忍者ブログ
プロヴァンス滞在記 (管理人の日記です)
右田ヶ岳は山口県防府市の山。
周南市の実家から車で30~40分、花崗岩が多く露出した人気の山です。
だいぶ以前はクライミングもされていたので存在はもちろん知っていたのですが、登ったことはなかった。それはおろか、山口県で私が登ったことがあるのは、幼いときの大平山と、実家の裏山の永源山(標高90m)くらいか・・・。
せっかくだから登ってみようか!?って、今回の訪問です。

天気予報は残念ながら曇りemoji時々雨emoji
あまりそそらない天気だけど、正月太りを防ぐため、雨の中でも一汗かいて登って、お楽しみは温泉かなぁ・・・?

9:00 自宅出発。コンビニで買い出しして山陽自動車へ。
9:35 右田小学校の登山者用臨時駐車場に到着。
9:48 歩き初め。

▼駐車場を出発。(9:48)


まずはアスファルトの道を西へ向かって進む。
登りは勝坂コース・尾根ルートを選択。岩がいっぱいあって楽しいらしいので。

▼つまらない舗装路を20分弱?やっと登山口。(10:07)


登り始めしばらくは、いかにも里山・田舎の裏山って感じ。薄暗い林を登る。
棚田状の石垣がしばらく続くが、城跡か砲台跡?それとも単純に棚畑かな??
湿度が高い。汗が凄い勢いで吹き出す。
まるで梅雨時の山歩きみたい。

石段登りに変わって、周囲の木々が低くなり、シダが生い茂る中をしばらく登ると、尾根ルートと本ルートの分岐点になる。汗びっしょりになった。

▼分岐点。遠くに目指す岩山が見える。(10:21)


目指す「尾根ルート」は分岐点から北隣りの尾根。
まずは沢へ急下り、また登り返す。
シダ林の中を一直線に進む風景がちょっと珍しい。
他ではあまり見かけないライン取り、風景ですね。。。

▼分岐点から隣の尾根へ登り返す。珍しいライン取り。(10:26)


ここからお楽しみの岩尾根登り。
花崗岩の大きな岩を這い上がったり跨いだり。
小川山や瑞牆山みたいな?
ロープが少し邪魔。無くても良いような気がするが・・・。

▼花崗岩の岩を隙間から這い上がったり・・・(10:32)


楽しく登りながら・・・
オクサンと思わず漏れた感想が、「いつもの岩登りのアプローチみたいだね!」って。
そうだよね~。
岩登りの時はこんなアプローチを登攀具持って歩き回ってるもんね(笑)

▼顕著な大岩へ向かってまだまだ岩尾根が続く。(10:42)


10:43 眺めがよい岩棚で休憩。15分
だいぶ下方で後続パーティが登ってくるのが見える。
駐車場には車がたくさん停まっていたが、ここまで全然人に会わなかった。
天徳寺コースを登る人が多いのかな??

休憩の少し前から降り始めた小雨が少し強くなってきた。
寒くなってきたので先を急ぐ。

▼高度感が素晴らしい。(10:54)


11:12 西峰を通過。
コルを越えた先の本峰(右田ヶ岳)に日章旗が上がっているのが見える。
ハイカーの賑やかな話し声が聞こえる。
いったん下って、登り返して・・・

11:18 右田ヶ岳(標高426m)山頂に到着。
人が多い。荷物の置き場に少し困った。

▼(11:20)


結局、岩畳の上に荷物を広げて休憩。
山頂の日章旗は、私達が着くまでのホンの数分間の間に畳まれてしまっていた。
35分休憩。

▼天気イマイチだけど、まあまあ眺めは良い。(11:35)


11:57 山頂回りを少し歩いた後、下り始め。
下りは天徳寺コースを選択。
一気に下って、磨崖仏が現れ始めると天徳寺はもうすぐ。

▼途中の岩棚で。(12:33)


▼天徳寺。(12:51)


12:56 駐車場に着いた。
天気がイマイチだったのが残念だけど、高い湿度のせいもあって汗をいっぱいかいて、いい運動になった。

帰りは国道2号線を東へ走って湯野温泉へ。
長風呂して汗を流して、実家に15時頃に戻った。
PR
年末・年始は山口県の実家に帰省ですが、せっかくなので中1日は九州へ日帰りで山歩きに行ってみようか?って思いついた。
出来れば大崩山(おおくえやま)に行ってみたかったのだが、どう計算しても、日帰りで実家の晩御飯に間に合わすのは無理なので断念。第二候補の由布岳(ゆふだけ)に決定した。もう13年前だったか?オクサンと年始に九州ドライブした時に、やまなみハイウェイの由布登山口から見上げた山の姿が美しくて、「次回は登ってみたいね!」って話したのを憶えてたので・・・。

3:30 起床
洗顔だけしてすぐ出発。
近所のセブンイレブンで買い出しして、徳山西ICから山陽道へ。

目的地の由布院までは3時間くらいの高速道路ドライブ。
実家がある周南市から大分県は海の対岸なのですが、以前はフェリーで渡るか、関門海峡回り&門司から下道で、意外に時間がかかる「近くて遠い」場所だった。でもつい最近、東九州自動車道が完全開通したおかげで、一気に便利になった。

5:16 関門大橋を通過。
まだ夜明け前。
東西に長い日本は、東と西では日の出の時間が大分違う。この辺りは東京より1時間ぐらい日の出が遅い。そのぶん日没が遅いのが私的には嬉しいけど・・・。

小倉東ジャンクションから大分方面へ。
途中、間違えて危うく高速道路を下りかけてしまったが(カーナビの地図が古くて誤案内された)、ギリギリで思いとどまってセーフ。ここが問題の最後まで未開通だった区間なんですね・・・例のミカン山??

6:40 日出ジャンクションで大分自動車(由布院方面)へ分かれて進む。
ようやく夜明け、左手(東側)の朝焼けと夜景が美しい。
草原状の山肌が広がりだして、いかにも九州の山らしい風景になると・・・
正面に由布岳!

▼大分自動車から、夜明けの由布岳。(6:48)


当初はエコーラインから由布登山口へ行きたかったのだが、よく調べてなかったので由布院ICまで行ってしまい、由布院の街中を抜けて雨乞い峠を登って由布登山口へ、だいぶ遠回りになってしまった。朝霧に埋まる由布院の眺めが幻想的だった。

7:15 登山口の駐車場へ到着。
周囲には雪が残っていて寒い。
すでに駐車場には多数の車。朝焼けに染まる由布岳が美しい。

▼登山口で。山に朝日が当たって美しい。(7:32)


7:33 歩きはじめ。
陽がまだ当たらない寒い草原を歩く。
緩やかな登り、地面は凍っている。

▼早く陽が当たる場所へ行きたい! 日向へ急ぐ。(7:37)


▼振り返ると真冬の景色・・・(7:37)


7:44 分岐の休憩小屋。
今回は時間上の制約があるので、最短の正面登山口コースへ・・・
樹間の緩やかな、よく整備された道を合野越へ向かって進む。

▼合野越への道。残雪が凍っていて歩きにくい。(7:59)


8:10 合野越。15分休憩。
ここからは、ひたすらジグザグな緩やかな登り。
残雪が増えてきて凍っていて歩きにくい。

▼眺めが良くなる。そろそろアイゼン付けるか?(8:49)


8:55 歩きにくくなったので軽アイゼンを付ける。
ついでに小休止で10分ロス。

登るにつれて風景が良くなり、
直登が始まって・・・

9:40 マタエに到着。
西峰・東峰の分岐です。

▼タマエ。ようやくお鉢に到着。(9:41)


まずは西峰へ向かう。
いきなり鎖場が始まって楽しい岩登り。
鎖が無い場所も切れ落ちた場所が多くて高度感があって素晴らしい。

▼西峰の岩場登り。難しくはないが、切れ落ちた岩場なので緊張する。(9:51)


▼西峰・最後の鎖場のトラバースは高度感たっぷり。(9:54)


10:01 由布岳西峰(標高1,583m)到着!
眺めが素晴らしい。
お約束?で山頂の岩の上に立って記念写真。
風景を楽しむ。

▼由布岳・西峰の山頂で。(10:06)


山頂には先客が1人、食事中。
彼から「東峰からお鉢巡りの計画だったが、かなり悪そうなので諦めた」って話を聞いて、地図を見ながらコースを見渡してみたら・・・すごく面白そうじゃあないですか!!
お鉢巡りっていうと富士山みたいなイメージで食指が湧かなかったのですが、由布岳は急なギャップがある痩せ尾根の岩稜コースだ。地図では判らなかった。雪が乗っていて確かにだいぶ悪そうですが、それもまた楽しそう(笑)
当初の予定では西峰と東峰をそれぞれピストンで下山しようかと思ってたのだが、これはもう行くしかないですね。見渡す行程なら時間的にも問題ないし。。。

西峰では風景だけ楽しんで10分弱くらい立ち休み。
時計回りに東峰へ進む。

最初は灌木の雪稜を下って、10:23 最低鞍部へ。
ここから狭い岩稜が始まる。残っているトレースはだいぶ迷ったらしい形跡多数でライン読みが必要。細かい岩峰を乗り越えたり巻いたり、切れ落ちた岩場をクライムダウンしたり、なかなか緊張する。鎖・ロープの類が一切ないのが素晴らしい。

▼お鉢巡り中。(10:27)


▼あともう少しで剣ノ峰。(10:46)


灌木の急登になるまで20分程度か?短いけど素晴らしいコースだった。
10:55 剣ノ峰

11:01 由布岳東峰(標高1,580m)到着。
ここも眺めが素晴らしい。
山頂にはハイカーさん1人。写真を撮ってもらって少しお話し。
あとはもう下るだけなのでオニギリ食べたり、23分休憩。

▼由布岳東峰・山頂で。(11:05)


11:24 下りはじめ。
最初の急くだりは凍った残雪下り。
軽アイゼンの歯がよく利いて歩きやすい。
普段は怖がりなオクサンも快適そうに下っている。

▼東峰から、西峰の岩場。(11:29)


11:36 マタエ、通過。
どんどん下って、つづら折りまで降りると、午前中は凍っていた残雪もほとんどシャーベット状。合野越の少し手前で軽アイゼンを外す。明日くらいには雪はほとんど無くなりそうですね・・・。合野越も通過。
12:35 分岐の休憩小屋も通過。

最後の草原は素晴らしい眺め。
立ち止まっては振り返って、写真を何度も撮りながら・・・。

▼最後の草原で。楽しい山歩きだった。(12:43)


12:46 由布登山口へ帰還した。
楽しかった。
終日快晴emoji で素晴らしい眺めだったし。
2016最後は最高の山歩きだった。

山のあとはやっぱり温泉!
由布院へ下りて、事前に目星をつけた立ち寄り湯を目指したが・・・
なんと、見つからない(>_<)
住所をナビに入力して所在地住所に間違いなく着いてるのだが、2軒とも看板すら見つからない。ホームパージを印刷して持ってきてるのだがアクセスの地図でも場所は合っているはずなのに無い。看板を探しながら右往左往するが。道が狭くて観光客・車が多くて停車も出来ない。車ではもう探すのが困難。由布院ってこんなだったなぁ・・・って思い返し、諦めて帰ることにした。

由布院ICから自動車道。
由布岳PAで写真を撮ろうと立ち寄ったが、由布岳が完全に逆光で諦め。

14:43 話題の?ミカン山を通過。
近年珍しく、強制収用、行政代執行となって全国ニュースにもなった場所です。

▼ニュースでも話題になったミカン山。櫓と看板が・・・(14:43)


15:26 関門大橋を通過
16:45 徳山西IC
湯野温泉で汗を流して帰ろう!って、湯野へ行ってみたのだが、すごい大混雑で車を停める場所が全くなし。つくづく温泉に嫌われた1日。(>_<)

17:00 実家に到着した。
HOME |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
木村 三郎
性別:
男性
職業:
ひょっとしてプー?
趣味:
岩登り、旅
自己紹介:
ハンドルネームは使いません、こんな名前ですが本名です。
本名を使う理由は単純に、匿名で言いたい放題言う風潮が嫌いなだけです。。。
顔が小さいので背が高く見られがちですが、じつは167cmしかありません。しかもなで肩で、上へのリーチは身長160cmの人とあまり変わりません。もうちょっと背が欲しかった。。。
カテゴリー
カウンター
最新コメント
[05/04 さぶろう]
[05/04 三村です。]
[05/03 さぶろう]
[05/03 三村です。]
[05/03 さぶろう]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]