忍者ブログ
プロヴァンス滞在記 (管理人の日記です)
年始早々、体調を激しく崩してしまい、10日間近く、家に帰るとほぼ寝たきりの毎日だった。
ようやく具合が良くなって迎える休日。
岩登りに行きたいけれど、日曜日の岩場は混雑してるし順番待ちなども大嫌い。寒い岩場でまた調子崩してもいけないし・・・。
今回は軽い山歩きに行くことにした。
選んだのは、書策(カイサク)新道を登って塔ノ岳、下りは源次郎尾根のコース。

書策新道は、故・渋谷書策さんが、昔のマンガン採掘用の道を再整備して書策小屋に繋げた道ですが、今では崩壊箇所が多く地図上では廃道扱いになっています。
変化に富んだ面白い道なのですが、途中、丹沢随一のヒル地帯の本谷沢を通過しないとならなくて、私にとっては完全な冬季限定のコースです。ヒル嫌い~(笑)

**********************
7:08 戸沢
日曜日なので混むかなと思って早めに家を出たけれど空いていた。
一休みしてのんびり準備。

▼戸沢の駐車場。日曜なのに車はまばらです。(7:36)


7:36 歩き始め
7:42 天神尾根入口
7:45 書策新道入口
8:01 源次郎尾根分岐

源次郎尾根を左に見送って、斜面をトラバース気味に進む。
古い壊れかかった橋や、フィックスロープが張られた崩壊箇所を次々に越えていく。

▼古い壊れかかった橋。斜面を普通に歩けます。 (8:23)


▼大々的なフィックスロープ。(8:30)


▼滝が見えてきたら本谷沢への合流はまもなく。(8:30)


▼本谷沢合流直前の崩壊箇所。コース通してここが最も危険か?(8:35)


近年崩壊した箇所・本谷沢合流直前では、岩に新しいアンカーが打たれていて、フィックスロープもまだ比較的新しいし、定期的に整備をされている奇特な方がいらっしゃるようですね。
念の為に補助ロープ・ハーネス・下降器などは持参してるけど、使う必要はなかった。

8:40 本谷沢、30分休憩(9:10まで)

▼本谷沢の道標(8:40)


▼本谷沢で休憩。(8:58)


冬の本谷沢は、日差しも入って休憩にちょど良い場所。
逆に、冬でなければこんな場所で優雅に休憩できませんね・・・夏はヒルがウジャウジャの場所ですから(笑)

9:10 歩き再開。
いきなり小枝を踏んで激しく転んでしまった。

本谷沢から崩れた階段の急斜面を登って。
草原状の自然林に出ると眺めが良くなる。

▼本谷沢から離れて、気持ちの良い草原の道。(9:15)


途中の道は、トレースが概ね明瞭。
迷いやすい部分は大々的にロープで注意警告されてたり、あまり迷う要素はない。
途中には、古い石垣で補強された小沢もあった。こんな場所なので、旧鉱山の関連施設でしょうか?

9:40 セドノ沢
セドノ沢は右岸の斜面を登るが、最近つけられた注意札もある。

▼昨年つけられた注意札。「右岸を登るように」って。(9:42)


9:46 白糸の滝
白糸の滝は右側から巻くが、登った上は、広い沢床になってる。

▼白糸の滝。(9:50)


▼白糸の滝の上。過剰なくらいテープで道が示されている。 (9:59)


このセドノ沢左俣をもう少し詰めると、鉱山跡(大日鉱山跡)があるらしいですが、今回はすぐ右上の斜面へ、書策新道をそのまま登ります。

風がゴーゴー鳴ってすごい。
尾根が近づくにつれて、風が入り込んで寒くなってきた。尾根に出る前に、早めに防寒着を重ね着した。

10:28 書策小屋跡地
跡地には大量に、木道整備用の資材が積まれていた。
休憩16分(10:44まで)

▼木道整備の資材に座って休憩。(10:28)


尾根は風がすごい。
「昼頃に日本海を低気圧が通過する」って予報通りで、時々雨と雹を含んだ強風が、轟々と吹き荒れている。
砂埃が目に何度も入っても辛い。
防寒着を着込んで、汗をかかないようにゆっくり歩いた。

11:30 塔ノ岳(標高1,491m)山頂。
天気が悪いせいか、山頂は人もまばら。
尊仏山荘は混んでいそうなので、写真だけ撮ってすぐ下山開始。

▼塔ノ岳山頂(11:30)


11:57 花立山荘
小屋に寄ってお汁粉を食べた。
小屋番のマモさんは忙しそうであまりお話出来ず。
12:26 花立山荘を出発。

▼源次郎尾根、下の草原。(12:50)


源次郎尾根は眺めが良くて素晴らしい。
しかし植林帯の倒木がすごかった。昨秋の連続台風のせいですね。
13:47 戸沢の駐車場に戻った。

帰りは下道をのんびり走って、17時に自宅に着いた。

**********************
今日は天気が残念だった。
もうすこし晴れ間が多いのを期待してたのですが、終始曇りで強風。寒くていたたまれず。風景をのんびり楽しむゆとりもなかった。
コースはとても面白かったので、晴れて、日差しがよく届く日に再トライしたいです。
PR
実家の前の山崎八幡宮は、奈良時代まで起源が遡る古い神社らしい。
そんなわけで、初詣はやっぱり山崎八幡宮。
0時少し前、早めに玄関を出たけど、もう行列ができていた。(@@)

▼山崎八幡宮、参道から見下ろす夜景。(0:37)


お願いごとはヒミツ。

境内からの夜景は昔よりだいぶ寂しくなったな~。
記憶では、年末年始も工場地帯の夜景が煌々と輝いていたのだが・・・
年末年始は山口県・周南市の実家へ帰省ですが・・・
今回は、恒例の九州の山へ足を伸ばす時間を作ることが出来ず、地元の山・右田ヶ岳に行くことにした。
右田ヶ岳は、2年前にも一度登っているのですが、実家から登山口駐車場まで車で10~20分程度、山頂までの歩きも1~2時間程度。花崗岩が露出した、気軽に岩稜気分を味わえる楽しい岩山です。

**********************
8:25 実家を出発。
途中のコンビニで買い出しして・・・
徳山西ICから山陽道へ。
9:09 右田小学校前の駐車場に着いた。

▼右田小学校前の駐車場を出発。(9:13)


9:13 歩き始め。
まずはアスファルトの道を西へ向かう。
登りは勝坂コース・尾根ルート。2年前と同じですが、登るにはここが一番面白いので・・・。

▼勝坂コース・登山口(9:34)


9:34 勝坂コース・登山口。
登山口の看板が無くなっていて「ココだったよね?」ってオクサンと話ながら登り始め。
すぐ出てくる廃屋を見て、間違いないと確信。

今日は寒い。
薄暗い林をしばらく登ったあと、徐々に展望が良くなって・・・

9:46 尾根ルートと本ルートの分岐点。
「尾根ルート」は分岐点から北隣りの尾根なので、いったん沢へ急下り~登り返し。
シダ林の中を一直線に進む風景がちょっと珍しい。

▼シダが茂る斜面を登る(9:52)


ここからお楽しみの岩尾根登り。
花崗岩の大きな岩を這い上がったり跨いだり。
眺めよく高度感もあってすごく快適。

▼足が上がらず苦労するオクサン。(10:10)


▼10年くらい前?の土石流跡が、後ろの山斜面に多数残る。(10:14)


▼楽しいけど、フィックスがじゃま。(10:14)


でも残念なのは、フィックスロープが過剰でしかも怪しいこと。
フィックスが必要な場所とは全く感じられない。少なくとも私は全く使わなかったが、100歩譲って「子供でも安全に」って考えるならば、安全なフィックスを設置するべきだ。
しかるに、ここのフィックスはロープ自体も怪しいし、そのアンカーは伐採した中木の根だったり、細い立ち木の幹だったり・・・。
最後の岩峰への登り(トラロープのフィックスあり)は、ハイキングコースとしては悪目の登りだが(本ルートは岩下を巻くのか?)、フィックスの固定部分を見て目が点になってしまった。(*_*)  なんと、直径3cm程度の木に「8の字」や「ブーリン」ではなくて、「自在結び」ってやつ?よくテントの張り綱などを仮固定するような結び方だ。
私達はもちろんロープを使わないで(触らないで)登ったけど、使ってたら血の気が引くところだった。

▼最後の岩峰への登りは、ハイキングコースとしては若干悪目。(10:22)


▼岩峰上から、西峰を望む(10:25)


▼岩峰上から(10:27)


10:42 右田ヶ岳(標高426m)山頂に到着。
山頂は地元の常連さんで賑わっていた。
日章旗もはためいている。
だいぶ早いけど、山頂でカップラーメンを作って昼ごはん。
11:32まで休憩(50分)

▼右田ヶ岳山頂。(10:51)


▼カップラーメンで早い昼ごはん。(11:02)


下りは、2年前は天徳寺コースを選んだが、今回は違うルートってコトで、塔之岡コースを選択。途中頻繁に現れる手製の看板が面白く、眺めもまあ良い。土石流跡に架かる2つの手製の橋がユニーク。かなり手間がかかった造りの橋ですね。

▼塔之岡コースから、右田ヶ岳山頂を見上げる。(12:02)


▼ユニークな手製の木橋。(12:21)


▼土石流跡に作られた堰堤。型枠が残ってて見た目が砦みたい。(12:34)


12:38 登山口
12:53 駐車場に着いた。

休憩をのぞいて、3時間程度の行程。
登山と言うにはちょっと寂しいけれど、眺めも良くて、なかなか良い山です。

*********************
帰りは、防府市内をドライブした後、湯野荘で長湯。
夜は母親の美味しい料理でお腹いっぱい。。。
平和な大晦日でした。
今年の我が家の休みは12/30~1/3の3日間。
5連休ですが・・・恒例の帰省です。

12/29(土)仕事が終わって準備して、20時過ぎ出発。
東名、新東名、伊勢湾岸道、新名神、山陽道と乗り継いて800kmの道のり。
オクサンと運転交代しながら・・・
年々道は楽にはなっているけど・・・

8時半に実家の最寄りのガソリンスタンドで給油+洗車。
8:55 自宅に着いた。

▼自宅の前の山崎八幡宮。(8:56)


私はしばらく昼寝して・・・

14時頃、湯野温泉へ。

▼湯野温泉・湯野荘(15:01)


風呂上りは長田海浜公園を散歩…のルーティン。

▼長田海浜公園(15:26)


▼高台のグラウンドまで登ってみた。(15:38)


▼雲の流れ方が面白い。(15:46)


4日間だけですが、実家でのんびり過ごします。
なんと半年ぶりの外岩です。

数日前に職場で若い子から、「YouTubeを見てたら山の動画が出てきて三郎さんの名前が出てたので、似てるなぁ?本人かなぁ?って悩みながら3時間もいろいろ見ちゃいましよ!」って言われた(笑)
・・・で、続いて、「5月から登ってないんですか?最新が5月ですね!」って(爆)
いいトコ突いてきたな~ f^_^;

フッと自分の下腹を見て、およそクライマーらしからぬ体型になった今日この頃。
またフランスやスペインで楽しく登りたいなぁ・・・って思いつつも、この体では到底楽しくは登れそうにない。

やっぱり外岩に行かないとダメですね。。。
そんなわけで、来年の私の目標は、なるべく外岩に出てクレイマーに戻ることです。あ、間違った、クライマーだった(笑)(↑ほんとに入力ミス・面白かったので残した・・・え?その通りだって??)

**************
今回は城山。
ジム仲間の、ケイスケさん・アキモトさんが「城山に行く」って話してたので便乗させてもらった。オクサンは実家の用事で不参加。
峠の駐車場でRyoくんと待ち合わせて、メンバーは計4人です。
9:30頃、岩場に着いた。

ストーンフリー  5.10c
まずはみんなでアップ。
陽があたって気持ちいいですね。
アップに最適なルートです。

ストーンフリー(5.10c)を登るケイスケさん


アップのあとは、Ryoくん、ケイスケさんのケレンジ(5.13a)トライを見物。
ケレンジの核心は、右手パーミングから遠い見えにくい穴へのランジですが、なんとケイスケさんは事も無げにスタティック。目が点になってしまった。私が登ったときもこの核心ランジはだいぶ苦労したのですが・・・流石です!!

ケレンジ(5.13a)の核心をスタティックにこなすケイスケさん。


ケレンジを見物した後、私とアキモトさんはライオンサミットへ移動。
ライオンボトムからライオンサミットへのアプローチは、物凄い倒木と枝葉で大荒れ、登るのが大変だった。秋の台風のせいですね。。。

シャンハイ・ルージュ  5.12b
ケイスケさんお勧めのルートなのでトライ。
1回目はムーブが分からずアレコレ試してハングドック。私のリーチ・パワーではだいぶ難解なムーブになります。多分コレでいいかな?って見切りの状態で終了。
ケイスケさんとRyoくんも岩場に来て、ギャラリーが増えた2回目は、ちょっと気合を入れて・・・なんとか二撃出来ました。(笑)
短いけど前傾のボルダームーブで面白かった。

アキモトさんとRyoくんは、美しき狩野川(5.11d)をレッドポイント。
このエリア(ライオンサミット)は2本しかルートがなくてアプローチも大変だけど、楽しかったです。

美しき狩野川(5.11d)をRPするアキモトさん。


美しき狩野川(5.11d)をRPするRyoくん。


ワイルドボアに戻って・・・
気分的には本日終了でも良かったのですが、アキモトさんがドライブミーナッツをトライしたので私も参加。

ドライブミーナッツ  5.11b
これはホントに11b?出だしからエグいボルダームーブ。そこは何とか越えたけど、その後でいきなり落ちてしまった。ボルト位置が悩ましくて「左を使うな」ってコトのように思うけど、右は明白に何もない。トップ・オブ・ザ・ワールドと同じでどこまでを限定と解釈するかで内容がまるで変わる。あまりやっている人もいないようで、終了点直前はコケコケ(苔)でひたすら悪い。終了点まで数回落ちてしまった。

回収して降りたら16時。
岩場撤収して駐車場に戻ったのは17時頃。

今日の岩場はとても静か。私達以外は1組(2人)のみ。
天気も良くて、日差しをいっぱい浴びれたし。
外岩クライミングはやっぱり楽しいですね。。。
我が家の今月はクライミングがメインのはずですが、諸事情重なって思うようにならず。
不本意ながら、いろいろストレスが多い今日此の頃です。(x_x;)

そんな中、今日は御前岩クライミングか?城山クライミングか?近場の山歩きか?って悩んでたのですが、オクサンが「丹沢山に行ったことがない」って言ってたのをフッと思い出して、塩水橋から蛭ヶ岳への日帰りピストンを計画してみた。
色々なストレスが積もると無性に山歩きをしたくなるんですよね~。ゼーゼー息切れしながら急登を登っていると、余計なことを思い出さないで済むし、素晴らしい眺めに出会うと悩みなんて吹き飛びますから・・・f^_^;

今日の丹沢山は、「てんくら」では終日A、「ヤマテン」でも夕方まで晴れ。
気象庁予報やweathernewsでもこの地域は概ね晴れだったので、最高の天気を期待したのですが・・・結果はなんと、驚きの雪!時々吹雪。emoji
なかなか厳しい一日でした。。。emoji

------------------------------------------------
4:16 自宅出発
横浜は星空だったが、ヤビツ峠は「さっきまで雨でした」って雰囲気。

6:06 塩水橋に着いた。
駐車スペースには先着3台のみ。
まだ夜明け前で真っ暗だし、6:30まで仮眠した。

▼塩水橋、林道ゲート(6:50)


6:50 歩き始め。
しばらくは林道歩き。
雨上がりで路面は濡れてて、周囲はモヤだが、進行方向の空は青い。

▼本谷林道から。進行方向は青空。(7:13)


7:16 本谷橋、防寒着を脱いだり、7分立ち休み。
7:23 山道を登り始め。登りは天王寺尾根を歩きます。
7:42 天王寺峠
この頃は陽も射して、右側に雲海を見ながら、快晴の稜線を信じて疑わなかったのですが・・・

▼天王寺峠から谷を見下ろすと雲海。(7:46)


天王寺峠でいったん自然林になったが、すぐまた植林になって、北側斜面は自然林だが、稜線部と南斜面はトータルで植林。せっかく晴れているのに、この植林の中では恩恵を得られない。寒い。

▼右は自然林だが、歩くコースは植林の中。(8:08)


8:19 「丹沢山まで3.3km」の標柱のそばで休憩19分(8:38まで)
9:43 天王寺尾根分岐で休憩21分(10:04まで)
雲が多くなり、アラレのような粉雪がパラパラ降り始めた。
進行方向は完全に雪雲に覆われている。

▼天王寺尾根分岐(9:44)


休憩後は気温も下がり寒いので薄ダウンを着て歩く。
自然林になったが、日は全く射さず、霧とアラレのような雪の中、黙々と。
今年の秋の連続台風のせいか、倒木が多い。

▼鎖場  (10:15)


最後の長い階段地帯を登りきると・・・
10:35 丹沢三峰の尾根に合流

10:41 丹沢山(標高:1,567m)山頂に到着。
最近ヤマレコなどで話題になる、山頂標識の背景に山積みされた荷物・・・ありました。確かに写真の邪魔ですね。
晴れてれば、「荷物の向こうに富士山」って構図になってしまう。
山頂標識の設置場所・向きも富士山を意識しているが明白なのに・・・ここを訪れるハイカーへのホスピタリティが欠如していると言われても仕方ないですね。

▼丹沢山・山頂。板が変わったんですね。(10:43)


丹沢山山頂では写真を撮っただけで通過。
蛭ヶ岳へ向かって歩き始めるが、一番楽しみにしていた眺めは何もなし。
風が冷たい。

▼ここから蛭ヶ岳への眺めが楽しみだったのに・・・(10:49)


11:15 不動ノ峰休憩舎。
休憩。21分(11:36まで)

風と粉雪が激しくなってきた。
もちろん眺めなんて何もなし。霧氷は綺麗だけど、それどころではない。とっとと蛭ヶ岳に行って引き返したい。

▼不動ノ峰休憩舎。粉雪が激しくなってきた。(11:16)


11:45 不動ノ峰(標高:1,614m)
霧氷がキレイだけど、寒くて写真を撮るのも面倒。

▼霧氷(11:51)


12:36 蛭ヶ岳(標高:1,673m)山頂に着いた。
山頂は寒いし、粉雪が時折激しく吹き付けるし・・・
写真だけ撮って、数分立ち休みして(12:44まで)・・・
小屋には寄らずに、丹沢山へ向かって引き返し。

▼ 蛭ヶ岳山頂、誰もいません。(12:37)


▼蛭ヶ岳山頂 。霧氷が綺麗。(12:40)


帰りは風が強くなり、頬に粉雪が当たって痛い。
13:05 鬼ヶ岩

▼鬼ヶ岩、眺めが良い場所らしいけど・・・(13:06)


13:32 不動ノ峰
13:38 不動ノ峰休憩舎。
休憩28分 (14:06まで)。
風雪を避けて休憩できる場所が有り難い。
山専サーモスに入れてきたお湯でカップラーメンを作って遅い昼ご飯を食べた。

▼不動ノ峰休憩舎で、温かいラーメンが嬉しい。(13:47)


14:36 丹沢山
みやま山荘に知り合いがいるので立ち寄ろうか悩んだが・・・
時間がだいぶ押してきているので通過することにした。

▼丹沢山、みやま山荘前で。(14:37)


▼最初の長い階段にも雪(14:44)


15:06 天王寺尾根分岐で休憩。18分(15:24まで)
登りのときと同じ場所で休憩したが、ここも雪がうっすら積もっていた。

▼天王寺尾根分岐(15:26)


下りは堂平へ降りたが、自然林が多くて落葉して良い雰囲気だ。次回は往復とも堂平経由かな?ってオクサンと話しながら歩いた。

16:00 塩水林道終点
もう日没が迫っている。小屋のような雨量計の前で少し立ち休みして、横から急斜面を下り降りていく。持っている地図では林道を歩くようになっているが、こちらのショートカットコースの方が、10分ぐらい短縮できて良い。

▼小屋のような雨量計。横にショートカットの入口がある(16:05)


16:23 ワサビ沢入口
再び林道を歩き始めてすぐ薄暗くなってきた。

2回目の大きな連続ヘアピンが終わった辺りで、警察が来て沢でなにか捜索?をしていた。林道から見て沢の対岸で発見者達?と写真を撮っている。
「遭難者の遺体発見って雰囲気だね」「この時間だと引き上げは翌日かな?」「何があったんだろう?」ってオクサンと話しながら、早足で先を急いだ。

長い林道下り途中で完全に日没、真っ暗になってしまった。
16:57 塩水林道入口ゲートに到着。

▼やっとゴール。意外に長かった。(16:59)


今回は久々に苦行のような山行だった。
一番楽しみだった主脈稜線では、寒い中、眺めも何もなく、粉雪を叩きつけられながら、先を急いで歩くのみ。なかなかのトレーニングにはなったけど、山歩きとしてはツマラナイ。
再度、快晴予報を狙って行かないとならないですね。。。

▼帰りに、菜の花台の展望台に立ち寄った。夜景が綺麗。(17:59)


丹沢山は・・・
私は、現在の丹沢山は丹沢山塊で最もつまらない場所の一つだと思う。100名山とか言ってここを目指すのは愚の骨頂だと思う(私が100名山嫌いの理由の一つです)。
みやま山荘は頑張っていると思うけど、私が学生の頃(35年前)にみやま山荘に泊まったときの丹沢山と、現在は景色がまるで違うし・・・昔は山頂全体が森で静かな山だった。
現在はあまりに中途半端な景観で、ただのジャンクションって感じになってしまっている。
残念ですね。。。
丹沢湖マラソンは、我が家の秋の恒例行事。
参加するのは10kmコース(マラソン嫌いの私には10kmが限界です)f^_^;
アップダウンが多いコースですが、元気な頃は50分を切るか?45分を狙えるか?で頑張ってたはずなのに、近年は1時間を切ることもままならない。しかも今回は、八ヶ岳を歩いてたった3日のインターバル。あちこちガタついたこの御老体で、はたして完走できるのか???

***************
前日は仕事で疲れ果てて前夜発出来ず。
4:30起き~5時少し前に自宅を出発した。
6:08丹沢湖の駐車場。少し車内で仮眠した。

今年の紅葉はイマイチ。
天候不順の挙げ句に、なかなか来ない冬。
木々は斑に紅葉して緑がまだ多い。

8:00会場入り
今回も中学校校舎の3階に陣取り。
まずはサーモスに入れてきたお湯を使ってカップラーメンで朝食。

今年もメンバーは、我が家とBeniちゃん・ミユキさん。
9時過ぎにBeniちゃん達が合流。

10時頃、アップするが・・・
レースシューズを履いて数歩、足が軽く体が勝手に前に出るような感じ。「もしかして絶好調かっ!?」って思ったが、大誤解だった。ただ靴が軽かっただけでした(笑) いつも重い靴はいてますからね~。レースシューズは偉大です。
走ってみると全身の関節が悲鳴を上げる感じ。特に腰が重くて絶不調でした。やっぱりね。。。

▼スタート直前。(10:57)


11:00 スタート。

途中で潰れるのは明白なので、最初で出来るだけ稼ごうと思って、2kmは毎5分で頑張ってみたけど、その先はバテバテで6分オーバー。
最後2kmは、例年なら全力疾走でタイムを挽回するのだが、今年は腰がバラけそうになり加速できず。最後は吐きそうになりながらゴールでした。

▼楽しそうに走るオクサン。(11:01)


▼6kmちょっと。このあたりは紅葉が綺麗(11:40)


タイムは1時間01分49秒だった。

丹沢湖マラソンはネットタイムではないので、スタート地点までの渋滞時間を含んでいるのですが、スタートでONした自分の時計でも1時間1分オーバーしていた。

走ったあとはみんなでシシ汁を食べて・・・
出店で買い物して・・・

▼大会のご褒美、選手に振る舞われるシシ汁。(12:58)


のんびり駐車場まで歩いて帰って・・・
車でみんなで中川温泉へ。
マラソン参加者特典の割引券を使って、今回は信玄館へ。
なかなか良い温泉でした。

▼信玄館の甲冑。(15:07)


温泉の次は、大野山へ行ってみた。
マラソン会場からすぐ目の前に見える大野山、見ていると妙に行ってみたくなる。
山頂のすぐ裏まで車で入ることが出来て、山頂までは徒歩5分程度。
とても眺めが素晴らしくて、良い雰囲気の場所です。

昼は賑わったと思われる山頂は、この時間はとても静か。
誰もいない。
大野山から見る夕日の富士山はとても綺麗なんですけどね・・・。
去年もマラソンの後に立ち寄ったのですが、毎年恒例になるかな??

▼大野山・山頂  (16:09)


▼大野山から、夕日の富士山。赤富士です。(16:26)


Beniちゃん・ミユキさんを渋沢駅へ送って、我が家は、大倉でお酒とお惣菜を買い込んで戸沢へ向かう。
明日も休みなので、今晩は焚き火でキャンプです。

▼戸川公園。電飾された風の吊り橋。(18:14)


防寒着をしっかり着込んで、自宅に大量に溜まった処分しにくい紙ゴミ(個人情報ゴミ)を薪代わりに焼却です。今回のために自作した一斗缶カマドがなかなか調子よくてスグレモノだった。

▼焚き火 は楽しいですね。(19:48)


買い込んだお酒をすっかり飲みきって、就寝は24時頃。
明日は表尾根ハイキングのつもりですが、起きれるかな??
今回は八ヶ岳・阿弥陀岳に行ってみた。
残念だった先週の焼岳の帰りに見た快晴の八ヶ岳が印象的だったのと、以前からオクサンが「阿弥陀岳に登ったことがない」って言ってたのを思い出して・・・。

毎度問題になる天気予報は、今回も掴みどころがない。
件の気象予報サイトで参照できる時間ごとの高層天気図では、完全に高気圧(弱いけど)に覆われて夕方まで雲はないはず。しかしそのサイトでは午後から曇りの予報。「てんきとくらす」では、なんと終日Bになっていた。
天気図的にも晴れでOKのハズなのに意味がわからない。。。
ここは前回の轍を踏んで、自分を信じて決行したが、正解だった。

悩ましかったのはこの時期の装備。
前日に見たライブカメラでは山頂に雪はなさそうに見えるが、月曜に雨が降ったようなので凍結具合がわからない。チェーンアイゼンは必須にしても、補助ロープ・ハーネス・下降器も持っていくか?念のため・・・。用意する水の量も判断付けにくい。寒くてあまり水は飲まないと思うけど、雪がなくて快晴だと意外に消費するかもしれない。この時期、赤岳鉱泉以外の小屋は全部閉まっているし。
もう考えるのが面倒くさいから、何でも持っていくか!冬に向けてのトレーニングだ!!って感じでザックにあれこれ詰め込んだら結構な重量になった。15kgぐらいか?
ほとんど使わずにタダの重量で終わりそうだな?って思った通りの結果だったのですが(笑)、いいトレーニングにはなりました。

**********************
前日は疲れていて自宅を出たのは午後になった。
道の駅こぶちざわ で車中泊。
3:30 起床。
4:20 八ヶ岳山荘の駐車場に到着。

▼まだ真っ暗な中、歩き始め。(4:33)


4:39 歩き始め。
もちろんまだ真っ暗。
急坂が続く別荘地の道を黙々と、舗装道路が途切れて山道になっても、ただ黙々と歩く。明るくなるまで休憩しないつもりなので、疲れないようにペースが上がらないように気をつけながら。。。
山林管理で年度毎に打たれた「境界改」の杭の塊が定期的に現れて、目印にはなるが、暗闇で見るとちょっと不気味だ。

▼御小屋山、やっと夜明け。(6:17)


6:16 御小屋山(標高2,137m)着。
やっと明るくなったので、最初の休憩、24分(6:40まで)。

▼「境界改」の杭の塊。(6:30)


御小屋山から不動清水までは樹林帯の時々急登。
時々見える山々が美しい。
朝日が当たる北岳、甲斐駒、中央アルプスも。

7:19 不動清水
7:58 2回目の休憩、26分(8:24まで)。

▼左から、北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈岳。神々しい!(8:34)


▼入笠山と、その向こうに中央アルプス (8:35)


▼阿弥陀岳はまだ遠い。(8:37)


▼登ってきた御小屋尾根を見下ろす。長い!(8:48)


阿弥陀岳が近づくにつれて、眺めがどんどん素晴らしくなる。
この尾根はなかなか楽しい。
遠く御岳や、北アルプスも綺麗に見える。
足元には登ってきた尾根と、原村、諏訪が・・・。

▼諏訪盆地と御嶽山(9:14)


▼穂高、大キレット、槍・・・北アルプス南部。(9:18)


▼右から、硫黄岳、東西天狗岳、蓼科山(9:18)


▼権現岳 (9:18)


▼阿弥陀岳に着いた。背景は赤岳。(9:31)


9:28 阿弥陀岳(標高2,805m)着。
山頂には誰もいない。風もなくとても静かで穏やか。
端っこに阿弥陀南稜への標識が立っていた。
見るとずいぶん明瞭なトレースがずっと尾根(南稜)に続いている。
私は阿弥陀南稜は積雪期限定のルートだと思ってたのですが(昔登ったことがある)、こんなしっかりトレースがあるということは夏もずいぶん登られているんですね。
9:57まで、29分休憩した。

10:34 中岳
疲れてきた。
なかなか足が進まない。赤岳頂上山荘がすぐ目の前に見えるのに・・・

▼赤岳への登り。(10:46)


▼赤岳への登り。(11:15)


▼赤岳・山頂に着いた。誰もいない。  (11:33)


▼富士山と甲府盆地 (11:35)


11:30 赤岳山頂(標高2,899m)到着
寒くて風が強い。
カップラーメンを作ったが、お湯がなかなか沸かなくて時間がかかった。
素晴らしい風景を楽しむつもりが、寒くてそれどころではない(笑)
山頂にいたのは58分休憩(12:28まで)

▼赤岳展望荘へ向かって下る。(12:39)


12:51 赤岳展望荘。
珍しく、今日はここ(赤岳展望荘)での風は弱い。
いつもここに来ると風がゴーゴーでいたたまれないのに。

▼赤岳展望荘で、横岳を背景に。(12:51)


12:57 地蔵尾根の頭
無雪期に地蔵尾根を下るのは初めてですが、すごい道。
どう見ても崩壊がちなルートを大々的に補修している。
お地蔵さんが途中にもあるのを初めて知った。冬は雪に埋まってしまうんですね。

▼地蔵尾根の下り、すごい道ですね 。(13:05)


13:39 行者小屋、休憩17分(13:56まで)
15:28 美濃戸山荘、休憩18分(15:46まで)
16:24 八ヶ岳山荘の駐車場に帰還した。

今日の行程はとても静かだった。
赤岳の登りまでは誰にも会わず。赤岳直下でソロの男性と外人3人組ガイドツアー(外人3人とは下りの南沢でもお会いした)。赤岳山頂では真教寺尾根を登ってきた2人組。山頂を降りるところでソロの男性が抜いていいった。
お会いしたのはこの4組7人だけ、平日のローカル里山並みの閑散さだった。季節的に微妙だからでしょうかね?冬でもない・夏でもない・でも両方の装備が必要だし、山小屋も端境期で閉まっているし。。。

久しぶりの12時間行程、ザックも重かったし、いいトレーニングになった。
眺めも素晴らしかったし。
やっぱり八ヶ岳は楽しいですね。。。

北アルプスの山々を見たくて、穂高岳に逢いたくて・・・
今回は焼岳に行ってみた。

天気予報はどのサイトでも「晴れ」だったのですが・・・
結果は、いろいろ残念・失敗な山行になってしまった。(x_x;)

****************
前夜発。諏訪湖SAで車中泊。
5:00 諏訪湖SAを出た時は晴れていたが・・・
6:00 沢渡に着くと「さっきまで雨でした」って雰囲気。とりあえず国道158号(旧道)に入って・・・(※1)
6:25 焼岳登山口駐車場に着いたが、霧雨。。。

▼焼岳登山口の駐車場。霧雨です。(x_x;)  (6:27)


雨が止んで回復するのを待つか?
回復しなかったら温泉にでも行こうか?ってオクサンと話して車中でうたた寝。

8:00 ハイカーが1組登山道に入って行ったのを見て、我が家も準備開始した。
準備中に雲の合間に山が見えて、「霞沢岳かな?この方向から見るとかっこいいなぁ!」ってモチベーションが一気にアップ↑(※2)

▼正面のカコイイ山、「霞沢岳かな?」って勘違いしてた。(8:15)


▼帰宅後、拡大して見てみたら、穂高岳ではないですか!!  (8:15)


8:18 歩き始め
歩き始めてすぐ、道端に車の残骸。
ひっくり返って、ほとんど自然に戻っている。

▼自然に帰った車。いつのものなのか。(8:21)


急登が始まると草木に積もった雪が現れ始め・・・
幻想的な景色になった。

▼雪の笹原。正面に青空が広がり始めた。(9:02)


また道が平坦になり・・・
暫く進むと、視界が開けて、正面に焼岳。

▼焼岳が見えてきた!(9:26)


9:28 広場で休憩。16分(9:44まで)。

▼雪の広場で休憩。(9:28)


広場から頂上までの登りは、雲も大幅になくなり、青空の下。
あのピークの向こうには大絶景が待っている!!って期待が膨らむ。o(^-^)o

▼焼岳への登り 。青空が広がってきた!(10:03)


▼噴気口の右上が焼岳・北峰です。(10:40)


山頂直下は火山そのもの。
蒸気を激しく吹いている噴気口のすぐ真下をトラバースするが、「こんなとこ通って大丈夫なの?」「硫化水素大丈夫?」って心配になる。噴火警戒レベルは1らしいけど、御嶽山の例もあるしね、正直ちょっと怖いです。。。

▼あの噴気口のすぐ真下をトラバースする。(10:43)


▼正賀池(左)と爆裂火口(右)(10:44)


足元あちこちから蒸気が湧き上がってる中、待っている絶景を楽しみに息を切らして頂上に着いたら・・・ 正面の景色はすべて雲だった。(x_x;)
なんと、期待した絶景はナッシング・・・。(T_T)
ガーンzzzzマジですか。。。 

▼山頂に着いたけど、眺めは雲海のみ。(10:53)


10:51 焼岳(北峰:標高2,444m)到着。
眺めが無いのに超がっかり。
穂高岳と乾杯するために持ってきたビールは、雲海とカンパイ用になってしまった(笑)
お湯を沸かしてカップラーメン作って、「一瞬でも穂高が見れないかな?」って期待して、未練がましく待ったけど、雲がなくなる気配は全然なし。

▼雲海とカンパイ!になってしまった。(x_x;)  (10:59)


▼時々、上高地が見えたのがお慰み。。。 (11:08)


11:42 諦めて下山開始。
急に寒くなって頂上も一気に霧に覆われてしまった。
下りは一気に。

▼広場で。山頂はもうすっかり雲の中。(12:28)


12:28 広場を通過。
13:19 登山口に帰還した。

▼登山口に戻った。(13:21)


穂高岳は私にとって、思い出が多い、特別な山。
今年は北アルプスにたくさん来て楽しい思い出が多かったけど、なぜか穂高岳とは縁がなくすれ違いばかり。「せめて焼岳から雄姿を眺めたい」って今回の山行を決めたのですが、とても残念な結果だった。。。(x_x;)

▼沢渡の足湯でほっこり。(14:17)


帰りは沢渡で足湯に浸かって一休み。

松本に下りると、正面の美ヶ原は快晴。振り返って北アルプスは雲の中・・・
中央道から眺める八ヶ岳も見事な快晴で、西陽をあびて素晴らしい眺め。
山選び失敗だった。今日は八ヶ岳の日だったか・・・(※3)

▼八ヶ岳、最高の登山日和。山選び失敗した。(16:09)


**********************
※1 :国道158号(旧道)
国道158号(旧道)は通行止めだったんですね。(冬季通行止め:30年11月6日~31年4月17日)
昔からある普通の国道だし、まだ11月だし、通行止めになってるなんて露程も思わず。私達がゲートに来た時、ちょうど中の湯の関係者がゲートを開けたところだったようで、何の疑問も持たずにゲート通過して登山口まで入ってしまいました。
下山時にゲートが閉まってて表の看板に「冬季通行止め」が書いてあって、「あれっ?」って。。。

※2 :登山口から見えた山
出発準備中で慌ててたので正確に確かめず、霞沢岳と思い込んでしまったのですが、帰宅して写真を拡大して見たら、なんと穂高岳ではないですか!!! 朝一番、支度中に会えていたんですね(笑) 位置上、この登山口から穂高岳が見えるとは思ってなかったので完全に誤解してました。穂高岳とわかっていれば、もう少しじっくり見ていればよかった・・・(x_x;)

※3 :八ヶ岳は快晴だった
とある気象予報サイトに掲載されている、時間ごとの雨雲予報図では、北アルプス北部に雲がかかる予報になっていた。反して八ヶ岳は雲は一切なし。八ヶ岳に行くべきか悩んだのだが、当のそのサイトの焼岳・穂高・槍ヶ岳山頂予報で「晴れ」を出していたので、やっぱり焼岳に決断したが・・・失敗でした。でも穂高を見たかったんだよね~~。

今年の晩秋~冬は、思うところあって、クライミングをメインにする予定なのですが・・・その第一弾?幕開け?って感じで、今日はマルチピッチクライミングです。

子持山・獅子岩は、昨秋から「行きたいな」って思ってたのですが、トポが手に入らず躊躇していた。年末にそのことをビックロックで話したら、山岳会系の方からトポのコピーを頂くことが出来た。m(_ _)m
早速、春に行く予定だったのですが、色々と折り合いがつかず。秋もダメかな?って思ってたら、誘っていた山岳会(稜朋会)の先輩・杉浦さんから「30日に行こう」って催促があって、急遽決まった。
メンバーは、我が家と杉浦さん、ビックロック友達のケイスケさんも参加して2人・2パーティー、ちょうど良い。

**********************
我が家とケイスケさんは前夜発。
道の駅こもちで、ケイスケ号で車中泊。
**********************

6:00 杉浦さんと待ち合わせ。
早朝の上州は寒いです。
道の駅横のコンビニは改装中で営業してないので、少し戻ってセブンイレブンで買い出し+朝ごはん。

6:30 頃に子持神社を通過するが、3号橋の駐車ポイントがよくわからず。5号橋まで入ってみたが、堰堤工事の作業現場となっているので引き返し。
結局、子持神社の広い駐車場を利用することにした。だいぶ歩く距離が増えるが、それもまた良いでしょう。変な場所に停めて地元の迷惑になってもいけないし。。。

▼楽しい山行の始まりです!(7:05)


7:05 歩き始め。
いつもはオクサンと2人きりだが、4人いると色々会話が弾む。
メンバー誰も地図を持っていない(笑) 持っているのは岩場トポだけ。時々現れる観光案内板を見ながら「獅子岩はどこだ?」って岩場を目指す。

▼案内板を見ながら協議中。(7:51)


▼屏風岩への木道  (7:53)


屏風岩には有名な課題:エイトマンの7つの鍵(5.11+)があるので、取付きまで行って観察してみた。屏風岩のルートは「場所柄?登攀自粛中」って噂があって、その真偽がわからない。「獅子岩を登って時間が余ったらやってみようかな」とも思ってたのですが・・・。
しかし、どのルートもハンガーは撤去されずあるのものの、見る限り長い間クライマーが触った気配がない。色々な意味でやめたほうが良さそうと判断。

暗くて冷たい植林の急登を30分ぐらい?
岩場への分岐の標識「この先危険」に着いた。

8:33 取付きに到着。
快晴です!emoji
岩場は南面なので風が入らなくて、日当たりも良くてポカポカ。
なんと遠く富士山も見える!!
上州の奥の、こんな場所からも富士山って見えるんですね、感激です。

のんびり準備を開始。
多めに持ってきた水など、余計なものはここにデポ。帰りに回収予定です。パーティ分けは、私+オクサン、杉浦さん+ケイスケさん2組。1番手は私でオールリード、2番手は杉浦さん・ケイスケさんがつるべで登ります。

9:15 登り始め
最近の若者の登攀時の合言葉?「クライム・オン!」て言って登り始めるのを忘れてしまった(笑)ザンネン。
登攀の詳細は以下・・・。

●1P目+2P目(通して登った)
グレード:5.7
ザックを背負ってのクライミングは久しぶり。出だしで体の動きも悪く、意外にこの2Pが一番苦しかったかも・・・。

●3P目
グレード:5.7
クライミングっぽい動きが多くて楽しかった。

●4P目
グレード:5.8
ここが核心ピッチらしいけど、とても快適。
ワタシ的にはここが一番カンタンに感じた。

●5P目+6P目(通して登った)
グレード:5.7
5P目は少しファインディングが悩ましい。右に別ルートのペツルのボルトが見えるが、ライン的には明確に不正解。目指す直上は古いRCCボルトのみでランナウト。まぁ簡単なスラブだから気にせず通せばいいだけです。
6P目は楽しいフェース。最後の乗っ越しは手順も楽しい。

●7P目
グレード:5.7
最後の抜け口・乗越部分が悪いですね。
正直、5.7という感じはあまりしなかった。体感5.10位か? 5.7は最後は乗っ越さないで右に逃げるのかな???

▼1P目を登る私  (9:15)


▼2P目の私。取付き横からケイスケさんが撮ってくれた。(9:22)


▼フォローするオクサンと、1P目を登るケイスケさん。(9:36)


▼2P目終了点の少し手前、ケイスケさん。(9:48)


▼4P目をフォローするオクサン(10:42)


▼4P目をフォローするオクサン(10:47)


▼赤城山がキレイ。4P目の終了点から(10:48)


▼4P目をリードするケイスケさん。(10:50)


▼4P目、終了点手前のオクサン(10:50)


▼4P目、終了点でビレイ中の私(10:51)


▼4P目をフォローする杉浦さん (11:13)


▼6P目をフォローするオクサン(11:31)


▼5P・6Pをリードする杉浦さん(11:37)


▼7P目を登る私。この上の最後の乗越が意外に悪い。(11:44)


▼7P目、最後の乗越のオクサン(11:55)


11:47 獅子岩・頂上到着(私)
6P目までは壁に風が吹き込まなくてポカポカのクライミングだったけど、7P目の途中から風がガンガン吹き込んで・・・頂上は強風でいたたまれない。慌ててダウンをザックから出して着込んだ。
オクサンは12:00到着
続いてケイスケさん、12:08着
最後の杉浦さん、12:15着

▼獅子岩頂上の私。(12:00)


所要2時間半~2時間45分くらいのクライミング。
とても楽しかった。
真っ青な空の下、どこまでも垂直の岩を登り続けていく・・・。

グレードは低いけど、ザック背負ってなら、今の私にはちょうど良いか・・・
長らく忘れていた感覚だった。
これが楽しくてクライミングしてたんだった。
マルチピッチクライミングはやっぱり楽しいですね~~。

登り終わって、みんなで握手して、片付けしながら歓談。
一休みして、頂上碑で記念撮影。
頂上は風がゴーゴー吹いていて寒い。

▼獅子岩・山頂碑の前で記念撮影。(12:39)


12:48 下り始め。
一般道を下ります。
鉄梯子を下りるとすぐ、獅子岩の標柱があった。

▼獅子岩の標柱で。右から忍び寄るケイスケさん (12:50)


13:05 獅子岩の取付きに着いて、デポを回収。
見上げると・・・私達が4~5Pを登っている頃に後続パーティが取り付いていたが、まだ登っている。5P目か? なかなか進まないようだ。

荷物を再度パッキングし直して、一般道に戻ったところで、登攀中に声援を頂いたハイカーさん(3人組)にお会いした。少しお話し。
彼らには先に行って頂いて、私達はせっかくの風景や、登った獅子岩を何度も振り返りながら、のんびり下山。

帰りは尾根沿いの展望コース。
途中にある、獅子岩展望ポイントから振り返る獅子岩の姿が素晴らしい。
後続パーティはまだ5P目?ルートを外して右のルートの終了点に着いてしまっている。戻れるかな?ちょっと心配。

▼獅子岩展望ポイントで、獅子岩全景(13:28)


▼獅子岩をバックに、記念撮影(13:29)


▼獅子岩、遠景。 (14:02)


この尾根コースは、ハイキング路として、とても面白い。
岩が多いヤセ尾根を歩くのだが、よくこんなルートが出来たな?って思う。
最後、間違えて屏風岩の展望台に上がってしまったが、戻って・・・

14:14 屏風岩
14:50 駐車場に着いた。

「楽しい」って噂の子持山・獅子岩マルチですが、楽しさは予想以上だった。
終日快晴で眺めも最高だったし、文句なし。
こんなルートが日本にたくさんあると良いんですけどね。。。

======
今回はケイスケ号なので私は運転なし。
助手席でビールを飲みながら、余韻に浸って帰宅でした。

6:07 自宅着
渋滞の中、ケイスケさん、運転ありがとうございます。m(_ _)m


今回の我が家の連休は、2日間とも晴れ予報。
先週見た五竜岳が気に入って、泊まりで行ってみたいな?ってオクサンと話していたが、小屋がもう営業終了とわかってガッカリ。すっかりその気になってたのに・・・emoji
いろいろ考えた代替案が、しっくりくるものがどうも無い。ならば・・・ってことで、気分を大きく変えて苗場山(祓川ルート)に行ってみることにした。
我が家の志向とはだいぶ違う山だけど、まだ行ったことがないし、人気の山だしね、たまにはいいか。。。

******************
前日(連休1日目)はやっぱり朝寝坊。
前夜・前前夜の2晩続けてクライミングジムでガッツリ登ってしまったので、全身疲労で早起きなんて出来ません(笑)。
9時頃に起きてのんびり支度。
12時過ぎに出発。
見事な快晴で見渡す限り、雲ひとつ無い。
混雑した環八から関越を走って、「子持山の獅子岩はあれだ!」ってオクサンと話しながら(近日中に登りに行く予定)、赤城山も武尊山も雲ひとつ無いが・・・その先・正面に見えてきた谷川岳は、やっぱり雲の中だった(笑)。さすが「魔の山・谷川岳」! 過去何度この天気にやられたことか・・・。
15時半 我が家お気に入りの 鈴森の湯で長風呂。
19時過ぎ 第2リフト町営駐車場に着いた。
駐車場には車が1台、駐車場内でなるべくフラットな場所を探して右往左往したが、先客1台の中で人がすでに寝ていたと気づかず、騒音迷惑かけてしまったかも・・・m(_ _)m
我が家もここで車中泊。
******************

4:00 起床
今回も「午後は下り坂」の天気予報が立っているので、午前中勝負と判断。夜明け前の歩き初め~天気が崩れる前に下山するスケジュールです。

4:50 歩き初め
和田小屋まではアスファルト道を歩く。
昨夜、夜中に起きた時は信じられないくらいの月明かりで、「このままヘッデン無しで山頂まで楽勝では?」ってオクサンと話したのだが、今は月が遠くなったのか? ヘッデンがないと心許ない明るさだ。

▼和田小屋で、もうじき夜明けです。(5:18)


5:18 和田小屋
うっすら朝焼けが始まっている。
登山ポストがあったが、肝心の用紙が無くて提出できなかった。
スキー場から外れて登山道に入ってしばらくすると、川床のようなゴロ石の道になる。これが長い。白く結露した霜と泥で、靴底が滑って非常に歩きにくい。

5:45 休憩17分(6:02まで)
休憩中に夜が明けた。

6:34 下ノ芝
7:10 中ノ芝、休憩21分(7:31まで)

▼川床のようなゴロ石の道。霜と泥で滑る。(6:07)


▼下ノ芝。木道も休憩デッキも凍って真っ白。(6:35)


▼中ノ芝、朝日を浴びて黄金色。ここで休憩。(7:09)


7:52 顕彰碑。
苗場山スキーを世に紹介した方2名を讃えた碑です。
中ノ芝を出た辺りから、霧が激しく湧き始めて、あっという間に周囲が霧の中になった。
眺めなし。全国的に晴れ予報だったはずなのに・・・やっぱり上越ですね。

▼笹原の中に立つ顕彰碑。(7:52)


8:06 神楽ヶ峰
8:22 雷清水の少し下で水飲み休憩5分

▼神楽ヶ峰(8:07)


お花畑から先の、苗場山への最後の急登は、このコースの名物?ですが、濃霧で視界数メートル・完全な霧の中なので、先が見えずに辛い(先が見えても逆に辛いのかな?)。
途中、折り返して来た人から「山頂は晴れている」って聞いて「ホントかよ?」って思いつつ登る。

9:00 急登が終わって山頂湿原に入ったが、ガスっている。やっぱり駄目かな?って思った途端、一気に晴れて絶景になった。尾瀬みたいでなかなかイイじゃあないですか。
写真を撮りながらノロノロ山頂へ向かう。

▼山頂湿原。右奥が山頂だけど、霧が徐々に薄れて・・・ (9:03)


▼いきなり青空。  (9:06)


▼池塘が美しい。尾瀬みたいでイイじゃないですか!(9:07)


▼苗場山・山頂はとても地味。(9:12)


9:12 苗場山(標高2,145m)山頂に着いた。

山頂は眺めは何もない、木々の中の空き地。
休憩するのも、場所がジミ過ぎていたたまれない(笑)

眺めが良い場所を探して、まずは苗場山自然体験交流センターを見に行って・・・ちょうど小屋仕舞いの最後で、ドアを釘で固定しているところだった。
さらに湿原を、写真ポイントを探してぶらぶら。
遠くの雪の山脈を見渡せるポイントを探したが無くて残念。
風が強い。
休憩用の木のデッキやベンチは随所にあるが、眺めの点からも、風よけの点からもイマイチ。

9:28 風が吹き込まない場所を見つけて休憩。
眺めはない場所だけど、日溜まりになって昼寝は快適そう(笑)
カップラーメンを作って食べて、昼寝・・・。

▼カップラーメンを食べる(9:48)


11:00 撤収。
再度、湿原をぶらぶら。
山頂に出て、また苗場山自然体験交流センターへ行って・・・
湿原は確かに美しいけど・・・
迫力のある峰々の眺めが無いのはやっぱり寂しい。

苗場山は100名山だけど・・・
いわゆる100名山とやらには、似たようは湿原の山がいくつもある。
選者(深田久弥)の志向だろうけど・・・、一方で美ヶ原などは山ではないのに挙げられたり、逆に丹沢に至っては「山域として」と称して一番つまらない丹沢山が代表にされている。私にとっては100名山なんてバカバカしい限りです。

そんなわけで、我が家には、湿原の眺めだけなら尾瀬で十分かな?(笑)
辛い登りを堪えて登るのなら、出来れば神々しい峰々を拝みたい。
「もうここには来ないかもしれないね」ってオクサンと話しながら、木道を散歩した。

▼遠くに見える山脈。微妙に雲がかかって、何山かわからない。(11:13)


▼谷川岳方面は相変わらず雲の中。(11:27)


▼山頂に長居したけど、そろそろ帰りますか。(11:32)


11:30 下り始め。
昼寝前より、霧や雲が消えて東側の眺めも良くなっていた。
平標・谷川は相変わらず雲の中だけど、湯沢の街や、カッサ湖が見える。
歩いてきた行程も見える。

▼東側の霧が消えて、カッサ湖と左奥に湯沢が見える。(11:41)


急下りを降りて、雷清水あたりから苗場山を振り返る。
あの山の上が湿原になってるなんて不思議ですね。 

▼雷清水あたりから、振り返った苗場山。(12:12)


12:37 神楽ヶ峰
13:01 中ノ芝、休憩23分(7:24まで)

▼笹原の木道、左は顕彰碑 (12:49)


中ノ芝から和田小屋までのゴロ石帯は、早朝よりさらに泥で滑りやすくなっていて、オクサンがだいぶ苦戦。

14:34 和田小屋
14:51 駐車場に着いた。

▼第2リフト町営駐車場に着いた。(14:52)


帰りの苗場山林道は紅葉が綺麗だった。
最寄り温泉の「街道の湯」は修繕工事で臨時休業なので、今日は温泉はナシ。湯沢ICをから関越道に乗って、久しぶりに通勤渋滞に突入 (x_x;)
19:44 自宅に着いた。

▼林道の紅葉が美しい (15:33)


苗場山は、近くの巻機山や平ガ岳と並んで山頂の湿原で有名だけど・・・
実際、確かに、なかなか素晴らしい風景だったけど・・・
我が家にとっては、迫力のある峰々の眺めが無いのがやはり残念。
また北アルプスに行きたいなぁ・・・って実感してしまった。
今回の我が家の連休は穂高岳の予定だったが、やはり天気が不安定。
用意していた代替案は、鳥海山&月山だったが、東北も天気は悪そうだし、北アルプスに行く気でノリノリだったので残念感が大きすぎる(笑)
悩んだ結果、選んだのは唐松岳。
午後は雪予報が出ているので、夜明け前に歩き始めて時間勝負の山歩きです。

******************
前日(連休1日目)は、前夜にクライミングジムでガッツリ登ってしまったので早出は無理。寝坊してのんびり支度した。
11時頃 自宅を出発。
16時 八方の湯 に着いて長風呂。
18時半 黒菱駐車場に着いた。
すごい濃霧で視界2~3m程度。今日はここで車中泊。
******************

4:30 起床
霧は完全にはれている。
モチベーションup!

今日の稜線の天気予報は「午前中は晴れだが徐々に雲が多くなり、昼頃から雪!」です。最悪の事態を考えてチェーンアイゼンとオーバー手袋も持っているし、服装も準冬用。眺めが期待できるのは午前中の早い時間だけなので、時間勝負の登りです。。。

5:20 歩き初め
第3リフト駅の左の道を登り始める。
途中からのコンクリート道の急登がかなりの急傾斜でつらい。
夜が明け始めている。もう30分ぐらい早くても良かったか? 昨夜の濃霧に完全に騙された。あれが無ければもっと早い時間で目覚ましをセットしたのに、失敗したか・・・。

▼暗い時間のスタート。このゲートから登る。(5:21)


▼夜が明け始めた。白馬村の夜景。(5:29)


▼コンクリート道の急登(5:42)


5:45 黒菱平
6:19 八方池山荘
6:24 朝ごはん休憩、22分(6:46まで)
白馬三山(白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)の眺めが素晴らしい。
この眺めを見れただけでも良かった。
やっぱり北アルプスは素晴らしい。

▼黒菱平で、白馬三山。(5:46)


▼朝焼けの鹿島槍ヶ岳、五竜岳(6:11)


▼八方池山荘の上の展望ベンチ(6:45)


▼朝日を浴びて木道歩き。(6:58)


▼奥に見えるのは不帰2峰かな?右稜線には八方ケルン(7:02)


▼鹿島槍ヶ岳、五竜岳。素晴らしい山容だ。(7:04)


7:13 第2ケルン(息ケルン)
7:19 八方ケルン

白馬三山に向こう側から雲が迫り始めている。
振り返ると雲海。
そして進行方向の左、五竜・鹿島槍方面は、麓からすごい勢いで霧と雲が湧き上がっている。予報より早く天気下り坂か?
先を急がないと・・・。

▼白馬三山(白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)(7:24)


▼八方池。(7:28)


▼八方池。素晴らしい眺めだけど通過。(7:30)


7:31 八方池ケルン
白馬三山はまだ見えている。
私は八方尾根は初めてですが、八方池は美しいですね。
リフトを使えば手っ取り早く来れるし、大人気なのが納得です。
池に降りて風景見ながらゆっくり休憩したいところですが、今日はそうは行かない。残念だけど通過、先を急ぎます。

▼振り返った八方尾根。南東からガスが湧き上る。(7:38)


7:41 下ノ樺
植生の逆転現象らしい。この標高でダケカンバの巨木が鬱蒼と生えている。激しい風雪に耐えて育って湾曲・変形した木々。珍しい風景だ。

▼まだ秋が残った南斜面をトラバース。(7:52)


7:59 上ノ樺で休憩、19分(8:18まで)。
8:30 扇雪渓。雪渓はホンの僅かまだ残っている。

8:49 丸山ケルン
再び稜線に出たが、白馬三山は雲の中になっている。
目指す唐松岳も見えてきたが、時々ガスが掛かっている。

▼唐松岳が見えた。まだ眺めが期待できそうだ!(8:59)


9:17 トラバース道の分岐前で休憩、15分(9:32まで)
9:41 稜線に出た!

▼唐松岳への最後の登り。(9:42)


▼振り返って、唐松岳頂上山荘。(9:50)


9:58 唐松岳(標高2,696m)山頂に到着!

剱岳・立山もまだ何とか見えている。
左の五竜岳・鹿島槍ヶ岳、右の白馬三山は共に雲の中だけど、剱・立山が見えたのは大ラッキーだった。唐松岳山頂から不帰キレットまでは不思議にガスが掛かってなくて好展望!
とりあえずは文句なし!!

▼唐松岳(標高2,696m)(9:58)


▼剱岳が見える!(10:05)


遠くに、8月に歩いた針ノ木岳・スバリ岳~爺ヶ岳へ向かう稜線も見える。
その下は黒部湖か?
やっぱり北アルプスに来てよかった。
この壮大な眺めは他の山域では見れないですからね。。。

風が冷たくて寒いので、ダウンとカッパを着込んで眺めを楽しむが・・・
しかし徐々に遠くから雲に覆われて眺めが悪くなってきた。
10:32 撤収(山頂にいたのは34分)。

10:47 唐松岳頂上山荘に立ち寄り。
小屋はもう営業終了していて、冬支度の真っ最中。
小屋の前からは立山方面の眺めが良いですね。

11:00 最後の眺めの良い場所で休憩、18分。

あとはもうひたすら下るだけ。
秋がまだ意外に残っていて美しい。
パステルカラーの山肌、赤い実がいっぱい実った木々。

▼八方池(12:18)


12:26 八方池で休憩、25分(12:51まで)。
快晴ならビール飲んで昼寝したくなるような場所(笑)
別天地ですね。

▼八方池、とても気持ちが良い場所ですね。(12:28)


八方池からゴンドラ終点(八方池山荘)までは1時間もかからない。
対向2車線じゃなくて対向2人線?の木道が2本つけられている。
気合が入ったハイキング路だ。

▼木道がなんだか凄い。(13:22)


13:37 八方池山荘
13:52 黒菱平

▼黒菱平(13:52)


▼コンクリート道の急下り(13:54)


14:06 黒菱駐車場に着いた。

車に着いてすぐ、ポツポツ雨が降り出した。
そして片付け終わりと同時に、雹混じりの大雨! 雷も鳴り出して、あっという間に土砂降りになった。すごいタイミングだ。

温泉は今日も「八方の湯」。
温泉に入っている間も雷雨が続いている。
ようやく止んで、外を見たら山々が見事な雪景色になっていた。(@_@;)

▼雷雨の後の山、なんと雪景色!!(17:04)


風呂上がり、少し車で休んで、帰りは原PAで少し仮眠。
23時頃、自宅に着いた。

今日は、天気の読み・時間計画が完璧に正解だった。
あの雷雨に捕まっていたら色々と大変だったろうと思う。
山頂ではまずまずの大展望を見られたし、楽しい山行だった。

今日は上りでは、ハイカーには一人も会わず。こんな人気コースなのに不思議な感じだった。下りでは八方池までの間で、3組4人にすれ違ったが(うち1人はその場から引き返し)、山頂に向かった3人は雷雨・雪に遭わずに下りきれたかな?ちょっと心配です。
世間は3連休ですが、我が家は真ん中の日曜日だけがお休みです。
オクサンは膝の調子があまり良くないので、前回に引き続き、今日も私だけの山歩き。 後ろめたいので、今回もあまり遠出は出来ない(笑)

なので、今回もやっぱり近くて良い山・丹沢です。
選んだコースは、前回よりは少し負荷を上げて、三ノ塔尾根を登って、表尾根~大倉尾根の周回にしたのですが・・・

心配なのは天気ですね。。。
ヤマテンの丹沢の予報は、午前中は霧/午後は晴れ/夕方はまた霧。非常に蒸し暑い、季節外れの猛暑になる・・・らしい。

▼早朝の丹沢は霧ですね。ヤマテン予報通り。(5:58)


5:30 自宅出発。
6:28 大倉・山岳スポーツセンター下に着いた。
戸沢林道(秦野市道52号線)入口まで行ってみたが、相変わらず「通行止め」だった。でも見ていると車がどんどん入っていきます。彼らはドコへ行くんだろう?あの車では戸沢までは絶対行けないと思う・・・。私は今日はそっちではない(三ノ塔尾根を登る)ので引き返しましたが。。。 

6:58 歩き始め。
7:16 三ノ塔尾根・入口
7:33 鉄塔ポイントを通過
7:58 表尾根林道に着いた。15分休憩(8:13まで)。

昨夜は雨が降ったらしく、地面はビショビショに濡れていてすごい湿気で、息苦しい。歩き始めてすぐ、凄い勢いで汗が吹き出して、あっという間に汗びっしょりになってしまった。そのくせ空気はまだ妙に冷たくて、極めて不快。最低の気分だ。。。

三ノ塔尾根は、山道に入ってから作業林道を何度も横切って、常に左右・または両方に作業林道を見ながら歩く感じ。そんな登りが頂上のかなり近くまで続く。当然、頂上直下までずっと植林で、眺めも開放感も非常に乏しい。
正直あまり面白くないですね・・・。そんな道なので、ハイカーは誰もいないかも?って思ってたけど、意外にいて、三ノ塔まで2人に抜かれて、家族1組を追い抜いた。

▼林道を左右に見ながら、単調な植林を延々と登る。(7:29)


▼表丹沢林道に着いた。昔と風景がかなり違う。(8:13)


昔、自転車で放浪が趣味だった頃、自転車で表丹沢林道を走ったことがある。まだ10代で秋だった。この林道はまだ未舗装で、ちょうどこの場所で休憩したのだが、もっと明るい雰囲気だった。その頃の記憶(+写真)と今は全然雰囲気が違う。
簡単な山なら自転車で(時々担いで)登ってしまう年頃だったので、交差する登山道を見て「こんな長距離を歩いて登る人もいるんだな?」くらいにしか思わなかったけど(笑)。

三ノ塔山頂まであと1時間ぐらいの場所か?
林業作業真っ最中の現場を通過した。とうぜん今日は休工だけど、林業用アタッチメントをつけた大型ショベルカーが2台。先日(10/2)に烏尾尾根を登っている時、ずっと重機の音が聞こえていたが、コレだったんですね。。。

すごい汗と蒸し暑さでバテてきた。
足が重くなってツライ。
こんなコンディションでのこんな登りは、私は大っ嫌い!
もうウンザリ・・・・ってところで、突然左下に烏尾山が見えた。進行方向の植林も薄くなっている。「もうちょっとで三ノ塔だ!」

▼烏尾山が左下に見えた。三ノ塔はもうすぐだ。(9:20)


9:24 三ノ塔に着いた。
バテバテ、汗だく。
三ノ塔はハイカーで大賑わい。
テーブルに寝そべって、まずは水をがぶ飲み。
気温もだいぶ上がって、暑さと湿度負けで食欲がない。
22分休憩した(9:46まで)。

▼三ノ塔には久しぶり。避難小屋がずいぶん変わったな。(9:26)


▼富士山(左上)と烏尾山(右下)(9:49)


10:06 烏尾山
戸沢から登る時はいつも烏尾山で休憩だけど、今日は通過。

10:23 行者小屋
10:44 書策小屋跡地、12分休憩した。(10:56まで)

気温がすごい勢いで上がってきた。
もう表尾根は猛暑の世界。
今日は「季節外れの夏日和になる」って予報だったけど、この異常な湿度の高さは想定外だった。こんなに汗をかくのは久しぶり??

▼大島が見えている!(11:23)


11:08 新大日
11:19 木ノ又小屋
三ノ塔までですでにバテてしまってため、今日の表尾根の歩きは辛い。最後の塔ノ岳の登りが、尊仏山荘が目の前に見えるのになかなか足が出ない。汗がすごい勢いで手足を滴り落ちる。。。

11:46 塔ノ岳(標高1,491m)山頂に着いた。

▼塔ノ岳・山頂(11:46)


まずは尊仏山荘に寄ってビールを購入。
アキオさんはいらっしゃったが忙しそうだったので声を掛けず。
山頂標柱の近くに座って・・・今日も富士山とカンパイ!!
その後は、やっぱりお昼寝です。

▼今日も富士山とカンパイ。(11:52)


山頂にいたのは1時間22分。
たっぷり昼寝して、ちょっと疲労回復。

13:08 下り始め。
下りは今回は大倉尾根で、一気に下ります。
途中、給水で5分程度休んだ以外は一気に下って・・・

▼花立山荘前。氷の幟が新しい。(13:24)


13:24 花立山荘
14:23 観音茶屋
14:34 大倉尾根登山口 
14:39 大倉バスセンターに着いた。
まずは、自動販売機で冷たいジュースを買って、がぶ飲み。
風の吊り橋入り口の丸テーブルで暫く寝転がって休憩。
15:00 車に戻った。

帰りはケチって下道(国道246)で帰宅。
厚木は空いていたが、上今泉から瀬谷入口が大渋滞だった。

**********************
今回のコースは、それなりのボリュームがあってトレーニングには良いのだけど、烏尾尾根や仲尾根に比べると、楽しさはだいぶ見劣りしますね。。。
しかし今日は、コースの良し悪しよりも、何より暑さと湿度との戦いだった。10月上旬でこんな思いをするとは思わなかった。下山して水を飲みまくったのに、自宅に着いて体重計に乗ったら、なんと昨夜より3kg軽かった。(@_@;)
今日は快晴予報の休日。
オクサンは実家の用事で、私だけ山歩きです。
でも後ろめたいのであまり遠出は出来ない(笑)

こんなときはやはり、近くて良い山・丹沢しかないですね。
最近の私のお気に入りコース:戸沢から仲尾根~表尾根~塔ノ岳、下りは大倉尾根~源次郎尾根で行こうかな?・・・って、朝6:00に自宅を出発した。

▼東名高速で。丹沢は快晴です。(6:54)


いつもより出発時間が遅いので、秦野ICを下りていきなり通勤渋滞。
なかなか進まない。

日立工場の近くのファミリーマートで買い出しした。
朝ごはんはオニギリ1個。

7:40頃、山岳スポーツセンターの前を通過したが・・・
戸沢林道(正確には秦野市道52号線)の入り口に「災害の恐れがあるため立入禁止」って看板 (@_@;)
一昨日の台風は凄かったですからね~~。
でも封鎖はされていない。丹沢の林道に多い「自己責任で」ってコトですね、と解釈してそのまま進行した。
しかし林道は激しく荒れている。大量の枝葉と落石が林道を覆っていて凄い状態。注意深く進む。初めてこの林道で四駆モードに切り替えて運転した。時間がかかる。

8:10、戸沢までもう目の前なのに立ち往生。枝沢から大量の土砂が流れて完全に道を塞いでいた。これは完全に不可能だ (x_x;)
やむなく転回可能場所までバック~新茅山荘前へ戻る。

▼戸沢林道。戸沢まであと200m位なのに・・・(8:11)


新茅山荘前の広場では、通常は山側の広場に車を停めるのだが、今日は山がトータルに緩んでいて落石が怖い。川側に停めることにした。

車の左側で出発の支度中に足元を見たら、3匹のヒルがにじり寄っている!!もうビックリ。慌てて逃げたけど、1匹がすでに靴に這い上がっていた。速攻で潰したけど、油断も隙もない。丹沢のヒル、恐るべし!! 

新茅山荘から林道を歩くのはもう嫌なので、予定を変更して、今日は久しぶりに烏尾尾根を登ることにした。

8:44 歩き始め
9:13 一本桜

▼(9:13)


登り始めて間もなく、重機の音がガタガタ鳴り始めた。そんなに遠くはない場所だ。林道の整備作業が始まったか?それとも違う林道工事現場かな?

9:36 並木ポイント
このコースはとても歩きやすい良い道ですが、台風で倒れた倒木で所々道が塞がれている。大量の枝葉が落ちて、道が不明瞭になっている。まあ、登りは尾根を、行けるように辿れば良いだけなので迷うことは無いけれど・・・。

9:39 お地蔵さん
赤い前掛けが掛けられている。前回来た時は前掛けは無かったような気が・・・誰かが掛けてあげたんですね。。。

▼お地蔵さんこんにちは。(9:39)


最後の急登は、本来の道は何回か大きくつづら折りで登るはずだが、大量に落ちた枝葉で道が判別つかず、外してしまい、戻るのも面倒くさいから、そのまま頂上直下まで古い道跡を直上した。

10:06 烏尾山・山頂。
快晴で気持ち良い。25分休憩(10:31まで)
休憩終わり間際まで誰も来なくて、とても静かでよかった。

▼烏尾山頂は気持ち良い。左に富士山、右に塔ノ岳。(10:12)


表尾根も今日は静か。
数回、下りハイカーさんとすれ違って、2組を追い抜いただけ。

10:45 行者岳
10:57 政次郎尾根分岐
11:15 新大日、5分休憩

▼大山、左奥が横浜・東京都心ですが、だいぶ霞んでいる。(11:08)


11:30 木ノ又小屋 。
もう10月なのだが、足元のあちこちに意外に花が咲いていた。
いちばん目立ったのは、大きなアザミ、あちこちにケバく咲いている。
ちょっと大きめのリンドウもあちこちに・・・。

▼オヤマリンドウ?なワケないか、何リンドウだろう?(11:51)


11:53 塔ノ岳(標高1,491m)山頂に着いた。
山頂は、それなりに賑わっていた。
流石に人気の山。

▼塔ノ岳・山頂に着いた。(11:54)


まず尊仏山荘へ、アキオさんに会いに行ったのだが、残念ながらいない様子。ビールだけ買ってまた外へ。眺めの良い場所へ座って、富士山と乾杯。

今日の山頂は快晴emojiだけど、残念ながら霞んでいて「最高の展望」とまでは言えない。でもうっすら都心のビル群は見えるし、360度・・・ではなくて300度の展望が素晴らしい。
カンパイのあとはやっぱり昼寝して・・・山頂にいたのは1時間23分(13:16まで)。

▼富士山とカンパイ。(12:05)


▼尊仏山荘、左奥は丹沢最高峰?の蛭ヶ岳。(13:16)


13:16 下り始め、まずは大倉尾根。
13:27 花立
花立からの眺めは素晴らしい。
正面に秦野の街と小田原、向こうには真鶴半島・・・。

▼花立の木道。ここの眺めはいつ見ても良いですね。(13:27)


花立山荘の少し手前で左にそれて・・・
源次郎尾根に入ります。

台風のせいでだいぶ道が荒れている。
倒木と落ちた枝が邪魔して歩きにくい。
でも、上部はまあまあ順調。

▼源次郎沢の終点の岩棚から、表尾根と大山(13:35)


途中の草原の眺めはやっぱり素晴らしい。
この道はやっぱり下山路として最高ですね。。。

しかし、植林帯に入って絶句した・・・緑の世界。
台風のせいで落ちた大量の枝葉が堆積していて、トレースが完全に消えている。台風24号は本当に凄まじかったんですね。。。

▼道はドコ?トレースが全然わからない。(13:45)


「これは絶対にルート外すなぁ」って思いつつ、オクサンと一緒なら時間をかけて慎重に下るトコだけど、なんと言っても今日は私一人です!!
「どうやっても降りれるでしょっ!」「ワタシ、クライマーですから!」ってガンガン構わず走り下りてみた・・・。で、案の定、尾根を激しく外してしまった(笑)。
気がついたら植林が切れて、左右に沢の音が聞こえる。右の大きな滝音は源次郎沢本谷に間違いないが、左は枝沢か?? このまま下りればすぐに源次郎沢に降り立つ感じだ。
まぁ源次郎沢に降りてもどうにでも帰れるとは思うけど、大量のヒルが待っている沢には降り立ちたくない(笑)。仕方ない、左に沢をまたぐか・・・!

結局、枝沢2つとヤバ気な急斜面を無理やり何度かトラバースして、源次郎尾根に合流したけど(汗)。日頃の岩場のアプローチでやっているコトと変わらないのですが、こんなトコで怪我でもしたら仲間から笑い者になるコト明白なので、妙に疲れた(笑)
トラバース中に、カモシカの親子?3頭に会った。久しぶりのカモシカがここですか!(笑)

14:20 書策新道に合流
14:28 天神尾根入口の堰堤
14:31 水無川本谷で、泥だらけになった手足・ザック・ストックを洗った。
14:38 作治小屋。
作治小屋の前で、大倉尾根を離れてから初めてハイカーさん(女性)に会った。彼女は政次郎尾根を下りたらしいが、やはり倒木と落ちた枝葉で道を外して、「全然違う場所に下りてきた」そうです(笑)

14:51 新茅山荘前の広場に着いた。

▼「自己責任」で通らせてもらいました。m(_ _)m(15:24)


今日は久しぶりの独り歩き。
計画も、歩くペースもライン取りも、すべて自分勝手・場当たりでテキトー。
台風後の大荒れの山と相まって、パプニング連発の楽しい山行だった(笑)

帰りの東名高速は事故渋滞。(x_x;)
オクサンの実家に、オクサンを迎えに行けたのが17時半だった。
今回の3連休は、4日前の予報では晴れだった。
今度こそは懸案の、西穂~ジャンダルム~奥穂高を攻める気でノリノリだったのだが・・・しかし台風発生 (x_x;) 最終日の金曜日以外はすべて雨予報に変わってしまった。(T_T)

気を取り直して、3日目の金曜だけでどこ行くか?
ビックロック(クライミングジム)仲間が、解禁直後の御嶽山に行くと聞いて気になったけど、翌日仕事なのでちょっと遠すぎる。出来れば眺めの良い山に行きたいが・・・。
思いついたのが赤岳(八ヶ岳)だった。オクサンは冬しか行ったことないし、私も無雪期は35年ぶり2回め。真教寺尾根から隣の天狗尾根がどんな感じなのか、いちど見ておきたかったし、ちょうど良いかな?って・・・決めた。

******************
前日は雨の中、昼に家を出て、のんびりドライブ。
15時過ぎに「武田乃郷 白山温泉」に寄って長風呂。
18時頃に「美し森駐車場」に着いた。ここで車中泊。
******************

3:00 起床
3:50 歩き始め
今日は、我が家としては、かつてない早出です。
今回の行程はコースガイドでは9時間半(上り5時間50分)。のんびり写真を撮りながら登りで、しかも休憩も長い我が家は、早出しないと帰りが日没になってしまうので(笑)・・・っていうのもあるのですが、ヤマテンの赤岳予報が「午後から霧」なので、11時には山頂に立ちたかったのです。ソコを見誤ると今回の山行は台無しになってしまう気がしたので頑張って早起きしてみた。

▼登り始め、美し森展望台の入り口。(3:54)


まずは真っ暗の中を、木道(階段)をひたすら登る。
木階段の表面が所々凍っていて滑って歩きにくい。
すごく立派な木道で、「コストかかってるな~」と関心させられる。さすがバブルの象徴の清里!

4:13 たかね荘入り口
美し森駐車場の登山ポストには用紙も無く、ただポストがあるだけだったが、ここにも登山ポストがあって、用紙・筆記用具・机もある。登山届を提出できた。

4:30 羽衣池を通過
ようやく登山道っぽい登りになった。まだ真っ暗の中、黙々歩く。
右にスキー場リフトが見え始めた辺りで、ようやく薄ら明るくなってきた。
リフト終点のテラスがとても素敵で、ちょうど休憩時間だし、「あそこ(テラス)で休んだら気持ちよさそうだな~ちょうど朝焼けの時間だし」って思ったけど、登山道からは電線バリアで仕切られていて入れないようになっている。「ケチ!」って思いながら先に進む。

5:31 賽の河原
やっと1回目の休憩、16分(5:47まで)
シートを敷いてオニギリを食べている間に朝焼けが始まった。
真っ赤に染まる権現岳・赤岳・横岳が美しい。
ちょど良い時間・場所の休憩だった。

▼賽の河原、遠く赤岳が見える。(5:31)


▼真っ赤に染まる赤岳(左)と横岳(右)、美しい!(5:46)


賽の河原からまた樹林帯に入って登となるが、時々、眺めの良い場所もある。
振り返ると茅ヶ岳、富士山。
南アルプスも見える。鳳凰三山、北岳は雲ひとつ無い快晴。emoji

▼振り返ると富士山。甲府盆地は雲の中。(6:03)


▼南アルプスも雲ひとつない。中央に北岳が見える。(6:04)


6:55 牛首山
賽の河原から牛首山までの区間が意外に長く感じた。
ここが登り行程の概ね半分の地点。
眺めは無いけど 2回目の休憩、23分(7:18まで)

▼牛首山。休憩ポイントだけど眺めが無いのが残念。(6:56)


牛首山を過ぎると眺めがよくなるかと思ったが、残念。
まだまだ樹林帯の中、延々と・・・。
樹間から時々赤岳が見えてどんどん近づいているのがわかるが、でもひたすら樹林の中。せっかくの快晴なのに正直ツマラナイ。
休憩するのに適した眺めの良い場所もなかなか現れず、歩行1時間を越えたが黙々登る。

防災ヘリの音がけたたましい。
麓から真横の地獄谷へ数往復している。
樹間から一瞬見えたヘリが、スライド扉を開いて、隊員が谷底を見ながら低く飛んでいた。救助ですね。遭難があったようですね。

8:25 やっと眺めの良い岩場に出た。
3回目の休憩、22分(8:47)

▼振り返ると登ってきた尾根の長さに驚く 。(8:47)


左横に、天狗尾根のハイライト部分が見えてきた。
その向こうに権現岳も見える。
天狗尾根はもっと全面的に岩稜っぽいのかと思っていたが、長そうなアプローチのワリに、楽しそうなところは短いか? 「行きたい課題」の優先度がちょっと下がった感じ。

▼天狗尾根(大天狗・小天狗)と、その向こうに権現岳。(9:19)


本題の真教寺尾根は・・・やっと灌木帯になったけど眺めはイマイチ。
ようやく鎖場地帯に入った。
連続で長い鎖場が現れるが、登りは鎖を使わなくても全く大丈夫な程度の岩場・ザレ場。でも下りはあったほうが安心かな?

▼長い鎖場(9:36)


10:05 主脈に合流した(竜頭峰直下)
西側の眺めが一気に開けて素晴らしい。
ビックロック(クライミングジム)仲間がいる御嶽山も見える(笑)
しかし雲があちこちから湧き上がってきている。
早く山頂に行かないと・・・。

▼真教寺尾根の終点、主脈に合流。  (10:05)


▼竜頭峰直下の登り、遠くに御嶽山も見える。(10:08)


▼阿弥陀岳の眺めが素晴らしい。(10:11)


▼赤岳山頂がもう目の前。(10:15)


10:23 赤岳山頂(標高2,899m)到着
快晴!!emoji
山頂はハイカー多い。
山頂直前まで誰にも会わなかったので不思議な感じ。

▼赤岳山頂に到着!快晴!!(10:30)


しばらく風景見ながら写真を撮って、赤岳頂上山荘の前の広場へ移動して、眺めの良い場所にシートを敷いて休憩。カップラーメンを作って食べた。
ヤマテン予報では「午後から霧」だったが、山頂に着いた頃からどんどん霧が湧き上がって、あっという間に眺めナシになってしまった。

▼横岳・硫黄岳方面。東側から雲が溢れてきた。(10:39)


眺めは無くなってしまったけど・・・
予定よりも早めに頂上に上ることが出来て、少しの間だけど眺めを楽しむことが出来てラッキーだった。早出して正解だった。。。
山頂にいたのは58分休憩(11:21まで)

11:21 下り始め。
県界尾根もザレ場・ボロい岩場の急下り。
鎖場とハシゴが連続。

▼ボロボロの急斜面の下り。(11:30)


▼最後のハシゴ(12:03)


12:07 難所最後の鉄の桟道を通過。
ここを過ぎると、またひたすら樹林帯。
12:37 大天狗、19分休憩(12:56まで)

▼時々眺めの良い場所がある。(13:02)


▼紅葉の白樺が美しい。(13:18)


13:41 小天狗
14:18 林道出合、17分休憩(14:35まで)
15:28 美し森駐車場に着いた。
最後の林道・車道が長かった・・・。

******************
今回のコースは・・・登りも下りも赤岳直下までは眺めがほとんど無くて、樹林の中の単調な登りだった。やはり八ヶ岳は西側からの登りのほうが楽しいかな?って思ってしまった。
でもまあ、賽の河原から見た朝焼けの赤岳はとても美しかったし、絶景の山頂にも間に合ったし、最後は単調な下りに疲れたけど、楽しい山歩きだった。

16:00 駐車場を出発。

今日は温泉はなし。
近くにある立ち寄り湯は、行ったことがあるけど、あまり「また行きたい」って気になる温泉でもないので・・・家風呂で良いかな。

帰りは渋滞が多く、自宅に着いたのは、20時だった。
2010年9月28日 クルト・アルベルトが亡くなった。
彼のホームエリアのFrankenjura(フランケンユーラ)で、ビア・フェラータをガイド中にトラブルで18m墜落。2日間生死を彷徨ったが、残念ながら・・・。
享年56歳。
もう8年経過して、いまさらの追悼なのですが、今まで書く機会がなかったので・・・。

▼クルト・アルベルトと最後にお会いした岩場(Andeltodrom)2010年6月14日。


私にとって、「最も尊敬するクライマーは!?」
と聞かれたら、まず真っ先に思いつくのは彼、クルト・アルベルトです。

私がFrankenjura(フランケンユーラ:以降はユーラと略す)に通いだした頃、現地で買ったトポに掲載されていた彼の写真の数々はとても衝撃的だった。ありえない姿で様々な難ルートをフリーソロしていた。

そしてまた彼は、フリークライミング界のレジェンドの一人。
まだドイツに「フリークライミング」の意識がなかった頃、1970年台、まだピトンを掴んで何でもアリのクライミングがなされていたユーラで、彼は「フリークライミング」にこだわって、フリーで登ったルートの取り付きに赤丸を書いた。この赤丸(ドイツ語でRotpunkt、英語でRedpoint)が、レッドポイントの由来になっている。
また彼は、そもそもはアルパインクライマーで、アルプスやパタゴニア、ヒマラヤなど各地に素晴らしいアルパインルートの記録も残している。

******************
私が初めてユーラで登ったのは1993年だった。
5ヶ月間登っていたが、色々な縁あって(今思うと本当に不思議なくらい偶然の邂逅と巡り合わせが重なり)ローカルクライマー達と非常に仲良くなって、一緒に登ったり、一緒にガストホーフへ飲食しに行ったりしていた。クルト・アルベルトとも何度か同席したのだが、お互いシャイ?(笑)あまり会話はなかった。それに彼は見た目が怖いし・・・(笑)
その後1996年は2ヶ月間、1999年は3ヶ月間、ユーラで登ったが、岩場やビール祭りなどで、何故か偶然会うことが多かった。岩場では彼の存在感とクライミングに圧倒されたし、ビール祭りでは何故か相席になることが度々。相変わらず会話は挨拶程度だったものの・・・だって見た目が怖いし、有名人なのでこちらが恐縮するし(笑)、でも、あまりの偶然の多さに、すごく不思議に感じていた。

その後、2000年以降の私は、フランス・スペインで登ることがほとんどで、ドイツに行くのは懐かしくなった時、しかもツアー最後の数日間だけだったが・・・。

******************
2006年6月中旬に、フランスツアーの帰りに、2日間だけユーラに立ち寄った。
いつも泊まるのは、Obertrubach(オーバートゥルバッハ:地名) のGastohof(ガストホーフ:食堂付き民宿):Eichler(アイヒラー:名前)。敷地内にはユーラでのクライミング黎明期からクライマー向けのキャンプ場を提供していて、名実ともに、ローカルクライマーたちのオマ(おばあちゃん)と称されるマリアばあさんが取り仕切っていた。世話焼き屋の親日家で、私などは、それはもう我儘言い放題?時には口論したり・・・ユーラ滞在中はお世話になりっぱなしだった。
でも、そのマリアは、残念ながら2006年の直前に亡くなって(亡くなる前年に会えたのが嬉しい)、後釜の娘のマルタが新オマとなって、もうすっかり貫禄がでていた。キャンプ場の管理姿も、すでにマリアばあさんそっくり(笑)。

その2日目、その頃に開拓されたばかりの、コンパクトだけど素敵な前傾の岩場(Andeltodrom)でオクサンと一緒に登っていた時に、クルト・アルベルトが女性のお客さん?と一緒に登りに来た。マイナーな岩場なので他にクライマーなんていない。挨拶はしたが、向こうは超有名人だし、こちらは久しぶりに来た1東洋人。たぶん憶えてなんかないよね?って会話もなくそれぞれ登っていたが、突然、つかつかこっちに来て、「お前のことをよく知っているぞ。毎年ユーラに来てるだろう?ユーラチャンピオンだな!?」って話しかけてくれた。あんな怖い顔で、はにかみながら話しかけてきた彼の顔が忘れられない。m(_ _)m
その後は和やかに楽しく、色々な思い出話などしたっけか・・・。

それが最後の出会いになってしまった。
その時「ずいぶん老けたなあ」って感じたのだが、まだ52歳だったのか・・・。私には70歳近い雰囲気のように見えていたが・・・激しい人生を送ったクライマーなので致し方ないのかもしれないですね。

▼ローカルクライマー達とよく行ったガストホフで、2010年6月14日。


当の私は、その頃の彼の歳を超えてしまった。(x_x;)
根性なしの私は、彼のように激しい人生は貫けなかったが・・・でも、小者は小者なりに、細く長く(?)山とクライミングを楽しんで生きたいものです。

出合いって、ほんとうに不思議の連続で、心に残るものですね。。。
クルト・アルベルトが岩場で楽しそうに登っていた姿が、今でも目に浮かびます。彼の最後は、彼にとっては、とても不本意なものと思いますが、でも、心からご冥福をお祈りしています。

(※著作権クリアできる写真は無く、掲載写真は、当日の我が家写真のみです。)
9月以降、我が家の休日は見事に雨ばかり。
しつこい今年の秋雨ですが、今回の連休1日目だけは完全な晴れ予報が出た。でも2日目は雨予報(x_x;)
1日だけで楽しめる山はないか?って、北アルプス・八ヶ岳・上越あたりで考えていたが、来週は3連休で遠出予定なのであまり疲れを残したくないし・・・。

思いついたのが 白砂山(しらすなやま・しろすなやま)。
登山口の野反湖は静かで雰囲気良いし、白砂山は以前から一度登ってみたいと思っていた。累積標高差も日帰りとして多過ぎず少な過ぎず。周遊コースはとても面白そうです(↓群馬の山旅)
https://gunma-yamatabi.com/nozoriko/course01
難点は登山口までのアプローチか?横浜からはかなりのロングドライブです。。。

******************
前夜、20時半に自宅出発。
第三京浜から環八、関越に乗って、渋川伊香保ICを降りて西へ。
夜中の国道353・145は流れも良くて快適だけど、長野原で道を間違えてうっかり草津方面へ大きく遠回り、だいぶ時間ロスしてしまった。
0時半頃、やっと車中泊予定の白砂山登山口駐車場に着いた。
野反湖畔はすごい冷え込み(野反湖の標高は1,500m)
完全に秋の空気です。
久しぶりに満点の星空を見れるかな?って期待したが、絹雲がいっぱい出ていて、星は見えるけどイマイチで残念だった。

******************
6:30 起床
夜中はすごい冷え込みだった。
ダウンも着ていたのでぐっすり眠れたけど、寝起きは悪くて・・・6時起きのつもりが起きられなかった。オクサンが観光案内所の前の自動販売機で温かい缶コーヒーを買ってきてくれてようやく起きれた。
駐車場の対面の観光案内所の隣はトイレだが、夜間も使用可能(点灯している)。休憩所も併設されていて快適。室内も暖かく、登山届を書いたり 一休み。

▼登り始めです!(白砂山登山口)(7:28)


7:28 歩き始め。
寒くてダウンを着たまま歩くが、すぐ暑くなってダウンを脱いだ。
大々的に整備された、遊歩道って感じの道をしばらく歩くが、ハンノキ沢に下りる辺りから、ようやく普通の山道になった。

▼ハンノキ沢の橋(7:42)


7:47 水路?坑道?のトンネル の前を通過。
8:02 北沢取水分岐
8:09 崩れた小屋。建っている銘を読むと、東電の作業小屋だったようです。

8:11 地蔵峠
地蔵峠は国道405号線の(車道としての)不通区間の峠で、その手のマニアには有名らしいですね。。。休憩には早いので通過するが、その先の地蔵山もいつの間にか通過してしまった。山頂は樹林の中らしい。

この道は休憩に適した場所が全然ない。
鬱蒼と、ジメジメした登りが延々続き、休憩スペースが出てこない。
疲れないように、わざとペースを落として、休まずゆっくり登る。
木の根の急登が続いた後に・・・

9:11 小広場(水場分岐)
やっと休憩に適した場所が出た。
眺めもちょっと良い。 野反湖と白根山が見えるが、もう少しして山肌の紅葉が進んだら、かなりの絶景になるかも??
レジャーシートを広げて、朝ごはんを兼ねて休憩。
23分(9:34まで)

▼小広場(水場分岐)(9:21)


小広場から先の道がちょっとユニーク。
もう稜線も近いはずなのに、沢床のような狭い河原のような道が続く。

▼沢床のような道が続く(9:45)


10:00 堂岩山(標高2,051m)
ここも眺めが全くない。
広場もなく、道沿いに標柱だけが建っている。
通過。

▼堂岩山(標高2,051m)(10:01)


ここまでずっと、鬱蒼とした樹間のツマラナイ道だったが・・・
堂岩山を過ぎてすぐ、いきなり展望が開けた。
白砂山が正面に見える。

▼堂岩山の少し先。展望が開けた!(10:05)


10:06 八間山分岐
ここからは、頻繁に立ち止まって写真を取りながらチビチビ進む。
素晴らしい快晴、真っ青な空。
山肌は、ところどころ紅葉が始まっていて、笹原の斜面に色とりどりで美しい。
足元を見ると、ハクサンフウロとミヤマコゴメグサが、控えめだけど、あちこちでまだ咲いていた。

▼紅葉が始まって色とりどり美しい (10:20)


10:28 猟師の頭
猟師の頭も道沿いに標柱だけが建っているだけ、通過。

10:40 ルート上の岩場に座って休憩。
先行の男性が登っていくのを見ながら・・・ルートを塞いでしまっているが、今日は静かで誰も来ないから、まぁ良いか。m(_ _)m
休憩19分(10:59まで)

11:29 白砂山・山頂(標高2,140m)に到着。
ここまで4組・5人のハイカーとすれ違ったが、山頂には誰もいない。(この後は下山まで誰にも会わなかった。)静かな山頂。

▼白砂山・山頂(標高2,140m)(11:31)


正面は赤城山と榛名山。
後ろはブッシュの向こうに佐武流山と苗場山。
意外なのは、岩菅山と裏岩菅山?どっしりした素晴らしい山容ですね。 
眺めはとても素晴らしいが・・・前回(先月)歩いた針ノ木岳(北アルプス)の稜線があまりにも素晴らし過ぎたので、残念ながら、やはりギャップを感じてしまった。前回の「谷の向こうがが立山・剱岳」と比べてはいけないのだが・・・。

▼「ぐんま県境稜線トレイル」の最近開通したルート(11:37)


持参した地図では登山道は白砂山までだが、東に向かって快適な道が続いている。「ぐんま県境稜線トレイル」の、今年の山開きに合わせて開通した新しいルートで、三国峠まで続いている。とても良さそうな道だけど、「長距離で水場が枯れてるかもしれないので上級者ルート」って随所に注意書きが書かれていた。
上越の道なき尾根を藪こぎして歩くマニア(ツワモノ)もいたように思うのだが・・・こんな明白に整備された快適な道になってしまって、長距離って言ってもコースタイム8時間程度。これならテン泊じゃなくて一気に抜ける人は普通にいるだろうし、たとえ2日分の水を背負ってテン泊で歩いても大したことではない。「健脚者向けルート」の間違いでは?って思うけど、この世界の「上級者」って、何を指すのかさっぱりわからない(笑)

▼白砂山・山頂。誰も来ない(11:50)


三角点の上に、未開封のソルティライチがお供えされていた。

11:58 下り始め。(山頂での休憩は24分)
足元の花の写真を撮りながら・・・
12:36 猟師の頭

▼色とりどりで美しい(12:39)


12:54 八間山分岐
下りは、八間山経由を選択。
笹原の気持ち良い下りが続いて、眺めも良い。
下地も柔らかくて歩き易いが・・・行程が意外に長い。

13:13 中尾根の頭(標高1,944m)
13:30 疲れたので休憩、21分(13:51まで)
14:16 黒渋の頭(標高1,895m)

▼左奥が白砂山、遠くに見える。かなり歩いた(14:29)


雲が多く出てきて、日陰になる時間が多くなった。
雨雲らしい黒雲も出たが、雨は降らずにすんで、以降は雲が多いけど晴れベースの空。

▼やっと八間山が見えた。右には野反湖も見える。(14:37)


14:47 八間山(標高1,935m)に着いた。
広くて眺めの良い山頂だ。
休憩24分(15:11まで)

▼八間山(標高1,935m)(14:47)


最後は1時間の下り。
足元には巨大なキノコがたくさん。
オヤマリンドウもまだ咲いていて、あちこちに紫色の花が出ていた。

15:39 野反湖見晴
標柱の名前に反して見晴らしはほぼゼロ。
大幅に伐採しないと野反湖は見えそうにないですね。

▼モリアオガエルの棲む小沼(15:54)


16:02 八間山登山口
車道を15分弱歩いて・・・

16:16 白砂山登山口に着いた。
観光案内所は閉まっていた。
お腹がすいたので、湖畔側の陽が当たるベンチでカップラーメンを作って食べた。

▼観光案内所の前のベンチで休憩(16:22)


16:57 駐車場を出発
いったん、ダムからキャンプ場へ行ってみて、また戻って富士見峠(野反峠)の展望台へ立ち寄り。静かで良い湖ですね。

今日の温泉は、草津まで行って、大滝乃湯
国道405号から別れて草津へ上がる山道で、うっかり油断してヘアピンでコースアウトしかけて慌てて急ブレーキ!! なんと、まさにそのタイミングで大型生コン車が来て危うく事故寸前だった。超ビックリだった。
その前も後も、対向車なんて1台も来なかったのに、なんであのタイミング?って思うけど、事故なんていつもそんなもの、気を引き締めないといけないです。咄嗟に急ブレーキかけて本当に良かった。
大滝乃湯は何度も行っているが、いいお湯だった。

帰りは292号を下りて、長野原から昨夜来た道を引き返し。
関越道の上里SAで、眠くて疲れて30分爆睡。
環八は世田谷に入るまで順調だったのに、突然大渋滞になった。夜間工事の始まりにカチ合ってしまった。全く動かないので何事かと思い、慌ててスマホで調べてわかったのだが、ツイてない。30分位のロスか??

12:00 自宅に着いた。
4:00 起床
だいぶ日の出が遅くなったのか、まだ真っ暗だ。
シュラフを畳んで、お湯を沸かしてフリーズドライの雑炊を食べて・・・
出発準備している間に徐々に明るくなってきた。
テントの外に出ると・・・お約束どおりの快晴です。emoji

▼朝焼け、槍ヶ岳!!(5:13)


テントのフライシートは夜露でびしょ濡れだけど、軽くはたいて、畳まずにザックの底に押し込んだ。本体も軽く畳むくらいで無理やりザックの底へ。

5:33 歩き始め。
針ノ木岳への登りも急登から始まる。
朝イチなので、わざとゆっくり登る。

▼針ノ木岳への登り、振り返って針ノ木峠と蓮華岳。(5:40)


左を見ると槍ヶ岳、赤牛岳、薬師岳・・・
右は、登るに連れて、目指す稜線の向こうに白馬三山、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳。稜線の合間から剱岳も見えてきた。山々すべて見渡せて、最高の登山日和!!

▼針ノ木岳とスバリ岳、朝日が眩しい。(5:45)


明け方に小屋から登ったらしい空身の2人組とすれ違って・・・
見上げる山頂には誰もいない。

6:32 針ノ木岳(標高2,821m)
ここは今日最大の目的地なので、頂上で長休み(7:13まで)。
スギウラさんも長年登りたいと思っていた、思い入れがある山だそうで(理由は昨日聞いた)、山々を眺めながら、山岳会現役の頃の話も織り交ぜながら、いろいろ語り合う。

▼針ノ木岳(標高2,821m)に着いた!(6:33)


それにしても眺めが素晴らしい。
黒部立山アルペンルートのロープウェイ駅が正面に見える。つい先月、ロープウェイの中からこちらを見て「あれが針ノ木岳とスバリ岳、こんど行きたいね」ってオクサンと話したっけか・・・。
立山も、ここから見ると、とても雄大な山で素晴らしい。

▼スギウラさんと立山・剱を見ながら語り合う。(6:37)


山頂は暫く私達の貸し切りだったが・・・
まもなく針ノ木小屋を出たハイカーさんが続々集合し始めた。静かだった山頂が、あっという間に賑やかになった。

▼薬師岳(標高2,926m)(6:42)


7:13 賑やかな山頂を出発して、スバリ岳へ向かう。
この先の縦走を目指す人は意外にいない、先行1人のみ。
静かな尾根を、素晴らしい眺めを見ながら稜線歩き。素晴らしいです。

▼スバリ岳はもうすぐ。(7:49)


7:56 スバリ岳(標高2,752m)
休憩27分(8:23まで)

▼スバリ岳(標高2,752m)(7:58)


スバリ岳を出て・・・猿!!
最近のアルプスの尾根は稜線まで猿の群れが普通に上がってくる。
尾根道は猿のフンだらけで臭いし、貪り食っているハイマツの実が無残に散乱してるし、雷鳥も食べられてしまっているのか、猿が出没する近辺ではあまり見かけない。生態系大丈夫なのか?って心配になってくる。

9:20 休憩18分(9:38まで)
今回の稜線はガラ場の歩きにくい道が多くて疲れる。
快晴は良いが、容赦のない暑さもだいぶこたえてきた。

10:10 赤沢岳(標高2,678m)
休憩16分(10:26まで)

▼赤沢岳(標高2,678m)(10:10)


赤沢岳山頂から、剱岳の源次郎谷・長次郎谷は真正面だ。丸山東壁はすぐ手前・足元に見える。たった1ヶ月で長次郎雪渓はだいぶ溶けたなぁ・・・って歩きながら思っていたが、ここから見ると、雪渓が下部で途切れているのも見える。今年の猛暑はやっぱり凄いんですね。。。9月末には雪渓消失の勢いか??

▼剱岳と丸山東壁(10:17)


▼剱岳をアップ。雪渓がやせ細ってもうじき消失?(10:25)


▼赤沢岳から、白馬三山、五竜岳、鹿島槍ヶ岳(10:26)


11:19 鳴沢岳(標高2,641m)
21分休憩(11:40まで)

▼鳴沢岳、雲がだいぶ出始めた。(11:19)


先行のソロの人と少しお話しした。
彼は、今日は新越山荘までらしい。
ゆとりの山歩き、羨ましいですね~。

▼新越山荘は通過(12:10)


12:45 新越岳(標高2,623m)
もうちょっと先の岩小屋沢岳まで行きたかったけど、かなり疲れちゃったので休憩した。21分(13:06まで)。新越岳は頂上標柱が無いのが残念。

▼新越岳から剱岳(12:59)


▼新越岳。メンバー全員、疲労困憊。(12:59)


▼新越岳から。(13:01)


新越岳から歩き始めてすぐ、足元に雷鳥2羽!!
慌てて逃げるのだが、逃げる方向が私達の進行方向。結果、私達を先導するように?トコトコ進む雷鳥。しかも道に沿って草花の実を食べ歩きししながら・・・癒やされる。疲れがだいぶ取れた感じ。

▼雷鳥だ!!(13:08)


▼岩小屋沢岳(標高2,630m)は通過。(13:17)


岩小屋沢岳を過ぎると、緩やかな概ね歩き易い道。
ときどき霧に覆われて涼しくなって気持ちいい。

▼やっと種池山荘が見えてきた。もう少しだ!(13:57)


14:22 種池山荘に着いた!
こんな場所の一番のお楽しみ・・・
生ビールは売ってるかな・・・??・・・あった!!
あとはもう一気に下るだけ・2時間程度だし、大休憩+生ビールタイムです(笑)
最高に美味しかった。emoji
種池山荘前で41分休憩した。

▼生ビール最高!!(14:31)


15:03 下り始め。
柏原新道は歩きやすいんだけど、疲れた足にはやっぱりツラい。

16:02 休憩17分(16:19まで)
17:08 柏原新道・登山口に着いた。

▼扇沢に着いた!みなさんお疲れさま。(17:08)


扇沢第一駐車場までの、登りの車道のあるきがツラい。
みんな疲れて声があまりない。
17:25 扇沢第一駐車場に帰還した。

登山の後の温泉は・・・やっぱり、薬師の湯
モンベルカードが使えて100円引きなのをすっかり忘れてて、自動販売機で通常の入場券を買ってしまった。湯船で思い出した、残念。。。

明日も休みだし、帰りはどこか涼しいところで車中泊してドライブして帰ろうか?って話してたのだが、やっぱり面倒くさくなり、そのまま自宅まで一気に帰った。
台風が呆れるくらいにポコポコ発生する今年の夏。
せっかくの連休もどこに行くか、はたまた見送りにするべきか、悩みが尽きない。

今回の3連休も、オクサンと「西穂高岳から奥穂高岳へテン泊で行こう!」って計画してたのに、台風19号と20号の挟み撃ちで微妙な状態。あの稜線で天気が悪いと、危険云々って言うよりも、まずツマラナイ。我が家にとっての山は、ただ登れば良いってもんじゃあなくて、眺めが何より大事な問題です(笑)・・・なので延期にした。
代わりに白馬三山にでも行こうか?(北アルプス北部が一番天気良さそうなので)って話してたら、直前に、山岳会の大先輩のスギウラさんから「針ノ木岳に行きたいので一緒に行かないか?」って誘いが来た。
そんなワケで、急遽、行き先決定です(笑)

******************
前夜は仕事から帰宅してすぐ出発。
中央道をひた走って、梓川SAで車中泊。
******************

朝4時起きで準備して出発。
途中のコンビニで2日分の行動食を買い出しして・・・

5:30 扇沢の無料駐車場(第一)に到着した。
ここでスギウラさんと待ち合わせ、スギウラさんは前日入りで車中泊です。
夏休み時期だし、駐車場は一杯かも?と思っていたが、意外に空きが多かった。まだ6時前なのに、ハイカーさんが続々歩き始めていく。

天気はドンヨリ曇り。emoji
ちなみに昨夜は雨が降ったらしく、一面濡れている。

今日の山の天気予報は、「曇り時々小雨、または、ひょっとすると曇り時々晴れかも?台風19号が気象庁予想より若干でも西寄りに進めば後者」・・・らしい。そして明日は快晴予報が出ている。明日の晴れ予報は気圧配置から揺るぎようのない、約束されたような快晴らしい!
これはもう、決行するしか無いコンディションですね。
今日は多少の雨は我慢して乗り切ろう!!emoji

6:07 歩き始め
6:13 針ノ木岳登山口
ここで登山届を書いたが、下の写真の通り、登山ポスト周囲には机がなくて、ゴツゴツのコンクリートの上で無理やり書いた。結果すごい乱筆、読めるのかな??

▼山岳会の大先輩のスギウラさん、楽しい山行の始まりです。(6:13)


6:21 登山届書き終わって先に進む。

今回のコースは「日本3大雪渓の1つ・針ノ木大雪渓」ってくらいだから、登山口を入ったらすぐ沢沿いに開けた開放的なコースだろう・・・って勝手に思ってたら、実際は大違いだった。歩いても歩いても鬱蒼とした樹林帯。うっとおしい道。
ポツポツ雨も降り出した。emoji

7:40 大沢小屋
ここで休憩するつもりだったのだが、小屋の周囲は開けてなくて鬱蒼として快適ではない。休憩するベンチもなく、雨宿りも出来ない。小屋も閉まっているし、通過した。

大沢小屋を過ぎても鬱蒼とした道が続く。
雨は止んでくれたが・・・鬱々とした雰囲気がツラい。
いちど沢に出たが、休憩にはいまいちなのでもう少し・・・

8:13 やっと本谷の広い河原に出た。
1回目の休憩、20分。

▼やっと沢に出て休憩(8:13)


休憩のあとは、沢沿いに開けた道を登る。
見上げる針ノ木大雪渓は・・・雪はわずかに残る程度。
雪解けでザレた道を登る。

▼振り返ると爺ヶ岳、癒やされる。(9:15)


途中、雪解けで崩れた斜面もあり、泥で汚い。
意外な急登だし、正直あまり楽しい登りではない。
スギウラさんは途中、堪りかねて雪渓の上を歩いていた。

9:19 「ノド」の下に着いた。
ノドの雪渓は全面的にスノーブリッジ状態になっていて、立入禁止になっている。
右(左岸)の高巻き道を登る。

▼針ノ木雪渓の「ノド」。全面的にスノーブリッジ状態。(9:19)


▼「ノド」の高巻き。(9:24)


9:39 2回目の休憩、20分。
高巻きが終わって、大きく斜面をトラバース~再度、沢に合流するあたり。
眺めが良くて、絶好の休憩ポイント。

▼下るハイカーと多くすれ違うようになった。そんな時間帯。 (9:39)


10:25 最終水場
2回目の休憩からまだ30分弱しか歩いていないけど、給水休憩。
ここから上はもう水場は無い。小屋で買うしかなくなるので、持っているペットボトル全てに水を汲んだ。水量が弱く、岩を伝って流れる水を汲むのだが、なかなかペットボトルに溜まらない。飛び散る水滴でパンツがびしょ濡れになってしまった。
もちろん水も飲んだけど・・・甘くて美味しい。
結局、最終水場を出発したのは 10:59(34分休憩?)。

▼最終水場。親切に看板付き。(10:25)


▼給水。7リットル汲んだが、水量が少なくて時間がかかる。(10:31)


最終水場を過ぎて、まもなく最後の急登になる。
ザレたつづら折りの急登だ。
さっきまで時々晴れ間が出ていた空が、また霧で覆われた。
先が全く見えないのでツラい。

▼最後の登り。(11:20)


と、突然、霧が薄くなり、峠の標柱がすぐ目の前に見えた。

11:43 針ノ木峠に到着!

▼針ノ木峠 に着いた!霧で視界なし!!(11:44)


まず、テント場の受付をする。
小屋のスタッフはみんな学生さん?若い雰囲気に溢れている。
受付の記帳を見たら、私達が今日のテント場の一番乗りだった。

テント場は小屋のすぐそばで、急傾斜地に棚田状に設定されている。
一番フラットな場所を選んで設営、荷物をテントに入れて、少し休憩。

▼選んだテント場はフラットで快適。(12:26)


12:36 蓮華岳へ向けて歩き始め。
狭い針ノ木峠から東の尾根へ、いきなり急登です。
あっという間に針ノ木小屋が真下になる。
急登が終わったあとも、緩やかな登りが延々。空身なので30分ぐらいで行けるか?って思ったら大間違いだった。

13:39 蓮華岳(標高2,799m)
コースタイム70分だが、空身なのにコースタイムとあまり変わらず。(x_x;)

▼蓮華岳(標高2,799m)残念ながら眺めなし。(13:40)


山頂で30分ぐらい休憩。
下りは40分ぐらいで一気に下った。

▼下り途中、小屋を見下ろす。(14:43)


小屋でビールを買って、まず乾杯。emoji
一息ついたあと、まだ明るいうちから、スギウラさんが荷揚げしてくれた肉を焼いて、お酒を買い足して(笑)、明るいうちからプチ宴会。emojiemoji

▼ビールと焼き肉。(15:37)


ちなみに私が現役の頃、スギウラさんと一緒に山行したことは一度もない。なんと今回が初めてです。私が現役の頃に散々お世話になった先輩はオータニさん・カトウさんで(もちろん会長のモリタさんもですが)、その先輩方がお世話になった先輩がスギウラさん。
なので、スギウラさんは私にとっては文字通りの大先輩なのです。世代を越えてフリーでは一緒に楽しく登っていますけど(笑)
焼き肉をつつきながら、稜朋会で現役だった頃の楽しい話題が尽きなくて、とても楽しかった。

▼日没が近づくにつれて雲が少なくなって、合間から槍ヶ岳。(18:03)


夕方近くになり雲がだいぶ消えて山々が見え始めた。
日没、そして暗くなるのと同時に就寝。
明日は快晴間違いなしだし、楽しみです。
ビックロックの仲間と一緒に剱岳・八ツ峰に行ってきた。
その3日目です。
*********************

今日は室堂へ下山のみです。
ゆっくり寝坊するはずだったのですが、6時に小屋泊まりのウッチーがやってきた。「まだ寝てたよ~」「もっと小屋でゆっくりしてればいいのに~」って言ったら、「小屋はもうみんな出発して誰もいなくなったちゃったから」って。話し相手がいなくなって寂しくなったのね(笑)

仕方ないので私達も準備開始。
軽くご飯食べて、荷物を整理して、パッキング。
ウッチーがテント撤収を手伝ってくれた。

▼テント撤収完了。(8:14)


8:15 出発。

今日も快晴!emoji
下山と言っても、まずは別山乗越まで1時間の登り。眺めは良くて最高だけど、昨日の疲れと、ザックの重さで、なかなか足が進まない。

▼剱沢から別山乗越への登り。(8:29)


30分ぐらいで疲れて休憩。
でも、なかなかの展望ポイント。

▼剱岳を見ながら休憩。(9:00)


9:29 別山乗越。

▼別山乗越に着いた。剱岳見納め。(9:33)


雷鳥坂を下り始めると、急に暑くなってきた。
別山乗越を堺に、だいぶ気温が違いますね。。。

▼雷鳥平へ下る。大きな荷物の私。(9:50)


11:10 雷鳥沢キャンプ場。
ここの売店ではビールは買えず、ウッチーは悔しそう。
我が家の持参缶ビールが1本余っていたので、ウッチーとシェアした。

▼雷鳥沢キャンプ場。背景は立山。(11:42)


▼室堂への登り。歩きやすいけどツラい。(11:56)


室堂ターミナルまでの遊歩道は、上り下りが多くてツラい。
徐々に観光客が増えてきて・・・
中国人観光客が多い。日本人より多いのでは??
ミクリガ池の雪は、2日前よりだいぶ溶けて少なくなっていた。

12:47 室堂ターミナルに着いた。
観光客だらけで人をかき分けて進む感じ。大観光地です。

ザックに付けたピッケルを外して保護して手提げ袋に入れて・・・
ターミナルに入って、みんなで下山祝。emoji
そのあと、立山そばを食べて・・・

▼やっぱりビールで乾杯です(笑)(13:02)


下りのトロリーバス、ロープウェイ、ケーブルカーは乗り継ぎよくて、あっという間?に黒部ダムに着いた。暑い。

▼黒部ダムは観光放水中。(14:35)


▼扇沢に着いちゃった。(15:19)


15:19 扇沢駅に着いた。

登山の後の温泉は・・・薬師の湯
モンベルカードが使えて100円引きだった。
露天風呂の雰囲気がなかなか良くて、まだ昼なので静かで良かった。
疲れているのであまり長風呂はできず。

風呂上がりはまたビール。
運転で飲めないケイスケの横で、オクサンと乾杯。emoji

帰りは渋滞もなく、9:05 自宅に着いた。
ビックロックの仲間と一緒に剱岳・八ツ峰に行ってきた。
その2日目です。
*********************

■私にとっての剱岳は・・・
昔、学生の頃、所属していた山岳会(稜朋会)の夏合宿で行ったきり。
1日目は夜行電車で富山から入って熊の岩まで。2日目にまず6峰Dフェースのルートを登って(何を登ったか忘れた)、そのままチンネへ進んで、チンネ左稜線を登って熊の岩に戻った。3日目は長次郎谷を降りて丸山東壁に転戦して東南稜あたりを登って(ルート名忘れた)、4日目は緑山岳会ルートを登って、黒部ダムからトロリーバスで下山した。
つまり何を言いたいかって言うと、「剱岳の山頂に立ったことがない」(笑)

「やはり1回は剱岳の山頂に立ちたいな!超有名所だし」って常々思ってたが・・・
ビックロックのお馴染みメンバーのケイスケさん・ウッチーから「八ツ峰に行こう!」って話が持ち上がり、「じゃあ八ツ峰のついでに剱岳に登ろう!」って計画になった。
今日がそのお楽しみの日です ♪♪

3:00 起床
3:30 キャンプ場を出て剱沢小屋へ向かう。
小屋泊まりのウッチーと待ち合わせだが、暗闇で小屋の場所が分からずに少し迷ってしまった。

▼さあ、楽しい登山の始まりです!!(3:55)


4:00 剱沢小屋を出発。
まずは剱沢の右岸をひたすら下る。

と?ふっと気付いた。ザックにロープを入れ忘れた!!
ザックを降ろして確認するか?いやそんなコトしなくても明白だ!ザックが妙に軽い気がしていたので。。。標高差100m以上は下ってきたか? もう取りに戻る気はしない。(x_x;)

私は長年のクライミング野外生活で、寝る時の枕はロープ束が定番で、昨夜もロープ枕で気持ちよく眠れたのだが、肝心なそのロープを、起床後、ザックに入れるのを忘れてしまった。
メンバー皆様ごめんなさい。
ケイスケさんのロープ1本での登攀が決定です。m(_ _)m

剱沢右岸から雪渓に乗ったところでアイゼンを装着。
長大な雪渓をひたすら下る。

▼剱沢大雪渓をひたすら下る。空が白んできた。(4:32)


平蔵谷の出合を過ぎて・・・源次郎尾根に取り付くパーティーが1組いた。
また更に雪渓を下って・・・

4:55 長次郎谷の出合いに着いた。
まずは休憩。ここから長くて辛い雪渓の急登が始まるので・・・。

▼長次郎谷。写真では分かり難いが、長大な登りが始まる(4:55)


長次郎谷の登りは辛い。
出合いから見ると傾斜が無いように見えるが、実際はなかなかの傾斜。
熊の岩が遠くに見えてきたが、登っても登っても近づかない。
風が強くて冷たい。

▼急傾斜で長大な長次郎谷を登る。(5:38)


長次郎谷から1時間弱くらい?
雪渓の中央に、休憩にうってつけの岩場があり、一休み。
吹き下ろす風が冷たく、上着を着る。

さらにひと登り、熊の岩の目の前まで到着した。
ここから右上へ、八ツ峰5・6のコルへ向かって詰めていく。

▼八ツ峰 5・6のコルへ向かって雪渓を詰める。(7:09)


5・6のコルの手前は雪渓が切れて残っていて・・・
昨日、ケイスケさんが剱沢小屋でコース状況を聞いた時に、「5・6のコルへは危険で上がれないかも」って、さんざん脅されたらしいが、実際は問題なし。
左のシュルントから、普通に5・6のコルへ上がることができた。

▼左のシュルントを潜って5・6のコルへ這い上がる。(7:27)


ようやく、お楽しみの始まりです。
ひと休みして、ハーネスを付けて準備開始。

7:50、リードはケイスケ隊長!
我が家はロープ忘れのため、ケイスケさんが登ってロープをいちどフィックスにして、そのロープにプルージックで確保して登る。最後にフィックスを解いて、ウッチーがフォローで登る・・・って手順。まあ、三級も無い程度の、落ちることなんてありえない岩ですからね。。。

▼6峰を登り始め。リードするケイスケ隊長!(7:52)


▼6峰をプルージックでフォローする我が家。(8:32)


ロープを使ったのは1ピッチだけで、あとはロープ無しで登る。
9:10頃、Cフェースの頭を越えて、1回懸垂して、もういちど登り返して・・・
9:30頃、6峰のピークに着いた。

6峰で少し休憩して懸垂下降。

▼6峰を懸垂下降中のオクサン(9:36)


6・7のコルに降りてロープを畳んでいたらウッチーが驚きの発言!「7峰・8峰は巻こうよ~」って。(@@)
それはダメでしょう!」って、一度は一笑に付したが・・・しかしよく考えると、6峰で意外に時間ロスしている。ロープが1本しかなくて効率が悪いのも明らかな原因(私のミス)だ。このペースでは八ツ峰の頭に着くのは12時を回ってしまうかもしれない。再三のウッチーの意見を半分取り入れて、7峰だけ巻くことにした。

6・7のコルから右側を巻いて、雪渓の隙間を潜って、7・8のコルに這い上がった。8峰まで巻いてしまったら、「八ツ峰を登った」なんて到底言えなくなりますからね。。。

8峰の登りはノーロープで通したが、凹角から始まって、後半は高度感があるトラバースも出て、なかなかスリリングだった。

▼8峰への登り、オクサン。(10:23)


▼8峰への上り、ケイスケさん。(10:31)


10:30、8峰のピークに着いた。しばらく休憩。
右にチンネが見える。
チンネ左稜線もここから見るとカッコイイですね。。。
クレオパトラニードルも見える。

▼8峰の懸垂下降(11:02)


八ツ峰の頭は、出だしの登りがちょっと悪い。
いや、実際は悪くは無いのだが、出だし2mの見た目が悪そう。
念のためケイスケ隊長にロープを引いて登ってもらった。
浮き石が多くて岩もボロい、嫌な感じの登りだった。

▼クレオパトラニードル(11:36)


11:40、八ツ峰の頭に着いた。
今日の第一目標達成です。ちょっとオチが付いたけど・・・。
少し休憩。

▼八ツ峰の頭でオクサンとウッチー。左奥が本峰、右は池の谷尾根の頭(11:43)


▼八ツ峰の頭、最高点のケイスケさん(11:47)


八ツ峰の頭から、正面に 池の谷尾根の頭が見えるが、見るからにボロボロ。
あんなの登れるの?って感じだが、8峰を登っている時から数人のハイカーが行き来しているのが見えてたので、まあなんとかなるのでしょう。その彼らもガラガラと落石しながら登り下りしていたが・・・。

八ツ峰の頭から懸垂下降1回+クライムダウンで池の谷乗越、一般路(北方稜線)へ合流した。
長次郎谷の右俣は、池の谷乗越の直下まで雪渓が残っている。あちこち割れているので下るにはかなりややこしそうな感じ。もちろん目指すのは劔本峰なので降りないですが・・・。

池の谷尾根の頭は、凹角をメインに登るが、見た目通りボロボロで登りにくかった。
北方稜線は、池ノ谷ガリーが悪いので有名らしいですが、池の谷乗越から剱岳本峰までの上部区間も十分に悪いですね。。。特に富山側を巻くとき、切れた谷を見下ろしながら、ザレ・ガレの足元に注意しながら狭いバンドをトラバースするのは緊張する。雪解けからまだ間もないので、山が全般的に緩んでいるのも気持ち悪い。

▼北方稜線を剱岳本峰目指して登る。(12:26)


▼北方稜線は悪路。あちこち緩んでザレて危険がいっぱい。下は谷です。(12:58)


▼浮石だらけの凹角を登る。(13:40)


長次郎の頭は、最初は左側から、最後は右に巻いたが、長次郎のコルへ降り立つ直前は、懸垂下降の支点があったけど、フィックスも垂れていて、ロープは出さずにそのまま垂直のチムニーをクライムダウンした。

あとはもう悪いところはない。
剱岳山頂は目の前!
息を切らせながら耐えて登って・・・

もう頂上直下?
間違えて左に巻き気味に登ってしまったら、きれいに整地されたテント場に出た。2張り可能か?すごく快適そうです・・・。山頂からはちょうど見えない位置にある。
そのテント場から上へ、10mくらい?登って・・・

13:56 剱岳(標高2,999m)山頂に到着した!!

山頂にはソロの方が1人。
写真を撮って頂いた。

▼剱岳(標高2,999m)山頂に到着!!(14:03)


ウッチーは山頂に着くなり、ビールを取り出して乾杯(笑)
私もやっと念願の、剱岳登頂で嬉しい。
オクサンも初剱岳が八ツ峰からなんて勲章?付きで大喜び。
すっかり世話役に化してしまったケイスケ隊長、ありがとうございます(笑)

▼北方稜線を登る後続P。右奥は鹿島槍、中央やや右は五竜 (14:20)


山頂の天気は、時々雲が湧くが、概ね晴れ。emoji
日本海が見えないのが残念だが、南側の景色は概ね完璧。
せっかくの山頂なので、風景見ながら30分ちょっと休憩した。

▼帰る先の剱沢キャンプ場は遠い。(14:21)


14:35 下り始め。
ここまでと打って変わって、整備された歩きやすい道。ペイントマークもあって迷うこともない。疲れているけどお気楽に下る。

別山尾根は「カニのなんとか」って鎖場が幾つかあるけど、カニのヨコバイ意外はどれがどれだか分からなかった。高度感があってなかなか楽しい道ですね。今日は平日の午後なので私達以外は誰もいないけど、土日の午前中など、混んでいたら渋滞して大変なことになりそうですね。

▼カニのヨコバイ(14:54)


▼カニのヨコバイの次は階段(14:57)


▼鎖場の登り返し。下山なのにアップダウンが多くてツラい。(15:14)


▼剱岳山頂が遠くなった。(15:55)


疲れたので、途中休み休み。
遠くにみえる剱沢キャンプ場がなかなか近づかない。
下山なのに、登りが意外に多いのがツラい。

前剱からやっと一気に下り始めて・・・
一服剱の手前でまた休憩・・・
最後の登り返しを耐えて、剱御前小舎を目指す。

17:25 剱御前小舎に着いた。
剱沢小屋の売店は18時までなので、着く頃にはビールは買えない。
なので、剱御前小舎でビールを買って、少し早いけど無事下山祝です。emoji

▼剱山荘に着いた!ビールで乾杯!!(17:28)


20分ぐらい剱御前小舎の前で休んで、剱沢キャンプ場へ向かう。
剱沢小屋まではほぼトラバースだが、剱沢小屋からキャンプ場までの登りが辛かった。疲れて足がなかなか上がらない。。。

18:20 キャンプ場に帰還。
テントに入って寝転んで、疲れでしばらく動けず(笑)

▼キャンプ場に着いた。もう疲れてヘトヘト。(18:20)


疲れてご飯を作るのも面倒。
棒ラーメンをオクサンとすすって、今日の晩ごはんは以上。

▼夕焼けが美しい。右のシルエットは剱岳。(19:23)


夕焼けと、剱岳のシルエットが美しかった。
疲れたけど、楽しい1日だった。
ビックロックの仲間と一緒に剱岳・八ツ峰に行ってきた。
その1日目です。
*********************

朝4:00、ケイスケ号が我が家へお迎えに来た。
いつも送迎ありがとうございます。m(_ _)m

快適なケイスケ号で、東名~圏央道~中央道を飛ばして・・・
6:10 諏訪湖SAで一休み、
安曇野ICを降りて、セブンイレブンで買い出しして、
北アルプスパノラマロードを走って・・・

7:35 扇沢の無料駐車場に着いた。
前夜から来ているウッチーがお待ちかね、駐車場を確保してくれていた。

8:00 扇沢発のトロリーバスに駆け込んで・・・
8:15 黒部ダム。

▼関電トンネルトロリーバス、黒部ダムに着いた。(8:15)


黒部ダムは、学生の頃、丸山東壁を登った帰りに来たっきり。
懐かしい・・・。
ケーブルカー、ロープウェイ、またトロリーバスと乗り継いで・・・

9:55 室堂に着いた!!!
トイレを済ませて、登山届を出して(書いたのはケイスケさん)
10:20 歩き始め。

空は真っ青、すごい快晴!emoji
予定の3日間は天気が崩れる要素がないし、楽しい山行になりそうです。

▼室堂から、歩きはじめ。(10:19)


▼ミクリガ池に流氷??(10:24)


今日の目的地は、剱沢キャンプ場まで。
若い頃の記憶では、「剱沢まで大した登りはなくて丘を越えるだけ」って感じだったのだが、目指す別山乗越は遥か上。若く元気だった頃の記憶ってアテにならない??

▼雷鳥平と、その向こうに遠く高く、別山乗越!(10:44)


10:56 雷鳥沢キャンプ場で休憩。
この後の、雷鳥坂はすっかりバテた。
今回の私のザックは25kgくらい。
この重量を背負うのは1年ぶりだし、軽快には足が進まない。
暑さも辛い、汗が吹き出して、肌がジリジリ焼けていく。
バテバテになって、別山乗越まで2回休憩を入れてしまった。

学生の頃は、やはり25kgくらい背負って、軽快に剱沢を通り越して長次郎谷の熊の岩まで一気に登ったのだが・・・やっぱりトシですね。。。

▼暑さと重量負け、バテバテになってしまった。(13:14)


13:17 別山乗越。
剱岳とご対面です!!
あとは剱沢キャンプ場まで30分程度の下りなので、大休憩。
ビールで乾杯~~!!emoji
ちなみにウッチーのおごりです。m(_ _)m

▼別山乗越で。ビールで乾杯!!(13:25)


▼剱沢キャンプ場への下り。(14:21)


14:30 剱沢キャンプ場に着いた。
良さげなテントスペースを探して決めて、設営。

▼今回はテント泊!(14:58)


テントを張り終わって、受付で会計済ませて・・・
テントに戻ってしばらく脱力・・・
明日が心配なくらいに疲れてしまった・・・

明るいうちからご飯を食べて・・・
18:30 に就寝した。

明日は早朝出発の長時間行動です。emoji
オウムの主要メンバーの死刑執行が、2018/7/6 に行われた。
地下鉄サリン事件から、もう23年経過していたんですね。。。

オウムは私にとっては縁遠く、接点なんて皆無なのですが・・・
でも、この事件に限っては、とても身近です。

人生、一寸先は闇・・・
よく言われる当たり前の言葉ですが、
日々、冗冗と(もしくは穣穣と?、はたまた畳畳と?)累々続く人生で、人はどこまでソレを意識できるのか??

1995年(平成7年)3月20日
あの日、あの車両の、あの場所で・・・

私は、あの頃、サリンが置かれた日比谷線車両の、まさしくサリンが置かれたその横に、いつも立っていた筈なのですが・・・その日に限って、そこに立つことが出来なかった。

私は遅刻は大嫌い。
いつも仕事には充分な時間的余裕を持って出掛けて、色々な時間調整を行うので、乗る電車が違うことは、通常ありえない。私が遅刻・突発休するのは数年に1回あるかどうか・・・極めて異常事態のみです。

事件から1週間前に遡のぼるが、当時販売されたばかりのバイク・Volty(スズキ250cc)が納車されて(初回生産3000台の1台をゲットした)、仕事が終わって帰宅後はVoltyに乗って慣らし運転に夜な夜な出掛けていた。
地下鉄サリン事件の前夜は、仕事帰りが遅くなり、東名高速での慣らし運転中に雷雨もあって疲労困憊、自宅に戻って寝たのは深夜3時頃?だった。
激しく疲れて、目覚ましが鳴ったのに気づかず、いつもの起床時間より1時間近く遅れて飛び起きた。「自分が親方の現場なのに何て失態を!」って顔も洗わず家を飛び出したが、日比谷線は中目黒から先に進めず、構内放送も意味のわからないことを言っていて埒があかない。何が起きたかもわからず「こんな時に限ってなぜ?」「泣きっ面に蜂か?」って思いながら、やむなく東横線で渋谷へ行って、バスで持ち現場の六本木のビルへ辿り着いたが、そこで事件を知った。。。

いつも通り、あの車両の、あの場所に立っていたら、間違いなく被害者だった。
なぜか、あの日だけ、あの車両の、あの場所に立たなかった。

幸運と言えば幸運そのものですが・・・。
しかし、幸運って続くものでもない。次はわからない。

カミュじゃないですが、人生不条理。
いつ何があっても笑顔で死ねるように、悔いなく生きたいものですね。



幸運の女神?だった私のバイク。
楽しい思い出が沢山だったけど・・・
残念ながら乗ることが少なくなって維持できず、手放してしまった。
Facebook友達の若い子が就職して、近況を見て、私が思わず発した言葉。
「若い子はたくさん苦労して大っきくなってね~(人間的に)」

すると、すかさずオクサンからツッコミが入った。
「サブちゃんは苦労したのかい?」って(笑)

ごめんなさい m(_ _)m
私は苦労していませんでした。

遊び呆けた人生だったか?
今は、いかに余生を周囲に迷惑かけずに遊ぶか?ってばかり考えてます(笑)

※↓ ロカ岬の夕日(1280×760バージョン)クリックで拡大します。

↑ ここは私の好きな場所の1つ、ロカ岬。
ここに地果て、海が始まる・・・
ポルトガルの詩人:ルイス・デ・カモンイス(1524-1580)の有名な言葉です。
関東平野は史上最速の梅雨明けらしいですが・・・
山はなかなかうまくいかない。
先週休みに丹沢に行ってみたら山だけ見事に雨。
強烈に吹き続ける南風がなせる技??
でも昨日から丹沢も ようやく天気が回復したらしくて・・・
行ってみることにした。emoji

体調は最悪。
数日前から今年2度めの減量を始めたので・・・。
今年1回目の減量(3月に始めた)はすごく気合が入って順調だったのに、親族の不幸と自分の血尿騒ぎ・風邪をこじらしたり、ほかイロイロの信じられないトラブルが連発して頓挫してしまった。気がついたらもう山歩きの季節。諦めかけたのだが、来年ヨーロッパに行く可能性が出てきたので、それを見据えて、もう1度、頑張ってみることにした。

そんなわけで、昨夜はさすがに走るのは控えたけど、食事不足と、連夜のジョギングで朝から腿が痺れて筋肉痛。辛いハイキングになりそうです。

今回選んだコースは、仲尾根から烏尾山へ登って表尾根~塔ノ岳~源次郎尾根を下る周回ルート。仲尾根は昭文社のハイキング地図では廃道扱いですが、楽しい道らしいので楽しみです。す。

******************
5:00 起床の予定だったが調子悪くて6時まで起きられず。
6:00 起きて、6:30 出発。
道はすっかり混んでいる。

8:14 戸沢駐車場。先客は3台のみ。
8:33 歩き始め

▼8:39 仲尾根入り口。


仲尾根は上述のように地図では廃道扱いですが、実際はそんなに悪い道ではありません。でも、いきなり、そして全般が急登です。(汗)

疲労で痺れた腿に急登が辛い。
すでにかなりの気温?汗が吹き出る。
9:00 のどが渇いたので早いけど休憩、15分。

仲尾根は変化に富んでいて面白い。
植林、自然林、草原、自然林、植林・・・と頻繁に植生が変わる。
草原からの眺めは素晴らしい。

▼眺めが良い草原。秋ならここで休憩ですね。(9:32)


▼雰囲気の良い自然林(9:45)


しかし急登が辛い。
九十九折になることはなく、尾根をひたすら直登。
もうバテバテ・・・。
足が痺れて何度も立ち止まってしまう。。。

▼カヤトが出てきて、烏尾山頂はもうすぐか??(10:07)


最後は藪漕ぎ。
茨が多くて腕がひっかき傷だらけになってしまった。

10:12 烏尾山・山頂。
仲尾根は終点には看板がない。
最後もヤブで不明瞭になっていて不思議な感じ。
烏尾山で23分休憩(10:35まで)。

▼バテてぐったり(10:14)


今日の表尾根はとても静か。
この時期にしては眺めも素晴らしいし、最高の日なのですが、たまにしかハイカーに会わないのが不思議な感じ。

新大日までが一番つらかった。
政次郎尾根から下ったほうがいいか?って思いかけたくらい。

▼11:30 新大日で休憩、21分間。


新大日からは緩やかな登りが多いのでなんとか。
塔ノ岳が近づくにつれて若干涼しくなって、木陰も多くて、それも救いになった。

12:26 塔ノ岳(標高1,491m)山頂に着いた。

▼塔ノ岳・山頂(12:26)


▼今日は東京・横浜も霞んでいるけど見渡せる。(12:27)


まずは山頂写真を撮って、
尊仏山荘に寄って、ビールを買って、今日は日の出山荘跡地へシートを敷いて休憩。ここは、真鶴・西湘・江ノ島・三浦半島を見渡せて眺めが良い場所。今日は房総も見える。

▼絶景を見ながら、ビールで乾杯。(12:35)


少し昼寝した後、尊仏山荘へ移動。
炊事用具・水・カップラーメンを持ってきてるけど、まあ、トレーニングなのでいいかな?って、尊仏山荘でカップラーメンを注文。
ついでに、小屋の2代目のアキオさんといろいろお話し。
平日の塔ノ岳ハイキングの楽しみの1つですね。。。
30分以上過ごしてしまったか???
山頂にいたのは結局、1時間20分(13:45まで)

13:45 下り始め。
最初は大倉尾根を下りて、花立から源次郎尾根へ。

▼源次郎尾根に入って間もなく、展望ポイント。(14:16)


▼草原状の場所。ここからの眺めは素晴らしい。(14:23)


源次郎尾根は下りに最適ですね。
急下りだけど、下地が柔らかいので、足首と膝への負担が少ない。
なにより眺めが良いのが素晴らしい。

下るにつれて気温と湿度がグングン上がる。
汗が吹き出てドロドロ、その上に蜘蛛の巣を被ってしまった。(T_T)

15:02 天神尾根入り口下の堰堤に着いた。
途中の沢で手と顔・頭を洗って・・・
15:10 戸沢の駐車場に帰還した。

大急ぎで荷物を片付けて、川へ行って足を浸けてアイシング。
川の水が気持ちよくて、服脱いで全身使いたい気分だった。

林道を下りたらまずコンビニへ。
白くまアイスを食べて、オクサンはそのあとビール(私は運転なのでナシ)。
すっかり夏ですね。。。

東名高速は渋滞なしで快調、18時頃に自宅に着いた。
明日からまた戻り梅雨らしいし、楽しい山歩きが出来て良い1日だった。
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
木村 三郎
性別:
男性
職業:
ひょっとしてプー?
趣味:
岩登り、旅
自己紹介:
ハンドルネームは使いません、こんな名前ですが本名です。
本名を使う理由は単純に、匿名で言いたい放題言う風潮が嫌いなだけです。。。
顔が小さいので背が高く見られがちですが、じつは167cmしかありません。しかもなで肩で、上へのリーチは身長160cmの人とあまり変わりません。もうちょっと背が欲しかった。。。
カテゴリー
カウンター
最新コメント
[12/26 さぶろう]
[12/26 三村]
[05/23 さぶろう]
[05/23 けーすけ]
[05/19 さぶろう]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]