かった。厳しめボルダームーブのルートです。
オンサイトは出来ず。1回目はハングドックとなったが、2回めのトライでRPした。

ジャンバラヤ  5.11c
最後に回収でトップロープ。

ドロンパ 5.12a を登るケイスケさん。


ラストショー 5.12a を登る私。


ジャンバラヤ 5.11c をトップロープでトライするオクサン(右)


天気は・・・昨夜の雨が残っていたのか着いた時は曇り。emoji
その後は回復して晴れemoji時々くもりemojiの上々な天気だった。

ケイスケさんは、ドロンパ(5.12a)を3回目でレッドポイントした後、ラストショー(5.12a)を私と一緒にトライ。
オクサンはジャンバラヤ(5.11c)を3回トップロープトライ。

登り終わって駐車場に戻ったのは 16:35。
楽しくクライム・オン!の日だった(笑)

帰りの高速は通勤渋滞ありだったけど、19:00過ぎに自宅に着いた。
来週は鳳来予定。楽しみです。
PR
いつも通うジム・ビックロックでは、「私はもはやクライマーではなくハイカーだから」と公言しているこの頃ですが・・・(笑)
いろいろ思う所あって、今月からはクライミングを中心にしていく予定です。
その第一弾で今回はまず鳳来。

前夜、仕事が終わって大急ぎで準備。19:30 出発。
近所のガソリンスタンドで満タンにして、コンビニに寄って東名高速へ。
お風呂はお気に入りの足柄SAの あしがら湯
長湯して、吉野家で蕎麦を食べて・・・
いつもの車中泊ポイントの浜松SAに着いたのは0:30だった。

-------------
7:00 に目覚ましをかけたが疲労で起きられず、7:19ようやく起きた。
天気予報は晴れだったが・・・曇り空。

▼コンビニで買い出しして、ウッドデッキで朝ごはん。(7:51)


8:50 岩場最寄りの駐車場。
9:47 今日の岩場に着いた。

今日の岩場は、今年の春に一度来て5.12cを登ったのですが、じつは17年間寝かせた宿題もあります。数字は5.12dですがなかなか手強い。17年前、身体も軽く好調な頃に1日トライして、終了点直前の第2核心で耐えられずにレッドポイントを逃していた。
その後はこの岩場に来る機会がなく、ずっと気にし続けていたのですが・・・
やってみようかな!?って。。。

しかし、夜行で寝不足のせいなのか、先週までの連続の山歩きの疲れが取れていないのか、調子が非常に悪くて・・・。
岩場についても辛くてしばらく昼寝。
ようやく起きてアップして・・・でも調子が悪くてグッタリ。
空も曇りで気持ちも冴えない。

12時過ぎ、本題の課題にようやく取り付いたが・・・
身体が重鈍くて思うように動かずテンションの嵐・・・
棒クリップの助けを借りてトップアウト。emoji
ムーブは何とか解決できたけど、レッドポイントは遠い感じだ。
1回のみトライ、ヌンチャクは回収した。
たった1回のトライなのに指の皮がボロボロになってしまった。
鍛え直さないといけないですね。。。

15時頃、今年の春の取りこぼしの5.12aを片付け?にいったが、ボロボロの指の皮では論外だった。指の皮が痛すぎてムーブが出来ず。これも宿題になってしまった。
ダメダメの1日だった。
情けないです。

不調の私を横目に、オクサンは課題の5.10+を気合のクライミング。
トップロープだけどノーテーションで登れていた。

15:52 岩場撤収。
今日の天気は終日雲が多くて emoji たまに日が差す程度だった。
湿気も非常に高くてホールドの感触も悪くて(言い訳だけど)、いろいろ残念だった。

温泉はうめの湯へ。
露天風呂で長風呂した。

▼名号のコンビニ、木彫りの熊がお出迎え。(18:44)


帰りの運転は・・・明日も休みなので急ぐ必要もなく。
途中で仮眠したりノンビリ運転。
自宅に着いたのは 24:30頃だった。

昨日の快晴の蓼科山につづいて、今日は硫黄岳・横岳に行ってみた。
積雪期はお馴染みの場所ですが、無雪期に来るのは学生の頃以来・なんと34年ぶりです。しかもその学生の頃に来た時は全て濃霧か雨で眺めなしだった・・・。
今回は快晴予報だし、どんな風景を楽しめるのかすごく楽しみ。。。

------
5:00 起床
桜平の夜は風もなく静かで快適だった。
前夜の大河原峠と違って気温も氷点下にはならなかった。

5:45 まだ暗い中、ヘッドランプを点けて歩き始め。
最初は林道の歩き。
コンクリート道の急登が辛い。
すぐ明るくなってきてヘッドランプをしまう。

6:17 夏沢鉱泉。
登山届を書くのに手間取り7分(6:24まで)。

▼夏沢鉱泉から北アルプス(穂高連峰~槍ヶ岳)の朝焼け。(6:24)


6:45 休憩19分(7:04まで)。
7:25 オーレン小屋

夏沢峠を越えるこの道は、かつては八ヶ岳を越える街道として、様々な人々が往来した歴史ある道。古の人々の息遣いが感じられそうな素晴らしい道です。峠の東側では日本最高所の露天風呂がある本沢温泉が有名ですが・・・温泉にも寄りたいけど、今回は夏沢峠まで。そこから稜線を登って硫黄岳を目指します。

7:52 夏沢峠。31分休憩(8:23まで)。
上州の山々の眺めが素晴らしい。
空気が冷たく寒い。サーモスのお茶の消費が早い。
風の音がゴーゴー鳴っている。

▼夏沢峠、背景は硫黄岳。(7:52)


夏沢峠から少し樹林を登って、樹林を抜けたらすごい強風。
あらかじめカッパの上下を着込んでおいてよかった。
頻繁に身体がフラつくくらいの強風。
急登でもないのに風で身体が重くて軽快に歩けない。

▼硫黄岳の登り(8:42)


▼硫黄岳の登り(8:57)


振り返ると眺めが素晴らしい。
冠雪した御岳、乗鞍、北アルプスを見渡せる。

▼硫黄岳の登り、背景・遠くに冠雪した北アルプス。(8:57)


9:19 硫黄岳(標高2,760m)山頂に到着。
強風のおかげか?空気が澄んで眺めが最高に素晴らしい。
風を避けて避難小屋の横に荷物を置いて、休憩ついでにバーナーを出してお茶を作ってサーモスに補充した。

▼硫黄岳(標高2,760m)(9:20)


▼硫黄岳名物?爆裂火口(9:23)


▼風を避けてお茶を作る(9:37)


今日の目的地は硫黄岳までだったが、あまりにも簡単に着いたので悩む。
このまま下るには不完全燃焼だし、硫黄岳から横岳までは往復2時間程度。
時間的には問題はないので、横岳まで足を伸ばしてみようか?・・・って。
オクサンと協議して行くことに決定した。

▼硫黄岳山頂から横岳・赤岳(硫黄岳から)(9:42)


硫黄岳から緩やかに下って・・・
10:10 硫黄岳山荘
強風がすごくて、山荘の吹き流しが真横になって激しくなびいている。

▼硫黄岳山荘。吹き流しが真横になびいている。(10:10)


10:38 台座の頭
北沢と大同心の眺めが素晴らしい。
赤岳鉱泉が遥か下に見える。

横岳直下の登りは、遠目には大変そうに見えたが、真下に来てみると僅かの登り。
鎖場・ハシゴも大したことはない。

10:50 横岳(標高2,829m)山頂。
四方の山々や谷を眺めながら、お湯を沸かしてカップラーメンを作って昼休み。
休憩38分(11:28まで)

▼横岳(標高2,829m)(10:51)


▼赤岳・阿弥陀岳、その向こうに権現岳、遠くに北岳・甲斐駒・仙丈。(10:52)


▼頂上でカップラーメン。(11:09)


▼北アルプス。穂高~槍ヶ岳。(横岳から)(11:24)


▼鹿島槍~白馬岳。右は蓼科山。(横岳から)(11:24)


▼左奥から白馬岳~戸隠・妙高~浅間山(11:25)


11:28 硫黄岳へ向かって引き返し。
大同心を登っているクライマーがいた。夏は岩がボロくて登るクライマーなんていないと思っていたが、そうでもないんですね。。。

▼大同心。写真中央に登っているクライマーが小さく見える。(11:33)


▼横岳の鎖場。怖そうに歩くオクサン。(11:36)


11:58 硫黄岳山荘を通過。
硫黄岳の登り返しはホンの少しなのに風で身体が重くてなかなか進めない。

▼硫黄岳の登り返しが強風で辛い。(12:07)


12:21 硫黄岳、17分休憩(12:38まで)

▼強風の硫黄岳山頂(12:21)


硫黄岳からは赤岩の頭方面へ。
横岳西面の沢・大同心を左に見ながら下る。
ジョーゴ沢の上部の滝がすでに凍っているのが見える。
もうじきアイスクライミングの季節ですね。。。

▼赤岩の頭の少し手前。(12:48)


12:50 赤岩の頭分岐。写真を撮るため7分(12:57まで)。
硫黄岳の稜線を見ると、大きなケルンが等間隔に、 まるで狼煙台のように並んでいて面白い。
濃霧の時は非常に大切な目印ですが・・・

▼冬にお馴染みの横岳西面。大同心やジョーゴ沢がよく分かる眺め。(12:54)


13:20 峰の松目コル
今日最後の登り・峰の松目は、予想外の急登で辛かった。
鬱蒼とした樹林、階段と木の根の急登。
硫黄岳と横岳の楽しかった登りの余韻をぶち壊す汗臭い登りだった(笑)

13:34 峰の松目(標高2,568m)山頂。
樹林の中、眺めはない。
頂上標柱の回りは3~4人で満員になる位の狭さ。
誰も来そうにないし疲れたし、標柱の前にシートを敷いて休憩した。
17分(13:51まで)

▼峰の松目、樹林の中で風景なし。疲れたー。(13:34)


あとはもう下るだけ。
樹林の中をガンガン下る。

14:03 峰の松目コル
14:17 赤岩の頭・峰の松目分岐

14:24 オーレン小屋。
小屋でビールを買って余韻に浸って飲む。
休憩18分(14:42まで)。

あとはもう林道を歩くだけです。
楽しい山歩きだった~。
こんな手軽に大展望を楽しめる八ヶ岳はやっぱり素晴らしいですね。 。。

▼オーレン小屋でビール!美味しい。(14:31)


15:09 夏沢鉱泉。
15:28 桜平・登山口に着いた。

▼桜平登山口に帰還。(15:28)


車で下る林道は、紅葉がとても美しかった。
桜平の周辺は今が盛りなんですね。

▼カラマツ林の林道の紅葉が美しい(16:14)


今日は温泉はなしでそのまま中央道へ。
途中、夕焼けの時間帯。
夕日を浴びた八ヶ岳と北アルプスが美しかった。

▼夕日を浴びる横岳 (16:35)


▼夕日を浴びる穂高連峰~槍ヶ岳、諏訪南ICのすぐ近くから。(16:44)


帰りの高速は、ちょうど通勤渋滞が終わるタイミングになり順調。
20:00 自宅に着いた。

昨夜の大河原峠は激しく冷え込んだ。
6:00起床のつもりが、寒くて起きられず。
7:00近くなり、道路工事の職人さんがトラックのエンジンをかけて、その音と排ガスの匂いで流石に起きる気になって布団から這い出た。

起きた時の車内の温度計はマイナス4℃。
車の内壁も(もちろん外も)結露で真っ白だった。

外に出たら、先週お会いした職人さん。
すごく気の良い方で、少しお話し。
朝早くからお仕事、ご苦労様です。。。

出発準備をして・・・
外にレジャーシートを敷いて朝ごはん。
大河原峠は眺めが良い。

▼早朝の大河原峠。後ろは浅間山。(7:28)


今日の行程は短いので焦る必要もなし。
風景を楽しみながら朝食。
7:43 歩き始め。

▼大河原峠から歩き始め。(7:43)


大河原峠からの登りは、まるで河原のような道が延々と続く。
樹林で風景もない。はっきり言ってつまらない道。

でも、台風の後で出来た水たまりが凍った様がとても面白い。
表層が凍って中の水だけ抜けた薄板状の氷は模様がユニーク・・・
段階的に水が抜けてその水位毎に2層・3層で板状に凍ってたり・・・
模様を眺めて、割って遊んだりで、退屈しのぎになった。

▼水たまりが凍って模様が面白い。(7:58)


8:50 佐久市最高地点(標高2,380m)
樹間に風景が見えだして、湿地の木道が出てきたり、少し面白い道になった。

▼佐久市最高地点(8:50)


9:08 蓼科山荘。
寒いし、休憩にもイマイチなので通過。

▼蓼科山荘(9:09)


蓼科山荘から山頂までは意外な急登。
岩が凍っていて若干歩きにくい。

▼凍った登山道(9:25)


▼振り返ると佐久・軽井沢の眺めが素晴らしい。(9:39)


9:43 蓼科山(標高2,530m)山頂に到着。
頂上は岩だらけの広大な広場(?)。
風が強い。
八ヶ岳と北アルプスの眺めが素晴らしい。
風景眺めて移動しながら写真を撮りまくって・・・
展望台?の横にレジャーシート広げて休憩。
お湯を沸かしてカップラーメン作って北アルプスを眺めながら食べた。
2時間、山頂で休憩した。

▼山頂標柱。背景は北アルプス。(9:53)


▼北アルプス(穂高連峰~槍ヶ岳)(10:01)


▼展望台?(10:03)


▼白樺高原を見下ろす(10:11)


▼岩に付いたエビの尻尾(11:10)


▼左から御岳、乗鞍、穂高連峰(11:26)


▼八ヶ岳、明日はあっちに行こう!!(11:28)


11:44 下り始め。
ずっと風景を眺めていたいが、そうもいかないので・・・
昼になって風景も霞み始めたし・・・
我が家が山頂にいた時はハイカーは数人だったが、下り始める頃から入れ替わりで続々登ってきた。

12:21 蓼科山荘
小屋番さんとお話して、小屋の前でビールと飲んで休憩、27分(12:48まで)。

▼蓼科山荘でビール!!美味しい。(12:30)


13:08 佐久市最高地点を通過。
13:59 大河原峠に着いた。
大河原峠から蓼科山のピストンは最も標高差が少ないお手軽コース。
休憩込みでも片道2時間弱の行程ですが、山頂からの眺めは素晴らしい。
こんなにお手軽に素晴らしい風景を楽しめるのはこの山ならでは??
楽しい山歩きだった。

▼大河原峠に戻った。(13:59)


林道を下って白樺高原に着くと紅葉が素晴らしい。
途中で何度か車を駐めて記念撮影。

▼紅葉と蓼科山(14:54)


▼白樺の紅葉(14:55)


いったん白樺湖へ降りて、ローソンで今晩のお酒とツマミを購入。
スズラン峠へ登って、蓼科高原・プール平へ向かう。

▼蓼科高原と八ヶ岳。これから行くよ~。(15:35)


今日の温泉は 蓼科温泉共同浴場
ここは、お湯質が素晴らしくて素晴らしい。しかも源泉掛け流し。
雰囲気も良いし、お気に入りです。

▼蓼科温泉共同浴場(15:54)


温泉の後は、蓼科高原を降りて、桜平へ向かってドライブ。
三井の森を抜けて林道へ。

18:00 桜平の駐車場に着いた。
今晩はここで車中泊。
昨夜の大河原峠よりだいぶ暖かい。
明日は硫黄岳を登りに行きます。
見事に雨ばかりの今年の10月。
先週の台風でようやく終了かと思いきや、またまた台風到来。
この3連休は、三たび挑戦?の白根三山縦走をしよう!って楽しみにしてたのに・・・
先週の台風でも積雪して、今回またもや直前の台風で状況が判断つかない。emoji
悩んで悩むうちにモチベーションもダウン・・・
結局、前夜出発も出来ず(台風で暴風雨)、白根三山は諦めた。。。

前夜いろいろ悩んだ。
コスパ第一で楽しめそうなのは???って・・。
で、八ヶ岳へ、車中泊で日帰りハイキング2連発ってプランに決定。
  1日目は移動・ドライブ・温泉emoji
  2日目のターゲットは蓼科山(標高2,531m)。
  3日目のターゲットは硫黄岳(標高2,760m)。
もちろん紅葉見物もすごく楽しみです・・・。

*******
8時頃起きて、パッキングやいろいろ出発準備開始。
11:00 自宅を出発。
東名・圏央道・中央道で八ヶ岳を目指す。
台風一過の快晴。山々が美しい。紅葉も美しい。
初狩PAで昼ご飯。
笹子トンネルを抜けて甲府盆地へ出ると・・・南アルプスに雪は無い。

昨日の台風は南アルプスでは雨だったんですね・・・
白根三山はOKだったか・・・ちょっと残念。だけど仕方ない・・・。
諏訪南ICで降りて白樺湖を目指す。

▼諏訪南ICを降りてすぐ。八ヶ岳には雪が・・・(14:44)


15:10 白樺湖に着いた。
白樺湖と蓼科山の写真を撮ったり・・・

▼紅葉の白樺湖から蓼科山を望む。(15:36)


温泉に行くにはまだ早いので、車山へ向かってビーナスラインをドライブ。
秋の草原が美しい。

▼車山(15:56)


▼車山から蓼科山・北八ヶ岳。(15:57)


車屋まで風景を堪能して・・・
また引き返して、白樺湖からさらに下って「音無しの湯」を目指す。

▼音無の湯(16:31)


今日の温泉は 音無の湯
掛け流しが謳い文句の温泉ですが・・・入口の柱に書いてある文字は、
左の柱には「かけ流し自家源泉」、右の柱には「飲料水からシャワーまで全て天然水の店」って?温泉ではなくて天然水???
お湯質は軽め、悪くはないがちょっとさみしい感じだった。露天風呂の雰囲気は良いが、山の眺めが無いのはやっぱり残念。

風呂上がりは、また白樺湖へ登って、コンビニでお酒・ツマミを購入。
大河原峠へ向かう。
蓼科山に登るには、7合目登山口が主流だが、7合目登山口の駐車場は車中泊にはイマイチなので・・・車中泊なら夜景も綺麗で快適な大河原峠が良い。
昨日の雪?で凍結が心配だったが大丈夫だった。

19:05 大河原峠着。
風が相変わらず強くて寒いけど、眺めは素晴らしい。
ワンセグTVの映りも良い。お酒飲んでTV見て・・・
23時に就寝した。
見事に雨ばかりの今年の10月。
トドメの大型台風が過ぎ去って、天気予報も晴れ一色!!!emoji

今回は、来週の3連休のために「あまり疲れないように」って、紅葉目当てで北八ヶ岳・北横岳を軽く歩くコースを選んでみた。この時期の蓼科高原の紅葉は本当に見事で、私のお気に入りの場所です。
快晴の中、とても楽しみに自宅を出発したのですが・・・

*******
前日13:00、自宅出発。
中央道から見る南アルプス・白根三山は積雪していた。(@@)
17:30 蓼科温泉共同浴場に到着、まずは温泉
温まった後、大河原峠へ登って車中泊。
峠は風が冷たくて寒かった。
*******

6:30 起床
車の外は寒い。
雲が多く、晴れとは言い難い天気だが、眺めは良い。
大河原峠からの展望は素晴らしいですね~~。
佐久~軽井沢を見下ろして、右から秩父・浅間山・妙高・戸隠・・・白馬方面も見える。白馬・五竜は真っ白に積雪している!!完全な雪山です。

▼右から火打・妙高・高妻・戸隠。だいぶ冠雪してます。(6:54)


大河原峠に来たのは30年ぶりですが、昔と驚くくらい違う。
昔、自転車で大岳林道から登ってきた時は、道も全てダートだったし、現在の駐車場はこんな広くなく、開けた場所でもなかった。時期はやはり晩秋でとても寒くて、峠の看板の前で、初期型の火力が弱いEPIガスを使って(お湯が沸かなくて)30分以上かかって生ぬるいラーメンを作って凍えながら食べたっけか・・・。その後、蓼科高原へ下りた時に見た紅葉の美しさが、強烈な印象として今でも記憶に焼き付いている。

7:00 出発準備中、近くの林道工事現場の職人さんが車で来て、少しお話した。
ビックロック仲間のIwa崎さんに少し雰囲気が似ている。
もちろん地元の方ですが、気の良い方だった。

▼大河原峠の駐車場で、出発準備が終わって。(7:12)


7:13 準備が終わって歩き始め。
まずは峠の看板の前で写真。

▼大河原峠は大きく変わったけど、この看板だけは30年前と変わらない。(7:13)


まずは双子山への緩い登り。
登りながら、振り返る度に北アルプスの眺めが良くなってくる。

▼北アルプスは真っ白に積雪してます。(7:34)


7:40 双子山(標高2,224m)。
朝ごはんで休憩15分(7:55まで)。

▼双子山(7:41)


双子山から双子池までは、標高差200mの下り。
途中、笹をかき分けながら・・・
8:21 双子池ヒュッテ。5分休憩(8:26まで)。

▼双子池(雌池)(8:26)


双子池の次は亀甲池へ向かう。
道がぬかるんでいて歩きにくい。
途中うっかり足首まで泥に浸かってしまった。
70mくらい登り返して、また同じくらい下って、亀甲池。
水が増水していて、歩道が何箇所か水没してしまっていた。

▼亀甲池、歩道が冠水していて迂回中。(9:13)


9:14 亀甲池で16分休憩(9:30まで)
ここから北横岳までは地図で見ても明白な急登。
疲れないように控えめなペースで登る。

途中、北横岳ヒュッテの小屋番さん?とすれ違った。
台風後の倒木等、登山道の荒廃がないか調べるために歩いているとのこと。
亀甲池は数日前までは干上がっていたなんて話もお伺いした。
私達とは逆周回なので、またお会いしそうです。。。

▼樹林帯を抜けて、蓼科山と北アルプス。(10:39)


10:41 北横岳・北峰(標高2,480m)到着。
亀甲池から北横岳まで、持参の地図では1時間40分(100分)のコースタイムだが、実際には71分で着いた。控えめのペースで歩いたにもかかわらず・・・なので、だいぶ緩い時間設定のようですね。。。

▼北横岳・北峰(標高2,480m)(10:41)


▼北横岳から、横岳・赤岳・阿弥陀岳。赤岳がカッコイイ。(10:42)


「北横岳山頂でのんびり休憩しようね」ってオクサンと話していたのだが、着いてみると寒くていたたまれない。景色も着いた時はギリギリで好展望だったが、あっという間に雲が沸いて霧の中になってしまった。。。
仕方なく、下り用の膝サポーターを装着して、また歩き始める。
結局、休憩は18分(10:59まで)。

まずは北横岳・南峰へ。
11:02 山頂標識で写真を撮ってすぐ引き返し。

▼北横岳・南峰(標高2,472m)ガスの中・眺めなし。(11:02)


北横岳・北峰から大岳を目指す。
まず100m位の標高差を下るが・・・その後の緩やかなアップダウンが意外な難路。
大きな岩・石が多くて、岩に乗り上がったり降りたりの繰り返しで、非常に体力を消耗する。私は岩伝いに飛び移りながら歩くのが平気なのでまだマシだが、岩を飛び移るのが苦手なオクサンは逐一登ったり降りたりでなかなか進めない。
なかなか来ないオクサンを待ちながら・・・
大岳がすぐ向こうに見えるのに・・・なかなか近づかない。emoji

11:52 大岳分岐。大岳まではあと少し。
12:01 大岳(標高2,382m)到着。

▼大岳(標高2,382m)山頂で。(12:02)


大岳はとても雰囲気の良い場所だ。
お湯を沸かしてカップラーメンを作って食べた。
風が冷たくて、暖かい食べ物がとても美味しい。
休憩36分(12:37まで)

▼暖かいカップラーメンが美味しい。(12:23)


大岳から双子池へ下る道も引き続き、中途半端な岩だらけの難路。
完全な岩歩きならむしろラクなのだが・・・これは疲れる。

13:21 天狗ノ露地、休憩12分(12:33まで)
歩き始めて、北横岳ヒュッテの小屋番さん?と再会した。

▼あともう少しで双子池。カラマツ林の紅葉が美しい。(13:54)


14:04 双子池ヒュッテ、休憩16分(14:20まで)
双子池・雌池の看板の前には、きちんと水平を取られたカメラ台があって、セルフタイマーで良い感じに写真を撮ることが出来た。

▼双子池(雄池)、親切なカメラ台を使ってツーショット写真を撮った。(14:08)


双子池から双子山までは200mの登り。
でも、さんざんの悪路の直後だったので、むしろ楽に感じた。
平地を歩いているような気分(笑)
14:56 双子山・山頂。写真だけ撮って通過。

▼双子山。右奥は雲に隠れているが、大岳~北横岳の尾根。(14:56)


あとは大河原峠へ下るだけ。
「軽い山散歩」のつもりで来たオクサンは、予想外の難路でだいぶお疲れ。m(_ _)m
オクサンを待ちながら下る。

▼大河原峠が見えてきた。(15:09)


15:17 大河原峠、駐車場に着いた。
大河原峠はやっぱり風が強くて冷たくて寒い。
大急ぎで片付けして、車の中に入って一休み。
朝にお会いした職人さん?がトラックで通って、とてもにこやかに挨拶してくれた。

大河原峠から下りの運転はトロトロと、
紅葉を眺めながら、あちこちで停まって・・・
写真を撮ったり・・・

▼カラマツの紅葉と蓼科山。(16:12)


▼白樺林の紅葉。(16:13)


▼蓼科高原の紅葉。(16:35)


今日も温泉は 蓼科温泉共同浴場へ。
音無の湯 に行きたかったのだが、今日は定休日だったので・・・。
でも、蓼科温泉共同浴場も、お湯質が素晴らしくて(掛け流し)素晴らしい。
地元の常連さん達もとても気さくで陽気。
とても良いお風呂です。emoji

帰りの中央道は渋滞もなく快適。
9:36 自宅に着いた。

*************
今回は、台風一過「当面は晴れのみ」って天気予報を信じて出かけたのですが・・・
残念ながら雲が多くてほとんど日は差さず、激しく寒い山行だった。
温度計は終始5℃を越えることがなく・・・
熱いカップラーメンとお茶が美味しかった(笑)
肝心の紅葉は、色づいた葉が台風でだいぶ吹き飛ばされてしまい、残った未紅葉の緑が目立ちがち。 でも、それでもとても綺麗で十分楽しめた。

今回の季節外れの大型台風が抜けたあとは「今年の秋雨はようやく終わり」って予報だったはずなのですが・・・
またまた南方に台風発生!?
今週末に本州に来る気配です(@@)
今年の天気は一体どうなっているのやら。。。

そんなこんなの中で、アルプスは早くも積雪して冬に突入のようです。
山選びが難しい時期になりましたね。。。
先週の北尾根(前穂)以来、関東甲信越はずっと毎日、ひたすら雨。
季節外れの秋雨到来で、明ける気配が全く無い。

もともと今週は(疲れているので)山に行く気は無かったのだが、なぜか休みの今日、晴れ予報が出た。しかしその後はまたずっと雨予報・・・次の連休も雨っぽい。家で寝てるのは勿体ない気がするので、頑張って山歩きに行ってみることにした。
とは言え、先週のダメージが激しいので控えめにしたい。4~5時間位で往復できる山、近くに温泉があって・・・。そんな条件で考えて、御前山に決定した。

5:04 自宅出発。
寒い。車の暖房がありがたい季節になった。

▼中央道で夜明け。朝焼けが綺麗だった。(5:57)


7:32 小河内ダムの駐車場に到着。
7:51 歩き始め。

▼ダムの上を歩いて御前山登山口に向かう。(7:53)


▼ダムで。1週間ぶりの青空が眩しい。(8:02)


▼御前山登山口。(8:06)


登山道に入るといきなり急登が始まる。
先週の疲れが取れてなくて足が重い。
長雨のせいで木々も地面も濡れていて、急斜面がぬかるんで歩きにくい。
空は晴れなのだが、樹林の中は空気が冷たくて、歩いていないと寒くてたまらない。

9:00 サス沢山(指沢山)に着いた。29分休憩(9:29まで)。
展望台があって眺めが素晴らしい。

▼サス沢山(指沢山)(9:00)


▼サス沢山で。左奥が大菩薩嶺、中が黒川鶏冠山、右奥が飛龍山。(9:03)


サス沢山からまたぬかるんだ急登。
猿の群れがいた。

▼トリカブトがあちこちで咲いていた。(10:05)


雲が増えてきた。
昼までは晴れ予報だったのだが・・・山はダメなのか??

10:28 惣岳山(そうがくさん)
惣岳山から御前山まではドロドロの道。

▼惣岳山。眺めは無いし寒いし・・・通過。(10:29)


10:45 御前山(標高1,405m)山頂に着いた。
山頂はトータルで濡れている。

▼御前山・山頂。(10:46)


今日の最大の楽しみは山頂での昼寝だったのですが・・・
残念ながら空は完全に曇り。山頂には霧も漂ってすごく寒い。
とても昼寝出来そうな感じではない。

とりあえずレジャーシートを敷いて、お湯を沸かしてラーメンを作って食べた。
ちょっと温まったけど・・・
やっぱりいたたまれないので撤収して下山することにした。

▼ダウンとカッパを着込んでカップラーメンを食べる。(11:04)


11:31 下山開始。山頂にいたのは41分だった。
あまりにも寒いのでダウンを着たまま歩き始める。
温度計をみたら6℃だった。

11:43 惣岳山、通過。
登りは誰にも会わなかったが、山頂で下山準備をしている頃からどんどんハイカーさんが登ってきた。

12:22 サス沢山、14分休憩(12:36まで)。

▼サス沢山の展望台。すっかり曇って眺めイマイチ。(12:36)


▼頂上展望台って看板があったので寄ってみたがイマイチ。(13:06)


13:11 登山口に着いた。
ノンビリダムの上を歩いて、展望塔にも寄ってみた。

▼展望塔で(13:15)


▼奥が御前山か?(13:26)


13:34 駐車場に着いた。
今日の最大の楽しみの「晴れた山頂で昼寝」がダメだったので・・・
次の楽しみの温泉へ
久しぶりに もえぎの湯 に行ってみた。
長風呂して暖まって・・・

帰りは帰宅渋滞あり、19時少し前に自宅に着いた。
前穂高岳・北尾根は若い頃、積雪期に何度も登っている。
屏風岩から登り始めてパチンコ登攀を目指したり、3・4のコルから入って4峰正面壁を登りに行ったり、そのまま前穂~奥穂で周回したり・・・山岳会の頃の楽しかった思い出が沢山詰まった場所です。

思えば、山岳会に入って最初の合宿が穂高で、初めて使うピッケル・アイゼン(しかも借り物を使って)登ったのが北穂高岳・東稜で、その翌日に登ったのが前穂高岳・北尾根だった(笑)。どちらもリードして下さったのは当時のチーフリーダーのI関さん。感謝です。

そんな思い出いっぱいの北尾根だけど、無雪期に登ったことが1回もない。
今回が初めてなのですごく楽しみです。
メンバーは我が家と、ビックロック仲間のKすけさん。
以前から一緒に行こうって話していたウッチーは今回は休みが合わず、残念ながら不参加。3人の変則パーティでの登攀です。

*******
3:10 起床。
布団をテキトーに畳んで、荷物を持って小屋の外へ。
トイレ、洗顔、ストレッチをして・・・

3:44 歩き始め。
ヘッドランプの明かりを頼りに、昨日確認しておいたアプローチを登る。
空に雲は無い!
星明かりで尾根が見渡せる!!

▼涸沢ヒュッテで、さあ!出発です!!(3:44)


暗いとガラ場が歩きにくい。
LEDヘッドランプは確かに明るいが、光の直進性が強いためか?自然光と違って遠近感がつかみにくくて、特に足元のこまかい凹凸が判別つきにくい。頻繁にバランスを崩しがちになる。
歩くにつれて傾斜も急になってきて辛い。

4:28 休憩、16分(4:44まで)。
風が強くて冷たい。
カッパを着込む。

5・6のコルまでの登りがとても辛い。
すぐ先のような雰囲気なのだが、登っても登っても近づかない。
振り返ると涸沢ヒュッテはどんどん足元遠くになっていくのに・・・辛い。

だいぶ下から後続パーティが1組登ってきている。
時間にして30分ぐらいの差か? でも早そうなので追いついてくるかな??

5:15 5・6のコルに到着した。
テントが1張りある。2人組パーティ。
昨夜は非常に風が強かったそうだ。

ようやっとアプローチが終わって、ここからが今日のお楽しみ始まりです。
ハーネスなども装着、必要に応じていつでもすぐアンザイレン出来るようにね。
朝焼けが始まって美しい。

▼朝焼けが美しい。中央やや右に富士山も見える。(5:23)


5:43 5峰へ向けて歩き始め。
歩き始めてすぐ、振り返ると、後続パーティが5・6のコルに到着していた。
その下には後続のヘッドランプは無いので、今日の北尾根は我が家と、テントの2人と、涸沢から登ってきた関西夫婦の3パーティのようですね。。。

5峰の登りは、ちょっと悪めの一般登山道程度。
でもすでにだいぶ疲れていて(笑)、意外に辛い。

▼5峰へ登る途中で日が出てきた。(5:53)


5:50 頃からモルゲンロートが始まりだした。美しい。
槍ヶ岳も見えるが、雲がかかり始めている。
慌てて写真を撮ったが、案の定、この後は終始、槍ヶ岳周辺は雲の中で見えなくなった。

▼北穂高岳のモルゲンロート。その右奥に槍ヶ岳が見える。(5:53)


6:11 5峰の頂上を通過。
後続の関西パーティが追いついてきたので、先を譲ろうとしたが、「オクサンのトレーニングなので?」って理由で、終始、私たちを先行させてくれた。
私としては初見で登れるので嬉しいけど(初見って言ってもバッチリ下調べはしてるけど)、後ろから追い立てられるプレッシャーは嫌いです。
でもその後も、私達が休憩すると少し手前で休憩してくれたり、良い感じで間を置いてくれたので気持ちよく登ることが出来た。

▼5峰の頂上で。背景は4峰と3峰。威圧的に立ちはだかる。(6:11)


▼5峰の頂上で。右奥は常念岳、中央は表銀座。(6:11)


6:20 4・5のコルで、ちょっとだけザックを降ろして水を飲む。5分程度ロス。
足元の大きな岩がすごい勢いで崩れていった。轟音が涸沢にこだまする。
後続の関西パーティから、「ボロボロでしょう~!?」って声がかかった。
本当ににボロボロです。要注意です。

▼左から奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳。(6:23)


4峰はライン選びがキーになる。
ヘタなラインで登ると行き詰まってロープを出す羽目になるし、ここでロープを出ことになると、所要時間に激しく影響する。
いったん涸沢側のボロい斜面を上って、悪くなりそうな所で稜線へ出て大岩へ。大岩を左に回り込んで、ここからが分かり難い。ようく見ながら稜線に上がるラインを探していく。ちょっとだけ迷ったけど、ほぼロス無く最適ライン(たぶん)を登ることが出来た。

▼4峰の登り、大岩のちょっと下あたり。(6:39)


6:59 4峰の頂上を通過。
正面の3峰の威圧感がすごい。
あれを登るのか!って楽しみです。

▼4峰の頂上で。左は3峰、右は奥穂高岳。(6:59)


▼3峰。3・4のコルへ降りる途中から眺める。(7:05)


7:07 3・4のコル、13分休憩(7:20まで)。
3峰は北尾根で一番楽しい登りです。
コルから少し登って、ビレイ点でアンザイレン。
私がリードで、オクサンとKすけさんがフォロー。
7:30 最初のビレイ点から登攀開始。

1P目はビレイ点を左に回り込んですぐ直上。
Ⅲ~Ⅳ級程度? 気持ち良い登り。
2つの大きな凹角の少し手前のビレイ点で終了。

▼3峰、1P目をフォローするKすけさん。(7:43)


2P目は・・・どこで切るか微妙だった。
一般的には凹角のすぐ上で切っているようだが、まだ20m程度しか出してないし、ビレイしにくそうな場所だったので通過した。凹角の左上のフェースも登って、標準の2P+3Pって感じ??
気に入るビレイ点が無かったので、チョックストーンの残置スリングとキャメロンを使ってビレイ点を自作して終了した。

この次は、ロープ無しでも問題なさそうなので、ロープをしまって登る。
3峰の最後の辺りかな?右上に回り込んで露岩を登る部分がちょっと気持ち悪いので、念のためワンポイントでロープを出して、またしまって歩く。

▼ビレイ中の私。右奥の西穂高岳がだいぶ低く見える。(8:38)


▼2峰への登り。涸沢はもう遥か左下。ずいぶん登った、頂上はもうすぐ。(8:45)


さらに狭い岩尾根を登りきると視界が開けて・・・
目の前はもう前穂高岳の山頂!!
本峰・2峰のコルは安全第一で懸垂下降した。

▼2峰の懸垂下降中の私。(8:56)


▼2峰を懸垂下降中の後続パーティ。(9:05)


最後の登りはもうホンのちょっと。
振り返ると眺めが素晴らしい。
遥か足元の涸沢と、右にそびえ立つ奥穂高。

9:07 前穂高岳(標高3,090m)山頂に到着した!!
天気も申し分なし!emoji
最高に楽しい登りだった!!

▼最後の登りが終わってオクサンも山頂に到着。(9:07)


▼山頂で、3人で記念撮影。(9:15)


5・6のコルからの所要時間は、休憩込みで3時間24分だった。
ロープを出したのは2P+ワンポイント。
なかなか上出来だったと思う。emoji

あとはもう岳沢へ下るだけ。
山頂で長時間休憩することにした。69分(10:16まで)。
お弁当を食べたり、順次上がってきた後続2パーティと話をしたり・・・
槍ヶ岳~劔・立山は雲で見えないが、展望も素晴らしい。
「次はジャンダルムかな?」とか「明神岳も登りたいね」とか話したり・・・

▼登ってきた北尾根を見下ろす。(10:13)


▼明神岳、その向こうは霞沢岳。(10:14)


▼岳沢方面。焼岳、乗鞍・・・(10:23)


▼奥穂高岳と吊尾根。(10:31)


下りはなんと、Kすけさんが、ロープ2本と3人分の登攀具、オクサンの荷物を持ってくれるとのこと。膝やあちこちが弱い我が家には有り難いことです。m(_ _)m
噂に名高い重太郎新道の激下り、ほぼ空身でラクをさせて頂きました。

10:47 紀美子平
風が強い。
レインウェアでは暑すぎるので素手のウィンドブレーカーを着て、ひたすら下る。

▼重太郎新道。ちょっと面白いタイミングのハシゴです。(10:56)


10:59 雷鳥広場

▼岳沢へ向かってガンガン下る。(11:40)


11:26 休憩14分(11:40まで)。
下るにつれて、紅葉が素晴らしい。

▼明神が遥か右上、ずいぶん下ったが、まだまだ下る。(11:59)


▼西穂高岳、赤岩岳、間ノ岳、天狗のコル・・・(11:59)


12:00 カモシカの立場
長い鉄梯子から最後の急下りが終わると、岳沢小屋がもうすぐ。

▼岳沢のテント場は紅葉が素晴らしい。(12:41)


12:44 岳沢小屋。休憩46分(13:30まで)。
生ビールを楽しみにしていたKすけさんは、無いと知ってすごくガッカリ(笑)
仕方なく、2人で350ml缶で乾杯!!

▼ビールで乾杯。(12:51)


岳沢小屋は満員の札が立っていた。
見ると外人ばかり??
すごい紅葉だし、外人にも人気なのでしょうね。。。

岳沢小屋からは緩やかな歩きやすい道。
何度も外人グループとすれ違う。(みんな岳沢小屋泊まりかな?)

14:15 お腹が空いて15分休憩。
15:01 登山口に着いた。

▼木道で。(15:05)


15:18 河童橋。
15:36 上高地バスターミナル。
シャトルバスがなかなか来なくて待ちぼうけ。
待っている時に、昨夜いろいろ会話した隣部屋のおば様グループに合った。

16:28 さわんど、足湯公園に帰還した。

▼バスを降りて、正面が足湯公園。(16:28)


帰りの高速は渋滞もなく、21時に自宅に着いた。
楽しい山行だった。

春以来、何度も何度も計画を立てながら・・・
その度に有り得ない位、雨予報に阻まれて中止になり続けていた前穂・北尾根。

だけど、ようやく今度こそは!?って感じです!!
天気予報も快晴ではないが、雨は無さそう。
メンバーは我が家と、ビックロック仲間のKすけさん。
このチャンスを逃したら今年はもう無さそうだし・・・とても楽しみです。

前夜、20:50 Kすけさんが我が家に迎えに来て、ハイエースで出発!!
0:28 さわんどバスターミナル
車中泊準備をしたが、バスターミナルのトイレが夜間閉鎖で使えないため、足湯公園の駐車場へ移動した。

*******
5:00 起床
洗面、出発準備。
持っていくクライミングギアの調整をしてパッキング。

5:48 バスターミナルに向かう。
「始発は間に合わないね」って言いながらバスターミナルに着いたら、ちょうどタクシーの人数合わせで3人分呼び込みしていて便乗できた。料金も840円とバスより安く済んでラッキー。

6:15 上高地バスターミナル着。
登山届を書いて、トイレして・・・一休み。

6:42 歩き始め。
今日は涸沢ヒュッテまで。
休み休み、風景を楽しみながらノンビリ歩くつもりです。

▼河童橋。穂高連峰は雲の中です。(6:47)


6:47 河童橋を通過。
7:37 明神館前のベンチで休憩、14分(7:51まで)。

小梨平から徳沢園までは猿が多くて、歩道は猿のフンだらけ。
踏まないように注意しながら歩くが・・・
近年、猿が増えているのかなぁ?こんなにいたっけ??
夏は3,000m近くの稜線でも猿の群れを見ることがあるが、鹿の食害と同様、猿の食害や生態系への影響って無いのかなぁ?だいぶ不思議に感じます。

▼猿が多い。猿害が心配。(7:30)


空は概ね晴れているが雲が多く、いつも太陽の方角に雲がかかり続けていて肌寒い。
晩秋の雰囲気です。
標高2,800m以上は雲に覆われていて見えない。

8:35 徳沢園。トイレ前の広場で休憩、17分(8:52まで)。
9:50 横尾。横尾大橋の前のベンチで休憩、29分(10:19まで)。

▼横尾大橋で。北尾根は4峰から上は雲に覆われている。(10:18)


横尾から先は風景の季節感がどんどん変わってきて面白い。
屏風岩を見ながら、あれが雲稜ルート、東稜ルート・・・って解説。
アプローチの斜面が紅葉して黄色い絨毯になっている。美しい。

▼屏風岩。機会があればまた登りたいなぁ。(10:43)


▼対岸、屏風岩方面の紅葉が美しく、立ち止まって見惚れてしまう。(11:09)


11:19 本谷橋で休憩、19分(11:38まで)。
本谷橋か急登が始まるが、最初の急登が一段落して、涸沢に回り込み始めると・・・紅葉が素晴らしい!!
立ち止まっては紅葉を眺めて写真を撮って・・・。

▼涸沢カールを目指す。紅葉が美しい。(12:13)


12:32 休憩、15分(12:47まで)。
ハイカーがすごく多い。
連休も終わって平日なのに・・・団体さんもいる。
今日は涸沢ヒュッテ泊まりだが、混みそうだなぁ・・・って心配。

13:21 涸沢ヒュッテに到着。
さっそく受付するが・・・残念ながら、1つの布団で2人の激混みでした。emoji

▼涸沢ヒュッテに到着。連休明けなのに激混みです。(13:22)


部屋に行って布団を確保して、荷物を置いて・・・
まだこれから一仕事ある・・・
明日登る予定の北尾根、3:30出発で、5・6のコルまでは真っ暗闇の中の登りなので、事前に迷わないようにアプローチを確認しなければならない。

山小屋の新館が割当たったのだが、なんとその出入り口の前が、5・6のコルへ向かうアプローチになっている。(^^♪
ヘリポートを通り抜けて、ガラ場がちょっと不明瞭だが、めんどくさいので雪渓に降りて、雪渓を最後まで詰めてアプローチを確認。けっこうな登りだ。
左の斜面に入って、踏み跡を確認しながら涸沢ヒュッテへ降りてきた。
随所にケルンがあって、踏み跡も明瞭ですね。
迷うことは無さそうです。

▼雪渓を詰めてアプローチを確認中。(14:08)


小屋に戻って、隣部屋のおば様たちと話しして・・・
オクサンは寝不足がやはり良くなかったようで高度障害が出て頭痛の様子。

17:30 夕食。
夕食は・・・正直言って値段的にはだいぶ貧相に感じるのですが、場所も場所だし、毎日大量の人数をこなさなければならないし、これで上々と言うべきなのでしょうね。。。
不服なら自炊しろって話なので(今回は軽量化のためにバーナーも持ってきていない)。
おかずは重いものが多かったので、オクサンは全く食べられず。
Kすけさんが食べてくれた(笑)

▼涸沢ヒュッテの夕食。2,000円(宿泊者以外は2,500円)です。(17:34)


食後は出発準備。
起きたらすぐに出られるように、水筒(ペットボトル)に水を充填して、パッキングも完全に済ませてから就寝の準備。

19:00頃、就寝。
人数が多いので小屋が非常にうるさい。
特に相部屋の夫婦の男性が、山ヤではない様子でマナーがとても悪い。
消灯後の深夜もドカドカ動き回ったり、通常のボリュームの声で話していたり、スマホのアラームを12時にセットしていたらしく深夜に音楽が!!しかもその停止方法が分からなくて大声で逆ギレしているし・・・その度に目が覚めて非常に迷惑だった。真隣だったKすけさんも寝られずにサンザンだったようだ。
小屋も暑くて、私もあまり熟睡が出来ず・・・(-_-;)
涸沢ヒュッテは紅葉だけ見に来る一般客も多いし、混雑時期だし、しかたないですね。。。

黒戸尾根で痛めてしまった左膝・・・
関節炎などではなくて・・・腫れは全く無い。
靭帯損傷でもなくて・・・痛み止めを塗って温めるとすぐ普通に歩けるようになる。
なので、歩き方の問題だと早々から感じていた。

私の左足首は、過去2回のクライミング中のグランドフォール・他にもいろいろで関節が変形して、可動域が非常に狭い。この問題とはもう20年以上の付き合いなので、今更クライミングの言い訳にする気は全く無いのですが・・・近年、山歩きではいろいろと深刻な問題が起きるようになってしまった。
足首が曲がらないために一定以上の傾斜の道は爪先立ち登りするようになってしまい、股関節と膝に大きな負担になっている。無理な捻りがかかり続けているんですね。。。
先週の雨飾山で、いろいろ検証しながら歩いて、ようやく確信出来た。
この問題を修正すべく、歩き方を矯正して、日頃も問題の数カ所を重点的にストレッチしてるのですが・・・、現実問題として捻りに耐えられるようにゴツい膝サポーターを買ってみた。プレートが入っているやつ!!

前置きが今回も長かったのですが・・・
今日の山行の一番の課題は、歩き方の再検証と、買ったサポーターのお試しです。
それに見合う山はどこかいろいろ考えて、行き着いたのが八紘嶺(はっこうれい)。
新安倍峠から、急登やいろいろバリエーション豊かな歩きで2時間程度。
短い時間にもかかわらず累積標高差は700mちょっとある。
最悪、痛くて敗退するにしても大した距離じゃない。
そんな理由で、前夜に急遽準備して出発した。

ちなみに・・・八紘嶺は、正確には南アルプスではありません。
安倍奥と呼ばれる山域の山ですが、カテゴリーをもう増やしたくないので(笑)
便宜上、カテゴリーは南アルプスに入れます。。。

19:55 自宅発
21:15 東名・足柄SAに到着。
あしがら湯に入って、吉野家で蕎麦を食べて、そのまま車中泊した。

*******
5:30 起床のつもりだったのだが・・・
オクサンとのディスコミュニケーションで、目覚ましが鳴ったのは6:30 (*_*)
天気予報と違って、今にも降りそうなドンヨリ曇り。emoji

新東名を走って、新静岡ICから梅ヶ島温泉へ向かって国道を走る。
途中の狭い道のヘアピンで、大きくこちらへ膨らんで飛び出してきた車と正面衝突しそうになった。emoji 本当にあわや!の場面で冷や汗、咄嗟の操作で超ギリギリ・接触なしで済んだが・・・よくかわせたなぁ~ってホッとした。

梅ヶ島温泉が近付くにつれて雨が・・・
「これは中止かなぁ」って葛藤しながら・・・
9:18 新安倍峠の駐車場に着いた。

▼新安倍峠の駐車場。綺麗なトイレがある。(9:51)


天気はやっぱり悪い。
ガッスガスの上に小雨。
モチベーション最低。
もう降りて湯島の湯にでも行こうか?

いつもならそんなパターンだけど・・・
オニギリを食べながら、悩む悩む・・・
来週の穂高岳予定のために、膝とサポーターの検証だけはやっておきたいし・・・。
やっぱり、気を取り直して行くことにした。

9:54 歩き初め。

▼天気悪いけどやっぱり出発。登山口で。(9:54)


駐車場から尾根に出ると、いきなり急登。(ここの傾斜が一番きつかった。)
あとは、ガスガスの中、ひたすら歩く、登る・・・。
迷いやすいという説もあるようですが、コースは基本的に明瞭。
途中で「?」って立ち止まるポイントが2箇所あったが、看板・テープの有無ではなくて、どちらに行くべきか、しっかり地形を見ながら進めば問題ない。

▼下の駐車場との分岐ポイント。(10:20)


10:20 下の駐車場との分岐ポイント
10:31 富士見台

天気も悪いし、休憩するに良い場所も無いし・・・歩き続ける。
  木の根を掴んで登る大きな段差・・・
  樹林の尾根・・・
  安倍奥らしい、ザレの九十九折・・・
  ガレて崩れかけた急段差、ロープがずっと張ってある・・・
膝の具合を確かめるのに絶好の道だ。
晴れていたらきっと気分最高なんだろうなぁ?って笹の斜面を登ったり・・・

▼天気が良かったら気分の良い道なんでしょうね、きっと。(11:24)


11:31 八紘嶺(標高1,918m)到着。
なんだか丹沢の小ピークみたいな雰囲気。
岩の上にシートを広げて休憩、37分(12:08まで)。

▼八紘嶺山頂で。(11:33)


▼サポーターを付替え中。下りはマクダビットのM429X を試します。


12:08 下り始め。
時々、霧が消えかかって下界が少し見える。
立ち止まって眺めるが・・・すぐ霧の中に。

▼ここからは安倍奥の山々を見渡せるらしいですが・・・霧の中。(12:13)


これと言って、写真を撮るものもない。
トリカブトが何箇所か咲いていた・・・
ヒキガエルが数匹いた・・・ユーモラスで可愛い。

▼花は殆ど終わっていたが、トリカブトが数カ所で咲いていた。(12:45)


12:56 富士見台
13:04 下の駐車場との分岐ポイント
ここから雨音が強くなってきた。
樹林帯なので直接当たらないが・・・
12:26 新安倍峠の駐車場に帰還した。

▼新安倍峠の駐車場で。(13:29)


問題の膝は・・・なんとかOKだった。
登りは・・・、軽い固定サポーターを念のためつけて、歩き方を終始注意していれば痛みは発生しないみたい。
下りは・・・、ゴツいサポーターを付けて、大きな段差でも膝にねじれは発生せず、良い感じに下ることが出来た。。
何とか、まだまだ山歩きを楽しめそうです。。。emoji

*******
明日は雨予報。
のんびり温泉に浸かって帰ろうか?って話してたが、近くにステキな温泉が無い。
湯島の湯に行こうか?って悩んだが、距離上、だいぶ厳しい。。。
結局、そのまま自宅に帰ることにした。

下道で・・・
静清バイパスを走って、箱根峠を越えて、西湘バイパス。
二宮から小田厚の側道を走って246へ。
20:09 自宅に着いた。
今回の我が家の連休は久しぶりに2日間とも 晴れemojiマーク。
しかし先週の黒戸尾根の疲れが取れてないし・・・
膝も、もう痛くはないがホントに治ってるのかは分からない・・・
あまり厳しい山歩きは無理かな??
かと言って、岩登りも今の時期は行きたい岩場が思いつかない。
往復5~6時間くらいの軽い歩きで楽しめる山はないかな???

思いついたのが雨飾山。
この地域、戸隠・妙高は自宅からは遠いこともあって、まだ1回も行ったことがない。
こんな機会なのでちょうどいいかな?って決定した。

*******
前夜、19:38自宅を出発で、諏訪湖SAで車中泊。
仕事が終わって夜出発だと、このあたりが体力の限界か?

3:30 起き。
3:58 諏訪湖SAを出発。
安曇野ICで降りて、北アルプスパノラマロード、国道148号。
木崎湖の辺りは、ヨーロッパの湖畔のような雰囲気で良いですね。
このあたりまでは快晴だったが、進行方向は雲がかかっている。emoji

6:10 登山口・キャンプ場の駐車場へ到着。
ドンヨリ曇って今にも降りそうな空・・・emoji
きっと晴れると思うし、こんな空で急いで歩き始めてもつまらないのでまず仮眠。
1時間眠ったが、空模様は変わらないので、仕方なく準備。

▼時々、青空も見えるんだけどなぁ・・・(7:44)


7:46 歩き始め。
まずは下って湿原へ、木道をしばらく歩く。
魚がいっぱいいる。30cm位の大きなものもいた。

▼木道を歩く。(7:52)


▼湿原に咲いていた花。(7:53)


歩き始めから10分ぐらいで湿原が終わると、いきなり急登が始まる。
泥道の急登がひたすら続く。
眺めは何もない。
気温は低いけど一気に汗が吹き出てくる。

▼こんなドロ道の急登が延々と・・・(8:10)


8:31 ブナ平。
そろそろ休憩の時間なんだけど・・・
湿気でジメジメで、休憩する気分になれない。通過。

▼ブナ平。(8:31)


9:04 荒菅沢を通過。
さらに急登になるが・・・
天気は悪いし、霧で眺めもないし、つまらない!!!
休むのに適した場所も見つからず、ひたすら登って・・・

9:23 諦めて道の途中で休憩、20分(9:43まで)。
止まると体が一気に冷えてくる。
山専サーモスに入れてきた熱いお茶が美味しい。
もうそんな季節なんですね。

▼道の途中の倒木に座って休憩。(9:24)


先週痛めた左ひざがやっぱり少し痛くなってきた。
痛めた部位がどうもはっきりしない。原因もはっきりしない。
膝は2次的に負荷がかかって痛んでいるとしか思えないのだが、その原因を確かめながら、加減しながら登り続ける。。。

稜線が近づいてきて、ようやくドロ道は終わるが、変わって岩ガレの急登。
下りのハイカー1組とすれ違った。
雲が晴れないので諦めて降りてきたそうだ。
雨雲レーダーではこの周辺にだけドーナツ状に雲が出ているそうだ。
「これじゃぁ雨飾山じゃあなくて雲飾り山だよ!」って嘆いていた。

私の読みでは「昼までには晴れるんじゃないかな?」なんだけど・・・。
もう少しの辛抱!って思うんだけど・・・。

▼霧の中、岩ガレの急登を登る。(10:06)


▼アサヒビールの寄付金で設置されたハシゴ。(10:09)


空が薄青くなってきた!!!
やっと山の雲が消え始めたか!??
まもなく眩しいくらいの青!!

▼霧が晴れた!!(10:21)


10:23 笹平を通過。
尾根はもう秋色に色づき始めている。
もう少ししたら紅葉が綺麗なのかな??

▼笹平を通過。(10:23)


山頂も見えた。
ハイカーさんが大勢見える。
みんな早朝に出たはずなのに(駐車場には先客がいっぱい停まってた)、ここまで1組しかすれ違わなかったので不思議に思ってたのですが、やっぱりみんな山頂で晴れるのを待ってたんですね。。。

▼秋色になり始めた草原の向こうに山頂が見える。(10:37)


最後の急登は、急登って言ってもせいぜい標高差100mちょっと。
時折 振り返って眺めを楽しみながら・・・

10:50 雨飾山(標高1,963m)山頂に到着。
山頂は小さな双耳峰になっていて、標柱があるのは南峰。
まず到着写真を撮って、休憩するには若干狭いので、北峰へ移動。
石像さんの横にシートを広げて、長い休憩。

▼雨飾山に着いた!(10:51)


▼山頂から登ってきた尾根を見下ろす。(10:55)


頂上では2時間近く休憩。
せっかく晴れたし、風景を楽しもう!って。

だけど、周囲の雲はなかなか完全にはれない。
北アルプスは雲の中。
時々、白馬岳?が部分的に見えるが同定が困難。
山頂に着いた時は、日本海と糸魚川市が綺麗に見えたが、すぐに霧がすごい勢いで湧き上がって・・・その後はなかなか好展望にならない。

▼白馬方面は雲だらけで同定が出来ない。たぶん左が白馬岳。(11:17)


▼左から地蔵山、高妻山、戸隠山。こちらは好展望。(12:03)


▼日本海と糸魚川市は湧き上がる雲と霧でなかなか見えない。(12:26)


足元に明星山(みょうじさん)が見えた!
P6南壁も見える!!!
オクサンに「昔パトリック・エトランジェがフリーソロした・・・」「あれがP6南壁で・・・」とか解説していたら、日本海側から霧が増えてきて見えなくなってしまった。
その後はずっと霧の中。写真を撮り逃してしまった。emoji
出発準備中に一瞬、霧が消えかかり、慌てて撮ってみたけどイマイチ写真。。。

▼明星山(みょうじさん)。P6南壁が見える。(12:28)


12:40 下り始め。
いったん南峰に行って写真を撮って、他のハイカーさんと下山後の温泉の話を少し交わして、下り始める。

▼北峰を見ながら下り始め。(12:40)


▼頂上直下の下り。見下ろす池が美しい。(12:42)


▼オヤマリンドウ(御山竜胆)かな? 沢山咲いていた。(13:01)


12:55 梶山新湯
13:00 笹平
下りは良い休憩ポイントも無いので、ひたすら黙々と。
上りの時と違って、眺めが良いのが救いか・・・。

左膝は・・・痛くならないように上手く歩けていたのだが、うっかり滑って転んでしまい、捻ってしまったのか?激しく痛むようになってしまった。emoji
途中から痛い左足をかばいながら・・・。

13:43 荒菅沢
沢を渡った後の登り返しが辛い。
登りきると・・・この辺りが、雨飾山と稜線を見渡せる最後の展望ポイントだ。
写真を撮って雨飾山ともお別れ。

▼左ピークの奥が雨飾山の山頂。このアングルからみるとすごい急峰です。(13:54)


14:12 ブナ平
14:34 湿原に着いた。
最後の木道を、魚と花を見ながら歩いていたらオクサンが大転倒した。
なぜここで??emoji
14:47 駐車場(登山口)に帰還した。

▼雨飾山登山口。(14:47)


▼駐車場で。道具を洗って干したり、一休み。(15:05)


駐車場で道具を洗って干したり、膝に鎮痛剤を塗ったり・・・
お腹が空いたのでおにぎりを食べたり・・・
しばらく休憩、急ぐ必要もないし。

車で鎌池の駐車場まで行ってみて、歩くようなので引き返し。
途中の林道から見上げる雨飾山が素晴らしい。

▼雨飾山。どっしりした素晴らしい姿です。(15:31)


▼何が起きたらこうなるのか?変形したガードレール。(15:33)


15:40 雨飾高原 露天風呂へ。
ここは村営で料金は「寸志」。料金箱へ気持ちを投入するシステムです。
森の中に露天のみがあって掛け流しされています。
「昔、北海道を自転車旅した時にこんな露天風呂によく入ったなぁ」って懐かしく思いながら・・・。もちろんここも素晴らしいです。1時間ちょっと?長風呂した。

▼雨飾高原 露天風呂(17:22)


明日も休みだけど・・・
左膝の感じでは休んだほうが良さそうだし、ノンビリ帰宅することにした。

小谷村の道の駅に寄り道して地ビールを買って・・・
下道を走って、安曇野ICから高速道路を走って・・・
眠くて2回、途中で仮眠。

自宅に着いたのは 1:54 だった。
車の屋根を叩く雨の音で目が覚めた。
時計を見たら 6:30だった。
昨夜に見た天気予報では、山の天気は再び『午前中晴れ/夕方まで曇り』になっていたハズだが、結局大ハズレだった。

今日の予定は、晴れならハイキング、雨なら温泉emojiだったが、確定です。
急いでも仕方ないのでまた布団へ潜り込んで、ニ度寝を決め込んだ。。。

再び起きたのは 8:30頃。
顔洗って、ノンビリ準備して・・・
こんな天気でも歩きに行くハイカーさんが結構いるのに驚き。
ボルダーマットを背負った人も数人。
こんな天気でもOKな前傾ボルダーがあるのかな?

自分は昨日の黒戸尾根ピストンの疲れで足がパンパン。
痛めた左膝も辛い。
なので、山歩きもボルダーも興味なし。
楽しみなのは温泉です!emoji

9:17 尾白渓谷駐車場を出て、奈良田へ向かう。
目指すは西山温泉・湯島の湯。
国道20号、中部横断自動車道の側道を使って身延へ。
雨は本降りになってきた。
途中、コンビニで2回休憩。

11:48 到着。
先客は1台のみ。
早速、受付を済ませて温泉へ。

▼西山温泉・湯島の湯に到着。(11:48)


湯島の湯 は すっかり我が家のお気に入りです。
掛け流しの露天風呂しかないシンプルな温泉だけど、ほんのり硫黄が香るアッサリしたお湯質はとても素晴らしい。露天風呂に源泉を送る木製の樋(とい)からお湯をすくって体を洗うシステムも素朴で素晴らしいと思う。
受付の女性が「シャワーも無いって怒って帰ったお客さんがいる」って言ってたけど、信じられないですね。このお温泉にシャワーなんてあったら逆に興ざめです。。。

お湯に入ってしばらく先客達と山の話で盛り上がったが、
先客さんがいなくなってからは、雨の中、静かな露天風呂をしばらく独り占め。
回りを見回すと・・・庭園はさっぱりと手入れされていて素晴らしい。
敷地の外とは最低限の仕切りだけされていて、眺めを邪魔しない作りも良い。
とてもリラックス出来ます。emoji

痛めた左膝の原因と思われる左股関節をお湯の中でほぐして動かして・・・
長湯から上がる頃には だいぶ具合が良くなった。

温泉のあとは、ドライブがてら下道で自宅へ。
下部温泉郷を通って本栖湖へ、富士吉田、山中湖から道志道。
順調だったけど、16号の相模原が大渋滞でぜんぜん進まず30分ぐらいのロス?
246号からは順調に・・・

19:38 自宅に着いた。
巷は今週末は3連休ですが、我が家は1日ずれて金・土・日で3連休をもらえた。
ビックロック仲間のウッチーと前穂高岳・北尾根に行く計画を立てて、すごく楽しみにしてたのですが・・・なんとここでまた台風!emoji やむなく中止。

しかし金曜日だけはなんとか持ちそうなので、ボリュームのある日帰り山行を・・・
甲斐駒ケ岳・黒戸尾根を日帰りピストンで攻めることにした。
私は昨年も登っているのですが、オクサンが甲斐駒ケ岳に登ったことがなくて「登りたい」って言ってたので、どうせ登るなら男らしく?黒戸尾根で!って考えです。

*******
前夜発で、尾白渓谷の無料駐車場で車中泊。
3:30 起きて準備して・・・
4:16 歩き始め。もちろんまだ真っ暗。

4:22 竹宇駒ヶ岳神社 を出発。
吊橋を渡るといきなり急登が始まる。

▼吊橋を渡って黒戸尾根登山口。(4:26)


歩き始めは肌寒く感じたが、急登に入るとすぐ汗が吹き出てきた。
慌てて上着を脱ぐ。
毎度だけど、黒戸尾根の最初3時間くらいの登りはとてもつらい。
特徴のない・眺めのない樹林帯をひたすら登り続ける。

5:30 1回目の休憩、14分(5:44まで)。
ようやく明るくなった。ヘッドランプをザックにしまう。

▼木の根が出た急登をひたすら進む。(6:15)


6:19 横手登山口との分岐、通過。
6:41 黒竜神の石碑前で2回めの休憩、15分(6:56まで)。

7:45 刃渡り。
刃渡りからは左手に鳳凰三山と富士山が見えるはずですが・・・
進行方向はすべて雲の中。
振り返って、八ヶ岳は晴れている。
今日は赤岳あたりが正解だったのかなぁ?なんて思いながら進む。

▼刃渡りの鎖場。まだまだ先は長い。(7:45)


▼八ヶ岳は雲一つない。(7:45)


刃渡りを越えるとハシゴと鎖場が続いて、刀利天狗に至る。
刀利天狗の前は休憩ポイントなのだが、「五合目はもうすぐ先だったよな?」って記憶で通過してみたら・・・意外に遠かった。
8:40 五合目小屋跡地。3回目の休憩、19分(8:59まで)。

▼五合目小屋の跡地。(8:59)


五合目から、ハシゴ・鎖場が連続する急登になる。
岩登りっぽい悪い鎖場もあって、なかなか緊張する。

▼狭いコルに掛かった橋を渡る。(9:24)


▼急な岩に掛けられたハシゴを登る。(9:29)


9:44 七丈小屋。
有料の水場があるが、今回もトレーニング兼ねて大量の水(8L)を背負って来てるので給水無しで通過。

▼皇太子さまも泊まった七丈小屋。(9:45)


少し登ってテント場が2箇所あるが、上のテント場が眺めがあって休憩に良い。
9:53 4回目の休憩、13分(10:06)。

昨夜見た天気予報では、甲斐駒山頂は「午前中は曇りで正午から数時間晴れ」だったが、山頂方面は雲で見えない。周囲も頻繁に霧が湧いて下り坂のような雰囲気。
やっぱり今回も山頂は霧の中かな?って心配になる。
今年は夏になってから天気にぜんぜん恵まれないなぁ・・・。

10:44 八合目御来迎場。
八合目までの登りは、前回は体調不良で目眩をおこしてフラフラだったけど今回は順調だった。

▼八合目御来迎場。霧の中。(10:45)


10:46 八合目岩小屋前で5回目の休憩、15分(11:01まで)。
八合目で、ハーネスとヘルメットを付けている人がいて声を掛けたら、これから八丈バンドを通って摩利支天へ向かうとのことだった。岩小屋の前でいろいろお話しした。

▼八合目岩小屋。先客の荷物あり、赤蜘蛛をやりに行ってるのかな?(10:49)


▼これから八丈バンドを歩くそうです。お気をつけて。(11:01)


八合目から霧の中の登り。
左膝が少し痛くなってきた。

▼八合目過ぎて最初の鎖。(11:05)


やっぱり山頂も眺めはないのかなぁ・・・って諦めつつ、
山頂が近づくにつれて霧が晴れてきた!!

▼摩利支天からのルートの合流点。仙丈ヶ岳が見える。(11:57)


12:00 甲斐駒ケ岳(標高2,967m)山頂に到着。
ちょうど正午の到着。
山頂は晴れている!!emoji
登り始めから7時間38分(休憩込み)だった。

▼甲斐駒ケ岳・山頂で(12:02)


山頂で晴れたのはすごく久しぶりな気がする。
でも残念ながら周囲の山は雲がかかっていて、展望はイマイチ。
仙丈ヶ岳もすぐ雲に覆われてしまい、白根三山もたまに稜線が一部見える程度。
地蔵岳が時折、雲の合間に見える。

▼摩利支天側を見下ろす。登山者が続々登ってくる。(12:04)


▼八ヶ岳側も雲が多くて、眺めがイマイチ。(12:59)


甲斐駒ケ岳の山頂だけ雲がなくて日が射していて不思議な感じだ。
周囲の山々の霧が晴れるのを期待しながら、おにぎり食べたり、下りに備えて膝サポーターをつけたり、休憩して待ち続けるが・・・
いちばん期待した北岳は一度も姿を現さず、残念。emoji
12:54 下り始め(54分休憩)。

登りの途中から痛み始めた左膝がつらい。
原因は左の股関節のようで、向きや開き方を加減して誤魔化しながら下る。

13:46 八合目御来迎場、通過。
七丈小屋への下りの途中で、ビックロック仲間のY口さんにバッタリ。emoji
山でクライミング仲間に遭遇するのは、ユンボさん、モチさんに続いてこれで3回目。
意外に会うものですね。。。

▼ジム(ビックロック)仲間のY口さんにバッタリお会いした。(13:55)


14:15 七丈小屋のテント場で休憩、12分休憩(14:27まで)。
いつの間にか周囲の雲がだいぶ減っていて、鳳凰三山と八ヶ岳が見えている。

▼八ヶ岳は今日は終日晴れ??(14:15)


▼鳳凰三山。オベリスクに少し雲が掛かっている。(14:27)


14:33 七丈小屋を通過。
ここからの下りはオクサンの苦手なハシゴ・鎖の連続だ。
だいぶ辛そうに下るオクサン。
(このペースだと途中で日没になりそうだなぁ・・・)
(日没までどこまで下れるか・・・)

15:09 五合目を通過。
黒戸山への登り返しが辛い。

▼西日で光り輝くベニテングタケ。根本は折れていた。(15:23)


15:40 刀利天狗の少し手前で休憩、13分(15:53まで)。
オクサンのザックから私のザックへ荷物を大幅に引き上げた。
下りのスピードを上げないとならないので・・・。

16:02 刀利天狗
16:17 刃渡り
16:54 黒竜神の石碑前、休憩11分(17:05まで)。
17:19 横手登山口との分岐

朝・最初に休憩した場所を通過したあたりで日没した。
ヘッドランプを点けて下山するのは久しぶりだ。
18:11 尾白川渓谷との分岐。

▼尾白渓谷遊歩道(尾根道)にやっと合流。(18:11)


18:25 黒戸尾根登山口(吊橋)にようやく着いた。
18:26 竹宇駒ヶ岳神社
18:32 駐車場に帰還。

黒戸尾根はやっぱり長かった。
激しく疲れた・・・。

下りにかかった時間は、5時間32分(休憩込み)。
総合タイムは、14時間04分だった。
休憩時間の合計を差っ引くと、11時間20分で歩いた計算。
昨年に1人で歩いた時より2時間多くかかったけど、背負った荷物も多かったしね。
オクサンも、この長い行程を歩き切ることが出来て自信になったかな??

今日の黒戸尾根ピストンは、さすがに我が家で最後かな?と思っていたら、
片付け中に2人さらに降りてきた。

膝サポーターを外したら左膝が激痛で、足を上げられない程の痛み。emoji
車に常備してある鎮痛スプレーを吹いてだいぶ楽になったが・・・
来週の休みまでに治るかな?少し心配だ・・・

温泉は、ここからならやっぱり 尾白の湯
21時までやってるし・・。
到着時は静かで良かったのだが、20時少し前から高校生?の合宿と思われる大集団が来て激混み、うるさくて最悪だった。

お風呂上がり後は、国道20号へ出てローソンで食料とお酒を買い込んで・・・
また尾白渓谷の駐車場へUターン。
今日もここで車中泊です。
車の中で軽く宴会して、23時頃就寝。

明日は晴れなら近場でハイキング。
雨なら奈良田温泉にでも行って帰ろうか?って予定です。
昨日・今日は連休だったけど・・・
山へ行くにはやっぱり天気が良くないし・・・emojiemoji
思い切って、かねてから我が家の懸案であった、スマホへの移行を行うことにした。

いま使っているのは SoftBankのガラケー。
つい10年ちょっと前までは、ヨーロッパへローミングするのならVodafone(ボーダフォン)が絶対だったという時代があり、そんな頃から機種は何度か変わったけど使っていた。
しかし、そのVodafoneは SoftBankに買収されてサービスが大きく変わり、海外ローミングに関しても各ベンダー間の差異はなくなって、契約を継続する意味はあまりなくなったのですが・・・。
でもなんだかんだ言ってもガラケーは便利。海外はいつもノートPCを持参しているので、スマホの必要性をぜんぜん感じないし、メールチェックだけならガラケーのほうが断然安くて便利だしね。。。

でも、この数年、山歩きを再開するようになって状況が変わってきた。
夏山の一般登山道だけなら携帯なんて無くても何も問題はないと思うけど、最近は雪山や、地図に線が引いてないルートもだいぶ行くようになった。
自分も年だし、もし万が一何かあったときに、救助を呼べないと困るケースがあるかもしれない。そんな時、SoftBank は全く使いものにならない。
やっぱり山ではdocomoがいちばんか・・・?
今乗り換えると、もうスマホしかないなぁ・・・。
なかなか踏ん切りがつかなかったけど、突っ込んでみることにした。

昨日は午後から銀行へ幾つか払い込みを済ませて・・・
14時過ぎに 綱島のdocomoショップへ。
事前にだいぶ調べて「これしかないな!」って感じで予習していたのだが、条件を説明して提示されたプランは予想通り。
順調に契約が進むかと思ったけど・・・
いろいろ一通り終わって、店を出たのは18過ぎだった。emoji
疲れた・・・。

その後はビックロックに行ったけど、疲れてあまり登れず。
ベニちゃんにandroid の使い方を教わったり・・・。

*************

今日は、午前中はスマホへの移行作業をいろいろやって・・・
午後はビックカメラへ。

一番の目的は、携帯ラジオを修理に立つことだったが・・・
   ---------------
   お気に入りの携帯ラジオが北岳で故障した。電源が入らず。
   買ってまだ5ヶ月くらい?数回しか使っていない。
   下山後も何度もいろいろチェックしたがやっぱり電源が入らなかった。
   ---------------
しかし、ビックカメラの修理カウンターに提示した途端、電源が入った!!emoji
驚くくらいの正常動作。(*_*)
こんなコトってあるんですね~~~。ホントウに驚きです。
もちろん、修理には出さずに持ち帰り。

そんなお客さんにも2時間分の駐車券を出してくれた店員さんに感謝ですが・・・
その2時間で店内をいろいろ見て、結局、時間相当分のお買い物をしてしまった(笑)
スマホの車載充電アダプター、充電用バッテリ、浄水器のカートリッジやら、多々。

店を出たら、今日もやっぱり夕方・・・
今日もビックロックへ行くつもりだったが、疲れ切って自宅へ帰ることにした。
疲れた2日間だった。。。
夜中の11頃、トイレで起きたときには、満天の星空だった。
月明かりで稜線も綺麗に見えていたのだが・・・
2時頃から雨がテントを叩き始めた・・・

3:00 起床。
外は濃霧で小雨も断続的に降り続いている。
モチベーションが急激にダウン。
それでも縦走する気は十分なので、仕度をして、テントを撤収。

4:10 小屋の前で水を補給して出発しようとしたが・・・
尾根の間ノ岳側から下りてくるヘッデンの明かりが・・・
降りてきた人に聞いたら、濃霧で完全に視界ゼロで引き返して来たそうだ。
少し明るくなるのを待つしかないか・・・

小屋の入口で明るくなるのを待ったが・・・
待っているうちにどんどんモチベーションが下がってきた。
天気が回復する目処も全くないし。。。
「小雨の中、雨と汗で全身濡れて歩くの嫌だなぁ~」
「また濃霧の中を、方角ペイントと標柱を追いかけるだけの登りかぁ~」
「こんな山歩き、ぜんぜん楽しくない・・・」

オクサンと相談して・・・
もう止めて、下山して温泉に行くことにした。

4:53 出発。
まだ暗いが、八本歯のコルへ向かって歩き始める。

▼八本歯のコルへ向かうトラバース道にある木道。(5:27)


5:37 八本歯への尾根に合流。休憩23分(6:00まで)。
長い下りに備えて膝サポーターを装着。

6:22 八本歯のコル、通過。
小雨は止まない。
濡れて滑りそうな木の階段を注意深く下る。

▼小雨の中、濡れた木道を下る。(6:32)


八本歯のコルからの下りは、月初めに来た時に比べて、驚くくらい雪渓が減っていた。
残雪が多かった前回は、雪渓を避けてブッシュの中を歩く場所が多くて大変だったが、今回はすごく歩きやすくて、あっという間に大樺沢・二俣に着いた。

7:45 大樺沢・二俣。14分休憩(7:59まで)。
ようやく雨が止んだ。薄日も差してきた。

▼大樺沢・二俣(7:59)


二俣からトラバースして、白根御池小屋へ行ってみた。
ちょっと寄り道してカレーでも食べに行こうかな?って。

▼白根御池が見えてきた。(8:17)


8:18 白根御池小屋。
御池カレーを食べてみたり・・・
日差しも出てきたので外のベンチでまったりしたり・・・
42分休憩(9:00まで)

▼御池カレー(800円)を食べてみた。(8:31)


広河原への樹林帯の急下りは・・・
荷物が重いせいか、途中で左足首が痛くなってきて辛かった。

9:33 第二ベンチで15分休憩(9:48まで)。
10:28 大樺沢分岐、通過。

▼先に分岐まで下りてオクサンを待つ。左足首が痛い。(10:29)


10:48 広河原山荘に着いた。
広河原はすっかり晴れて暑い。
しかし山を見上げると完全に雲で覆われている。まあ悪くない判断だったか。。。

昨夜、隣のテントだったハイカーさんがいて少しお話し。
ビールを買ってオクサンと乾杯。

▼広河原山荘でビールを買って飲む。(10:57)


インフォメーションセンターへ移動して・・・
空き地にテントや濡れた衣服を広げて乾かした。

▼インフォメーションセンター横の敷地にテントを広げて乾燥。(11:33)


奈良田行きのバスは14:30発。
時間がタップリあるので・・・
インフォメーションセンターの展示物をくまなく見たり・・・
外のベンチで横になったり・・・

▼奈良田行きのバスに乗り込む。(14:21)


バスの車掌さんは、前回来た時に乗った時と同じ人。
途中の観光ガイドがなかなか素晴らしかった。
15:13 奈良田駐車場に着いた。

今日の温泉は・・・湯島の湯に行きたかったのだが、残念ながら定休日。
来た時と同じ 女帝の湯へ行った。

女帝の湯。(15:34)


帰りは甲府盆地へ出て、甲府南ICから中央道へ。
渋滞も無く順調に。
21時頃、自宅に着いた。
4:00 にアラームをセットしていたが・・・
隣のテントが3時からまた賑やかで必然的に目が覚めた。
4時にシュラフから出て片付け開始。

4:48 歩き初め。
もちろんまだ真っ暗。
広河原山荘からいきなり始まる急登が、相変わらずだけど朝イチの体につらい。
歩き始めからペースが上がらないように、意識してわざとゆっくり歩く。。。

5:12 最初の分岐。
今回は白根御池小屋へ向けて右に登る。
いきなり急登コース。

5:41 第一ベンチの少し下で休憩。18分(5:59まで)。
歩き始めてすぐ第一ベンチに着いたが、先客がいてタバコの煙がすごくて、ここで休憩しなくて正解だったと実感。もちろん通過。

6:50 急登が終わったあたりで2回目の休憩。20分(7:10まで)。
白根御池小屋まであと30分もない距離だと思うけど、ここまで予想外に良いペースだし、だいぶ疲れたし。

7:35 白根御池小屋に着いた。11分休憩(7:46まで)。
ここで水を4L補給。一気にザックが重くなった。
小屋のスタッフの女性と少し会話。
スタッフも小屋もロケーションも、とても雰囲気が良くて素晴らしい場所ですね。
また来たいな!って思わせる場所です。

▼白根御池小屋に着いた。(7:35)


気温が一気に上がり始めた。
日差しが強いが、雲もすごい勢いで増え始めて・・・午後はやっぱり雲の中かな?
ザックが重くなったこともあり、草すべりの急登が辛い。
汗がすごい勢いで吹き出してくる。

▼草すべりの急登。鳳凰三山と白根御池を背景に登る。(8:02)


8:43 バテて4回目の休憩。21分(9:04まで)。
まだまだ急登が続く。
時折見える大樺沢上部の雪渓がまだ同高度くらいでガッカリする。
こんなに登ったのに、まだこんな標高か・・・。
9:40 右俣コースとの分岐。通過。

9:50 疲れて5回目の休憩。19分(10:09まで)。
空はどんどん雲が増えてきて、間もなく雲の中に入ってしまいそうだ。
やっぱり山頂に着くまでに持ちそうにないか・・・残念。
周囲にはまだだいぶ高山植物が咲いているが、なかでもトリカブトの紫色がとても目につく。有名な毒薬の素になる草ですが、こんなに沢山咲いているのがなんだか不思議に感じてしまう。

▼キタダケトリカブト。(10:14)


10:18 やっと小太郎尾根に出た(最初の小太郎尾根分岐看板)、通過。
10:23 小太郎尾根分岐(2つ目の標柱)。通過。
すこし前まですごく蒸し暑かったのが尾根に出て一変。風が冷たくて強い。
陽も雲で遮られて届かない。
カッパで風をガードして歩く。

▼小太郎尾根分岐(2つ目)。(10:23)


10:59 北岳肩の小屋。
今日の目標の北岳はもうすぐなので、しかももう天気が崩れてしまったので急ぐ必要もなし。大休憩を取ることにした。
天気が回復することを期待しながら・・・43分休憩(11:42まで)。

肩の小屋は、4年前に来た時に比べて・・・
トイレが建て替わって綺麗になっていた。漂っていたすごい匂いもなくて良い。
クライミングボードがあった。ホールドは乏しくてガバしかないが、一応キャンパスも出来る。ちょっとぶら下がってみた。いちおうクライマーなので(笑)

▼北岳肩の小屋。ガスガスで視界なし。(10:59)


▼クライミングボードがあったので、キャンパスをしてみた。(11:09)


12:42 学生グループが追いついてきたので出発。
4年前は快晴で素晴らしい眺めの登りだったのになぁ・・・って思いながら霧の中を歩く。

12:21 北岳(標高3,193m)山頂に到着!
前回に続いてテント一式の重装備で山頂まで登りきれたのは嬉しいが・・・
展望全くなし。濃霧で視界は20m程度。
晴れていれば仙丈ヶ岳が足元に見えるのに・・・
看板だけでは登りきった達成感が全く無くて、なんだか虚しい・・・
ここに来るのは4回目だが過去最悪の天気、すごく残念だ。。。

▼北岳山頂で。濃霧で視界なし。(12:55)


40分休憩(13:00まで)、ガスが晴れるのを期待したけど・・・
見込みは全く無さそうなので先に進むことにした。
「先」って言っても、今日はもう、北岳山荘へ下るだけなんだけども。。。

▼いつもは目に止まらない足元の花がよく目に入る。(13:03)


▼今回もテント一式の荷物が重いが、今日はあと僅か。(13:05)


▼岩の隙間に咲く花。(13:23)


▼風の強い斜面は草が秋色に変わり始めていた。もう秋です。(13:44)


13:56 北岳山荘に着いた。
まずは受付もせずにテント場を選んで場所取り。
北岳山荘は先にテントを張ってからの受付もOKなので。
前回と同じ1等地に張った。

早く着いたので退屈。
お茶を飲んだり横になったり・・・。

17:00 晩ご飯。
明日は3:00起きなので、晩ご飯も早く、日没前に就寝します。

▼テントの中から外の眺め。霧が晴れてきた。(16:51)


晩ご飯後、青空が出てきたので少し散歩した。
稜線に出てみたら、タイミングよく北岳の霧が晴れた。
しかし完全に霧が晴れたのはホンの10秒程度で、あっという間に霧が湧き上がってまた雲の中になった。

▼ホンの10秒位、北岳の雲が完全に晴れた。(17:38)


▼稜線からテント場と北岳山荘を見下ろす。(17:43)


18:10 まだ明るいけど就寝。
明日は8:00頃までは晴れるんじゃないかな?(過去のパターンからの期待ですが)
天気が崩れる前に農鳥岳へ行けるといいなあ ・・・って期待して。emoji
今日から我が家は4連休。
東北へ山ツアーに行くか・・・(鳥海山と月山に行きたかった)
それとも立山か・・・(オクサンが剱岳に行きたがっている)
とっても楽しみにしてたのですが・・・やっぱり今年の夏は天気がダメか。emoji
2日目以降はどちらも雨予報・・・(T_T)

数日間、悩みながら天気図と睨めっこ。
どうやら日本海に近い地域は全滅な気配。
南アルプス北部がもっともマシなのかなぁ・・・。
現時点の予報では、3日目までは雨は降らないで済みそうな・・・。
そんな消極的な理由で、白根三山をテント泊で攻めることに決めた。

この時期、奈良田→広河原のバスは、平日は8:30と15:30の2本のみ。
都合上、前夜発は出来ないので、1日目は必然的に広河原泊まりとなる。
2日目は白根御池小屋・肩の小屋経由で北岳を越えて、北岳山荘でテン泊。
3日目は間ノ岳、農鳥岳を越えて、そのまま奈良田へ下る、2泊3日のプラン。
もしも私の左足首が痛みだした場合は、大門沢小屋でもう1泊かな?それも4連休なので問題なし。f^_^;

*********************
6:53 自宅出発。
国道246号へ出て、青葉ICから東名高速。
足柄SAへ立ち寄って朝ごはん、吉野家で蕎麦を食べた。(8:40)
新清水ICから国道52号を北上。
11:30 奈良田に着いた。

まずは温泉emoji
なんと言っても今日の1番の目的は温泉ですから(笑)
今回は有名な女帝の湯 へ行ってみた。
ちょっと硫黄の香りがするヌルヌル湯にたっぷり浸かってリラックス。
掛け流しでお湯は上質。ガラス越しにダム湖の眺めもあって良いのですが、露天がないのがだいぶ残念。窓が開放されてたらもう少し嬉しいのですが・・・。
自分的には、前回入った湯島の湯のほうが、お湯質ともに好きかな?
下山後は湯島の湯に行こう!!

温泉の後は、丸山林道前の奈良田第二駐車場へ移動。
出発準備をして、車の中で昼寝してバスを待つ。

▼奈良田第二駐車場に着いた。(14:02)


15:32 広河原行きのバスに乗り込む。
意外にハイカーが多いなと思ったら、このバスは広河原から甲府への最終バスに変わるようで、我が家以外は、奈良田に降りてきた下山者達だったようだ。どうりでみんな日焼けしてるなと思った。
バスの窓が垂れ幕状の広告で覆われていて、風景が見にくくて残念だった。
16:15 広河原到着。

▼広河原のインフォメーションセンターの前で。(16:17)


すっかり快晴。
北岳も雲ひとつ無くくっきり見える。
明日から天気が下り坂だが、「もう一日、休みが前にずれていたらなぁ」「今日登った人は最高だったろうなぁ」って羨ましく思いながら広河原山荘へ向かう。

▼いつもの吊橋。写真では白飛びしてますが、山は快晴です。(16:21)


広河原山荘にテン泊するのは2回目。前回は1987年なので30年ぶり。
山岳会の先輩とツェルトを立てて寝た。懐かしい。
まずは受付して、テントを張って、小屋前のベンチで晩ご飯。

▼小屋前のベンチで晩ご飯。(17:15)


テントの前でビールを飲んで一休み。
すぐ近くに大学生のワンゲル?の6人パーティがテントを張った。
これだけ広いテント場で、ガラガラに空いているのに、なぜ我が家のこんなそばに??
この時間に着いて、なんかうるさそう。大丈夫かな??

▼テントの前でビール。(18:17)


明日は4時起床~5時に歩き初めの計画。
周囲のテントも同様のようで、もう寝支度をしているし・・・
18:50 我が家も就寝したが・・・案の定、隣のテントが騒がしい。
20時なっても一向に静かにならないので、苦情を入れてようやく静かになった。
今日は久しぶりに朝から青空の横浜。

何処かに登りに行きたいところだが・・・
来週の4連休に備えてあまり疲れることはしたくない。
かと言って、近所の山は暑くて不快だし・・・
開き直って、温泉目当てのドライブに行くことにした。

以前から行ってみたかったのが、奈良田周辺の温泉。
女帝の湯は残念ながら水曜定休なので、今回は湯島の湯です。

9:30 自宅出発。
近所のガソリンスタンドで給油して、
青葉ICから東名高速。
この時間は車がすごく多い。
246号も渋滞だったが、東名高速も大渋滞。

足柄SAで少し早い昼ご飯。
吉野家で蕎麦を食べた。

新東名を走って、新清水ICで降りて国道52号を北上。
身延山を過ぎて、県道37号へ。
工事のダンプが多い。四方八方に残土の山。
ここは中央新幹線(リニア)の工事真っ盛りなんですね。。。

14:00 ちょうど、奈良田駐車場に着いた。
駐車場で広河原行きのバス時刻表などを確認して・・・
温泉に向かってUターン。

14:25 西山温泉 湯島の湯 に着いた。
この温泉は開放的な露天風呂だけで内湯はない。
洗い場は室内だが、蛇口から出るのは水のみで、目の前を木製の大きな樋(とい)が露天風呂へ向かって走っていて、そこから源泉を汲んで洗い湯に使う、斬新なシステムです。肝心の湯は硫黄の香りがしてとても上質。もちろん源泉かけ流し。
露天の開放感も素晴らしく、久しぶりに大ヒットした感じ。
お気に入り温泉に追加です。

今回は時期がらアブが多くて、チクッといちどやられたが・・・、ハエ叩きが置いてあって、10匹くらい叩き殺したかな(笑)
夕方、登山者が下りてくる時間までは殆ど貸し切り状態で満喫できた。

▼西山温泉・湯島の湯。廃校の跡地に作られたようです。


帰りは甲府盆地へ出て、甲府南ICから中央道へ。
小仏トンネル手前の渋滞が19kmで辛かった。

21:14 自宅に着いた。
8月に入って関東地方は雨ばかり。
中学生の頃も同じような夏があったなぁ・・・って思っていたら(私は横浜育ち)、その時の記録に迫る記録らしい(東京で現在16日連続の降雨記録)。
回復の見込みがまだなくて、雨記録は更新されそうな気配です(40年前の記録は22日連続)。

そんな天気では山歩きの計画が成り立たない。
8月に行きたかった山がいろいろあったのに・・・。
天気図で気圧配置を見ながら、当たらない天気予報を参考にしながら、どの山域が雨を避けられそうか?悩みに悩む。

・・・で、決めたのが、平標山と仙ノ倉山。
新潟から谷川連峰の北側まで雲が消えて晴れそうな気配なので・・・。
東京の気温の上がり次第で午後は雨の可能性もあるが、上手くいけば曇り程度で済むかもしれない。もしも天気が崩れて敗退になっても、この地域は温泉も素晴らしいので楽しみだ。

前日の昼に出発して、夕方に水上へ。
お気に入りの温泉に入って、平標山登山口へ。
登山口の駐車場は静かで涼しくて、トイレも綺麗だし、前夜泊にはとても快適だった。

*********************
5:00 起床のつもりが起きられず。
6:00 家族連れの声で賑やかになってようやく起きた。

晴れている!!emoji
準備して、登山届を書いて・・・

▼登山届を書いてます・・・。(6:47)


6:48 歩き初め。
晴れてるけど肌寒い。
湿度が高く、空気が冷たい。

6:53 登山道入口。
登りは松手山コースを選択。
いきなり始まる急登を登り始めたが・・・なんと、食料を入れ忘れたのに気付いた。
オクサンが駐車場まで取りに行ってくれたが、10分のロス。
でも早く気がついて良かった。
もっと上で気付いたら、心が挫けて敗退でしたね(笑)

最初の休憩ポイントの鉄塔までは急登が続く。
気温も上がり始めて汗が吹き出る。
ほとんどは樹林帯だけど、時折眺めが良いところもあり、麓の別荘地や、苗場スキー場が見えて気持ち良い。

▼最初の休憩ポイントの鉄塔が見えてきた。(7:23)


▼東京電力の送電線、鉄塔。(7:52)


7:52 鉄塔ポイント、14分休憩(8:06まで)。
8:37 松手山、通過。
8:55 高山植物保護の看板の前で、2回めの休憩、16分休憩(9:11まで)。

高山植物保護の看板の辺りから、いかにも上越らしい草原状の登りになる。
しかし、残念ながら霧がだいぶ増えてきて、眺めがなくなってきた。

▼2回めの休憩が終わって、花が咲く斜面へ向かって歩き始める。(9:11)


霧で眺めはなくなってきたけど・・・
代わりに、足元には小粒だけど色とりどりの高山植物。
花の季節はとっくに過ぎていると思っていたら、意外にもいろんな花がたくさん咲いている。斜面が色とりどりの花で飾られて和まされる。何度も足を止めては写真を撮って・・・なかなか進まない。

ちなみに、私は花の名前はまったく分かりません。
以下のサイトを参照して同定してみましたが・・・合ってるかな?

湯沢に咲く山の花http://www.echigoyuzawa.com/yamanohana/
季節の山300http://www.hana300.com/

▼カントウヨメナ(関東嫁菜)?


▼キオン(黄苑)


▼ツリガネニンジン(釣鐘人参)・・・かな?


▼左はヤマハハコ(山母子)、右はアカバナシモツケソウ(赤花下野草)。


▼アカバナシモツケソウ(赤花下野草)、桜でんぶみたいで美味しそう。


▼ミヤマトリカブト(深山鳥兜)


▼ハクサンフウロ(白山風露)


▼オヤマリンドウ(御山竜胆)


▼時々霧が晴れて、登ってきた行程がはるか見渡せる。(9:30)


霧の中を進むせいか、平標山が果てしなく遠く感じる。
疲れてきた。

10:03 平標山(標高1,984m)山頂に到着。
山頂は標柱はあるけど、まあまあ広い割にはベンチはなくてただの広場。
なんだか妙にそっけない。
休憩も石だらけの地面に直接座らないとならない。
21分休憩した(10:24まで)。

▼平標山(10:03)


平標山から仙ノ倉山への稜線は、木道と木の階段が連続。
群馬側から吹き付ける霧が強くて、眼鏡の右目が濡れて見えない。

▼ひたすら続く、木の階段と木道。(10:24)


▼仙ノ倉山まで意外に長く感じた。頂上まであと少し。(11:02)


11:06 仙ノ倉山(標高2,026m)山頂に到着。
仙ノ倉山は谷川連峰の最高地点。
周囲は草原・花畑で、霧が無かったら最高の眺めなんだろうなぁ・・・って残念。
17分休憩(11:23まで)。

▼仙ノ倉山。残念ながら眺めなし。(11:06)


今日の目的はここまで、あとは下るだけ。
花を見ながら、平標山へ向かって引き返す。

▼倒れかかった東芝ランプの標柱。谷川岳肩の小屋から10kmです。(11:38)


12:02 平標山。休憩17分(12:19まで)
今日は、2人分で5Lのお茶・水を背負ってきたが、ここで完全に飲みきってしまった。
次の休憩場所(平標山ノ家)で水の補給が出来るので問題はないのですが、暑くてすごい汗が出て、予想外に水の消費が激しかった。

下りは平元新道を選択。
このコースは、平標山から平標山ノ家まで、ほとんどが木の階段の下り。
この段差の高さが、私の障害がある左足首に、ちょうどダメな感じで衝撃が入ってしまい、痛くてたまらない。自然道ではこんなことにならないんだけど(涙)
それをかばって歩いていたら右膝も痛くなってきた。もうほとんど拷問。
痛さを我慢しながら・・・。

12:46 平標山ノ家。
木道が終わってホッとした。
まずは水場で水をガブ飲み。ここの水はとても美味しい。
残りの下り用に1.2L補給した。
朝の駐車場で賑やかだった家族連れと少しお話し。
9分休憩(12:55まで)。

▼平標山ノ家。雰囲気良さそうな山小屋です。(12:46)


平標山ノ家から、樹林帯へ入って、ひたすら下りになる。
眺めはなく、延々と続く木の階段の下り。
13:31 林道(平元新道入口)。写真だけ撮って通過。

▼平元新道入口。道祖神が洒落ている。(13:33)


最後の林道がとても長くて・・・
林道ゲートを過ぎると別荘地を避けるために川辺に登山道が付けられているが、河原のゴロ石歩きが、木道で傷めてしまった左足首にまた悪くて・・・。

14:27 駐車場に着いた。
思ったより早く下山できたが、予想以上に疲れるコースだった。

駐車場で片付けをしながら、お湯を沸かして昼ご飯。
カレーメシが美味しかった。

▼駐車場の料金所は今日は無人。ポストへ料金を投げ込んだ。(15:08)


15:12 駐車場を出発。

今日も温泉は 鈴森の湯
ちょっと遠回りになるけど、この周辺では一番のお気に入りなので・・・。
でも今日はお盆休みで大混雑。
低温風呂は子供達がプールと混同して大騒ぎ、まるで海のようにお湯が暴れて寛ぐことなんて出来ない。親も制止しないし・・・。
やっぱり温泉は平日がいいですね。。。

▼なんと駐車場は満車。大混雑だった。(15:58)


鈴森の湯で、少し早いけど晩ご飯も食べて・・・
水上で地酒を買い込んで・・・
帰りの関越道は大渋滞を予想したが、さほどではなくてラッキーだった。
でも、笹目通りと環八が昼間並みに混雑・・・(-_-)

21:30 自宅に着いた。
世間はお盆休みですが・・・我が家は恒例のようにお仕事。
8/15が明けて連休となった。

しかし、8月に入ってずっと天気が悪い! emoji emoji emoji emoji emoji emoji emoji・・・
こんな天気では、山予定もクライミング予定も立てられない。

たしか私が中学生の頃もこんな夏があったなぁ・・・って思っていたら(私は中学卒業近くまで横浜で生まれ育ったので)、案の定、天気予報でそのことを言っていた。
40年前の記録だが、東京で22日連続で雨を観測だったらしい。
今年は今日で16日連続だが、気圧配置を見る限り回復しそうな気配が見えないので、記録を更新しそうな気配ですね・・・。

私は幼少の頃から、家にずっといると気が滅入ってダメになる性格。
そんな私にとって、今年の夏は辛すぎる・・・。
このストレスを少しでも解消するには・・・やっぱり温泉かな?

そんな事情で、この連休のミッションは、まず第一に温泉。emoji
でも、汗をかいてから温泉のほうが感動が大きいので、雨中でも簡単に登れそうな山歩きを組み合わせたい。どこかいい所ないかなぁ?ってずっと考えていた。

決めたのは上州。
我が家は 鈴森の湯 をすごく気に入っている。
掛け流しの湯が、ほんのり硫黄の香りがして肌当たりも素晴らしい。
露天の雰囲気もすごく良い。
1日目はノンビリ昼過ぎに家を出て、夕方長湯して・・・
2日目は平標山へ登りに行って、また温泉ってプランにした。
平標山あたりは晴れている日の方が少ないし、雨のダメ元での登りもありかな?って判断です。

*********************
午前中は、銀行に行ったり、いろいろ雑用を済ませた。
今日も朝からしっかり雨・・・
家に戻って一休みして・・・

14:00 自宅出発。
第三京浜に乗って、環八を抜けて、関越道へ。
所々、登り車線が大渋滞。
「明日はあの中かなぁ?」って思うと、ちょっと憂鬱。

17:00 水上ICを降りて、水上市街へ向かう。
17:10 鈴森の湯に着いた。

▼鈴森の湯、入口で。(17:14)


今日のお湯は・・・
混んでいるせいか、やっぱり濁りがち。
お盆時期だから仕方ないか・・・

お風呂でリラックスしたあとは、晩ご飯。
今日もスタミナ焼肉定食を食べた。

▼鈴森の湯で晩ご飯。おいしい。(19:11)


晩ご飯のあとは、峠を越えて猿ヶ京へ抜けて、国道17号を走って三国方面へ。

今晩のお泊りは平標山登山口の駐車場、車中泊です。
トイレは新築でとても綺麗なウォシュレット。
静かで涼しくてとても快適。

22時就寝した。
昨夜は、雷の光が頻繁に光っていたが、不思議に雷鳴は聞こえなかった。
雨もパラパラ程度しか降らず。
でも(下山後に知ったのだが)下界は雷雨がすごかったらしい。

4:00 起床。
隣のテントの若者はもう撤収~出発していた。
夜明け前出発は山の基本ですね、素晴らしい!!

我が家は・・・オクサンの調子がやっぱり良くないため下山を決定。
間ノ岳は、次回、違った形で攻めに行こう!!

もう急ぐ必要はないので、ゆっくり片付けを始める。
朝焼けが美しい。

▼朝焼け。右奥は富士山。(4:44)


▼間ノ岳方面の眺め。(4:45)


▼北岳方面の眺め。(5:31)


5:53 出発。
まずはトラバース道を歩いて八本歯のコルを目指すのですが・・・
「トラバース道」なんて名前のワリには結構登る。意外に辛い。
私も昨日の疲れがかなり残っているようだ。。。

▼トラバース道から北岳山荘を見下ろす。その向こうに間ノ岳。(6:21)


▼途中にはこんなユニークな木道。(6:32)


6:41 八本歯への尾根に合流。休憩25分(7:06まで)。
ここからは全てひたすら下りなので、膝サポーターを装着。
空はグレー。青空はないが、でも意外に眺めが良い。

7:29 八本歯のコル。
大樺沢へ向かって下る。

昨日はガスで何も見えなかった北岳バットレスが見える。
・・・でも、バットレスって、こんなに草付が多い、ボロそうな岩だったっけ?
正直言って、「壁」とは到底言い難い崩れそうな岩の集合体にしか見えない。
若い頃には、十字クラックやDガリー奥壁(下部フランケ・上部フランケ)登っているのだが、マッチ箱のコルまでの4尾根は登ったことがなくて、それが心残りでずっと登ってみたいなと思っていたのだが・・・。いま改めて実物を見ると、正直言って登攀意欲は湧かない。ボロい!・・・複雑な気分だ。
紅葉の秋に来ると違って見えるのかなぁ?

▼北岳バットレス(7:40)


8:39 2回めの休憩、15分(5:54まで)。
今日は蒸し暑い。

▼鳳凰三山を背景に。(8:54)


9:11 大樺沢・二俣を通過。
9:40 3回目の休憩、16分(9:56まで)。

10:38 白根御池コース分岐
10:56 広河原に着いた。

振り返ると、北岳は雲の中。
周囲の山々も、標高2,500mから上は完全に雲に覆われている。
ちょうど良い感じの下山でしたね。。。

▼広河原に着いた。膝がガクガク。(10:56)


インフォメーションセンターで少し休もうかと思っていたが、
11:00発のバスにちょうど間に合ってしまったので、そのまま飛び乗った。
なんだか、あっという間の下山。

11:58 芦安駐車場に着いた。
駐車場でテントやグランドシートを乾かして、いろいろ片付けて・・・
エブリィで出発したら間もなく雨が降り出した。

まずは最寄りのローソンでアイスを食べて、お楽しみの温泉へ。
今回も 白山温泉
昼過ぎなので空いていて、ノンビリ長湯できた。

帰りは20号線を大月まで走って、中央道へ。
調布ICで降りて・・・18:30 自宅に着いた。
ここしばらくの日本列島の気圧配置は異常事態?
四方を台風・低気圧で囲われて、高気圧とも中気圧(って言うの?)ともつかない異様なエリアになっている。夏場にこんな天気図を見るのは初めて。
これも温暖化の影響なのでしょうか?

そんな具合で、山行の計画が立てづらい。
北岳へテント山行の計画を立てていたのだが、我が家はまず第一に雨が大嫌い。雨の中の山歩きほどつまらなくて苦痛なものはない。家で寝ていたほうがマシに思います。
しかし「ヤマテン」や「山の天気予報」は連日、曇・雨・霧予報ばっかり・・・。

今回の連休も、1日目の午前中は(この数日間では奇跡的に)晴れ予報だが、午後は雷雨の可能性・・・。2日目は曇り/小雨。
もう1週間延期すべきか?
しかし、南東の台風の進路予想がむしろ来週月火に上陸の可能性・・・悩ましい。

行っちゃうか!?
待っててもしようがなさそうだもんね・・。。
前夜に決断して、大慌てで、20:06 自宅出発した。

北岳は・・・我が家にはとても思い入れの大きい山。
2013年にトライしたが、オクサンが体調不良で大変だった。
http://grimper.blog.shinobi.jp/Date/20130813/1/
http://grimper.blog.shinobi.jp/Date/20130814/1/
オクサンにとっても北岳は大きなトラウマの山。
可能な限り良いコンディションで、って思ってたのですが・・・仕方ない。

23:10 芦安駐車場に到着。
現地は雨・・・。
朝イチのタクシーに乗るつもりなので、4時間程度の仮眠。

*********************
4:00 起床。
出発準備をするけど・・・今回は私の体調がありえない程に悪い。
日頃の疲労の蓄積かなのか?寝不足か??
ふらついて真っすぐ歩けないほど調子がおかしい。
でもせっかく来たので、準備して、朝イチのタクシーへ乗り込んだ。

6:00 広河原着。
具合が悪いので、しばらく休憩。
トイレしたり・・・。

6:30 歩き初め。
首を傾けるとそのまま倒れてしまいそうに平衡感覚がおかしい。

▼体調最悪、頭がグラグラで平衡感覚が保てない。(6:32)


天気は晴れ!emoji
あまりに具合悪ければ引き返そう・・・って思いながら歩く。

▼広河原で。快晴!北岳も(6:35)


久しぶりのテント泊、ザックが重い!!
テント、シュラフ、コッヘル、ほかいろいろ。
大樺沢左俣の雪渓の状態がわからないので軽アイゼンやスパッツも積んでいる。
前日に計量した重要が23kg弱だった(食料抜きの重量)。

出発直前に、水を減らしたが(2日目は小屋の水を期待)、でも食料を積み込んだらやはり20kg越え。自分の体重の約35%の重量を背負って歩きます。

7:29 最初の休憩。15分(7:44まで)。
調子が戻らない。まだ頭がグラグラ。激しく眠い。

8:37 2回めの休憩。19分(8:56まで)。

▼大樺沢・二俣まであともう少し。(9:06)


9:22 大樺沢・二俣。
二俣は人も多いので通過、左俣を、八本歯のコルを目指して登る。
調子悪いし、荷物重いし、もう疲れた・・・(笑)

9:46 3回目の休憩。18分(10:04まで)。
周囲から雲が湧き上がってきた。
北岳はすでに雲の中。バットレスも見えない。

▼バテて3回目の休憩中。背景は鳳凰三山。(9:55)


左俣ルートは雪渓を歩いたほうが楽なのだが・・・
残念ながら夏道が完全に出ていて、雪渓は所々不気味なシュルントが発生している。
踏み抜いて死にたくはないので、諦めて無難に夏道を登る。

10:58 4回目の休憩。20分(11:18まで)。
すれ違った外人さんから、「ここからが大変だよ」って言われてかなりガッカリ。
もうバテバテ・・・。
階段地帯に入って傾斜が上がる。

▼左俣ルートの上部はこんなハシゴばかり。(11:46)


12:03 八本歯のコル。
通過して先に進む。

12:13 5回目の休憩。22分(12:35まで)。
ようやく稜線には出たが、残念ながら完全に雲の中で周囲の景色なし。
北岳山頂は見えるが、まだまだ遠い。emoji

▼山頂目指して、耐えて登る。(12:54)


▼振り向くと、時々ガスが晴れて間ノ岳方面の稜線が見える。(13:01)


目の前に見える山頂がなかなか近づかない。
オクサンが遅れ始めた。待ちながら進む・・・。

13:41 北岳(標高3,193m)山頂に到着!
バテバテだけど、この重量を背負って山頂まで登りきれたのは嬉しい。
しかもこんな体調不良でも・・・。
しばらく重い山歩きをしていなかったので、まだ出来ると分かってよかった。

▼北岳山頂に到着。到着時は若干、谷の眺めがあったが、すぐ雲の中。(13:42)


到着写真を撮った直後、韓国人の団体が押し寄せて、あっという間に占領された。
連中はもうやりたい放題。
頂上看板を占領して写真を取り続けて割り込むのが大変。

山頂には36分いたが(14:17まで)、四方は韓国人だらけでうるさいし、
標柱も占領されて写真が撮れないし、諦めて下ることにした。

今日の泊地は北岳山荘。
山頂からは300m位の標高差。
15:12 山荘受付に着いた。

キャンプ場代は800円/1人。
水は受付入口の右側に蛇口があって、なんと無料!
近くの山小屋の有料の雨水と違って、おいしい山の水。
テント場も平らな場所が多いのが素晴らしい。

▼テントを張り終わって、持参した肉団子を食べながらビール。(16:16)


オクサンは、残念ながら高度障害が出てグッタリ。
晩ご飯も食べられず、テントで沈没・・・。
今回は2013年より進歩して頂上は踏めたけど、北岳はやっぱり鬼門でしょうか・・・?

私は用意した2人分の肉団子を食べてお腹いっぱい。
せっかく荷揚げした晩ご飯の材料には手を付けられず・・・(また持ち帰り?)。
19時、やることもないので就寝した。

明日は、間ノ岳を往復して下山の予定だけど・・・
オクサンの具合しだいで諦めて下山かな・・・?
今日は久しぶりに外岩、甲府幕岩です。

みずがき湖の駐車場で、S浦さんたち(S藤さん、S水さん)を待つ。
コーヒー飲んでストレッチしながら・・・。
今日は快晴、emoji暑い。

8時過ぎ、集合。
いったん江草地区まで下って、今日は小森川林道からアクセス。
小森川林道は下りには何度も使っているが、登りは入り口が分かり難いので避けていたが・・・案の定、間違えて2回Uターン。同じ間違いをしている習志野ナンバーがいるな?と思ったら彼らもクライマーだった(笑)。

岩場の駐車場にはすでに車が何台も・・・
平日なのに大盛況です。

駐車場から岩場への歩きアプローチが変わったこと知らなくて、
いままで通りに降りたのだが、だいぶ悪くなっていた。

まず最初は 豊穣の森エリア。
着いて岩場を見ていたらM島さんにお会いした。
昔からの岩場馴染みのクライマー。
なつかしくしばらくお話し。

その間にも岩場にはクライマーがどんどん押し寄せて、
講習会のグループも来て、人だらけになってしまった。
圧倒されて、モチベーションダウンemoji
結局、豊穣の森で登ったのは・・・

わささび  5.10b
イエローマウンテン  5.9
WORK ON  5.11a

S浦さんも、お目当てのダーティクライマーズ(5.11b)が講習会グループに占領されてチャンスなし。昼ご飯を食べたあと移動することにした。

WORK ON (5.11a)を登る私。


移動先は、山椒王国エリア
ここは人が少なく静か。
平らな場所へまず荷物を広げて、お楽しみの昼寝emoji
1時間くらい爆睡??
久しぶりの岩場での昼寝は気持ち良かった。。。

・・・で、申し訳程度にクライミング(笑)

ブラッキー  5.11b
ペンタゴン  5.9

▼岩に咲いたホタルブクロ。


ペンタゴン (5.9)を登るオクサン。


▼ヤマユリも岩に咲いていた。


以上で終了。
17時半、駐車場に戻った。

今日は、私にとってはすべてアップ程度のクライミングだったけど、久しぶりに自然岩を登って楽しかった。昼寝も出来たし。。。

今日は温泉には寄らず。
甲府幕岩からの帰路には お気に入りの温泉がないし・・・
広域農道をドライブして、20号を走って、勝沼から中央道に乗って帰った。
今回の連休は2日目が岩登り予定。
疲れを残さないように、1日目の今日は5時間程度の軽いハイキングです。
前回、雨で駐車場敗退をした、櫛形山へ行くことにした。

櫛形山は、花の山として有名。
特にこの時期は3000万本とも言われるアヤメが咲き乱れることで有名だったが、しかし残念ながら近年は(おそらく鹿の食害で)激減して、だいぶ寂しくなっている。
ブログカテゴリーは「南アルプス」に入れていますが、正確には南アルプス前衛の山。
池の茶屋から歩くと、往復で5時間程度。累積標高差も550m程度でちょうど良いコースになります。

*********
3:20 自宅を出発。
青葉ICから東名高速~圏央道~中央道を走って、甲府南ICで降りた。
新山梨環状道路(12号)を走ると、櫛形山へはほぼ一直線。

▼新山梨環状道路(12号)。正面に櫛形山が見える。(5:28)


南アルプスIC近くのローソンで朝ご飯、買い出し。
チーズ入りのブリトーを買って食べたが、激しく塩っぱくて気持ちが悪くなってしまった。
コンビニの食べ物は全般的に塩分が多くて要注意なのだが、これはひどすぎる。

林道をひたすら登って・・・
来るたびに思うが、すごい林道・・・
ひたすらグネグネ狭い道、目指す駐車場の標高は1,860m!!

6:39 池の茶屋林道の終点、駐車場に着いた。
眠いのでまず仮眠。
1時間ぐらい仮眠して、準備を開始。

▼池の茶屋林道終点の避難小屋。(7:55)


7:55 歩き始め。
まず最初の櫛形山へは登り続け。急登もある。
空は雲も多いが、概ね晴れ。emojiemoji
富士山がきれいに見える。
「樹林帯で眺めがない」って事前情報だったが、
意外に眺めが良いポイントが頻繁に出てきて楽しい歩きだ。

しかも樹林が面白い。
惚れ惚れするような巨木があちこちにある原生林。
根元から2股3股に分かれた老木。
これはなかなかお目にかかれない。面白い・・・。

▼こんな巨木があちこちにある。(8:19)


歩き始めて30分ぐらい? 櫛形山の山頂(標高2,052m)に到着。
しかし山頂には三角点があるだけ。頂上標柱も看板もない。
眺めも無いし、休むにも中途半端な時間なので通過する。

▼途中の富士山展望ポイント。(8:34)


8:38 櫛形山の最高地点(標高2,053m)に到着。
櫛形山の山頂標柱はここに建っている。
11分休憩。

▼櫛形山最高地点・標柱ポイント。(8:38)


山頂を越えると、カラマツやコメツガが鬱蒼と生えた樹間の道を進む。
木々に掛かって垂れ下がったサルオガセ(糸状の地衣)が、まるで異空間のような雰囲気を醸している。

急に明るく開けて、アヤメの自生地に出た!
でもあまり咲いていない。
咲いている花もちょっとショボイ咲き方。。。

▼アヤメ自生地。咲き方がだいぶ残念。(9:17)


▼シカ柵でガッチリガードされて、こんな感じ。(9:18)


9:23 裸山(標高2,003m)到着。
白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)が見える。
ちょうど1ヶ月前、鳳凰三山から見たときよりも、雪が劇的になくなっている。
融雪が進んでいるとは聞いていたが、これほどとは・・・。

▼裸山・山頂。背景は北岳。(9:23)


裸山は先客もいるし、休憩するにはイマイチだったので通過。
また鬱蒼とした樹林を下って・・・

9:45 アヤメ平。
避難小屋を見物して、休憩するにはイマイチなので木道を先に進む。

▼アヤメ平の木道。アヤメが少ない。(9:49)


▼アヤメの写真を撮ってみた。(9:52)


9:57 木道の終点にちょうど良い休憩スペースがあった。32分休憩。
誰も来ないし、シートを広げて昼寝をしたのだが・・・
日差しが暑くてあまり眠れず。
いたたまれなくなり撤収。

▼木道の終点。誰も来ないのでシートを広げて独占?だけど・・・。(10:21)


最初の予定では、同じコースのピストンだったが・・・
帰りは案内看板で知った「トレッキングコース」を歩いてみることにした。
持参した地図とガイドには出ていないコース。

歩き初めしばらくは面白い。
あまり見慣れない樹林の眺めが面白い。

▼サルオガセが鬱蒼と垂れ下がった樹林。(10:38)


しかしすぐ、ありきたりで眺めのないつまらないハイキングコースに変貌。
よく整備はされているが、何の取り柄も眺めもない、ありふれた道。

途中で分岐して登る「冬の白峰展望台」を目指してみたが、看板記載の10分を越えて急登を登るが、眺めは全くなし。そのうち何と!トレースも無くなり右往左往。
馬鹿らしいので諦めて本コースへ戻る。

でも不思議なことに、このコースに入ってからハイカーさん達に頻繁に会うようになった。
大阪のグループが連れているワンコがかわいい。

▼ユキちゃん(首輪に名前が書いてあった)(11:47)


11:45 休憩所で一休み。14分。
休憩所の咲きもつまらない歩き。

12:15 北岳展望デッキ。
北岳は雲に隠れてしまっている。

▼北岳展望デッキ。(12:15)


ここから起点の駐車場までは、車椅子でも入れる道。
平らに整備された広い道。
しかし、長くて緩やか過ぎる九十九折の道は、普通の徒歩にはとても苦痛。

12:40 駐車場に戻った。
帰りのコース選びは、結果的には失敗だった。
巨木が面白い山頂コースをピストンしたほうが面白かったか・・・と残念。

まだかなり時間が早いので、
しばらくは駐車場でストレッチしたり、痛めた左足首に鎮痛剤を塗ったり・・・。

撤収したあとは、池の茶屋林道を下って、櫛形山林道をドライブした。
13:41 みはらし平(鐘の鳴る丘)。
立派なモニュメント、なんだか場にそぐわない鐘がある。
鳴らしてみたけど・・・(笑)

▼「鐘の鳴る丘」って言っても、山の中腹だけど・・・(13:41)


林道をドライブした後は、もう少し走って尾白渓谷まで。
今日の温泉は 尾白の湯
この温泉は、泉質は良いのだが、昼過ぎのこの時間でも人が多いのが難点??
露天で長風呂して・・・
尾白渓谷の駐車場で少しヒマを潰して・・・

日没頃、みずがき湖を目指して移動。
晩ご飯は久しぶりにファミレス(ガスト)。

19:57 みずがき湖に着いた。
今晩は、ここで車中泊。
明日は、S浦さんと待ち合わせして、甲府幕岩でクライミング予定です。
今回の3連休は、北岳にテント泊で行く計画だったが中止にした。
先月に痛めた左足首の靭帯がまだ治らず、だいぶ痛いので。。。
・・・この痛さは、テント泊一式の重装備を背負うのは明白に厳しい。
・・・肝心の天気も、梅雨前線の動きが怪しくて推測がつかない。
・・・そんなリスクを背負って、現地で悪天候だったら喪失感が巨大だ。

でも逆に、
軽装備ならサポーターでガッチリ固めて、ゆっくり加減して歩けば何とかなるかも?
そんな感じで歩ける山で、日帰りで、行ったコトのない山は・・・

思いついたのが塩見岳。
駐車場から日帰り出来る貴重な3000m越えの山(標高3,052m)。
コースタイムは長いけど、通常はそんなにかからない。ゆっくり片足をかばって歩いて休憩込みで同じくらいかな?たぶんきっと。
道もよく整備されて歩き易いらしいし・・・行ってみるか!!

******
前日(連休1日目)は10時頃に家を出て、まず高速を走って小淵沢ICへ。
昼過ぎから温泉に入ってリフレッシュ。
いろいろなストレスからリフレッシュされたあとは・・・
国道20号線から酷道で有名な152号線に入ってドライブ。
杖立峠を越えて高遠~分杭峠を走って・・・
夕方に鳥倉駐車場に着いた。

******
3:00 まだ真っ暗な中、起床。
洗顔したり・・・。
足首に強力なサポーターを付けて固めて出発準備。

3:40 歩き初め。
ヘッドランプを点けて長い林道を歩く。
月明かりが意外に明るい。

4:17 林道終点のバス停。ここが鳥倉登山口。
4:24 登り始め。

▼鳥倉登山口。ようやく薄明るくなってきた。(4:24)


最初は緩やかな樹林帯の斜面をジグザグに登っていく。
鳥倉登山口から三伏峠までの道は、10区間に分けて標識が立てられていている。
1/10、2/10と現在地点を確かめながら歩けるのでわかりやすい。

5:29 1回目の休憩、13分。
4/10の標識を過ぎて支尾根に出てまもなくの辺り。

5/10位から樹林をトラバース気味に登っていく。
樹林だけど下を見下ろすと凄い急斜面。殆ど崖に近い。
こんなところへよく道を作って維持するなぁと感心する。
崖に掛けられた渋い木道が何度も出てくる。

▼渋い木道が何度も出てきます。(6:05)


最後の9/10から三伏峠小屋までがやけに長い??
6:44 三伏峠小屋に到着。21分休憩。

▼三伏峠(標高2,580m)。日本で一番標高が高い峠だそうです。(6:45)


やっと主尾根に出て眺めが良くなるのかな?と思ったら、まだ樹林が続く。
突然ハイマツ帯に変わって、三伏山(標高2,615m)。
しかし眺めもすぐ終わって、また長い樹林帯の歩きに変わる。

▼三伏山。目指す塩見岳は遥か遠い。(7:19)


今回のコースで一番つらいのはここから。
眺めがない樹間の尾根を、何度も上り下り繰り返しながら、時々樹間から遠くに見える塩見岳を目指して進む。

それにしても快晴。emoji
しかし午後はたぶん梅雨前線の影響で崩れると思うので、なんとか快晴のうちに塩見岳まで行きたいが・・・。

8:02 本谷山(標高2,658m)、15分休憩。
ここで女性1人に抜かれた。
あとで(塩見岳山頂で)再会した時に話しを聞いたのだが、彼女は5:30頃に駐車場から歩き始めたそうで、ここまで2時間半ぐらい? 早っ!!

▼本谷山。背景の塩見岳まではまだまだ遠い。(8:02)


本谷山の山頂は、木々が邪魔ではあるが、意外に眺めが良い。
中央アルプス、乗鞍、北アルプスが見える。
仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳、間ノ岳も見える。

▼本谷山から、北アルプス。この写真サイズでは分かり難いが槍ヶ岳も見える。


▼本谷山から、仙丈ヶ岳(左)と甲斐駒ヶ岳(右奥)


▼本谷山から、北岳(奥)と間ノ岳(右)


歩き再開するが・・・
本谷山から塩見小屋までがとても辛い。

樹林帯の中、長く大きく下って、ダラダラと樹林の中をひたすら歩く。
まるで奥秩父。そう、十文字峠から甲武信への稜線を歩いているような気分。
ジメジメ・だらだら、かったるい登り。
これって本当にアルプス???
大きく期待外れな歩きに、気分的に滅入ってくる。。。

9:20 塩見新道分岐で休憩、15分。
この区間でだいぶバテてしまった。。。

9:48 塩見小屋、通過。
小屋の周囲には残雪があった。

▼塩見小屋。雰囲気良さそうな小屋です。(9:48)


ようやく樹林帯を越えてアルプスらしい爽快な稜線になったのだが・・・
かなりバテてしまい、足が重い・・・

▼塩見小屋を通過して這松の中を歩く。塩見岳が遠い。(9:51)


塩見小屋から塩見岳は1時間の距離だが・・・
意外にアップダウンがあって辛い・・・
天狗岩も越えて頑張ったけど・・・疲労がもうかなり限界か?
足が前に出ない・・・。
周囲から雲が湧き上がってきている。
「今日は午前中勝負!」って読みは大当たりらしい、間に合うか??
急がなければ頂上で雲に捕まってしまう・・・。

▼塩見岳頂上まであともう少し?だけど足がすごく重い。(10:26)


10:30 頂上が目前なんだけど休憩。7分。
オクサンは余裕があるようなので、水を1Lだけオクサンに引き受けてもらった。
おかげで、だいぶ元気になった・・・

▼疲れ切って、登りの途中で休憩。(10:30)


最後のガラ場は、鎖やロープが一切ないのが素晴らしい。
・・・って言っても、岩がボロくてアンカーが打てないか。。。

10:57 塩見岳・西峰(標高3,047m)到着!
写真だけ撮って、そのまま通過。
すぐ先の東峰へ向かう。

▼塩見岳・西峰(標高3,047m)(10:58)


11:02 塩見岳・東峰(標高3,052m)到着!!!
空にはだいぶ雲が出てしまったが、眺めはまだ素晴らしい!
甲斐駒ヶ岳は雲に隠れてしまったが、白峰三山はまだ雲がかかっていない。
蝙蝠岳の稜線が美しい。
南は残念ながら、荒川三山までしか見えない、その先は雲の中。
富士山は見える・・・。

▼塩見岳・東峰(標高3,052m)、右後ろは白峰三山。(11:03)


山頂で30分休憩。
風景を楽しんで・・・
途中で抜かれた女性と少しお話し。
(彼女は夜中の国道152号を1人運転で走ってきたとか、すごいですね~)

気がつくと周囲からどんどん雲が湧き上がってきた。
「今日は午前中勝負!」って読みは大当たりだった。間に合って良かった。
あっと言う間に、周囲の山は雲の中に・・・

11:32 下り始め。
11:36 西峰を通過。
花がいっぱい咲いているので写真を撮りながらガラ場を下る。

▼たまには花の写真を撮ってみたけど・・・名前は知らないです(笑)


▼花の写真を撮ってみたけど・・・やっぱり名前は知らないです(笑)


地図で危険マークが付いている辺りは、ボロくて落石が嫌な感じ。
小さな岩を(足元が崩れて)落としてしまった。

▼ボロいガラ場を下るオクサン。そんなに怖そうに降りなくても・・・。(11:44)


▼ガラ場を下る私。下から見上ると悪そうだが、実際は大して悪くない。(11:46)


12:19 塩見小屋を通過。
12:30 塩見新道分岐で休憩、11分。

塩見新道分岐から本谷山までの区間は、下りもやっぱり辛い。
長い樹林帯のダラダラした下りのあと、段階的に何度も繰り返す登り。
アルプスらしくない歩きに嫌になってくる、本谷山になかなか着かない。
この区間は下りのほうが時間がかかるようだ。

13:48 やっと、本谷山。20分休憩。

▼本谷山にやっと着いた。この区間が一番つらい。(13:48)


本谷山から先は、もう1回登り返しがあるが、大したことはない。
14:51 三伏山を通過。

▼三伏山。周囲は霧に覆われて視界なし。(14:51)


15:01 三伏峠、15分休憩。雨がポツポツ降り出したので急ぐ。
16:01 10分休憩。
16:56 鳥倉登山口に着いた。5分程、岩の上で腰を伸ばして休憩。
17:35 駐車場に帰還した。

足をかばいながらも、何とかこなせた行程。
楽しかったけど、すごく疲れた!!

予想よりだいぶ時間がかかってしまって、しかもだいぶ疲れてしまったので、
今日は温泉なしで自宅に戻ることにした。
当初の予定では、今日は車中泊して、あす櫛形山へ行こうかと思ってたのだが・・・
疲れすぎました(笑)

*******
今回の行程は、山と高原地図(昭文社・2014年版)で単純積算すると、鳥倉駐車場から西峰までで、登り08:25、下り6:50、合計15:15。
累積標高差は2,450m位なので、黒戸尾根と丁度同じくらいなんですね・・・。
帰宅後にきちんと再計算するまで分からなかった。そして、「黒戸尾根よりは全然楽だろう」って思って計画したので、すごく意外だった。
*******

尚、初めてのルートなので、
水は途中給水を考えず、駐車場からすべて2人分として持参したが、合計8.7L。
昨年の真夏に、ソロで三股~常念~蝶を周回した時に、4.3L持参して3.7L消費したので、それを基準に考えたのだが・・・。
今回は、5.5L飲みきって、3.2L持ち帰った。
   5.5L=平均・540mlで10本
   16本背負って、うち10本飲みきって、6本持ち帰った勘定。

帰りは駒ヶ根ICから中央自動車道に乗って・・・
八ヶ岳SAで晩ご飯、ここの蕎麦は美味しくてお気に入りです。

中央道はどこも集中工事の車線規制ばかり。煩わしい。
24時半頃に自宅戻った。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
木村 三郎
性別:
男性
職業:
ひょっとしてプー?
趣味:
岩登り、旅
自己紹介:
ハンドルネームは使いません、こんな名前ですが本名です。
本名を使う理由は単純に、匿名で言いたい放題言う風潮が嫌いなだけです。。。
顔が小さいので背が高く見られがちですが、じつは167cmしかありません。しかもなで肩で、上へのリーチは身長160cmの人とあまり変わりません。もうちょっと背が欲しかった。。。
カテゴリー
カウンター
最新コメント
[11/16 さぶろう]
[11/16 三村]
[11/13 さぶろう]
[11/13 三村]
[11/12 けーすけ]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]