忍者ブログ
プロヴァンス滞在記 (管理人の日記です)
今日は巷は三連休の3日目。
ちなみに昨日からプーとなった我が家はずっと連休ですが・・・(笑)

混雑・人混みが嫌いな我が家。。
山に行きたいけど、混んでる山は嫌だなぁ・・・
でもビックロックに行くモチもあまり無いし・・・

悩んでいたら思いついたのが大室山。
昨年の台風19号で大被害を受けたこの地域ですが、現在でも公式には「林道は歩行者も含めて通行止め」、その先の登山道は「難度が増しているので検討を!」ってなっています。つまり「入口は通行止めだけどその先は実力に応じて考えてね」って・・・なんだか矛盾しているような気がするけど、まあいいや。このコースなら、きっと静かな山歩きが出来るだろう!って期待して出撃です!!

******************
5:30 自宅出発
7:00 西丹沢ビジターセンターに着いたが、センター前の駐車場はすでに満車。下の道路脇に駐車した。どんどん車がやって来る。さすが休日です。

7:29 歩き始め
西丹沢ビジターセンターに来るまでもそうだったけど、どこのキャンプ場もオートキャンプの車、テントで大賑わいになっている。近年は大型テントが流行りのようで、巨大テントのオンパレード。焚き火の煙が谷じゅうに漂っている。

問題の通行止め部分は、実際には歩行者用の仮設道が設置されてます。責任回避のために「歩行者も含めて林道通行止め」としてるんでしょうね。「渡ろうとして何か起きても責任取りませんよ」ってコトですね。。。

▼道路が陥没した場所。歩行者用の仮設道があります。(7:52)


7:55 用木沢出合から右に折れて犬越路に向かいます。
8:34 最初の休憩。用木沢を離れて犬越路に登り始める手前。冬でも日向で絶好の休憩ポイントです。

昨年の台風19号の被害で犬越路への登りには2箇所崩壊地点があった。
1箇所目は右岸。道が崩れて消失寸前だったが、山側を大きく削って道が作り直されていた。

▼山側の脆い岩を削って道が作り直されていた。(8:56)


2箇所目は上流、登山道が10メートル以上?崩落して消失していたが、右の斜面に階段が作り直されていた。崩壊で沢に落ちた階段をバラして修復用の材料に再利用しています。大労働ご苦労様です。<m(__)m>

▼新しく作られた階段。(9:06)


9:25 犬越路に着いた。
晴れているが風が強くて寒い。
外で休憩は辛いので、避難小屋を利用させて頂いた。

▼犬越路に着いた。(9:25)


犬越路から大室山への登路は6年前と随分、雰囲気が変わった。
急登は相変わらずだけど、階段があちこちに作られて環境保護上いい感じになっている。しかし以前は終始、笹を掻き分けるように歩いたはずだが・・・「笹が無くなったね」「笹って冬は枯れたっけ?いやそんなことは無いよなぁ?」ってオクサンと話しながら歩いていたら、現れたシカ柵の向こうは以前通りに笹が生い茂っていた。丹沢の尾根から笹が消えたのはシカが食べちゃったのが原因なんですね。。。シカ害の凄さに改めて驚きました。

▼標高がだいぶ上がってきた。(10:54)


▼尾根近くも階段が多数。(10:56)


11:07 大室山(1588m)山頂に着いた。右奥は蛭ヶ岳。
山頂には男女1組のみ。
この山頂には山頂標柱が3本立ってて、山梨側の2本並んだ順光側の標柱は、先着カップルが標柱の真横に荷物を広げて食事してて写真を撮れず。やむなく神奈川側の逆光の標柱で写真を撮った。標柱の真横で荷物を広げるのはちょっと無神経に感じますね。。。

▼大室山・山頂。右奥は蛭ヶ岳。(11:07)


大室山の山頂は休憩するにもイマイチだし、昼休みにもちょっと早いので、10分だけ休んで次に進む。

▼加入道山へ向かう途中、木道が面白い。(11:28)


▼左奥、富士山がうっすら。(11:38)


11:54 かつてこのコース唯一の危険個所?だった破風口は、がっつり補強・整備されていた。
12:08 前大室
12:21 加入道山(1418m)に着いた。

▼加入道山・山頂。後ろは避難小屋。(12:21)


山頂はやっぱり風が強くて寒いので避難小屋へ。
小屋の中で昼ごはんです。

今日は鍋。
ビールを飲みながら煮えるのを待って・・・
美味しかったです。
満腹になって、30分ぐらい昼寝。
西丹沢の避難小屋は快適ですね。。。

▼お昼ごはんは鍋です。(12:36)


▼煮えました。(12:43)


14:17 下山開始。
14:29 白石峠

▼白石峠側も階段が多数設置されて昔より歩きやすい。(14:35)


14:55 ベンチがある休憩ポイント(通過)
15:01 白石滝の看板ポイント(通過)

▼空中梯子(15:27)


15:56 用木沢出合に着いた。
西丹沢ビジターセンターまでの沿道であちこち咲き乱れているミツマタが綺麗だった。

▼ミツマタの花(15:59)


一株だけ、馬酔木(アセビ)が満開に咲いていた。
1ヶ月位早い?他の馬酔木は花なんか一輪も付けてなかったのだが、どうしちゃったのか? 造園の仕事をしている時に似たようなことがあってその馬酔木はすぐ枯れてしまったが、この馬酔木も枯れないか心配・・・。

▼何故か満開に咲いた馬酔木。(16:19)


▼桜がきれい。小ぶりな花。品種はわかりません。(16:20)


16:23 西丹沢ビジターセンターに戻った。

帰りは高速は使わず、国道246でノンビリ帰宅。
明日の仕事もないし(プーだから)。
今後は節約が第一ですから。。。
19:35 自宅に着いた。

******************
今日の山行は期待通り、休日にも関わらずほとんど人に会わない・とても静かな山歩きを楽しめました。途中でお会いしたのは5組8人のみ。天気は風が強くて眺めは霞んでイマイチだったけど、終日晴れたし。。。加入道山避難小屋で鍋をやってお腹もいっぱい。楽しい山行でした。

実際のコース状況ですが、実は昨年末にも犬越路は歩いているのですが、崩壊部分は確かに激しいけど通行はOKだった。ちょっとコースを外れて斜面を歩く程度。
しかし今回は、犬越路までは再整備・修復が完了していた。ご苦労様です<m(__)m>
白石峠からの下りは修復されてませんが、そもそもが大した崩壊でもなく『塔ノ岳の天神尾根よりはちょっとマシ?』程度です。白石峠コースは近年大整備されてたんですね。6年前は今のように綺麗な階段などもなく、もっと悪路だったと覚えています。。。
とは言え、あくまで「自己責任」です。
そして山はそもそも、たとえメジャールートでも自己責任であることをお忘れなく。。。
PR
今日は快晴予報。
ミツマタ(三椏)が見頃の西丹沢に行こう!って決めてたのですが、最初は椿丸に行こうと思ってたのですが、2日前に降った雪で道がぬかるんでたら嫌だな?って思いついて急遽ミツバ岳(大出山)に変更した。4年ぶりのミツバ岳です。

ちなみに・・・
地図やガイドブックにも記載されてる『ミツバ岳』はなんと誤称で、正しい山名は『大出山(おおだやま)』です。私もずっと「ミツマタ山ならわかるけどミツバ岳ってなんで?ミツバなんて無いのに」って不思議に思ってたのですが・・・。ずいぶんひどい話でもありますので、ミツバ岳に興味がある方は、まずは是非とも、ご一読を(↓)。
http://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=2689

************
5:30 自宅出発
青葉PAのファミマで買い出し。
東名高速は順調だったけど・・・
大井松田ICを降りた後の、R246渋滞がひどかった。

7:18 東沢の駐車場
駐車場はバードウォッチャーの人達で賑わっている。
狙ってるのは隼のようですね。。。
久しぶりの早起きだったので眠くてたまらず、8時過ぎまで車の中で仮眠した。

8:23 歩き始め。
このコースはいきなりの植林急登で始まるんだけど、植林がさっぱりと間伐されていて日が差し込んでいい感じになっていた。4年前は鬱蒼とした中を汗だくになって登って、汗冷えして辛い思いをした。それがアンダーウェアを見直すきっかけとなったのですが。。。

▼滝壺橋の右奥から登ります。(8:30)


最初の急登は事故連発ポイントなので要注意。
下りで転んで急傾斜で止まらず沢(滝)に落ちてしまう死亡事故が起きています。

その後もずっと容赦なく、いかにも丹沢らしい急登が続くけど、植林の中にもミツマタの木々が、時には群生が現れて癒やされる。杉林の樹間に差し込んだ光がミツマタの花を照らすスポットライトになって美しい。思わず足を止めて写真を撮りまくり。。。

▼上からのスポットライトで輝くミツマタの花球。(8:59)


長い急登を耐えて、一旦緩やかになるとミツバ岳(大出山)の山頂はもうすぐ。
山頂直下でミツマタ群生が現れる。
群生の大きさはそんなに巨大ではないけれど、でもなかなかの規模です。丹沢湖や丹沢主稜・主脈を背景に、反対側は富士山を背景に咲き誇っています。

▼頂上直下のミツマタ畑。(9:34)


9:36 ミツバ岳(大出山)山頂。標高834.5m
山頂には小さな手製標識があるが、残念ながら「ミツバ岳」の記載のみで「大出山(おおだやま)」の記載は無い。

山頂でまず昼寝。
太陽が何故か雲で覆われてしまっていい写真が撮れそうにないので。。。

▼ミツバ岳(大出山)山頂。(9:38)


雲が消えて陽光に覆われたのを待って写真撮影会・・・

今年は2月下旬から、「4月並の陽気」と「真冬の寒さ」を何度も繰り返したため、ミツマタの花がイマイチなようですね。半球状の花の塊(花球)が、どの花球も完全には咲かずに、外側から咲いて中心までの時間差が大きくなってしまったようで、今日の段階では、ほとんどの花球が『半球の外周はもう萎れて・中間部は綺麗に黄色・中心はまだツボミ』って状態だった。完全に咲いた花球を探すのが大変だった。ちょっと残念です。
こんなところにも異常気象の影響なのでしょうか・・・。

▼花球の中央が黒いのは、まだツボミだからです。(10:01)


▼丹沢主稜・丹沢湖とミツマタ畑。(10:01)


▼ミツマタと青空(10:16)


▼ミツマタと青空(10:21)


▼富士山とミツマタ(主役はミツマタ)(10:22)


ひと通り写真を撮って納得して・・・
早いけどお昼ご飯の準備。

今日は具材沢山の鍋焼きうどん。
煮込みながらビールで乾杯!

▼鍋焼きうどん。煮る前。(11:16)


▼ビールで乾杯!!(11:18)


お腹いっぱいになってまた昼寝・・・
日差しも最高で、最高の昼寝だった。。。

結局、3時間40分もミツマタ畑で休憩でした(13:16まで)
なんと、今日の歩き時間総計より長い昼休み(爆)

長い昼寝が終わって、
権現岳まではまだだいぶ登りがある。
満腹で体が重くてツラい。。。

▼気持ち良い落葉林の登り。(13:51)


▼権現岳に着いた!(13:56)


13:56 世附権現岳(標高1,019m)
汗だくになったのでお茶を飲んだり、膝サポーターを付けたりで17分休憩(14:13まで)
ここの下りは相変わらずの激下り。
ヒザにきます。。。
15:17 浅瀬入口(トンネル入り口)
15:36 駐車場に戻った。

今回の山は、歩くのが目的ではなく、ミツマタを愛でて、鍋焼きうどんを食べて、昼寝をする・・・って、リラックスするのが目的の山行。
楽しかったです。emoji

************
帰りの246渋滞もひどかった。
大井松田ICから東名に乗って、渋滞は少しだけ。
17:30自宅に着いた。

楽しい1日だった。
6年ぶりで計画したフランス・スペインへのクライミングツアーだったのですが、新型コロナ騒動のせいで中止となりました。

中止決定したのは昨夜。
支払い済みの航空券はキャンセル不可なのでパアなのですが、現地でリースする車のキャンセル期限が目前だったので急遽の決断です。航空券代とリース車の契約に関わる金額は完全な損失、低所得の我が家には痛い40万円となりました。

3月末で退職も決めてるし、楽しみにしていたツアーも無くなったし・・・
4月から何しようかな?って、傷心での大山ハイキングです。(T_T)

************
6:00 自宅出発。
今日は大山・北尾根を歩きに行こうか?って思ってたのですが、ケチって下道を選んで大失敗。国道246が下鶴間トンネルから渋滞。ここしばらく246は空いていることが多かったので油断してました。246で行くには出発も遅かったですかね。。。そのまま厚木の朝渋滞に突入してしまって・・・ヤビツ峠は断念。日向キャンプ場前の駐車場へ目的地を変更した。

8:11 日向キャンプ場下の無料駐車場。
駐車場にはすでに車が多い。
横浜は霞んでいる。ランドマークタワーはシルエットでしか見えない。気持ちはブルーで気持ちが乗らないけど・・・準備開始。

8:30 歩き始め
8:42 九十九曲の入り口。今日はオーソドックスに九十九曲を登ります。
9:15 勝五郎地蔵

▼新しい木道が設置されていた。(9:23)


▼ミツマタはまだ四分咲き。(9:33)


ミツマタはまだ四分咲き。
満開までもう1~2週間ぐらいかな?
ミツマタが満開になったら西丹沢の季節ですね。

9:36 富士見台
10:15 下社
下社の階段は今日も眩しい。
境内に入って振り返ると相模湾・江ノ島が見える。

▼下社でお参り。良いコトがありますように!って。(10:19)


今日はかごや道を選択
台風で荒れた道がだいぶ整備し直されました。

10:41 西の峠
11:02 16丁目(本坂合流)で休憩。樹間から富士山がおっきく見えた。
11:20 富士見茶屋跡

▼富士見茶屋跡で。今日も富士山が美しい。(11:21)


11:43 大山・山頂(標高1,252m)到着。

山頂は、平日の割には混んでいる。
子供を連れた家族が多い。
新型コロナ騒動で、各レジャー施設は軒並み休業だし、だったら山?って感じなのでしょうか。。。

すぐ下のいつもの展望ポイント(トイレ前の広場)はテーブルが満席だったので、ザックを置いてまず裏の展望ポイントへ。富士山と表尾根・塔ノ岳を見渡して・・・南アルプスも綺麗に見える。
今日は最高の晴れです。emoji

トイレ前の広場に戻ったら、ちょうど出発する家族がいて、入れ替わりでテーブルに荷物を広げることが出来た。^_^

今日の我が家のお昼は鍋です!
昨夜、野菜を切ったり肉を分けたりで下準備済み。18cm鍋(1~2人用)で3回分くらいの量です。
オクサンと「参ったね~」「4月から何しようか?」「困ったね~」ってループな話をしながら 鍋をつつき、ビールを飲んで・・・、お腹がパンパンになりました。
ついでに昼寝。。。

▼大山・山頂。背景はだいぶ霞んでる。(11:43)


▼乾杯!(12:20)


▼広大な眺めを見ながら鍋は美味しい!(12:30)


▼18cm鍋で3回分。お腹がパンパンになりました。(12:33)


陽が傾いてベンチが日陰になってしまった。
日陰になると寒い。
お腹いっぱいで動きづらいけど、帰り支度することにした。
14:10 下山開始

▼風景に向かって階段を降りていく感じが良いですね。(14:09)


14:50 富士見台
15:55 駐車場に戻った

帰りも下道ですが、渋滞はさほどなく、18:00過ぎに自宅に着いた。

************
それにしても・・・
参りましたね~~新型コロナ。
平日休みが基本の我が家。
たまに日祝休みが当たっても外出はしないことが多いのですが(混雑は嫌いなので)、でも今日は最高の晴れ予報なんですよね~~。次の休みの金曜は予報があまり良くないし・・・。ハイキングに行ってみるか!?ってコトになった。

希望のコースは・・・
なるべく人が少なそうで、駐車場も安定確保できそうで、今まで行ったことのないコース??帰りの渋滞は辛いからなるべく近場で・・・って!
我ながらどんだけワガママなのっ!?  f^_^;

決めたのは丹沢三峰。
登りは宝尾根で、山頂経由・下りは一般道の時計回り周回コース。
宝尾根ではまずハイカーに会わないはずだし、一般道に出ても、このコースは北から南に歩く人が圧倒的に多いので、時間帯的に山頂まではちょっと混んでも、その後は静かな山行になるかな?って計算です。

宝尾根は、昭文社の「山と高原地図」には出ていません。東丹沢詳細地図には出てますが、上部で「急傾斜ナイフリッジ連続」って出ているのが楽しみで・・・。

その肝心の宝尾根・・・
前回ジム仲間のベニちゃんと三峰に来た際に眺めた感じと、地図から見た感じ、どちらとも大違いだった。下1/3は植林帯だけど、中間1/3はモミの巨木と落葉林のすごく開放的な広い尾根。ここがとても面白くて意外だった。冬は開放的な丹沢だけど、ここまで広く静かな尾根は、その上部の三峰の狭い尾根からは想像できなかった。

今日は花粉が凄かった。
私もオクサンも終始、鼻水ズルズル。私は更に目の痒みとクシャミ連発。
尾根から振り返る横浜・東京の眺めも朝早くから黄色く霞んでいるし、丹沢主脈も午前中は眺めが良かったが、午後には黄色く霞んでしまった。
花粉症持ちにはつらい季節が始まりました。。。

************
5:40 自宅出発
6:58 道の駅清川の駐車場に着いた。
祝日の早朝は車が少ないのが唯一の取り柄?国道246は空いていて順調だった。道の駅清川の広い駐車場は車中泊の車で半分以上埋まっていた。

7:30 歩き始め
まずは県道64号を谷太郎林道へ向かう。

▼三峰を背景に、快晴です。(7:30)


▼谷太郎林道に入って、清川リバーランド。怪しい人形が。(7:45)


谷太郎林道で目を引くのが清川リバーランドの怪しい人形群。
明白に手ごねで作った人形たちですが、どう見ても実在キャラクターを模したとしか思えないものもいくつかある。くまのプーさん、ピカチュー、ミッキーマウス(ミニーちゃん)・・・まるで中国で話題になったテーマパークみたいだな?著作権大丈夫かな?って心配になってくる。

そんな楽しい風景をやり過ごして更に進み・・・
宝尾根は谷太郎林道の途中から植林を登って取り付きます。
目印は「清川宝の山」の石柱。
7:58 目印の石柱に着いた。

▼ここが宝尾根への目印です。(7:58)


宝尾根へ登る踏み跡はありません。
もしかしたら目印をやり過ごして植林が切れる辺りから踏み跡があるのかなぁ(地形的な推測で)?  まぁ、そんなことは気にせずに、目印から植林を直登します。

▼林道を離れて植林の急斜面を登ります。(8:04)


なるべく左上へ。植林の切れ目を目指して登って、落葉林との境に出ると尾根芯になって薄い踏み跡が始まった。そのまま尾根芯を、途中細尾根になったりするが登り続けると小ピークに出て、これまた目印の水源地の標柱がある。

8:23 水源地の標柱(330ピーク)。
少し開けた場所で休憩に最適な場所。
ベンチ状に丸太が置いてあって日向で眺めも良い。
26分休憩(8:49まで)。

▼水源地の標柱がある小ピークで休憩。(8:28)


宝尾根の前半1/3強は植林です。
管理用の幅1m位の立派な道が作ってあるが、あくまで植林管理用なので尾根を大きく外れて迂回したりで、まっすぐ登っていく登山道ではありません。しかもつい最近(たぶん数日以内)に大掛かりに間伐・枝打ち作業が入ったばかりのようで、まだ青々とした葉がこんもり付いた太枝(切り口も瑞々しい)がたくさん落ちて積み上げられている。間伐した太い幹もあちこちに積み上げられている。
作業用路はどこまで迂回しているかわからないし、下手すると隣の支尾根へ行ってしまうかもしれないし、ここは尾根をまっすぐ登りたいけど、踏み跡が枝・幹で塞がれて一苦労だった。作業地を勝手に登っている側なので、決して文句は言えないですが。。。

▼間伐したばかりの急斜面を直登します。(9:02)


植林を抜けると風景が一変した。
「ここは尾根だっけ?」って不思議に感じるくらいの広大な落葉林の斜面になる。広く明るくてまばらにモミの巨木が立っている。とても気持ちのよい広大な尾根だけど、急傾斜が辛い。踏み跡も非常に薄くて、見つかった足跡はシカのものだけ。

▼植林が終わって広大な落葉林になった。(9:21)


9:51 休憩、20分(10:11まで)。
777ピークまであと少しだけど、ずっと落ち葉と柔らかい土の急斜面で歩き疲れしてしまった。今は気持ちの良い落葉森だけど、夏は鬱蒼と茂ってヒルの巣窟になるのかぁ・・・って想像すると不思議な感じだ。

777ピークはモミの木が茂った小ピーク。
休憩にはイマイチな感じなので、先程の休憩ポイントは正解だったようだ・・・。

777ピークを過ぎて徐々に尾根が細くなり、目当てのナイフリッジ地帯?なんだけど・・・ここは丹沢、やっぱりアルプスのような楽しい岩のナイフリッジを想像しちゃあいけなかったですね~
尾根は確かにとても細くなるけど、基本的に木をかき分けて根っこを掴んで登るだけ。踏み跡はザレて滑りやすく、その足下は左右ともザレた崖で、滑り落ちたら谷底まで痛く滑り落ちて行く感じ。要注意です。あまり下りには使いたくない道ですね。フィックスロープがあちこちにあるが、登りでは不要だけど、下りのときは確かに有り難いかも。。。

▼痩せ尾根地帯に入ります。(10:22)


大きな木が左の崖へ向かって根っ子ごとひっくり返って倒れていた。崖だけど微妙なバランスで逆立ち状態で落ちずに引っかかっている。うっかり根の上に体重をかけたらそのまま巨木ごと谷底に落ちてしまいそうな??危ないですね。
根が剥がれたあとの岩盤をトラバースして更に登る。

▼倒木の根の上のトラバース。景色は花粉で霞んでます。(10:38)


10:51 七沢山(宝尾根の終点)
いきなりハイカーさんに遭遇、ここからはメジャールートです。
三峰山まで4~5組をすれ違った。

11:09 三峰山(標高934.6m)山頂に着いた。
山頂は狭くて1つしか無いテーブルを専有すると迷惑なので、荷物は広げずに休憩だけ。19分(11:28 まで)
落葉した樹間から丹沢主脈が見渡せる。
けどやっぱり花粉のせいで薄黄色く霞んでいる。
今日の花粉飛散量は凄まじいですね。。。

▼三峰山(標高934.6m)山頂(11:28)


ここからの道は、前回来た時とイメージがだいぶ違う。
前回は積雪していたので、雪が無いとこんな感じなのか・・・って。木の根や階段が面倒くさくて、雪が積もったほうが歩きやすいですね。

▼急な階段を下るオクサン。(11:33)


▼空中ハシゴの上で。(11:34)


11:57 昼休み。
三峰山まで800mの標識の横にあるベンチ。眺めはいまいちな場所なんだけど、日が当たって寒くなく良さげな場所です。

昼食は鍋焼きうどん。
今回は鳥出汁で、まずはお湯でブイヨンを溶かして・・・。中身はうどん、お餅、舞茸、ネギ、春菊、卵、イカ天です。

▼煮えるまでビールで乾杯!!(12:21)


▼山でアツアツの鍋焼きうどんは最高ですね。(12:32)


食後は昼寝して・・・
2時間近く(13:54まで)の昼休みだった。

14:08 崩壊地。
ここは木々に邪魔されずに丹沢主脈を眺めることができる唯一のポイント。しばらく眺めを楽しんで・・・。

▼丹沢主脈を背景に。花粉で霞んでいます。(14:10)


14:20 惣久尾根への分岐点。
ここまで歩く途中で「下りは惣久尾根でもいいかなぁ?」って思いついたのだけど、下調べをして来なかった。地図を読む限りでは問題は上部500mと末端500mって感じか?
悩みどころだが、いざとなったらGPSもあるし(使うとつまらないからなるべく使いたくないが)行ってみるか!って突入した。
しかし最初はかろうじて判別付いた踏み跡が、20mも進むと完全に消えて、トレースを追うことが不可能になった。地形と地図を見なが更に200m位進んだが「この広い急斜面を下りていくの?」って場所になった。踏み跡は相変わらず見つからないし、目指す尾根は木々に遮られて方角がわからない。
ここで初めてスマホを出して位置確認。現在地はコース上で間違いなく、進行方向も今見ている方向で間違いないことが判明。さてどうするか?
この先300m位が核心だけど、もしも外したら逐一GPS見ながら修正で時間がかかってしまう。しかもそんな歩きはつまらない。
私は日頃の運転でもカーナビを当てにするのが嫌いな性格です。
諦めに決定。
「次回の三峰山は惣久尾根を登って地形を覚えることにしよう!」って決めて登り返し。余計なアルバイトをしてしまいました。

14:52 物見峠方面との分岐点。
祠があるベンチを通過して・・・
再度の物見峠方面との分岐点ベンチも通過して・・・
道に落ち葉が堆積して歩き難い。
落ち葉の下の木の根のせいで左足首を少し痛めてしまった。

15:38 シカ柵のゲート
15:42 登山口
15:50 道の駅清川に戻った。

道の駅で手洗いして、
お土産などを買って・・・
車に戻って後片付け。

今日も温泉はなし。こんなご時世なので人出の多い場所を避けてます。4月からのツアーまでは何が何でも体調を崩すわけにはいかないので。。。
帰りは下道で。
流石に祝日、渋滞がきつかったです。
自宅に着いたのは18:40だった。


ここしばらく大山周辺ばっかりだったので、表丹沢に歩きに行きたいな?ってずっと思っていた。
今日は絶好の晴れ予報。
だったら、表丹沢で私が一番好きなコース:戸沢から仲尾根~表尾根~源次郎尾根の周回ルートに行ってみようかな?って、前日に思いついた。。。

このコースは素晴らしいです。
まずは仲尾根が素晴らしい。いかにも丹沢らしい植林の急登から始まって、開放的な草原が現れて、古の丹沢らしいカヤトの尾根になって烏尾山に至る。この間、階段や木道は無くて素朴な山歩きに徹しているのが更によい。終点の烏尾山から見渡す四方の眺めがまた素晴らしく、ここから塔ノ岳までは表尾根の一番面白い部分です。
下りの源次郎尾根もまた素晴らしくて、今日歩いたコースをずっと見渡しながら歩くことになる。途中の草原からの風景は別格で、ここでお茶を飲んで帰るのが私の楽しみです。。。

でも今日は・・・
残念ながら天気予報が大外れ?
雲が多くて、表尾根と塔ノ岳山頂はとても寒くて辛かった。

最近の我が家のブーム?
ベニちゃんにインスパイアされた鍋焼きうどんは、今日も美味しかった(笑)
とても温まったけど、もう一つの楽しみの「日向で昼寝」は寒すぎて不可能。そそくさと山頂から退散でしたが、源次郎尾根の草原の休憩は最高でした。。。

今日の表丹沢は静かだった。
仲尾根はもちろん誰にも会わなかったし、表尾根は4組7人だけ。塔ノ岳山頂も人が少なくて(通常の1/3くらい?)、源次郎尾根分岐(花立山荘前)までの大倉尾根では2人しか会わなかった。
もしかして新型コロナウィルスの影響?「不要不急の外出は控えるように」って厚生省アナウンスなので、電車・バスのハイカー激減なのかなぁ??

******************
6:00 自宅出発
7:44 戸沢(駐車場)に着いた。
8:05 歩き始め。
8:08 仲尾根の入り口。

▼ここから登ります。いきなり急登です。(8:08)


仲尾根は登り始めからいきなり急登です。
鬱蒼とした植林で、夏は冷んやりジメジメした空気の中で汗をドバドバ流しながら登る不快な場所ですが、今日は所々で日が差し込んで、空気も乾燥してて気持ち良い。

▼植林の急登。今日は日が差して不快ではない。(8:16)


植林を越えると草原になる。
左後ろに表尾根・塔ノ岳・大倉尾根を見ながら、右側は秦野の街・秦野丘陵・その向こうに相模湾・真鶴半島・初島・大島・・・。素晴らしい。まばらな落葉樹が行く手のアクセントになって良い。急登は辛いけど、立ち止まって眺めを見て、また登る・・・の繰り返し。

▼落葉樹がまばらな、開放的な草原になります。(8:30)


草原を登り切る直前に絶好の休憩ポイントがある。
時間的にも丁度良い(8:55)ので一休み。
風景を見ながら23分休憩(9:18まで)

▼休憩ポイント。眺めが素晴らしいです。(9:04)


草原が終わると一時的にまた植林が現れて、右から烏尾尾根が迫ってくる。だんだん傾斜が上がり、アセビとカヤトと茨の急登になったら烏尾山山頂はもう目の前だ。最後の急登がなかなかつらい。

▼歩き辛い急傾斜の登り。(9:40)


9:47 烏尾山に着いた!
東京・横浜が見渡せる。スカイツリーもしっかり見えるし、今日は筑波山も見える。でも残念ながら北西の山側から雲が湧いてきていて、富士山は部分的にしか見えない。北から寒気が下りてきているようですね、残念ながら山の天気は下り坂のようです。
烏尾山の山頂ベンチでちょっと休憩、10分(9:57まで)。

▼烏尾山。東京・横浜方面。今日は筑波山も見える。(9:47)


▼烏尾山・山頂。相模湾方面。(9:52)


今日は表尾根がとても静か。
休憩中も誰も来なかったし、見渡す三ノ塔や進行方向にも人影が全くない。日頃は平日でもハイカーが多い人気コースなのに珍しい。

▼表尾根唯一?の難所。(10:28)


尾根道は凍っている場所は良いが、日が当たり溶け始めた場所は泥濘んでドロドロで歩き辛い。
10:58 新大日で16分休憩(11:14まで)。
新大日はドロドロになっている。
この辺りから何組かハイカーとすれ違ったが、やはり今日は人が少ない。

▼木ノ又小屋を通過。(11:25)


11:47 塔ノ岳(標高1,491m)山頂。
まずは標柱で記念写真。
残念ながら雲が多くて日差しもなし。富士山も完全に雲に隠れたが、南アルプスは見えているのが嬉しい。南アルプスを正面に見れる場所に陣取ってお昼ごはんの準備。

もう昼時間で、いつもなら山頂はハイカーで賑わうはずだけど、やっぱり今日は人が少ない。通常の1/3くらいかなぁ・・・。

▼塔ノ岳(標高1,491m)山頂。(11:50)


山頂は冷たい風も吹いて寒い。
こんな寒い日の山頂ご飯は、鍋焼きうどんが最高ですね。。。
今回も八丁味噌仕立て。具は舞茸・ネギ・わかめ・海老天・お餅・卵。煮えるまでビールで乾杯して・・・。美味しかったです。
少し失敗だったのは、鍋が低くてちょっと食べづらかったか・・・。山頂テーブルは満席で、階段状の場所に陣取ったので仕方ないのだが、次回は折りたたみテーブルも背負って上がるか(笑)

▼煮上がるまでビールで乾杯!無精髭でごめんなさい。(12:08)


▼いい感じに煮えてきた。(12:10)


▼蛭ヶ岳を背景に。(12:17)


食後はすぐ片付けて下山の準備。
山頂は寒くて、せっかく暖まったのにすぐ冷えてくる。雪でも降ってくるのでは?って寒さで昼寝どころではない。
13:02 下り始め。山頂には1時間15分だった。

▼花立の木道(13:22)


下りは源次郎尾根。
表尾根を離れて下り始めると北風が来ないせいか、一気に暖かく感じる。
昨年・一昨年の台風直撃で倒木やトレースが不明瞭になった場所があるので、ルートロスしないように注意して下る。

▼源次郎尾根。日も差して少し暖かい。(13:30)


13:41 草原の休憩ポイント。
ここは眺めが良くて素晴らしい。
休憩には早いのだけど、ここで風景眺めながらお茶を飲むのは楽しみです。14:01まで20分休憩。

▼今日歩いた行程を眺めながら・・・素晴らしい場所です。(13:48)


草原の休憩が終わったら、すぐ始まる植林を一気に下るだけ。。。
14:11 わんこ岩
14:39 書策新道分岐
14:53 天神尾根入口
15:00 戸沢の駐車場に戻った。

天気が残念だったけど楽しい山歩きだった。
鍋焼きうどんも美味しかったし

帰りは下道でのんびりと。
あまり渋滞もなく、18時半ごろに自宅に着いた。
今日は祝日。
混雑が嫌いな我が家は基本的に土日・祝日は外出しないのですが、でも快晴なんですよね~~。ここしばらくは仕事休みの日も用事で山に行けなかったし、次の休みは曇り・雨予報だし、人が多いのは嫌だけど行ってみるか?って気になった。

選んだのはやっぱり大山。
快晴の大山は眺めが最高だし・・・今回は雷(いかづち)神社に行ってみたいのもあったし、そして最大の目的は山頂で味噌煮込みうどんでもやろうかな?って。。。

******************
5:00 自宅出発
6:20 登山口の駐車場(ふれあいの森 日向キャンプ場)

▼朝焼けの横浜、ランドマークタワーが見える。(6:20)


6:35 歩き始め
まずは日向林道を終点まで4km、てくてく歩く。
林道終点の先にある雷神社は表参道側からのアプローチがなくて、以前から地図を見ながら不思議に思っていた。いろいろ調べてみると、本来は表参道・男坂から八段滝経由で参道があったのが、関東大震災の頃に崩れてしまったようですね。
別アプローチとして大山林道終点から、またはケーブルカー駅右手から登る方法もあるようですが、地図などに公開されたアプローチではありません。

▼九十九曲の入り口、今日は通過です。(6:45)


▼沢を丸ごと固めちゃった?(6:58)


▼朝日が眩しい(7:02)


▼相模湾と江ノ島、三浦半島(7:36)


7:42 日向林道終点
林道終点はトラックが辛うじて転回できる程度の広さ。
右奥のガードレールの隙間から先に進むと、動物避けなのか?パイプが沢山さしてある小さい広場があり、その奥にシカ柵がある。シカ柵を抜けて左方へ踏み跡をたどると雷神社に至る。林道終点から五分もかからない。
雷神社が建つ場所(雷山)は、三方が急峻な崖に囲まれた小ピークになっている。林道を歩いている時は朝日で暖かかったのだが、林道終点から雷山の尾根に入ると日陰になり、風も通り抜けて寒い。。。

7:49 雷神社
少し休憩。
寒いので10分程度でまた歩き始め。

▼雷(いかづち)神社に着いた(7:51)


雷神社からは、見晴台へ向けて尾根を直登します。
登り始めから杉植林の急登、踏み跡が薄くて歩きにくい。まるで奥多摩のマイナー岩場のアプローチみたい。。。
途中の足元に「仁ケ久保林道→」の標識が打ち込んであった。林業関係者の作業用と思われるが、矢印の向きが逆??仁ケ久保林道は、歩き始めの日向林道の途中で麓から直角に合流している林道で、看板が読める向きで立つと左方面になるはずだ。どういう意図の標識なのだろうか?

▼急な尾根をほぼ直登です。(8:18)


8:36 見晴台の直下。
見晴台へは寄らずにそのままトラバースして下社へ向かう。

9:12 下社
朝なのに参拝客・ハイカーが多い。さすが祝日です。
まずは今日もお参りして・・・。
ベンチで海を見ながら15分休憩(9:27まで)。
相模湾と江ノ島、三浦半島の眺めが素晴らしい。

▼下社でまずお参り(9:14)


▼鳥居の横の展望台からの眺め。素晴らしいですね。(9:27)


下社からは本坂を登ったが、混雑で歩きにくい。
とくに野球少年達とその家族の団体行列が無秩序に登っていて困りものだった。一体何人いるの?って大人数だ。
団体は節度を保って歩いて欲しいと思う。話しながら横並びで歩いたり、子供たちは走り回ったり、脆い急斜面を無秩序に登ったり・・・落石起こしたらどうする気なのだろう? 引率の大人達は誰も注意をしないし。最低限のマナーを守れないならイベントハイキングは正直やめて欲しい。
団体を抜くのが大変で(道譲ってくれないし)、休憩するのもままならず、我が家らしからぬハイペースで休憩抜きで山頂まで歩いてしまった。

10:30 大山・山頂(標高1,252m)着。
快晴で最高の眺め。
山頂写真を撮ってすぐいつものベンチに行くが、この時間でももう混んでいた。相席で場所を確保して、お楽しみの味噌煮込みうどん。美味しかった。

▼山頂標柱で。(10:30)


▼いい感じに出来上がった(10:59)


▼さらに煮込みながら、ビール片手に昼ごはん。(11:03)


▼富士山展望ポイント(12:17)


▼関東平野を一望。(12:19)


食後は昼寝でも・・・って思ってたけど、昼になって周囲はハイカーだらけ。話し声がすごくて眠るにはだいぶ厳しい。片付けて下ることにした。
これが日祝のハイキングなんですね。。。
12:20 下り始め

▼絶景を見下ろしながら下ります。(12:21)


13:04 見晴台。
ここのベンチも賑わっている。
相席させてもらって18分休憩(13:22まで)。

見晴台からは「つづら坂」を下ってふれあいの森キャンプ場へ。夏はヒルが多くて歩けない道なので、今のうちに歩きますか?って。。。

14:02 ふれあいの森キャンプ場・入り口
14:07 駐車場に着いた。

今日は温泉はなしです。
4/1の渡仏までは人が多い施設は、なるべく避ける方針です。新型コロナウィルスで混乱が懸念されるご時世なので。。。

帰りは渋滞もほとんど無く 16:00に自宅に着いた。

******************
だんだん豪華になる我が家の山ご飯?
この春予定のフランス・スペインクライミングツアーでキャンプ用に使うバーナーとして、SOTO ST-330を2基買ったのですが、その副次的な用途として、日頃のハイキングでオクサンと1台づつ使って料理もいいかな?って思いついたのが、今回の煮込みうどんです。美味しく出来て大満足でした。とくに冬は温まって良いですね。。。
次回は鍋+うどんも良いかな?って思案中です(笑)
クライミングジム仲間のべにさんと一緒の山行です。
天気予報がイマイチなので行き先で悩んだのですが、2日前にべにさんから「三峰どう?」って提案があって即決でした!
私は丹沢フリークと自称しながら三峰に行ったことが無かったし(笑)、三峰は低山だけど険しいって評判だし、残雪もだいぶ期待できるし、文句なしですね!!

5:00 自宅発
べにさんち近くのコンビニで買い出し+集合。
行きは東名高速を使って、まだ薄暗い6:37、道の駅清川に着いた。

▼道の駅清川から歩き始め。(7:01)


7:00 歩き始め
7:07 谷太郎林道入り口
7:10 物見峠分岐
8:10 最初のベンチ(物見峠-三峰分岐)、18分休憩(8:28まで)。
最初のベンチまでは積雪は無かったが、物見峠へ向かって登り始めてすぐ積雪になった。昨日までの踏み跡(ツボ足)が2~3人分? ツボは凍っていて歩きにくい。アイゼン出すにはまだ早いが、崩壊斜面の悪場もあるので、オクサンが滑らないようにキックステップでつぼの氷結を壊したりクラストした雪面に新しく踏み跡を作りながら進んだ。

▼滑ってはイケない場所です。楽しく慎重に!(8:43)


8:59 物見峠
物見峠は少し開けた場所。ベンチには雪が積もって凍っていて、2人分だけ雪が払ってあった。休憩するには早いので写真だけ撮って通過。

▼物見峠(8:59)


物見峠からしばらく急登
狭い丸太階段の、いかにも丹沢らしい急登。

急登が終わると気持ち良い落葉林
海が見える
北側は鬱蒼とした植林だが、南側が開けていて気持ちの良い落葉林。
厚木・横浜方面の眺めが良い。
霞んでわかりにくいがランドマークタワーも見えた。

▼気持ちの良い落葉林(9:12)


▼厚木・横浜方面。曇って霞んでいるのが残念。(9:15)


9:17 分岐点。
最初の休憩場所(ベンチ)から真っ直ぐ三峰山方面に登るとこの場所に合流する。テーブルがあって眺めも良かったので、ちょっと早いけど休憩14分(9:34まで)

▼奥に大山が見えた!(9:38)


時々、短い急登を越えたり、緩やかな尾根になったり・・・
崩壊地もあって、大々的に「危険」看板が出ているが、どこが危険なの?って感じの普通の道。

崩壊地の上から丹沢主脈の長めが良い。
でも残念ながら上部に雲がかかって山座同定できなかった。

▼崩壊地の上から丹沢主脈を眺める。(9:55)


10:12 またテーブル。
山頂まで800mの標識。
この先は積雪が増えて急登っぽいので、休憩がてら軽アイゼン装着した。ベニさんはおNEWのチェーンスパイク。私も新しい8本歯の軽アイゼン。
休憩20分(10:34まで)

▼軽アイゼン、チェーンスパイクを装着。(10:23)


軽アイゼン装着は絶妙なタイミングだったようだ。
ベンチからの急登は見た目以上で雪も固くて、滑り止めなしでは歩きにくい。

息切れしながら登り終えると痩せ尾根が始まる。
ここからが三峰山のお楽しみポイントですね。。。
鎖場や鉄階段、木階子が連続して出てくる。
雪がついてそこそこ悪くて楽しかった。
ある程度は悪場があったほうが山歩きは楽しい。。。

▼見た目以上に急傾斜で辛い登り。(10:36)


▼鉄階段と木階子の連続。(10:56)


11:10 三峰山(標高934.6m)山頂に着いた。
山頂にベンチは1つ。
狭い山頂だけど完全貸切。
銀シートを敷いて完全防寒で昼ごはんです!

べにさんが、鍋焼きうどん(卵・餅トッピング)とビールを振る舞ってくれた。重かったでしょうに・・・荷揚げご苦労さま、ごちそうさまです。m(_ _)m
とても温まりました。
美味しかったです。。。

▼3人で記念撮影。(11:11)


▼鍋焼きうどんを煮込み中。(11:24)


▼温まったのでビールで乾杯!(11:29)


今日はここまで誰にも会わなかったが、山頂にいる間も誰も来なかった。
完全に私達で貸し切り。
ベンチの上で寝っ転がってビールを飲んで・・・まるで自宅のようにくつろいでしまった(笑)
風が少し出始めて、冷たくて寒い。
快晴だったらベンチで昼寝したいところだけど・・・寒いので下山準備。

12:00 下山開始。
山頂から不動尻沢への降り口まで狭い尾根と鎖場が続く。
なかなか楽しい。

▼雪の痩せ尾根。(12:07)


不動尻沢への降り口が、雪の吹き溜まりになって埋まって気づかずに少し通過(20nくらい)。「地形的にそろそろなのにおかしいな?」って地図を見直して間違いに気づいて、少し戻ったら降り口(分岐点)のベンチが半分雪に埋まってあった。
ベニちゃんが、標識の上に小さな雪だるまを作って写真を撮っていた。

急なつづら折りを下っていくと不動尻沢に降りていくが、不動尻沢は様相が面白い。
落葉した明るい沢だが、非常に狭い間隔で枝沢が急勾配で合流していてナメ滝もあって、昔から崩壊が多かったのか?古い大掛かりな石積み堰堤が幾重にも作られている。
林道もないこんな場所に、どうやってこれだけの堰堤を作ったのだろうか? 不思議な眺めに感じられて、何度も立ち止まっって、振り返って眺めてしまった。

▼沢の様相が面白い。振り返って沢を眺める。(12:55)


13:22 不動尻の少し手前の広場で休憩、15分(13:37まで)
13:45 不動尻
不動尻で舗装林道(二の足林道)になるが、しばらく歩いて林道から別れてまた山道を歩いて谷太郎林道を目指す。意外に長く、微妙なアップダウンもある。沢に降りたら何度か渡渉。昨年の台風19号のせいか?橋はすべて流されていた。

14:16 谷太郎林道終点
ここからは舗装林道。宝尾根、惣久尾根、八丁尾根の登り口を確かめながら歩いた。
青空が出て上空はすっかり晴れになった (@@)
でも振り返って三峰山を見ると雲で寒そう・・・

15:06 道の駅清川に着いた。
最後の谷太郎林道に出るまでは誰にも会わなかった。
人気のあるコースのはずですが、珍しいですね。。。

▼道の駅清川。背景に三峰山。(15:06)


今日は山中ではずっと曇りで寒かったけど、眺めはまあまあ良かったし、何より山頂でのご飯(宴会?)がとても美味しくて楽しかった。無口な私とオクサンだけでは会話がないので(笑)、仲間と行く山行はやっぱり良いですね~~。

温泉は車で立ち寄りやすい七沢温泉・七沢荘へ。
洗い場が寒くて辛かったけど、お湯がやっぱり素晴らしい。

帰りは下道で・・・R246の流れが良くて、19時過ぎに帰宅した。
1/7~1/9は我が家は3連休ですが・・・
1日目・2日目は用事があって外出できず。まぁ天気も悪かったからいいか・・・。3日目は快晴予報だけど遠出は辛いし、やっぱり丹沢かなぁ?
だったら初詣も兼ねて、大山を久しぶりに表参道から登ってみようか?って決めた。
ついでに下りはイヨリ峠へ抜けて、大山古道を下ってみました。

******************
5:00 自宅出発
国道246は渋滞もなく快調だった。

6:16 第一駐車場着。まだ真っ暗。眠いので7時まで仮眠した。
7:25 歩き始め。快晴です!emoji

▼第一駐車場着の入り口で。快晴です!(7:26)


第二駐車場を過ぎて、振り返ると相模湾が光っていた。
江ノ島がすぐ近くに見える。

コマ参道は早朝なのですごく静か。
もう開いているお土産物屋が数件あった。
大山ケーブルの始発は9:00なので観光客は誰もいない。

7:53 男坂・女坂分岐
過去、登りでは男坂ばかりだったので、今回は女坂を登ってみることにした。あくまで目的は初詣なので、石仏を眺めながらのんびりと。そんな山行もたまには良いでしょう。

▼コマ参道。朝日が眩しい。(7:53)


すぐに「女坂には七不思議あり」の看板。
弘法水(こうぼうすい)、子育地蔵(こそだてじぞう)、爪切り地蔵(つめきりじぞう)、逆さ菩提樹(さかさぼだいじゅ)、無明橋(むみょうばし)、潮音洞(ちょうおんどう)、眼形石(めがたいし)
どれどれ・・・って写真を撮りながら、確かめながら進んだけど、眼形石(めがたいし)が気づかずに素通りしてしまった。

8:15 大山寺
参道石段の左右に鋳物の像が多数並んでいますが、よく見ると一体一体すべて違っているんですね。。。
石段を登りきって振り返ると、輝く相模湾と江ノ島の眺めが素晴らしい。

▼まずは大山寺へお参り。(8:16)


大山寺からは石段が多い。
のんびり歩くが、気がついたら下社のすぐ下に着いた。
表参道はもっと長かったような気がしていたが、石仏見ながらのんびり歩くと意外に近く感じてしまうのが不思議な感じ。

大山ケーブルはまだ動いていないので下社周辺もすごく静かだ。
ルーメソ屋さん(笑)もまだ開いていない。

8:42 下社
まずはお参り。お賽銭を投げて願掛けです。

▼下社でまずお参りです。(8:43)


▼振り返って鳥居の向こうの眺めが見事!(8:43)


お腹も空いたし・・・
下社の鳥居の横のベンチで、眺めを見ながら朝ごはん。
房総半島、三浦半島、江ノ島が見渡せる。「鋸山はあれだね!」とかオクサンと話しながら・・・。
大山ケーブルの始発が動いて到着したとたん、境内が一気に賑やかになった。
休憩26分(9:08まで)

9:42 16丁目(かごや道分岐)
9:51 富士見台
富士見台から富士山がきれいに見える。
左の方には小田原と真鶴半島。その左奥に大島が見える。中央奥に見えるのは新島かな?三宅島かな・・・?

▼富士見台(お茶屋跡)(9:51)


10:17 大山・山頂(標高1,252m)に着いた。
見事な快晴emoji眺めは最高です!!
この場所でこんなに晴れてくれたのは久しぶり。

▼大山山頂に着いた!(10:18)


▼トイレ前の広場。圧巻の眺めです!(10:28)


▼まずはビールで乾杯!!(10:41)


▼富士山・表丹沢も素晴らしい!(12:16)


ビールを飲んで、早い昼ご飯を食べて、昼寝して・・・
また起きて広大なパノラマを眺めて・・・
オクサンの双眼鏡も大活躍!!
眺めが素晴らしすぎて、なかなか下山する踏ん切りがつかない。
山頂に2時間ちょっといた(12:23まで)

下りは雷ノ峰尾根から見晴台経由で下社へ戻って、蓑毛越へトラバースして、イヨリ峠へ向かうことにした。

▼雷ノ峰尾根も落葉して眺めが良い。(12:44)


13:10 見晴台で13分休憩(13:23まで)
13:37 二重の滝
13:45 下社

▼今日2回めの下社。(13:45)


14:10 蓑毛越、16分休憩(14:26まで)
15:01 イヨリ峠
イヨリ峠は、古の大山古道のうち、秦野と大山を結ぶ道にある歴史あふれる峠だけど、現在は残念ながら全く風情なし。

▼イヨリ峠に着いた。(15:01)


15:09 水呑地蔵
15:31 禊の大滝

▼禊の大滝(15:32)


15:39 大山古道入口
15:46 駐車場に戻った。

******************
今日は初詣がメインなので、当初は山頂から16丁目までピストン~蓑毛越へ行こうと思ってたのですが、想定外の大展望があまりにも素晴らしくて、雷ノ峰尾根へ降りてしまった。おかげで1時間強?の行程プラス。疲れました(笑)。
「早く降りて温泉でのんびりしようね!」って言ってたのが、それなりの時間になってしまったため、今日は温泉はやっぱりナシ、直帰することにした。

国道246号の渋滞はちょっとだけで済んでくれて・・・
18:14に自宅に着いた。
毎年元日は実家の山口県で過ごすのが恒例だった我が家ですが、今年は諸事情で帰省せず。元日はオクサンの実家(町田市鶴川)で過ごした。

高台にあるオクサンの実家からは丹沢を見渡すことが出来て、快晴の大山に並んで終日雲を頂いた丹沢主脈が見えていた。
でもあれっ???
関東は快晴で南アルプスも終日快晴なのに、丹沢主脈と富士山だけが雲の中なんですね・・・。南を遠く見渡すと海の方も雲が東西に流れている。
以前からこの天気のパターンって気になってたのですが、冬型気圧配置が強いとこうなるのか?って思ってたけど、年明けはそんなでもないのに・・・。このあたりはもう少し突っ込んで研究してみたいものですね。
丹沢の天気は難しい。。。

それはさておき、
新年初めの山歩きはやっぱり丹沢。
ビックロック(クライミングジム)仲間のウッチー、ベニちゃんに誘われて犬越路から檜洞丸の周回ルートです。

******************
4:54 自宅出発
6:38 西丹沢ビジターセンターに着いた。
集合時間は7時頃。
布団を出して仮眠するが、到着する別ハイカーの音がうるさくてなかなか眠れない・・・ってウトウトしてたらウッチーに起こされた。

7:25 歩き始め
道沿いのオートキャンプ場は大賑わい。
厳寒の中、薪ストーブ引き込んだりいろいろなテントがあって、関心と言うか呆れると言うか・・・。昔からキャンプをしている自然志向な思考回路の私にはとても理解できない世界になってます。。。

▼西丹沢ビジターセンターを出発。(7:25)


7:49 用木沢出合いの直前辺り。
道路が完全に陥没して車両通行不可になっていた。昨年連続した直撃台風の爪痕ですね。台風19号は特にひどかった。

7:52 用木沢出合い
用木沢もやはりひどく荒れている。
木橋はいくつも流失していて、道標も土砂で頭まで埋まっていたり、大小の崩落が随所に・・・。

▼用木沢に入ってまもなくの立派な鉄橋。(7:56)


8:33 19分休憩(8:52まで)
用木沢から離れて犬越路へ向かうが・・・
まもなくのトラバースから崩壊していて、フィックスが張ってあるが、かなり危ないトラバース。更に先の近年大きく整備し直された階段地帯は、大きく崩落してしまって、木階段が3つも流れ落ちている。右急斜面を巻いて迂回したが・・・まだ新しい階段だったのにもったいないですね~~。もともと崩れかかっていた場所だったので無理があったのでしょうね。。。

▼まもなく完全崩壊しそうな感じのトラバース。(9:00)


▼近年作られたばかりの新しい階段が流れ落ちていた。(9:10)


▼崩壊してしまった場所。(9:18)


9:32 犬越路(峠)
峠の周囲は木が刈り払われて眺めが良くなっている。
テーブルも作り直されて3基に増えていた。
20分休憩(9:52)まで。

▼犬越路。明るく眺めが良くて快適な場所。(9:32)


犬越路から大笄(おおこうげ)までの登りは、鎖場・ハシゴが連続して面白い。眺めも良い。富士山は雲に隠れて残念だが、南アルプスがきれいに見えてた。

▼岩場が多くて面白い。(10:32)


▼富士山が頭を出した。(10:58)


▼南アルプス。中央は白峰三山。(11:22)


11:28 ヤタ尾根分岐で休憩、21分(11:49まで)。
ヤタ尾根の周辺にはシカ柵が増えた。
そういえば、このルートは以前は熊笹に覆われて、笹を掻き分けながら歩いたはずだが、熊笹がめっきり少なくなっている気がする。背の低い笹ばかり。シカの影響なのでしょうか?

▼眺めが良くて気持ち良い笹原。(11:58)


▼檜洞丸山頂への最後の階段。ここからの眺めは素晴らしい。(12:17)


12:22 檜洞丸(標高1,601m)山頂に到着。
山頂周辺は雪が残っていた。寒い。
みんなでビールで乾杯!
我が家はいつものカップラーメンですが、ベニちゃんとウッチーは鍋焼きうどん(笑)。
山頂で1時間休憩(13:22まで)。

▼檜洞丸・山頂に着いた。(12:25)


▼ビールで乾杯!(12:36)


▼バイケイソウ群落地の木道。(13:30)


13:22下り始め。
山頂はすごく寒いので・・・。

下りでオクサンが前のめりにコケた。
両スネを擦りむいていた。
14:12 展望園地で休憩、18分(14:30まで)

▼東沢の斜面に赤い車が落ちています。不法投棄だそうです。(15:00)


15:05 ゴーラ沢出合い
15:48 ツツジ新道入り口

▼ゴーラ沢出合い(15:07)


▼ミツマタが群生していた。もうじき咲きそうな??(15:23)


▼ミツマタ群落地を歩く。(15:23)


▼ツツジ新道入り口に着いた。(15:49)


15:59 西丹沢ビジターセンターに着いた。
疲れた(笑)

******************
今回の一番の楽しみは残雪歩きだったのですが・・・この数日で雪はほとんど溶けてしまって期待はずれだった。滑り止めを出す機会もなく山頂に到着。ベニちゃんは今回のために靴も新調したのに(笑)

雪は無かったけど・・・
このコースは眺めが良くて素晴らしいですね。
4人で歩いて楽しかったです。

正月の温泉は悩みどころ。
ぶなの湯 は12/28~1/4休館だし、信玄館 の立ち寄りは12/28~1/4は16時が最終受付。近辺の旅館も同じだし・・・。前回立ち寄った ホテル時之栖 を調べたら、正月も通常通りらしく決定した。
ホテル時之栖」はいつも通りが嬉しい。

帰りはのんびり下道を選択したけど・・・
驚くほど流れがよく、渋滞もほぼなし。
20:25 自宅に着いた。
おとといの夜間の冷たい雨は、丹沢では期待通りの積雪です!!
「表丹沢のマイナーなルートに行ったらラッセルで楽しいだろうな?」って思ったんだけど、年末でいろいろ疲れていたので、今日はやっぱり大山です。f^_^;

今回はちょっと趣向を変えて、久しぶりに表参道側から。
でも表参道は登らずに(石段登りは嫌いなので)、桜山ハイキングコースからマイナーなトレースを辿って、エボシ山から見晴台、大山山頂からは表参道を下って・・・って周回コースです。
メンバーは今回も我が家+富さんです。

ちなみに・・・
桜山ハイキングコースは、阿夫利神社社務所の裏山(桜山)に散在する樹齢400年と言われる桜の大木4本を周るコース。その途中から尾根をひたすら上がって行くと、エボシ山を経由して雷ノ峰尾根へ合流することが出来るのですが、これを利用すると、表参道側からの大山周回パターンのバリエーションがだいぶ増えます。
↓伊勢原市観光教会のページ
http://www.isehara-kanko.com/publics/index/65/

******************
6:00 富さんが我が家に迎えに来て出発。
今日は国道246を走って厚木へ。

8:00 第一駐車場着。
8:16 歩き始め

▼第一駐車場着から、雪化粧の大山を背にして歩き始め。(8:16)


すぐ橋を渡って旧道に入り、愛宕滝を過ぎて、桜山ハイキングコースの裏側の入り口を探しながら歩くが、社務所裏の登り始め位置がどうしても見つからず右往左往。
社務所敷地内の右奥から登る階段をやっと見つけてハイキングコース入口へ。シーズン外のためか?裏側からは標識が全く無いんですね。。。

いきなりけっこうな急登です。
社務所の駐車場が真下に見える。
石を落とすと駐車場の車を直撃しそう・・・慎重に。

▼急登が一息つくとこんな看板。(8:41)


大山桜が咲く季節にはハイカーで賑わうそうですが、今は踏み跡も薄く人の気配なし。日が差し込む素敵な林相の道です。
尾根に乗ったところで左に折れて最上部の大桜へ。

▼とても立派な巨木。咲いている時期に再訪問したいです。(8:52)


最後の大桜からそのまま尾根を進むが、ここからの急登はなかなかのもの。落ち葉が堆積して滑って登りにくい。境界杭が定期的に打たれていて番号が書いてあり、これとピンクテープが目印。

9:05 25番杭があるピーク。
ここが桜山ピークってことになるのかな?
休憩16分(9:21まで)

▼25番杭があるピークで休憩。(9:18)


25番杭の先も気持ち良い道。細めの尾根になったり、広い落葉林になったり、急登も交えながら・・・。途中の雰囲気はちょっと珍しい?広場のような感じの場所(傾斜は緩いが斜面なので広場ではない)が複数あって、巨木の間隔が広くて明るい雰囲気。若干ライン読みが悩ましい。
樹間から江ノ島や横浜が見える。

▼広くて明るい落葉林が面白い。(9:25)


9:35 日向林道に出た。
林道を20mくらい左に進んで、通報番号11の看板がある前が、エボシ山への登り口。

▼ここがエボシ山への入り口。(9:35)


エボシ山への道はいきなり植林、木の根の急登です。ひと登りして傾斜が緩むと落葉樹を交えた素敵な山林になる。

9:52 エボシ山
足元に小さな山頂標識があるが、なだらかな広めの山頂であまりピーク感はない。植林の中なので眺めもない。

▼エボシ山のピーク。(9:55)


エボシ山ピークからシカ柵沿いに進む。
台風19号の倒木?が数本、避けながら。

10:07 勝五郎地蔵
いつもとは違う角度でお地蔵さんに出会うので新鮮な感じだ。九十九曲から見るときよりだいぶ小さく見える。

▼勝五郎地蔵に着いた。この角度から見ると新鮮。(10:08)


勝五郎地蔵からはいつもの道。
残雪が増えてきた。

▼見晴台の東屋。雪景色の山頂が今日は近く見える。(10:23)


10:23 見晴台、26分休憩(10:49まで)
見晴台の先から雪が増えて、不動尻分岐の手前当たりからはグズグズの雪歩きで面倒くさい。

▼グズグズの雪歩き。(11:24)


11:55 大山・山頂(標高1,252m)に着いた。
20cmの積雪かな?
天気が残念。
途中までは快晴だったけど、見晴台の先からは雲がだいぶ出始めて山頂は太陽なし。この時期によくあることですね~。特に雪が降った後などは、気温が上がると山は雲が出てイマイチになります。丹沢・富士山側の眺めは全滅。でも平野側の眺めが十分にあるのは嬉しい。関東平野が一望出来て素晴らしい。房総半島や筑波山も見える。

▼大山・山頂(標高1,252m)(11:56)


しかし・・・今日最大のガッカリはビールを忘れたことだった。
売店で売ってるかな?って行ってみたけど売店も今日は休み。
超残念 (T_T)

カップラーメン食べて、寒いので下山準備。
山頂にいたのは44分だった(12:49まで)。

▼本坂を目指して下ります。雪がだいぶある。(12:57)


▼富士見台。富士山は見えません。(13:13)


▼阿夫利神社下社。今日もお参りしました。(13:47)


▼大山ケーブル。(13:55)


下りはケーブルカーを使っちゃいました。
大山ケーブルに乗るの、久しぶり♪
14:00の便に乗って、14:06大山ケーブル駅に着いた。

▼このお土産物店街も久しぶり。懐かしい雰囲気が素敵。(14:12)


14:28 第一駐車場に着いた。

******************
今日のお風呂は「秦野天然温泉さざんか」大人700円。
「露天風呂で丹沢の山々を望む」ってキャッチフレーズに惹かれたのですが、FRP建仁寺垣の高さが邪魔で、お湯に浸かっている限りは山々は見えない(笑)
高台にあるんだから、垣根は半分の高さでいい思うのですが・・・残念です。

風呂上がり、運転の富さんに失礼して生ビールを飲んだ。
美味しかった♪

▼風呂上がり、生ビールとアイスで乾杯?(16:49)


帰りは久々の大渋滞。
19:40 自宅に着いた。
丹沢好きな私ですが、鍋割山へは過去2回しか行ったことがない。
1回目は学生の頃。2回目も20年くらい前。
鍋割山はあまり顕著なピークではなく「塔ノ岳のついで」って感じがつきまとってしまうのと、麓の長い林道が嫌なのが理由だったのですが・・・
何年か前にジム仲間のウッチーから「県民の森と組み合わせて歩くと面白い」って教わったのを思い出して、行ってみることにした。

******************
6:00 富さんが我が家に迎えに来て出発です。
青葉ICで東名高速に乗って・・・
県民の森の駐車場に7:30到着

7:46 歩き始め
県民の森のハイキングコースを登って、まず櫟山(くぬぎやま)を目指します。

▼県民の森のハイキングコース入り口(7:47)


登り始めしばらくは針葉樹の暗い植林。
だけど、すぐ落葉樹林に変わって、日も当たり始めてとても気持ち良い。
この森は一見自然林のような気がするが、木の間隔や種類をよく見ると植林のようだ。それか自然林を調整しているのか・・・。「県民の森」だけあってしっかり手が入っているようです。

▼途中で1回林道に出る。背景に花立が見える。(8:11)


8:38 櫟山(810m)
山頂直下からみる櫟山(くぬぎやま)は、すすきの原にアカ松が立っていて、その向こうは海原か?って錯覚しそうな雰囲気。
山頂は眺めが良く、草原になっていてとても気持ちの良い場所だ。せっかくなのでレジャーシートを広げて30分くらい休憩した(9:10まで)。

▼櫟山(くぬぎやま)の山頂標柱で。(8:41)


▼山頂は雰囲気がとても良い。(8:52)


櫟山から尾根を北へ、鍋割山を目指して進むが、すぐ鬱蒼とした杉植林。
木の根っこが多くて歩きにくい道。
急登と言うまではないが、意外に登る。

9:26 栗ノ木洞(908m)
広く平らな広場だが、植林で日陰で休憩には適さない場所。

▼栗ノ木洞、休憩するにはイマイチな場所。(9:27)


栗ノ木洞から急下り。
せっかく登ったのにもったいない。。。
下りの途中から自然林に変わる。
細い痩せ尾根もあって面白い。

▼後沢乗越の直前の痩せ尾根。(9:44)


9:44 後沢乗越
県民の森や大倉からのメジャールートと合流です。
後沢乗越までは誰にも会わなかったが、ここからはハイカーがちらほら。

鍋割山の登りは休憩に良いポイントがなかなか無くて、タイミングと場所を逃してしまい・・・。「もうちょっとそうだから」って話ながら、「なかなか着かないな」とか話しながら、結局、鍋割山まで歩き通してしまった。

10:44 鍋割山(1,272m)
記憶とだいぶ雰囲気が違う。
昔はもっと木が多くてこんなに眺めは良くなかったように思うのですが、季節が違うからかな? 22分休憩(11:06まで)
時間が早いからか?鍋焼きうどんを食べているハイカーはいなかった。

▼鍋割山・山頂。木の向こうに富士山。(10:45)


▼鍋割山荘(11:01)


今日の当初の目標はここ(鍋割山)だったけど・・・あっさり着いたし、時間も早いので塔ノ岳まで行くことにした。

鍋割山から大倉尾根に続く尾根は、ずっと落葉林で眺めが素晴らしい。檜洞丸や蛭ヶ岳を左に見ながら、振り返ると富士山と北アルプス。進行方向の左には塔ノ岳が見えて、右前方には大山・三ノ塔・烏尾山・大倉尾根。右下は秦野・小田原・相模湾と真鶴半島が見えている。
晴れemojiで、最高の日です。

▼落葉林の尾根を歩く。(11:15)


▼振り返ると富士山、南アルプス、鍋割山。(11:23)


▼秦野、小田原、真鶴半島(11:26)


▼奥から、大山、三ノ塔、烏尾山、大倉尾根(花立山荘)。(11:38)


11:56 金冷し(大倉尾根)
ここからは丹沢随一の大通り。
平日だけどハイカーさんが大勢います。

12:10 塔ノ岳(標高1,491m)山頂に着いた。
尊仏山荘でビールを買って、久しぶりに富士山に乾杯!です。
カップラーメンを食べて・・・
晴れで気持ちよかったのですが、風がすごく冷たい。

▼塔ノ岳山頂(12:11)


▼富士山(12:23)


▼南アルプス(12:23)


▼山頂で乾杯!(12:26)


▼風が冷たくて寒いので下山します。(13:15)


13:15下山開始
今日は富さんが好調みたいで、下山ペースが早い。
他のハイカーをどんどん追い越して進む。

▼花立の下り。この場所も眺めが良い。(13:41)


14:00 堀山の家で20分休憩(14:19まで)
大倉尾根は階段が多くて、段差もきつい場所が多いので、腰と足首に良くない。疲れる。

▼堀山の家。(14:17)


堀山の家から小草平コースを下った。
小草平コース(尾根)は、標識に「道迷い遭難が多く危険」の注意看板がありますが、過去の遭難の対策か?迷いやすいポイントにはロープも張ってあって、トレースとリボンをしっかり見て辿れば、まず迷うことはないと思います。
木の根の急下りが多いので、下りは腰と膝にくるので要注意です。

▼14:56 登山口(二俣)に着いた。


最後の林道は、県民の森まで20分ぐらい。
15:17 県民の森の駐車場に着いた。

******************
今回のコースは眺めの良い場所が多くて素晴らしかったです。
天気にも恵まれて、楽しい山歩きだった。

温泉は今回も車で少し走って七沢温泉・七沢荘
お湯が素晴らしい。たっぷり温まって、帰りはケチって下道で、20時に帰宅した。
仲尾根はとても面白い尾根です。
いかにも丹沢らしい急登の連続ですが、植林が少なくて、最初の急登部分と中間部のなだらかな場所だけ。行程の8割は自然林と草原です。階段も木道もなく、古の丹沢を感じさせる極めてナチュラルな尾根。眺めも素晴らしくて、快晴の日に歩いたら最高です。
前回は夏の暑い日に登ったのですが、「秋冬の快晴日に登ってみたいな?」って思ってて、攻めてみたのですが・・・。

天気予報とぜんぜん違うじゃん!(@@)
曇りで寒くてガッスガス。
予定では塔ノ岳~源次郎尾根で周回するつもりだったのですが、温泉が恋しくて(笑)、烏尾尾根で降りちゃいました。。。

▼仲尾根の登り口(8:06)


▼晴れたら気持ち良いのですが、風が冷たくて寒いです。(8:25)


▼小田原と真鶴半島(8:31)


▼落葉した草原。(8:32)


▼開放的な草原ですが、ガンガン急登続きます。(8:43)


▼晴れたら気持ちいいだろうなぁ・・・。さぶっ!!(8:44)


▼烏尾山(標高1,136m)に着いたけど、ガッスガス。(9:35)


▼新茅山荘前の広場。(10:41)


▼戸沢の駐車場に着いた。(11:03)


温泉は車で少し走って七沢温泉・七沢荘。B級感満載ですがお湯は素晴らしい。たっぷり温まって、帰りは下道で、16時に帰宅した。

--------------
今日の天気予報は午前中晴れ、午後は曇りの可能性。
高層天気図をみても妥当な予報だと思ったのですが、北からの寒気が予想以上に強かったようですね。昨年の同時期に、快晴予報で蛭ヶ岳に行ったときも大外れで雪が降ったのですが、それと似たような結果になりました。
早朝、秦野から見上げた丹沢に滝雲が出ていて「嫌な感じ!」って思ったのですが、残念です。
この1週間、毎日雨が降った神奈川。
ようやくの快晴日が、我が家の休みに当たってくれた!!
前夜まで雨だったので岩は厳しいので、山歩きに行くことにした。

先日の丹沢マラソンでもらった温泉割引券を使うため西丹沢がいいかな?って思ってたが、声掛けした富さんが「檜洞丸にまだ登ったことがない」ってコトなので、西丹沢の檜洞丸に決定です。

******************
6:00 富さんが我が家に迎えにきてくれて、出発。
青葉ICで東名高速に乗って・・・
なんと、大山が白い!
さらに箱根も、大山の向こうに見える蛭ヶ岳?も真っ白に雪化粧!!
大井松田から見える富士山は麓まで真っ白だった (@@)
昨夜はだいぶ雪が降ったんですんね。
まだ11月下旬なのに、珍しいです。。。

国道246は渋滞していて意外に時間がかかり・・・家を出るのが少し遅かったようだ。7時過ぎると山北から谷峨の渋滞がひどい。。。
8時過ぎに西丹沢ビジターセンターに着いた。

▼西丹沢ビジターセンターから歩き始めです。(8:21)


8:21 歩き始め
見上げる大室山も雪化粧。
寒いです。

8:29 ツツジ新道入り口
ゴーラ沢までは、落葉して一面の落ち葉となった斜面を、紅葉を見ながら歩くのだが、とても美しくて飽きない。丹沢の自然林は素晴らしいです。

▼落葉が美しい。(8:36)


▼この時期の丹沢自然林は美しい。(8:47)


9:11 ゴーラ沢出合
いつもはここが最初の休憩ポイントだが、まだ日陰で寒いので通過した。沢を渡って急登をしばらく登って、少し広くなった辺りで丁度よいテーブルがある。

9:24 テーブルで休憩
私が初めてツツジ新道に来たときは、今ほどは整備されていなくて、休憩場所に悩んだものだ。しかしこの数年でずいぶん整備された。ハシゴや木道がだいぶ増えて、休憩用のテーブルも30分行程毎に設置されている。

展望園地は絶好の休憩ポイントですが、休憩には早いので通過。
この場所は以前は狭い場所に腐った小さいテーブルがあっただけだったが、今は広く整地されて、テーブルもきれいに作り直されている。
さらに登ると、徐々に雪が出始めた。

▼鉄梯子を登る富さん。(10:47)


10:54 尾根までもう少しだけど休憩。
樹間から檜洞丸が見える。あと30分位の距離かな?

▼樹間から見えるのは檜洞丸。もう一息だ。(11:00)


11:24 石棚山稜分岐
ここから山頂までの眺めが素晴らしい。
青い空と木々の霧氷。
振り返ると小田原、その先に真鶴半島も見える。

▼石棚山稜分岐(11:24)


▼山頂へ続く木道。青空と木々の霧氷が美しい。(11:39)


▼振り返ると相模湾、真鶴半島も見える。(11:39)


11:44 檜洞丸(標高1,601m)山頂
山頂はすっかり雪。木々の霧氷がすごくて、それはそれで美しいけど、山々の眺めが遮られてちょっと残念?

▼檜洞丸・山頂に着いた!!(11:44)


▼テーブルに積もった雪を払ってお昼ご飯の準備。(11:51)


山頂のテーブルは10cm位雪が積もってたが、払い落としてレジャーシートを広げて昼休憩。お湯を沸かしてカップラーメンを食べた。

12:57 下り始め
13:47 展望園地で休憩

▼展望園地、露出ミスで富士山が映らなかった。(13:57)


14:30 ゴーラ沢出合
東沢を渡って、ふと振り返ると、100mくらい奥の斜面に赤い車が転落しているのが見えた。前からあったっけ?? 上の林道はゲートで閉鎖されて入れないはずだし・・・。双眼鏡を出して見てみたら、だいぶ古い車のようだ。最近の事故ではない様子。(※帰宅後にネットで調べてみたが、林道に入れた頃の不法投棄のようですね。)

▼石伝いに東沢を渡る。(14:31)


帰りは途中で斜面を降りて東沢沿い帰るコースへ行ってみた。

▼紅葉・落葉が美しい。(14:50)


▼紅葉が美しい。(14:56)


▼広い河原を歩く。正面は権現山。(15:04)


15:22 西丹沢ビジターセンターに着いた。

今回は中川温泉郷の ホテル時之栖 に寄ってみた。
立ち寄り湯は最終21:00受付なので、時間的に安心なのが良いですね。
露天風呂も気持ちよかったです。。。
久しぶりの快晴で顔が焼けて、お風呂で顔がピリピリした(笑)

帰りは、大和トンネルの恒例渋滞。
19時半頃に自宅に着いた。
今日から我が家は3連休。
しかし、またもやビミョーな天気です。
2日目は気圧の谷が列島を通過するので完全にダメそうですが、1日目も晴れそうな?雨そうな?なんだかよくわからない気圧配置。しかも前日は仕事が遅番で疲れて前夜発はムリだし・・・。おとなしく、丹沢でも歩きに行こうか?ってことになった。

2ヶ月ぶりの大山。
前回は猛暑だったのですが、いまはもう晩秋です。
季節の変わりが早いです。。。

メンバーは我が家と、ビックロック(ジム)仲間の富さん。
富さんは長年の不調からやっと回復して、また我が家と一緒に山や岩や温泉へと楽しむことが出来そうです。(^o^)/

******************
6:00 富さんが我が家に迎えにきてくれて、富さんの高級車で出発です。
青葉ICで東名高速に乗ったけど、雲行きが怪しい。
案の定、厚木からしっかりと雨が降り出した。

7時過ぎに最後のコンビニに着いたけど、かなりの雨です。
モチベーション消失。「温泉でも行きますか?」「七沢荘は8時からOKみたい」って、もう我が家はすっかり温泉の気分。だけど7:30過ぎに止んできて、富さんから「せっかく来たからちょっとだけでも歩きに行こう!」って意見が出て、行ってみることに決めた。
8:09 登山口の駐車場(ふれあいの森 日向キャンプ場)

▼雨も止んだし、歩き始め。(8:21)


8:21 歩き始め
8:30 九十九曲の入り口。
雨上がりなのでヒルが出ないかちょっと心配。
秋の連続台風であちこちで道を塞いでいた倒木はきれいに片付けられていた。
9:05 勝五郎地蔵

▼勝五郎地蔵。(9:06)


▼晴れ間が出た!って思ったら・・・(9:15)


▼一瞬でまた霧に覆われた。(9:16)


▼また晴れ間が出てきた・・・見晴台はもう目の前。(9:22)


9:23 見晴台
最初の休憩。
青空が出てきたけど風が強い。
霧雲がすごい勢いで谷から湧き上がって舞っている。
まるで高山に来たみたいな雰囲気だ。

▼見晴台で休憩(9:25)


▼霧雲がすごい速さで谷間から湧き上がって舞っている。(9:35)


朝から雨だったのに、意外にハイカーがちらほら。
流石に人気の大山ですね。

9:59 二重の滝
10:08 下社
阿夫利神社は元来は雨乞いの神社。
お参りは、まるで雨乞いするみたいでずっと避けてたのですが、2ヶ月前にお賽銭投げて願掛けしてみたら、富士山・立山・富士山と3回快晴が続いてくれた。
やっぱり今回もお参りしよう!って(笑)・・・でもまたもや小銭がない!?富さんからお借りして願掛けした。f^_^;

▼下社に着いた。(10:08)


今回は本坂を登ることにした。
メジャールートなのでハイカーが多い。
子供を含んだ家族連れが多い、今日は平日なのになぜ?

▼今回は本坂を登ることにした。(10:19)


10:48 16丁目(かごや道との合流点)で休憩。
横浜方面が見える。
意外に良い眺めだけど雲が多い。

その後も雲の中になったり、時々陽が差したり・・・
でも山頂に着く直前から一気に雲が消えて晴れてきた!!

11:33 大山・山頂(標高1,252m)に着いた。
快晴になったちゃった。驚き!!
富さんの行いが良いのか?阿夫利神社へ願掛けの成果が早速出たのか(笑)
山頂標柱で証拠写真を撮って、山頂は風が強くて辛いので、トイレ前広場の眺めの良いベンチに移動した。ザックを置いて富士山展望台へ。
富士山・丹沢の眺めも素晴らしい!
ベンチに戻ったら乾杯です!今日は500mlビール2本を完全保冷して、さらに保冷コップも持参してる。 眺めも予想外に素晴らしくて最高です。カップラーメンも作って昼休み。

▼大山・山頂(標高1,252m)で、3人で記念撮影。(11:35)


▼富士山展望台。富士山・丹沢の眺めも素晴らしい!(11:41)


▼ビールで乾杯(11:49)


▼今日は都内の眺めも素晴らしい。(11:51)


13:00 下り始め。
13:43 見晴台
今日は「つづら坂」を下ってふれあいの森キャンプ場へ。
流石にもう晩秋か・・・ヒルは出なかった。
14:28 登山口に着いた。

▼登山口(ふれあいの森キャンプ場)に着いた!!(14:28)


ハイキング後は「七沢荘」で温泉に浸かった。
久しぶりに来たけど、B級感は相変わらず。
濃いヌルヌルの泉質はやっぱり素晴らしい。
温泉上がりは、富さんに失礼して夫婦でビール。
自宅まで送ってもらって、快適な山行でした。m(__)m
6月の梅雨入り以来、ツイてないことばかりだ。
ビックロック本館が閉館になっちゃったし、山行計画を立てれば狙いすましたように雨ばかり。用事があって山に行けない休日はなぜか晴れるんですよね~ムカつく!
雨でもいいや!って強引に丹沢に行ったら下山でコケて左手を壊してしまったし、ムリムリでビックロック日吉でボルダーしたら、落下で左膝を壊してしまったし、挙句の果ては古傷の右肘まで痛み出して・・・。
さらにトドメで、我が家の仕事が来年1月で無くなるコトが決まった。来年早々は夫婦で無職か?(笑)

完全にダメダメなスパイラルに陥ってる私ですが・・・
でも、思い返すと、過去にもこんなコトは度々あった・・・

何年か前は、3ヶ月の猛暑+長い秋雨・トドメの台風で体調崩して帯状疱疹を発症~治りかけたところで、いきなり左足首の靭帯損傷で、計3ヶ月間、何も出来ずに落ち込んだっけか・・・。
もっと前には、クライミングのグランドフォールで大怪我~ちょっと良くなったところでバイク事故でダメ押しした時は、完全に心が折れて1年間リタイアしたっけか・・・。

ダメな時ってホントに連鎖的にダメだけど、でもきっとそのうち良くなるさ!
かつて何度も危機を乗り越えて、今だにクライミングしてるんだから・・・今回なんてチョロいもんさ!!

そう信じて出直しです。
来年はまたスペインに2ヶ月登りに行くことに決めたし!
頑張って調子を上げて行こう!!

余談ですが、
昔の「1年間のリタイアから復活」のきっかけがビックロック開店だったのも、今回のトラブル連鎖(始まりがビックロック閉店)につながってるような気もして、不思議な気分です。

前置きが長かったけど・・・
今日は南関東は夕方まで晴れ間違いなしの気圧配置。
オクサンは実家の用事ありなので、私一人で大山に歩きに行ってきた。左膝の治り具合の確認も兼ねて・・ね。

---------------------------
5:45 自宅出発
快晴、朝日が眩しい。
今回から大山は高速を使わないでR246で行くことに決めた。この時間帯でも大和から海老名が渋滞だったけど、!でも高速使っても30分位しか違わないし。。。

▼快晴!丹沢がスッキリ見える。でもこんな時間から渋滞。(6:32)


相模川を越えたらまた順調。
途中のコンビニで買い出し+朝ごはん。
7:30 登山口の駐車場(ふれあいの森 日向キャンプ場)

7:52 歩き始め
今回も九十九曲を選択。
昨日の東京直撃台風で林道から登山道も倒木・落枝だらけです。でも、元々が非常に整備された道なので困難は全く無い。
蒸し暑さがすごい。前回以上か??
北アルプスに行きたいなぁ・・・って、独り言を言いながら、汗吹き出しながら歩く。
8:31 勝五郎地蔵

▼今日の勝五郎地蔵さん。(8:31)


8:45 見晴台
ベンチに数組のハイカー。
麦茶をがぶ飲みした。
11分休憩(8:56まで)。

今日は、見晴台から下社へトラバース~さらに蓑毛越までトラバース~南山稜を登って大山山頂に出て、雷ノ峰尾根を下る周回コースを選択です。なるべく長い距離を歩いて膝の具合を確かめたかったので。。。

9:10 二重の滝
9:20 下社

▼階段が眩しい。今日は下社へお詣りしようかな・・・(9:16)


思い返すと・・・
今まで下社でお参りをしたことはなく通過だけ。
だって、阿夫利神社って、由来は「雨降り神社」。雨乞いの山なので、ここにお参りに来るのはなんだか雨を呼ぶような気がして、避けてたんですよね。。。

でも、もしかして・・・
こんなに休日が雨に祟られるのは、阿夫利神社に何度も来てるのに、お参りもせず通過してるからかも?って心配な気がしてきた。
心を入れ替えて、今回は賽銭払ってお祈りしてみようかと思ったのだが・・・賽銭箱の前で財布を開いたら、なんと財布に小銭が無い!! (*_*)
貧乏人なので札は困るし・・・どうしようか?と思ったが、5月に白馬大雪渓に行ったとき、雪渓の上で拾った100円玉をザックのウエストポーチに入れてたのを思い出し、賽銭箱に投げ込んだ。それって返って罰当たり???

蓑毛越までの道は、途中若干崩壊気味。意味不明の鎖場あり。
古い石垣が随所にあって古(いにしえ)感はある。

▼簑毛越、ベンチがあるけど快適感がないのは何故だろう?(9:44)


9:44 蓑毛越
尾根に出たが、ベンチがあって少し開けているのだが、妙に快適感がなく、むしろ不快感が勝るのは何故だろう・・・? 秋冬は右の自然林は落葉してもう少し雰囲気が変わるかもしれないが、ネックは南側の病気がちな植林かなぁ??
なぜか休憩する気分になれない場所なので、写真だけ撮って先に進む。。。

ここからの南山稜は、眺めが何もない植林登り。過去多くの人々が歩いたのだろう、U字状にコースがえぐられているが、崩れている部分も多くて歩きにくい。正直言って、大山に登るコースで、この道が一番つまらないかもしれない。

9:58 首なし地蔵を通過
10:08 女人禁制の碑を通過

▼女人禁制の碑。昔はここから先は女性禁止です。(10:18)


10:10 西の峠(かごや道へ合流)
10:29 十六丁目(本坂へ合流)、12分休憩(10:41まで)

11:13 大山・山頂(標高1,252m)に着いた。
山頂に着いたときはちょうど曇り、またすぐ晴れたけど。

▼大山・山頂(標高1,252m)(11:13)


山頂標柱の前で証拠写真を撮って、今日は売店が営業してたので、売店の前のベンチでビールを買って飲んだ。冷えてて美味しかった。
ビール飲み終わって、いつもの眺めの良いテーブルに移動してしばらく昼寝。日向の山頂での昼寝は気持ち良い。
今日の山頂の昼休みは68分(12:21まで)

▼外界の眺めはまあまあ。この時期にしては上出来。(12:20)


▼山頂で宴会グループが2組、賑わっていた。(12:21)


下りは、ほぼ一気。すごい蒸し暑さ。
12:56 見晴台でいったんザックを下ろして給水

▼見晴台、吐き気しそうな蒸し暑さ。麦茶をがぶ飲みした。(12:56)


13:08 勝五郎地蔵
13:25 林道
水場で頭・手足・ストックを洗って・・・
工事の監督さん?と少しお話し。
冬に路面が凍って危ないって苦情で、アスファルトを一部貼り替えているそうな・・・。

13:35 駐車場に帰還。
駐車場で着替えをするが、汗が吹き出し続けて着替えがままならない。
概ね片付け終わってすぐ車に入ってエンジン始動、しばらくエアコンで涼んで、ようやく人心地ついた。。。

帰りのR246は、交通量はそれなりにあるが、信号に殆どかからず、気持ち悪いぐらい順調。鶴川のオクサンの実家に15時に着いた。
この連休は剱岳に行く予定だったのですが・・・
早月尾根・日帰りピストンやろう!って気合入れてました。
しかし、色々と疲れ果ててしまい(この頃いろいろなコトがうまくいかないんです)。
仕事も失敗が続いて気分的にガッカリ。丹沢で転倒した怪我もなかなか治らないし・・・。
完全に沈没してしまった。

昨日は自宅でゴロゴロ。
新しいPCのセットアップ続きして(ようやく完了した)。

今日はビックロック(クライミングジム)かな??
でも金曜のビックロックは夜だけ営業だし、「せっかく晴れの連休なのだから外に出たいね」って気を取り直して、手軽に行ける大山に出かけてみた。

---------------------------
6:30 自宅出発
東名高速が、この時間からナント16km渋滞!(大和トンネル自然渋滞8km+綾瀬で事故渋滞8km、所要時間2時間だって!)ありえない!!
電光掲示板で気付いて国道246をひた走るが、こちらも渋滞がひどい。今日は五十日(ごとうび)前の金曜日だったか。。。しかも、お盆入りなんですね。怪しい運転の車が多い。R246も事故があちこち。
上りもトラック事故で厚木市内まで10数キロ?ビッタリと大渋滞になっている。
ひどい日です。。。

8:38 登山口の駐車場
大渋滞の下道(R246)にしては上出来な到着時間か・・・。
うすうす感じてたのですが、もしかして今後も下道で良いのかな? 今までの高速代が無駄だったような気もする。私はケチなので(笑)

歩き始め。すでに暑いです。(8:56)


8:56 歩き始め。
今回も九十九曲を選択したけど・・・
暑い! とても蒸し暑い。気持ちが悪くなるぐらい。
北アルプスにやっぱり行きたかったなぁ・・・って後悔しながら。
胸が痛い。熱中症気味か?
やばい感じなので、ペースをぐっと落として、じわじわ歩く。
勝五郎地蔵までがこんなに辛かったのは初めて。
9:41 勝五郎地蔵

見晴台直前。ここから山頂が見えるのは久しぶり、快晴です。(9:57)


9:58 見晴台
見晴台の手前で大山山頂を拝んだのは久しぶり。
今日は初めて東屋を利用した。この暑さでは日向のベンチでなんて休憩できない。
麦茶をがぶ飲みしたら少し調子が良くなった。
やっぱり脱水気味でしたね。。。
10分休憩(10:08まで)

▼見晴台のベンチには誰もいません、暑すぎです。(10:08)


今日は、見晴台から下社へトラバース~本坂から大山山頂に出て雷ノ峰尾根を下る周回コースを選択です。

10:24 二重の滝
10:33 下社

▼下社への階段が眩しい。(10:32)


▼下社。絵灯篭まつりです。夜に来たら良さそうですね。(10:34)


▼今日は十数年ぶりに本坂を登ります。(10:35)


十数年ぶりの本坂登り。
辛いですね。
汗ぐっしょり。
かごや道との合流で休憩の予定だったけど、「合流点って13丁目だよね?」って、あらぬ勘違い。「13丁目過ぎたのに合流点のベンチに着かない!?」って。

11:06 疲れて15丁目?で休憩8分(11:14まで)。
歩き始めてすぐ合流点に着いた。
かごや道との合流点は16丁目でした。

11:51 大山・山頂(標高1,252m)に着いた。
山頂は・・・ちょうど霧が覆ってきた時間帯。
でも良いの(*^^*)
今日の最大の楽しみは、この猛暑日に大山山頂で飲むキンキンに冷えたビールなんです(笑)
山頂標柱でテキトーに写真を撮って、そそくさと眺めの良いベンチに移動。
眺めはこの時期のこの時間帯にしては良い方か?

▼大山・山頂(標高1,252m)に着いた。(11:51)


事前準備は十分です。
最近販売されているプレミアム・モルツのオマケ保冷パックから構想を得て、インナー保冷パックを自作して(しかもダブル構造)、保冷剤と組み合わせて、完璧な冷え具合!!(笑)
しかも保冷効果はかなり素晴らしく、保冷剤はまだ半分氷状態だった。
下山後の冷えたお茶を楽しみに詰め替え(笑)

キンキンに冷えたビール、美味しかったです。
飲んだあとは昼寝。
雲も出て、涼しくて気持ち良い昼寝だった。

▼キンキンに冷えたビールで眺め見ながら乾杯!!最高ですっ!♡(11:57)


▼オクサンも冷えたビールに大満足!♡(11:57)


山頂は不思議なくらいハイカーが少なくて・・・
もうお盆休みなんですね。
みなさん遠くに行ってらっしゃるのでしょうね。
羨ましいなぁ~~~。
昼休みは65分(12:56まで)。

下りは一気に行きたかったけど、やっぱり暑くて、見晴台で給水休憩。
飲んでも飲んでも汗でドバドバ出ていくすごい日です。

13:35 見晴台(6分休憩)
13:52 勝五郎地蔵
14:11 林道
水場で頭・手足・ストックを洗って・・・
14:20 駐車場に着いた。

---------------------------
駐車場で飲んだ、(山頂で仕込んだ)保冷剤で冷えたお茶が美味しかった。
これは使えるなっ!って実感です。

帰り道、最初に寄ったコンビニ(7-11)で、楽しみにしていた「しろくま」カップアイスを買ったんだけど・・・たまたま買った店が悪かったのか、たまたま出来が悪かったのか、美味しかったけど、いつもの美味しさではなかった。
プラスチックスプーンを渡されて全然食べられなくて、お願いして木製スプーンをもらったら今度は短くて手がベチョベチョ。アイス自体も練乳が玉状に偏っていて、味無しかき氷+果実+アメのような練乳の塊で分離していて残念だった。

帰りのR246も渋滞がひどかった。事故渋滞。
お盆なんですね。
17:04 自宅に着いた。
今年の梅雨は見事に雨ばかり。
おかげで丹沢はヒルが大発生です。(*_*)

今日は、気圧配置上は梅雨明けするか微妙な感じで、平地は久々の青空だけど、丹沢はたぶん霧です。前線は北に上がったけど、なにぶん等圧線が広すぎる。下手すると丹沢は雨が降るかな?少し位は晴れ間が出るかな?って思いながら、とりあえず出動してみました。

5時半出発で、東名高速を走っていると丹沢方面に何故か虹が・・・「珍しいな?」「綺麗だな?」って呑気に見ていたが、秦野は雨だった。そういうことなのね。(笑)

とりあえず戸沢に着いて、雨は止んだけど、まるで風呂場のような高湿度。しかも見事に無風。不快なハイキング確定です。
当初は仲尾根から表尾根~源次郎尾根の周回を考えてたけど、ヒルの予感がしまくりなので手短かに、政次郎尾根を登って源次郎尾根を下るコースに変更した。

でも結局ヒルの大攻撃。
政次郎尾根にも出るようになったんですね~、オクサンと1匹づつ撃退。ヒルにたかられそうなので休憩も出来ません、表尾根まで休憩なしです。書策小屋跡地で休憩中に、オクサンの靴の中に潜んでいた1匹も見つけて撃退。
下りの源次郎尾根は凄かった。50mおき位に足回りをチェックするが、その都度、1~3匹は付いている。
植林帯に入ってから減ったけど、最後、書策新道と合流してからまた凄まじい。虫除けで殺してもキリがないくらい足にくっついてくる。立ち止まると周りからウヨウヨ集まってくるのが見えるし・・・。雨の中、早足で逃げるように歩いたが、最後の斜面で自分でも信じられないような体勢でスリップ転倒してしまって、左手を激しく負傷してしまった。
激痛を堪えて、取り急ぎ駐車場まで戻ったけど、しばらくクライミングに影響出そうな怪我具合です。チョー残念。(x_x;)
サンザンな山行でした。

---------------------------
5:30 自宅出発
7:10 戸沢着
7:37 歩き始め

▼政次郎尾根・入口(7:39)


7:39 政次郎尾根・入口
政次郎尾根も源次郎尾根も中尾根も、いままでこの時期に歩いたことが何度もあるのですが、ヒルなんて見たことがなかった。しかし8:14、ふっと足を見たら這い上がってきてるではないですか!(@@) オクサンにも1匹。虫除けで殺したけど、政次郎尾根にも出るようになったんですね~。

▼出ました!ヒルっ!!(8:14)


▼登るにつれて霧が充満。メガネも曇って不快感が最高潮。「こんなのボクの好きな山歩きじゃない!」「家で寝てればよかった!」(8:18)


▼表尾根に合流した。(9:10)


9:09 表尾根に合流
9:18 書策小屋跡地で休憩26分(9:44まで)
書策小屋跡地は、休憩用のテーブルが作り直されて良い雰囲気になった。晴れたら眺めも良い場所ですし、素敵な休憩ポイントになりましたね。
10:07 木ノ又小屋を通過

▼塔ノ岳・山頂に着いた。(10:32)


10:32 塔ノ岳(標高1,491m)山頂。
眺めはない。時々が差したり、蛭ヶ岳が薄っすら見えたりするけれども・・・まぁ、予想通りの山頂天気か。。。今日は尊仏山荘にアキオさんはいなかった、替わりに無愛想な若者店員。ビールだけ買って、(見えないけど)富士山に乾杯!!
「ここにはヒルはいないよね?」って、オクサンと話してたら、なんと左肘にっ!!(@@)・・・ってよく見たら、これは本物の尺取り虫(蛾の幼虫)でした。(笑)

▼見えない富士山と乾杯!(10:39)


▼ちょこっと出た青空と乾杯。ビールの宣伝ではありません。f^_^;(10:41)


その後、昼寝。
休憩1時間半(12:01まで)

下り始めてすぐ雨になった。
カッパを着るほどじゃあない。異常な高湿度なのでカッパを着たら内側から汗でびしょ濡れになること間違いなし。。。

12:17 源次郎尾根の入口だけど、まずは防虫スプレーを靴から膝下までたっぷり吹きつけてバカ尾根から別れたが・・・源次郎尾根に入ってすぐ何匹も靴にくっついてくる。靴下以上に上がって来ないのは防虫スプレーのおかげか・・・。
最後は大転倒のおまけもついて・・・

13:41 戸沢の駐車場に着いた。
しばらく左手の激痛で動けず。
左上腕が激しく腫れ上がって、中指・薬指も捻挫なのか腱鞘を痛めたのか痛くてうまく曲がらない。

▼駐車場に着いたけど、左手の激痛でしばらく悶絶。(13:41)


帰りの運転は、林道は私が片手で運転して、その後はオクサンにお願いとなった。
明日病院に行ってきます。(T_T)
今年の梅雨は本当にタチが悪い。
よくこれだけ雨が降ると言うか・・・
雨が降らない時も、どんより曇って日差しが全く無いし、
もう2週間位?太陽を見ていないような気がするが・・・。

おかげで夜のジョギングが出来なくて、減量が計画通り進まない (x_x;)
「せっかくの休みも雨ばかりでつまらないし!」って悶々としていたが、今日は久しぶりに、『雨は降らない・ひょっとしたら晴れ間が少しあるかも?』って気圧配置になってくれた。
今回の気圧配置では北へ行くほど好天なので、本当は瑞牆あたりにクライミングに行きたいのですが、残念ながら、こんな時に限って愛車のエブリイは車検中。
代車(これまたエブリイ)で遠出はいろいろ厳しいので、結局、今回も大山へハイキングで決定です。
---------------------------

6:00 自宅出発
7:08 登山口の駐車場
車中のラジオの天気予報では「暑くなる・久しぶりの晴れ間がある」云々言っていたがドンヨリ曇り空。まぁまぁ予想通り。

7:23 歩き始め
7:27 林道・車止めゲート
今回は九十九曲を登ります。前回、ふれあいの森キャンプ場から「つづら坂」を登ってヒルの猛攻撃を受けたトラウマがあるので(笑)、虫除けを足回りに吹きまくって、無難なコースを選択です。


↑ 林道の車止めゲート。神奈川県はケチですね。山梨県や長野県なら開放してくれるのに・・・。林業には税金も投入されてるんでしょ?

8:04 勝五郎地蔵
8:19 見晴台。
見晴台のベンチの上を霧が煙のように流れていく。
先客1名、とても静か。寒い!!
今日も「食べない」が課題だったけど、空腹に負けてオニギリを2個も食べてしまった。(x_x;)
22分休憩(8:41まで)


↑ 見晴台。霧が煙のように流れています。


↑ 空腹に負けてオニギリを2個食べてしまった。(x_x;)

今日は、見晴台から下社へトラバース~かごや道から大山山頂に出て雷ノ峰尾根を下る周回コースを選択です。

8:55 二重の滝
9:06 下社
9:28 西の峠
9:31 女人禁制の碑へ立ち寄り


↑ 二重の滝。神域のため沢登り禁止だそうです。


↑ 阿夫利神社・下社。平日なので静かです。


↑ 女人禁制の碑へ立ち寄ってみた。昔はここから先は女人禁制だったそうです。

西の峠から先は道がだいぶ荒れていますね。
見上げると進行方向には青い空が・・・
久しぶりに日向で昼寝を楽しめるかな?期待が膨らむ。

9:55 本坂に合流(16丁目)、8分休憩(10:03まで)。
ここからはハイカーが増えてきた。
メインコースですから。。。

10:31 大山・山頂(標高1,252m)に着いた。
途中は青空もあったが、山頂はやっぱり眺めなし。でも薄日が差して気持ち良い。
この時間なのでハイカーはまだそんなに多くない。トイレ前の展望広場のベンチに荷物を広げて大休憩。
靴を脱いだら、靴下の下で揉みくちゃになって団子になったヒルを1匹発見!(@@) 今日は膝までサポーターやら何やらでガードしてたし、食い付く隙がなく靴底に入り込んでご臨終に至ったらしい。しかしまぁ、今日のコースでもヒルが出るんですね~。驚きです。
ベンチの上で横になって・・・薄日だけど日差しが暖かくて気持ち良い。久しぶりに昼寝をした。
休憩52分(11:23まで)。


大山・山頂(標高1,252m)今日も眺めなし。

下りは一気に。
オクサンの歩行姿勢をチェクしながら・・・
夏は北アルプスに行きたいし。。。

12:07 見晴台
草刈りの匂いが漂っている。
ちょうどお昼で、職人さん達がベンチに寝転んで昼寝していた。
休憩には早すぎるし、疲れてもいないので通過。


↑ 見晴台。草刈り職人さん達のお昼寝タイム(笑)

12:20 勝五郎地蔵
12:40 林道
12:45 林道ゲート、水場で手と顔・ストックを洗って・・・
12:49 駐車場に戻った。

今回は正直、ぜんぜん疲れていない。
前回と違って、涼しくて暑さバテすることもなかったし、食べてしまったのでシャリバテすることもなく、快適な山歩きで終わってしまった。自分に負けた感が巨大・・・f^_^;
やっぱり表丹沢のマイナー急登コースに行ったほうが良かったか?でも代車で林道は走りたくないし(壊しちゃったら大変だし)、バカ尾根は歩きたくないし・・・仕方ないか。。。

帰りは下道で。
246号が混雑なく順調で・・・
途中コンビニで買物休憩したり、ワークマンに寄って買い物したり、自宅最寄りのいなげやで晩御飯を買い出ししたり・・・でも15:54に自宅に着いた。

追記:
私はMontbellのウェアが、デザイン・色彩が好きではなくて(ジジ臭いしセンスが何だかな?)、高いワリに機能もそんなに良くはないし・・・。冬山のアウターはコスパが良いので使ってますが、シャツ類はすっかりワークマンがお気に入りです。
梅雨の合間の連休1日目。
オクサンは実家の用事で、私だけ自由な日。m(_ _)m
予報は「曇り時々晴れ」だけど、高層天気図を見ると山は雲・霧で間違いなさそうですね。不快な山行になりそうだけど、再度始めた大減量の一環ってコトで大山に行ってみた。

今回の減量では、この10日間で4kg落として、重さ観点での目標はあと3kgだけど、しかし本番はそこからです(クライミングのための身体作り)。
来年行くことに決めたスペインクライミングツアーのため頑張ろうっ!o(`^´*)
ある程度の目処がつくまではアルプスも自粛です。
---------------------------

6:30 自宅出発
8:21 登山口の駐車場

予想通りのどんより空。emojiemoji時々雨がパラパラ降る。
サンドイッチ1切れだけ食べて歩き始め。
歩き出しから足が重くて辛い。

▼急なコンクリート坂を登ります。(8:23)


今日は、ふれあいの森キャンプ場から「つづら坂」を登る。
春先に歩いた時とは打って変わって、湿気ムシムシの樹林の登りが息苦しい。さっきまで降ってたようで木々も下草もすべてが濡れている。視界ガッスガス。湿度100%?汗が吹き出してあっという間に汗ビショだし、メガネが曇って視界が悪い。
一般道だけど、マイナーなので人の気配も全くない。

▼尾根分岐。ここで身体に付いたヒル退治で大騒ぎ?(9:11)


9:11 尾根に出た。
分岐標柱の写真を撮ろうと思って立ち止まったら、ズボンの太ももをヒルが這い上がっているのが見えた!うおっ!!(驚)
慌てて潰して、他にも?と思って裾を上げたら、左右のスネに1匹ずつ食いついている。これも剥がして潰して、他には?と大騒ぎ。下山してきたハイカーさんも見てくれて、裏腿にも1匹発見!
油断だった。一般道だし、立ち止まらずトレースも外れずに歩いたので大丈夫だろうと思ってたのですが、甘かったです。

▼見晴台。ガスガスで眺めなし。(9:28)


9:28 見晴台。14分休憩(9:42まで)
休憩中、ズボンやザックに血が付くので、どこを切ったのかな?と手足を調べたら、左手の肘近くから血がダラダラ・・・傷口は見えないくらい小さいのに拭いても拭いても全く血が止まらない。気づかないうちにヒルにやられてたようです。(T_T)

今日のテーマは「食べるのを我慢」「空腹は麦茶でごまかす」
日々の食事も極端に減らしている中なので辛いです。

10:30頃、遂に限界?足が前に出なくなって視界が揺れてきた。気持ち悪くて立ってるのも辛い。慌てて道端の倒木に座ってオニギリ1個食べて5分くらい休憩。
ここからは、何度も立休みしながら・・・
10:50 不動尻分岐

▼不動尻分岐。(10:50)


11:08 大山・山頂(標高1,252m)に着いた。

山頂はハイカーさんで大賑わい。
頂上標柱が空くのを待って、中高年グループの方に写真を撮ってもらった。その時に、私の左肘の出血、肘から手首まで血がダラダラなのに驚かれてしまった。(このあとも、下山するまで全然血が止まらなかった)。
テーブルの上でゴロ寝して、麦茶をがぶ飲み。

▼大山・山頂で(11:11)


11:37 下り始め。
下りは久しぶりに下社へ行ってみた。
登ってくるハイカーが多いのにびっくり。ひっきりなしに続々です。平日のこんな天気なのに・・・。

▼阿夫利神社下社(12:14)


12:13 阿夫利神社下社
12:40 見晴台。13分休憩(12:53まで)

最後の下りはヒルを避けて、メジャーな九十九曲を選択。
登りは選択ミスでしたね・・・。

▼勝五郎地蔵。オジサマ顔です。(13:04)


13:04 勝五郎地蔵
勝五郎地蔵は「九十九曲」のランドマーク?
ちなみに、このお地蔵様が勝五郎さんではなくて、江戸時代に石工の勝五郎さんが建てたお地蔵様です。一部のブログで混乱されているようですので念のため。

13:22 林道に着いた。
ゲート前の水場で頭と手足、ポールを洗って駐車場へ戻った。
ちょうど環境美化のためゴミ清掃で来られた方と少しお話。
ふれあいの森キャンプ場からの登りのヒルの話をしたら、「あの辺りはヒルがすごいんですよ~」「ヒル避けが絶対に必要ですよ~」って言われた。そうだったんですね。。。

オクサンを迎えに、オクサンの実家に立ち寄って、
自宅に着いたのが16時半頃。

-------------------
明日は奥秩父・カサメリ沢へクライミング。
今晩は瑞牆山で車中泊なので・・・お風呂に入って、荷物をクライミング用に積み替えて、18時過ぎに再出発。通勤渋滞に揉まれて20時近く?中央道・府中インター入り口直前で、なんと!ロープを忘れたことに気が付いて引き返し。モチベーションも切れてしまい「明日はジムでいいかぁ」ってことになってしまった。晴天予報なんだけどなぁ・・・勿体無いけど。。。
(T_T)
今週は久しぶりに御前岩にクライミングに行こうか!って考えてたのだが・・・あまりモチベーションが上がらないし、前日に相応な雨も降ったので(岩コンディションが心配)、やっぱり山歩きに行くことにした。

選んだのは大山、久しぶりです。
大山は家から駐車場まで1時間で行ける気軽な山ですが、階段道にウンザリして暫くご無沙汰だった。なので今回は趣向を変えて、梅の木尾根を登ってみることにした。梅の木尾根は、昭文社の「山と高原」地図には出ていないですが、変化に富んでなかなか楽しい道です。

6:35 自宅出発
快晴!emoji
途中カーナビに騙された・・・。
私の車の安物ナビは、いつもだけど、ありえないほどの大馬鹿だ。
全然信用せず、基本は記憶と地図見でルートを選ぶのですが、油断した。
厚木ICを降りて、いきなりまさかの、市内周りの渋滞+大回りコースをナビしやがって・・・(笑) 「おかしいな?前に来たときはもっと南下して日向薬師を目指したはずなのに?」って思いつつ、「間違いだ!」って気付いたときには通勤渋滞でままならず、30分ロスになってしまった。f^_^;

8:13 駐車場に着いた。
8:26 歩き始め
8:35 浄発願寺、旧参道入口。
かつて栄えた浄発願寺、その跡地を辿って登り始めます。(浄発願寺は1608年に開山、江戸時代は大変栄えた寺院だったそうですが、1938年に山津波で荒廃、500m下流に再建されています。)

▼昔の参道。まずは古寺(寺跡)めぐりから始まります。(8:37)


8:46 堂宇跡(本堂跡地)
8:52 奥の院岩屋
奥の院の岩屋を過ぎると、山歩きらしくなってくる。
ハイキングコースは尾根の近くで右に大きく迂回して、尾根に出た後は日向山に向かうが、その尾根に出たところで、ハイキングコースから別れて左に登っていく。
分岐点に標柱があって、日向薬師側の標識に、小さく手書きで「←大山」の文字。ベンチが2つ設置されていて、日が当たって休憩にちょど良い。
9:12 分岐、20分休憩(9:32まで)。

▼分岐点。(9:12)


梅の木尾根は、大山周辺では非常にポピュラーなマイナールート(笑)
入口や随所に「行き止まり・危険箇所があるため立入禁止」の看板があるが、どれもつい最近立てられたピカピカな看板。昨年に遭難事故があったため設置されたのかな??
まあ「自己責任」ってコトで進みますが、踏み跡も非常に明瞭で危険箇所もない。ただし、下りに使用するときは迷いやすいポイントが何箇所かあって、昨年の遭難も下りで起きているので要注意ですね。。。

▼自然林の気持ち良い道。(9:47)


9:48 二ノ沢の頭
ここは方向が悩ましい。道なりは左方向に伸びているが方向感覚的に変だ。地形図を出して確認したら右が正解だったが、パッと見は崖に下りていくように感じる道だ。ふっと足元を見たら、「大山→」って書かれた小さな木の標柱もあった。親切な人がいるんですね。。。

二ノ沢の頭を下りてまもなく、痩せた尾根になる。
この梅の木尾根で一番おもしろい場所??

▼痩せ尾根だけど危険箇所という程でもない。面白い場所だ。(10:01)


10:05 大沢分岐
広沢寺から登ってくるルート・弁天御髪尾根が、ここで合流してくる。
手製の標柱が、小さいけどもなかなかの力作だ。

▼大沢分岐、弁天御髪尾根との合流点。(10:06)


10:18 鍵掛
ここも要注意。踏み跡も明瞭な「道なり」は方向感覚的に明白に間違い。また地形図を出して確認すると、やはり「右に折れて下る」が正解。「水源の森林」標柱にも手書きで「大山・唐沢峠→」って書いてあった。パッと見は崖に向かって下りていくような雰囲気だけど、進んでみると明瞭な普通の道です。
ちなみに、道なりに進んでしまうと鍵掛尾根で、ふれあいの森キャンプ場に戻ってしまいます。手っ取り早く無料駐車場に戻るルートとして、ワリと歩かれている尾根のようですが、あまり面白くはなさそうです。

大山三峰縦走コース(一般路)が眼の前に見えて来たら急登が始まる。
なかなかの急登です。
登り切ると、八草の頭。

▼矢草ノ頭。ハイカーが迷い込まないようにロープあり。(10:41)


10:41 矢草ノ頭
大山方向に少し進んだところで、休憩に良い感じの草地あり。
10:47 休憩18分(11:05まで)

▼樹間から東京・横浜が見渡せる。陽が差して気持ち良い。(10:49)


急に雲が出てきて寒くなった。
概ね晴れなのだが、太陽を塞ぐように雲が張り出してムカつく。
寒いので歩き出す・・・。
大山三峰縦走コースは自然林の快適な道だが、大山が近づくにつれて階段が増えてきた。

11:35 不動尻分岐
ここから一気に人が増えた。
平日なのに?ってぐらい。メジャーコースです。

▼不動尻分岐。階段ばっかのいつもの大山。(11:38)


11:51 大山・山頂(標高1,252m)
まずは山頂標柱で記念撮影。
山頂の少し下、トイレ前の広場にレジャーシートを敷いて休憩。

今日の山頂からの眺めは素晴らしい。
朝は遠くは霞んだ風景だったが、北風で湿気が飛んだおかげか、まるで晩秋のような大展望。霞むことが多い4月らしからぬ、素晴らし眺めです。
都心のビル群も見える。ここから見るとモノリスが立ち並ぶ崖のような景色。その向こうにうっすら、ひときわ高くスカイツリーも見える。
右に目を向けると、江ノ島から三浦半島、房総半島もくっきり見える。
山頂の西側からは富士山が。その右奥には南アルプスも・・・。

▼大山・山頂(標高1,252m)(11:55)


▼山頂の西側は富士山の眺めが良い。(12:31)


▼大山山頂で。眺めが良いです。(12:40)


12:41 下り始め(山頂には50分)
雷ノ峰尾根(一般道)を下る。
階段ばっかり、膝と腰に悪い。(x_x;)

13:22 見晴台、休憩21分(13:43まで)。
ここは快適な休憩場所ですが・・・
私が思うに、大山名物はなんと言っても、ここの、ずらっと並んだ見晴台のテーブルです。他では見ないですよね~~。初めて見たときはびっくりしました。

▼ハイカーで賑わった見晴台。左奥は大山山頂。(13:43)


見晴台からあるき始めて、ミツマタの木がちらほら。
もう時期外れのはずですが、日陰のミツマタはまだ綺麗に花をつけていた。

▼ミツマタがまだ咲いていた。(13:50)


14:21 登山口
14:23 駐車場に着いた。
駐車場からの横浜の眺めも朝より良い。
横浜ランドマークタワーが見える。

▼横浜ランドマークタワーが見える。(14:23)


今日は温泉は無し。
帰りの東名高速は渋滞もなく、近所のスーパーで買い出し済ませて自宅に着いたのが16時だった。

▼自宅の庭に原生チューリップが可愛く咲いていた。(16:10)
今日は我が家には珍しい日曜日休み。
でも日曜日は岩場は混雑するのでクライミングには行きたくない。丹沢にでもハイキングに行こうかな?って思ってたら、ビックロック仲間のウッチーが「書策新道に行こうと思う」って話してきたので、我が家も参加することにした。
メンバーは我が家、ウッチー、ヨーコさんの4人。

今年の我が家は、徹底的に晴れに恵まれない。
行きの車中で聞いた今日の天気ニュースでは「南関東は曇りがち・山は時々雪」。
もう、しようがないね。。。(^^ゞ

**********************
5:45 自宅出発
7:30 戸沢
戸沢の駐車場には、キャンパー2組。車は6~7台。
日曜の朝にしては空いてるかな?
待ち合わせは8時なのでしばらく仮眠。。。
7:45 ウッチー・ヨーコさん到着。

▼戸沢で。ウッチーとヨーコさん。私は右奥で準備中(7:51)


8:05 歩き始め。
天気は予報通り、曇からスタート。
寒さはまだあまり感じない。

▼落葉した自然林をトラバースして進む。(8:25)


8:28 源次郎尾根分岐を通過。
落葉した気持ち良い自然林をトラバースして・・・
朽ちた木橋を通過して・・・
右側のに滝が見えてきたらもうじき本谷に合流。

本谷合流の直前の崩壊場所はちょっとイヤな感じ。
フィックスロープが張られていて、しっかり利用していますが、無かったらロープを出して懸垂下降ですね。。。
いちおうロープは持参しています。  

▼本谷直前の崩壊地。ココはちょっとイヤな感じの場所(8:57)


9:06 本谷沢、休憩14分(9:20まで)
絶好の休憩場所ですが、今日も日差しがないのが残念。
朝より気温が下がってきて寒くなった。

▼本谷沢で休憩(9:13)


本谷沢から別れて、いきなり急登を越えると、またトラバース。
晴れていたら絶好の展望場所ですが、眺めイマイチ。
木ノ又尾根(ホソノ尾根)へ入る道を探しながら進んだが、分岐を見つけることが出来なかった。

▼木ノ又尾根から。秦野、小田原、真鶴半島(9:31)


古い石垣の堰堤や、石垣の土台跡がいくつか現れ始める。
大日鉱山の関連遺構と思われるが、飯場跡?陶器の破片なども落ちている。

9:56 セドノ沢左俣に合流。
右岸を登って(ウッチーとヨーコさんは沢伝いに登って)
10:02 白糸の滝

▼白糸の滝(10:02)


10:12 セドノ沢から尾根への登り口。
書策新道は、故・渋谷書策さんが、昔のマンガン採掘用の道を再整備して書策小屋に繋げた道。じつはここまでは既存の道で、渋谷書策さんが作ったのはここから表尾根までの短区間です。
そして、この白糸の滝の上部に大日鉱山跡があるはず。探してみよう!って、だいぶ散策してみたが・・・
尾根分岐から上流は、いきなり枝沢が何本も分岐していて、それぞれの沢をだいぶ登ってみたが気配がない。考え違いしてるかな?と思って急斜面を登って見渡してみたが、見つけられない。

▼大日鉱山跡を探して散策(10:28)


諦めて書策新道まで戻って、ふっと右上を見たら、なにか有りげな気配。
アレか?って登ってみたら、1つだけ浅い坑口を見つけた(試掘の跡なのか?)。でも、お目当ての坑道は結局、見つけられなかった。
きちんと下調べしないとダメでしたね。

▼やっと見つけたのは試掘の跡?浅い坑口。(10:51)


11:03 歩き再開。
表尾根への最後の急登はなかなか辛い。

11:29 書策小屋跡地に着いた。
少し休憩。
久しぶりに晴れ間が出た。
日差しが嬉しい。

▼書策小屋跡地、塔ノ岳・尊仏山荘を背景に。(11:29)


11:51 新大日
12:08 木ノ又小屋
道がドロドロで歩きにくい。

12:36 塔ノ岳(標高1,491m)山頂。
晴れ間はあるが、西の空は雲が多くて富士山は見えない。
でも南アルプスと八ヶ岳がうっすら見えた。
尊仏山荘に入ってウッチーのオゴリでビールで乾杯!!
(ご馳走様です。m(_ _)m )
1時間休憩

▼塔ノ岳・山頂(12:37)


▼塔ノ岳・山頂(12:42)


▼尊仏山荘でビールで乾杯!!(12:51)


13:35 下り始め
雪がチラつきだした。
気温も下がってすごく寒い。

花立から源次郎尾根に入ってしばらく、ふっと大山を見たら、大山は完全に雪雲に覆われている。本降りの雪ですね・・・あっちのハイカーさんは寒くて大変そう。。。

14:14 源次郎尾根の草原で休憩
休憩にはちょっと早いけど、ここから先は休憩ポイントは無いし、この場所は休憩に絶好のポイントなので。。。

▼源次郎尾根の「下の草原」で休憩。 (14:18)


下の草原を過ぎると植林帯ですが・・・
倒木がとにかくすごい。昨年の台風24号の爪痕ですね。。。
跨いだり潜ったり、アスレチック状態。
いつもは駆け降りる尾根だけど、時間がかかる。

▼倒木だらけの尾根下り(14:47)


15:24 戸沢の駐車場に着いた。

**********************
今日も天気はイマイチだったけど・・・途中で晴れ間も出たのでまあ良いか。
4人でバカ話をしながら歩くのは楽しいですね。
ウッチー、ヨーコさん、お疲れ様でした。
大日鉱山跡を見つけられなかったのは残念ですが、次回の楽しみに。。。
年始早々、体調を激しく崩してしまい、10日間近く、家に帰るとほぼ寝たきりの毎日だった。
ようやく具合が良くなって迎える休日。
岩登りに行きたいけれど、日曜日の岩場は混雑してるし順番待ちなども大嫌い。寒い岩場でまた調子崩してもいけないし・・・。
今回は軽い山歩きに行くことにした。
選んだのは、書策(カイサク)新道を登って塔ノ岳、下りは源次郎尾根のコース。

書策新道は、故・渋谷書策さんが、昔のマンガン採掘用の道を再整備して書策小屋に繋げた道ですが、今では崩壊箇所が多く地図上では廃道扱いになっています。
変化に富んだ面白い道なのですが、途中、丹沢随一のヒル地帯の本谷沢を通過しないとならなくて、私にとっては完全な冬季限定のコースです。ヒル嫌い~(笑)

**********************
7:08 戸沢
日曜日なので混むかなと思って早めに家を出たけれど空いていた。
一休みしてのんびり準備。

▼戸沢の駐車場。日曜なのに車はまばらです。(7:36)


7:36 歩き始め
7:42 天神尾根入口
7:45 書策新道入口
8:01 源次郎尾根分岐

源次郎尾根を左に見送って、斜面をトラバース気味に進む。
古い壊れかかった橋や、フィックスロープが張られた崩壊箇所を次々に越えていく。

▼古い壊れかかった橋。斜面を普通に歩けます。 (8:23)


▼大々的なフィックスロープ。(8:30)


▼滝が見えてきたら本谷沢への合流はまもなく。(8:30)


▼本谷沢合流直前の崩壊箇所。コース通してここが最も危険か?(8:35)


近年崩壊した箇所・本谷沢合流直前では、岩に新しいアンカーが打たれていて、フィックスロープもまだ比較的新しいし、定期的に整備をされている奇特な方がいらっしゃるようですね。
念の為に補助ロープ・ハーネス・下降器などは持参してるけど、使う必要はなかった。

8:40 本谷沢、30分休憩(9:10まで)

▼本谷沢の道標(8:40)


▼本谷沢で休憩。(8:58)


冬の本谷沢は、日差しも入って休憩にちょど良い場所。
逆に、冬でなければこんな場所で優雅に休憩できませんね・・・夏はヒルがウジャウジャの場所ですから(笑)

9:10 歩き再開。
いきなり小枝を踏んで激しく転んでしまった。

本谷沢から崩れた階段の急斜面を登って。
草原状の自然林に出ると眺めが良くなる。

▼本谷沢から離れて、気持ちの良い草原の道。(9:15)


途中の道は、トレースが概ね明瞭。
迷いやすい部分は大々的にロープで注意警告されてたり、あまり迷う要素はない。
途中には、古い石垣で補強された小沢もあった。こんな場所なので、旧鉱山の関連施設でしょうか?

9:40 セドノ沢
セドノ沢は右岸の斜面を登るが、最近つけられた注意札もある。

▼昨年つけられた注意札。「右岸を登るように」って。(9:42)


9:46 白糸の滝
白糸の滝は右側から巻くが、登った上は、広い沢床になってる。

▼白糸の滝。(9:50)


▼白糸の滝の上。過剰なくらいテープで道が示されている。 (9:59)


このセドノ沢左俣をもう少し詰めると、鉱山跡(大日鉱山跡)があるらしいですが、今回はすぐ右上の斜面へ、書策新道をそのまま登ります。

風がゴーゴー鳴ってすごい。
尾根が近づくにつれて、風が入り込んで寒くなってきた。尾根に出る前に、早めに防寒着を重ね着した。

10:28 書策小屋跡地
跡地には大量に、木道整備用の資材が積まれていた。
休憩16分(10:44まで)

▼木道整備の資材に座って休憩。(10:28)


尾根は風がすごい。
「昼頃に日本海を低気圧が通過する」って予報通りで、時々雨と雹を含んだ強風が、轟々と吹き荒れている。
砂埃が目に何度も入っても辛い。
防寒着を着込んで、汗をかかないようにゆっくり歩いた。

11:30 塔ノ岳(標高1,491m)山頂。
天気が悪いせいか、山頂は人もまばら。
尊仏山荘は混んでいそうなので、写真だけ撮ってすぐ下山開始。

▼塔ノ岳山頂(11:30)


11:57 花立山荘
小屋に寄ってお汁粉を食べた。
小屋番のマモさんは忙しそうであまりお話出来ず。
12:26 花立山荘を出発。

▼源次郎尾根、下の草原。(12:50)


源次郎尾根は眺めが良くて素晴らしい。
しかし植林帯の倒木がすごかった。昨秋の連続台風のせいですね。
13:47 戸沢の駐車場に戻った。

帰りは下道をのんびり走って、17時に自宅に着いた。

**********************
今日は天気が残念だった。
もうすこし晴れ間が多いのを期待してたのですが、終始曇りで強風。寒くていたたまれず。風景をのんびり楽しむゆとりもなかった。
コースはとても面白かったので、晴れて、日差しがよく届く日に再トライしたいです。
我が家の今月はクライミングがメインのはずですが、諸事情重なって思うようにならず。
不本意ながら、いろいろストレスが多い今日此の頃です。(x_x;)

そんな中、今日は御前岩クライミングか?城山クライミングか?近場の山歩きか?って悩んでたのですが、オクサンが「丹沢山に行ったことがない」って言ってたのをフッと思い出して、塩水橋から蛭ヶ岳への日帰りピストンを計画してみた。
色々なストレスが積もると無性に山歩きをしたくなるんですよね~。ゼーゼー息切れしながら急登を登っていると、余計なことを思い出さないで済むし、素晴らしい眺めに出会うと悩みなんて吹き飛びますから・・・f^_^;

今日の丹沢山は、「てんくら」では終日A、「ヤマテン」でも夕方まで晴れ。
気象庁予報やweathernewsでもこの地域は概ね晴れだったので、最高の天気を期待したのですが・・・結果はなんと、驚きの雪!時々吹雪。emoji
なかなか厳しい一日でした。。。emoji

------------------------------------------------
4:16 自宅出発
横浜は星空だったが、ヤビツ峠は「さっきまで雨でした」って雰囲気。

6:06 塩水橋に着いた。
駐車スペースには先着3台のみ。
まだ夜明け前で真っ暗だし、6:30まで仮眠した。

▼塩水橋、林道ゲート(6:50)


6:50 歩き始め。
しばらくは林道歩き。
雨上がりで路面は濡れてて、周囲はモヤだが、進行方向の空は青い。

▼本谷林道から。進行方向は青空。(7:13)


7:16 本谷橋、防寒着を脱いだり、7分立ち休み。
7:23 山道を登り始め。登りは天王寺尾根を歩きます。
7:42 天王寺峠
この頃は陽も射して、右側に雲海を見ながら、快晴の稜線を信じて疑わなかったのですが・・・

▼天王寺峠から谷を見下ろすと雲海。(7:46)


天王寺峠でいったん自然林になったが、すぐまた植林になって、北側斜面は自然林だが、稜線部と南斜面はトータルで植林。せっかく晴れているのに、この植林の中では恩恵を得られない。寒い。

▼右は自然林だが、歩くコースは植林の中。(8:08)


8:19 「丹沢山まで3.3km」の標柱のそばで休憩19分(8:38まで)
9:43 天王寺尾根分岐で休憩21分(10:04まで)
雲が多くなり、アラレのような粉雪がパラパラ降り始めた。
進行方向は完全に雪雲に覆われている。

▼天王寺尾根分岐(9:44)


休憩後は気温も下がり寒いので薄ダウンを着て歩く。
自然林になったが、日は全く射さず、霧とアラレのような雪の中、黙々と。
今年の秋の連続台風のせいか、倒木が多い。

▼鎖場  (10:15)


最後の長い階段地帯を登りきると・・・
10:35 丹沢三峰の尾根に合流

10:41 丹沢山(標高:1,567m)山頂に到着。
最近ヤマレコなどで話題になる、山頂標識の背景に山積みされた荷物・・・ありました。確かに写真の邪魔ですね。
晴れてれば、「荷物の向こうに富士山」って構図になってしまう。
山頂標識の設置場所・向きも富士山を意識しているが明白なのに・・・ここを訪れるハイカーへのホスピタリティが欠如していると言われても仕方ないですね。

▼丹沢山・山頂。板が変わったんですね。(10:43)


丹沢山山頂では写真を撮っただけで通過。
蛭ヶ岳へ向かって歩き始めるが、一番楽しみにしていた眺めは何もなし。
風が冷たい。

▼ここから蛭ヶ岳への眺めが楽しみだったのに・・・(10:49)


11:15 不動ノ峰休憩舎。
休憩。21分(11:36まで)

風と粉雪が激しくなってきた。
もちろん眺めなんて何もなし。霧氷は綺麗だけど、それどころではない。とっとと蛭ヶ岳に行って引き返したい。

▼不動ノ峰休憩舎。粉雪が激しくなってきた。(11:16)


11:45 不動ノ峰(標高:1,614m)
霧氷がキレイだけど、寒くて写真を撮るのも面倒。

▼霧氷(11:51)


12:36 蛭ヶ岳(標高:1,673m)山頂に着いた。
山頂は寒いし、粉雪が時折激しく吹き付けるし・・・
写真だけ撮って、数分立ち休みして(12:44まで)・・・
小屋には寄らずに、丹沢山へ向かって引き返し。

▼ 蛭ヶ岳山頂、誰もいません。(12:37)


▼蛭ヶ岳山頂 。霧氷が綺麗。(12:40)


帰りは風が強くなり、頬に粉雪が当たって痛い。
13:05 鬼ヶ岩

▼鬼ヶ岩、眺めが良い場所らしいけど・・・(13:06)


13:32 不動ノ峰
13:38 不動ノ峰休憩舎。
休憩28分 (14:06まで)。
風雪を避けて休憩できる場所が有り難い。
山専サーモスに入れてきたお湯でカップラーメンを作って遅い昼ご飯を食べた。

▼不動ノ峰休憩舎で、温かいラーメンが嬉しい。(13:47)


14:36 丹沢山
みやま山荘に知り合いがいるので立ち寄ろうか悩んだが・・・
時間がだいぶ押してきているので通過することにした。

▼丹沢山、みやま山荘前で。(14:37)


▼最初の長い階段にも雪(14:44)


15:06 天王寺尾根分岐で休憩。18分(15:24まで)
登りのときと同じ場所で休憩したが、ここも雪がうっすら積もっていた。

▼天王寺尾根分岐(15:26)


下りは堂平へ降りたが、自然林が多くて落葉して良い雰囲気だ。次回は往復とも堂平経由かな?ってオクサンと話しながら歩いた。

16:00 塩水林道終点
もう日没が迫っている。小屋のような雨量計の前で少し立ち休みして、横から急斜面を下り降りていく。持っている地図では林道を歩くようになっているが、こちらのショートカットコースの方が、10分ぐらい短縮できて良い。

▼小屋のような雨量計。横にショートカットの入口がある(16:05)


16:23 ワサビ沢入口
再び林道を歩き始めてすぐ薄暗くなってきた。

2回目の大きな連続ヘアピンが終わった辺りで、警察が来て沢でなにか捜索?をしていた。林道から見て沢の対岸で発見者達?と写真を撮っている。
「遭難者の遺体発見って雰囲気だね」「この時間だと引き上げは翌日かな?」「何があったんだろう?」ってオクサンと話しながら、早足で先を急いだ。

長い林道下り途中で完全に日没、真っ暗になってしまった。
16:57 塩水林道入口ゲートに到着。

▼やっとゴール。意外に長かった。(16:59)


今回は久々に苦行のような山行だった。
一番楽しみだった主脈稜線では、寒い中、眺めも何もなく、粉雪を叩きつけられながら、先を急いで歩くのみ。なかなかのトレーニングにはなったけど、山歩きとしてはツマラナイ。
再度、快晴予報を狙って行かないとならないですね。。。

▼帰りに、菜の花台の展望台に立ち寄った。夜景が綺麗。(17:59)


丹沢山は・・・
私は、現在の丹沢山は丹沢山塊で最もつまらない場所の一つだと思う。100名山とか言ってここを目指すのは愚の骨頂だと思う(私が100名山嫌いの理由の一つです)。
みやま山荘は頑張っていると思うけど、私が学生の頃(35年前)にみやま山荘に泊まったときの丹沢山と、現在は景色がまるで違うし・・・昔は山頂全体が森で静かな山だった。
現在はあまりに中途半端な景観で、ただのジャンクションって感じになってしまっている。
残念ですね。。。
世間は3連休ですが、我が家は真ん中の日曜日だけがお休みです。
オクサンは膝の調子があまり良くないので、前回に引き続き、今日も私だけの山歩き。 後ろめたいので、今回もあまり遠出は出来ない(笑)

なので、今回もやっぱり近くて良い山・丹沢です。
選んだコースは、前回よりは少し負荷を上げて、三ノ塔尾根を登って、表尾根~大倉尾根の周回にしたのですが・・・

心配なのは天気ですね。。。
ヤマテンの丹沢の予報は、午前中は霧/午後は晴れ/夕方はまた霧。非常に蒸し暑い、季節外れの猛暑になる・・・らしい。

▼早朝の丹沢は霧ですね。ヤマテン予報通り。(5:58)


5:30 自宅出発。
6:28 大倉・山岳スポーツセンター下に着いた。
戸沢林道(秦野市道52号線)入口まで行ってみたが、相変わらず「通行止め」だった。でも見ていると車がどんどん入っていきます。彼らはドコへ行くんだろう?あの車では戸沢までは絶対行けないと思う・・・。私は今日はそっちではない(三ノ塔尾根を登る)ので引き返しましたが。。。 

6:58 歩き始め。
7:16 三ノ塔尾根・入口
7:33 鉄塔ポイントを通過
7:58 表尾根林道に着いた。15分休憩(8:13まで)。

昨夜は雨が降ったらしく、地面はビショビショに濡れていてすごい湿気で、息苦しい。歩き始めてすぐ、凄い勢いで汗が吹き出して、あっという間に汗びっしょりになってしまった。そのくせ空気はまだ妙に冷たくて、極めて不快。最低の気分だ。。。

三ノ塔尾根は、山道に入ってから作業林道を何度も横切って、常に左右・または両方に作業林道を見ながら歩く感じ。そんな登りが頂上のかなり近くまで続く。当然、頂上直下までずっと植林で、眺めも開放感も非常に乏しい。
正直あまり面白くないですね・・・。そんな道なので、ハイカーは誰もいないかも?って思ってたけど、意外にいて、三ノ塔まで2人に抜かれて、家族1組を追い抜いた。

▼林道を左右に見ながら、単調な植林を延々と登る。(7:29)


▼表丹沢林道に着いた。昔と風景がかなり違う。(8:13)


昔、自転車で放浪が趣味だった頃、自転車で表丹沢林道を走ったことがある。まだ10代で秋だった。この林道はまだ未舗装で、ちょうどこの場所で休憩したのだが、もっと明るい雰囲気だった。その頃の記憶(+写真)と今は全然雰囲気が違う。
簡単な山なら自転車で(時々担いで)登ってしまう年頃だったので、交差する登山道を見て「こんな長距離を歩いて登る人もいるんだな?」くらいにしか思わなかったけど(笑)。

三ノ塔山頂まであと1時間ぐらいの場所か?
林業作業真っ最中の現場を通過した。とうぜん今日は休工だけど、林業用アタッチメントをつけた大型ショベルカーが2台。先日(10/2)に烏尾尾根を登っている時、ずっと重機の音が聞こえていたが、コレだったんですね。。。

すごい汗と蒸し暑さでバテてきた。
足が重くなってツライ。
こんなコンディションでのこんな登りは、私は大っ嫌い!
もうウンザリ・・・・ってところで、突然左下に烏尾山が見えた。進行方向の植林も薄くなっている。「もうちょっとで三ノ塔だ!」

▼烏尾山が左下に見えた。三ノ塔はもうすぐだ。(9:20)


9:24 三ノ塔に着いた。
バテバテ、汗だく。
三ノ塔はハイカーで大賑わい。
テーブルに寝そべって、まずは水をがぶ飲み。
気温もだいぶ上がって、暑さと湿度負けで食欲がない。
22分休憩した(9:46まで)。

▼三ノ塔には久しぶり。避難小屋がずいぶん変わったな。(9:26)


▼富士山(左上)と烏尾山(右下)(9:49)


10:06 烏尾山
戸沢から登る時はいつも烏尾山で休憩だけど、今日は通過。

10:23 行者小屋
10:44 書策小屋跡地、12分休憩した。(10:56まで)

気温がすごい勢いで上がってきた。
もう表尾根は猛暑の世界。
今日は「季節外れの夏日和になる」って予報だったけど、この異常な湿度の高さは想定外だった。こんなに汗をかくのは久しぶり??

▼大島が見えている!(11:23)


11:08 新大日
11:19 木ノ又小屋
三ノ塔までですでにバテてしまってため、今日の表尾根の歩きは辛い。最後の塔ノ岳の登りが、尊仏山荘が目の前に見えるのになかなか足が出ない。汗がすごい勢いで手足を滴り落ちる。。。

11:46 塔ノ岳(標高1,491m)山頂に着いた。

▼塔ノ岳・山頂(11:46)


まずは尊仏山荘に寄ってビールを購入。
アキオさんはいらっしゃったが忙しそうだったので声を掛けず。
山頂標柱の近くに座って・・・今日も富士山とカンパイ!!
その後は、やっぱりお昼寝です。

▼今日も富士山とカンパイ。(11:52)


山頂にいたのは1時間22分。
たっぷり昼寝して、ちょっと疲労回復。

13:08 下り始め。
下りは今回は大倉尾根で、一気に下ります。
途中、給水で5分程度休んだ以外は一気に下って・・・

▼花立山荘前。氷の幟が新しい。(13:24)


13:24 花立山荘
14:23 観音茶屋
14:34 大倉尾根登山口 
14:39 大倉バスセンターに着いた。
まずは、自動販売機で冷たいジュースを買って、がぶ飲み。
風の吊り橋入り口の丸テーブルで暫く寝転がって休憩。
15:00 車に戻った。

帰りはケチって下道(国道246)で帰宅。
厚木は空いていたが、上今泉から瀬谷入口が大渋滞だった。

**********************
今回のコースは、それなりのボリュームがあってトレーニングには良いのだけど、烏尾尾根や仲尾根に比べると、楽しさはだいぶ見劣りしますね。。。
しかし今日は、コースの良し悪しよりも、何より暑さと湿度との戦いだった。10月上旬でこんな思いをするとは思わなかった。下山して水を飲みまくったのに、自宅に着いて体重計に乗ったら、なんと昨夜より3kg軽かった。(@_@;)
今日は快晴予報の休日。
オクサンは実家の用事で、私だけ山歩きです。
でも後ろめたいのであまり遠出は出来ない(笑)

こんなときはやはり、近くて良い山・丹沢しかないですね。
最近の私のお気に入りコース:戸沢から仲尾根~表尾根~塔ノ岳、下りは大倉尾根~源次郎尾根で行こうかな?・・・って、朝6:00に自宅を出発した。

▼東名高速で。丹沢は快晴です。(6:54)


いつもより出発時間が遅いので、秦野ICを下りていきなり通勤渋滞。
なかなか進まない。

日立工場の近くのファミリーマートで買い出しした。
朝ごはんはオニギリ1個。

7:40頃、山岳スポーツセンターの前を通過したが・・・
戸沢林道(正確には秦野市道52号線)の入り口に「災害の恐れがあるため立入禁止」って看板 (@_@;)
一昨日の台風は凄かったですからね~~。
でも封鎖はされていない。丹沢の林道に多い「自己責任で」ってコトですね、と解釈してそのまま進行した。
しかし林道は激しく荒れている。大量の枝葉と落石が林道を覆っていて凄い状態。注意深く進む。初めてこの林道で四駆モードに切り替えて運転した。時間がかかる。

8:10、戸沢までもう目の前なのに立ち往生。枝沢から大量の土砂が流れて完全に道を塞いでいた。これは完全に不可能だ (x_x;)
やむなく転回可能場所までバック~新茅山荘前へ戻る。

▼戸沢林道。戸沢まであと200m位なのに・・・(8:11)


新茅山荘前の広場では、通常は山側の広場に車を停めるのだが、今日は山がトータルに緩んでいて落石が怖い。川側に停めることにした。

車の左側で出発の支度中に足元を見たら、3匹のヒルがにじり寄っている!!もうビックリ。慌てて逃げたけど、1匹がすでに靴に這い上がっていた。速攻で潰したけど、油断も隙もない。丹沢のヒル、恐るべし!! 

新茅山荘から林道を歩くのはもう嫌なので、予定を変更して、今日は久しぶりに烏尾尾根を登ることにした。

8:44 歩き始め
9:13 一本桜

▼(9:13)


登り始めて間もなく、重機の音がガタガタ鳴り始めた。そんなに遠くはない場所だ。林道の整備作業が始まったか?それとも違う林道工事現場かな?

9:36 並木ポイント
このコースはとても歩きやすい良い道ですが、台風で倒れた倒木で所々道が塞がれている。大量の枝葉が落ちて、道が不明瞭になっている。まあ、登りは尾根を、行けるように辿れば良いだけなので迷うことは無いけれど・・・。

9:39 お地蔵さん
赤い前掛けが掛けられている。前回来た時は前掛けは無かったような気が・・・誰かが掛けてあげたんですね。。。

▼お地蔵さんこんにちは。(9:39)


最後の急登は、本来の道は何回か大きくつづら折りで登るはずだが、大量に落ちた枝葉で道が判別つかず、外してしまい、戻るのも面倒くさいから、そのまま頂上直下まで古い道跡を直上した。

10:06 烏尾山・山頂。
快晴で気持ち良い。25分休憩(10:31まで)
休憩終わり間際まで誰も来なくて、とても静かでよかった。

▼烏尾山頂は気持ち良い。左に富士山、右に塔ノ岳。(10:12)


表尾根も今日は静か。
数回、下りハイカーさんとすれ違って、2組を追い抜いただけ。

10:45 行者岳
10:57 政次郎尾根分岐
11:15 新大日、5分休憩

▼大山、左奥が横浜・東京都心ですが、だいぶ霞んでいる。(11:08)


11:30 木ノ又小屋 。
もう10月なのだが、足元のあちこちに意外に花が咲いていた。
いちばん目立ったのは、大きなアザミ、あちこちにケバく咲いている。
ちょっと大きめのリンドウもあちこちに・・・。

▼オヤマリンドウ?なワケないか、何リンドウだろう?(11:51)


11:53 塔ノ岳(標高1,491m)山頂に着いた。
山頂は、それなりに賑わっていた。
流石に人気の山。

▼塔ノ岳・山頂に着いた。(11:54)


まず尊仏山荘へ、アキオさんに会いに行ったのだが、残念ながらいない様子。ビールだけ買ってまた外へ。眺めの良い場所へ座って、富士山と乾杯。

今日の山頂は快晴emojiだけど、残念ながら霞んでいて「最高の展望」とまでは言えない。でもうっすら都心のビル群は見えるし、360度・・・ではなくて300度の展望が素晴らしい。
カンパイのあとはやっぱり昼寝して・・・山頂にいたのは1時間23分(13:16まで)。

▼富士山とカンパイ。(12:05)


▼尊仏山荘、左奥は丹沢最高峰?の蛭ヶ岳。(13:16)


13:16 下り始め、まずは大倉尾根。
13:27 花立
花立からの眺めは素晴らしい。
正面に秦野の街と小田原、向こうには真鶴半島・・・。

▼花立の木道。ここの眺めはいつ見ても良いですね。(13:27)


花立山荘の少し手前で左にそれて・・・
源次郎尾根に入ります。

台風のせいでだいぶ道が荒れている。
倒木と落ちた枝が邪魔して歩きにくい。
でも、上部はまあまあ順調。

▼源次郎沢の終点の岩棚から、表尾根と大山(13:35)


途中の草原の眺めはやっぱり素晴らしい。
この道はやっぱり下山路として最高ですね。。。

しかし、植林帯に入って絶句した・・・緑の世界。
台風のせいで落ちた大量の枝葉が堆積していて、トレースが完全に消えている。台風24号は本当に凄まじかったんですね。。。

▼道はドコ?トレースが全然わからない。(13:45)


「これは絶対にルート外すなぁ」って思いつつ、オクサンと一緒なら時間をかけて慎重に下るトコだけど、なんと言っても今日は私一人です!!
「どうやっても降りれるでしょっ!」「ワタシ、クライマーですから!」ってガンガン構わず走り下りてみた・・・。で、案の定、尾根を激しく外してしまった(笑)。
気がついたら植林が切れて、左右に沢の音が聞こえる。右の大きな滝音は源次郎沢本谷に間違いないが、左は枝沢か?? このまま下りればすぐに源次郎沢に降り立つ感じだ。
まぁ源次郎沢に降りてもどうにでも帰れるとは思うけど、大量のヒルが待っている沢には降り立ちたくない(笑)。仕方ない、左に沢をまたぐか・・・!

結局、枝沢2つとヤバ気な急斜面を無理やり何度かトラバースして、源次郎尾根に合流したけど(汗)。日頃の岩場のアプローチでやっているコトと変わらないのですが、こんなトコで怪我でもしたら仲間から笑い者になるコト明白なので、妙に疲れた(笑)
トラバース中に、カモシカの親子?3頭に会った。久しぶりのカモシカがここですか!(笑)

14:20 書策新道に合流
14:28 天神尾根入口の堰堤
14:31 水無川本谷で、泥だらけになった手足・ザック・ストックを洗った。
14:38 作治小屋。
作治小屋の前で、大倉尾根を離れてから初めてハイカーさん(女性)に会った。彼女は政次郎尾根を下りたらしいが、やはり倒木と落ちた枝葉で道を外して、「全然違う場所に下りてきた」そうです(笑)

14:51 新茅山荘前の広場に着いた。

▼「自己責任」で通らせてもらいました。m(_ _)m(15:24)


今日は久しぶりの独り歩き。
計画も、歩くペースもライン取りも、すべて自分勝手・場当たりでテキトー。
台風後の大荒れの山と相まって、パプニング連発の楽しい山行だった(笑)

帰りの東名高速は事故渋滞。(x_x;)
オクサンの実家に、オクサンを迎えに行けたのが17時半だった。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
木村 三郎
性別:
男性
職業:
ひょっとしてプー?
趣味:
岩登り、旅
自己紹介:
ハンドルネームは使いません、こんな名前ですが本名です。
本名を使う理由は単純に、匿名で言いたい放題言う風潮が嫌いなだけです。。。
顔が小さいので背が高く見られがちですが、じつは167cmしかありません。しかもなで肩で、上へのリーチは身長160cmの人とあまり変わりません。もうちょっと背が欲しかった。。。
カテゴリー
カウンター
最新コメント
[03/24 Kaori]
[03/24 Kaori]
[03/21 さぶろう]
[03/21 三村]
[02/27 さぶろう]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]