忍者ブログ
プロヴァンス滞在記 (管理人の日記です)
年末ですし・・・昨年末に引き続いて、『今年登ったルートで印象深いベストルート』を考えてみました。 今回もやっぱりベストいくつ・・・なんて数字はナシです。 今年登ったルートも面白いのがたくさん。 印象もそれぞれですが、その中でも特別印象深かったルートだけをあげてみます。

藤娘 5.12b  (二子山)
2~3手芸のボルダールート。私の超苦手系ですが、ビックロック仲間のIWA崎さんと一緒にトライしてムーブ解決~登れた。以前は自分には絶望的に思えたルートだったので、登れてとても嬉しい。

Des pruneaux dans le tajine 8a  (Couyrac・フランス)
2008年にトライしたが惜しいところで登れなかった宿題ルート。上部核心の手前で完全レストできるのだが、そこまでがかなり悪くてパワフル。核心手前で休んでも、核心はまたパワー全開の厳しいボルダームーブで、なぜか落ちてしまう。。。素晴らしいルートです。

Passage a tabac 7c+  (Couyrac・フランス)
強い前傾のパワフルルート。中間部からムーブが徐々に厳しくなり、最後のルーフ部分のリップを取るのが最大の核心。文句なしに素晴らしい・楽しいルート。キーホールドが濡れていたが、ローカルクライマー達の大声援を受けながら2回目でレッドポイント出来たのはとても嬉しい。思い出のルートです。

Planete groove 8a  (タルン渓谷・フランス)
30mのとても見栄えのするライン。内容も素晴らしいし、上部はボルト間隔が遠く、プレッシャーもかかるルート。2006年の取りこぼしルートだったが、そのときのトライ合わせて計3回でレッドポイント出来た。私の得意のポケットホールドが多いこともあるが、いいスタイルで登れてとても嬉しい。

Rahan 7b+  (Calames・フランス)
私の得意、やや前傾のカチルート。 30mのとても美しいラインです。下から見上げる以上に核心帯は長く、とてもテクニカルで耐久性を要求される素晴らしいルートだった。 核心帯の中盤で1ヶ所どうしてもムーブが読み取れず、もうダメかとあきらめかけたパンプ限界点でムーブを読み取れて、そのまま神経を張りつめながら残りムーブをこなしてオンサイト。 私の今年のベストオンサイトです。

Tsunami 7c+  (Genat・フランス)
とにかくラインが魅力的。 巨大な壁の、津波状にせり出している中央部分を、下からてっぺんまで登る40mの充実ルート。上に行くほど難しいムーブが出てきて、最後のせり出しを乗り越える部分が核心。とても楽しいトライだった。

ナイト・ディジィ・ダンス 5.12b  (カサメリ沢)
日本の花崗岩のベストルートにぜひ挙げたい、とても素晴らしい・面白いルート。核心のトラバースは確かに悪いが、その後も難しさは続き、最後まで気が抜けない。とても充実のルートです。

2011年は良いルートに出会えるかな・・・?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
木村 三郎
性別:
男性
職業:
ひょっとしてプー?
趣味:
岩登り、旅
自己紹介:
ハンドルネームは使いません、こんな名前ですが本名です。
本名を使う理由は単純に、匿名で言いたい放題言う風潮が嫌いなだけです。。。
顔が小さいので背が高く見られがちですが、じつは167cmしかありません。しかもなで肩で、上へのリーチは身長160cmの人とあまり変わりません。もうちょっと背が欲しかった。。。
カテゴリー
カウンター
最新コメント
[05/04 さぶろう]
[05/04 三村です。]
[05/03 さぶろう]
[05/03 三村です。]
[05/03 さぶろう]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]