忍者ブログ
プロヴァンス滞在記 (管理人の日記です)
世間は10連休な今年のゴールデンウィーク。
我が家は世間様と逆が基本ですが、10連勤はありえないので、4/30~5/2で3連休が出来てしまった。
しかし今年の我が家は晴れに恵まれない。4月下旬から雨天の休日が何と5連続で、今回の連休の3日目だけやっと晴れ予報が出た。(x_x;) 次を期待しても分かりゃしないし、山の空は回復してくれるかわからないけど、突っ込んでみるしかないですね。。。

今回攻めたのは焼岳。
やっぱり北アルプスに行きたいし、手っ取り早く登れる・眺めも良い山なので。。。

********************
前夜発。諏訪湖SAで車中泊。
4:20 諏訪湖SAを出て・・・
5:45 焼岳登山口駐車場に着いた。
すでに数台停まっていて、もう出発済み。
皆さん早いですね~~。
小雨が降る中、のんびり準備開始。

▼登山口の駐車場。小雨の中、歩き始めです。(6:22)


6:23 歩き始め
登山口からいきなり積雪ですが、とりあえずはノーアイゼンでスタート。
昨日は降雪しただろうと期待してたのですが、残念ながら雨だったようですね。この時間からすでに雪がグズグズ、表面はまだ凍っているけど、帰りは踏み抜きで難儀しそうな嫌な感じです。

▼雪質が悪くアイゼンなしでは歩きにくい。(6:50)


7:00 いちどザックを下ろしてアイゼン装着。
休みはせず、アイゼン装着してまた歩き始め。
無雪期もそうですが、このコースは休憩に適した場所があまりない。
疲れないようにゆっくり歩いて・・・
今回は広場の少し先、中の湯新道分岐まで休憩なし。

▼樹林帯の登り。地道に辛い。(7:17)


8:11 中の湯新道分岐で休憩。20分程度。
「なかなか天気回復しないなぁ・・」って思ってたら雪が降り出した。
「なんだかなぁ~」「天気全然ダメっぽいじゃん!」ってオクサンと言い合うが、ここまで来たのだからやっぱり頂上は踏んでおきますか・・・。
雪の中、開き直って、南峰を目指して急斜面を登り始める。

▼写真では解りにくいですが、結構な雪が降ってます。(8:39)


ちなみに、積雪期の焼岳は、通常、夏道を使わない。
広場周辺から左手の尾根を登って南峰(標高2,455m)を目指します。無雪期に登るのは北峰(標高2,393m)で、南峰は立入禁止(脆いため)となってますので、南峰は積雪期限定の登りです。

雪が降ったのは30~40分間くらいか?
途中かなり降って、先行者のトレースも消えてしまった。
まぁそれはそれで、自分でトレースをつけて歩くのが楽しいけど・・・。

▼雪は止んだけど、ガッスガス。本当に天気回復するの??(9:06)


▼時々、霧が晴れかけるけど、すぐまたガッスガス。(9:19)


雪の急斜面を越えて草付きに出てまもなく、「ケロケロケロ・・・」って鳴き声が聞こえてきた。「もうカエルが冬眠から目覚めたか?まだ周りは雪だらけなのに早いなあ・・・」って思ってたら目の前に雷鳥がいた(笑)
悪天候のせいで気持ちが違う山(低山)にワープしてしまってたんですかね。こんなところに(たとえ夏でも)カエルがいるはず無いのに(笑)
慌ててカメラを構えたら、人見知りな子だったようで、雪面の上に逃げてしまって・・・ガスのせいであまりいい写真が撮れず、残念。

▼雷鳥!!霧の中ズームで撮ったので画質が悪い。(9:23)


9:50 焼岳・南峰(標高2,455m)到着。
眺めは何もない。ガッスガス。
基本「立入禁止」な場所なので頂上標柱もない。

▼山頂に着いたけど、風景なんにもナシ。(9:53)


昔の標柱の残骸があるらしいけど・・・って探しながら、細長い山頂地帯を行ったり来たり。最高地点と思われる場所の岩の上に、立入禁止になる前の古い山頂標識の残骸?を見つけて、ザックを降ろした。

▼北峰寄りの突端まで行ってみる。(9:55)


木の残骸(山頂標識?)を手に記念写真を撮りながら・・・
「1時間ぐらい待ってダメだったら帰ろうね」って話したとたん、ほぼ突然、雲が消えて眺めが出だした!!槍ヶ岳が見える!穂高の吊尾根も見える。奥穂高岳の山頂が終始雲で見えなかったけど、とりあえず良かった。来た甲斐があった。

▼山頂で記念撮影中に、いきなり晴れだした。(10:13)


▼槍をアップ。中央の黒い部分。私のカメラではこれが限界。(10:38)


▼左奥は槍ヶ岳、右は穂高連峰、手前は焼岳・北峰。(10:38)


テルモスで持ってきたお湯でカップラーメン作って温まって、他のハイカーたちといろいろお話して・・・山頂にいたのは1時間くらいか。

▼山頂で、オクサン。そろそろ下りますか・・・。(10:45)


10:50 下り始め
下り道は同ルートを下降だけど、霧が晴れて改めて尾根周囲を見渡すと、意外に積雪量が少ない。穂高連峰や周囲の峰々も意外に雪が少なく感じるが、この時期はこんなだったっけか・・・??

本当はもっと早い時期・厳冬期に来たかったのですが・・・
今年はいろいろとあったし、仕方ないですね。。。

▼乗鞍を背景に。雪がもう少ないですね。(10:58)


▼雪の急斜面をトラバースするオクサン。遠くに乗鞍岳。(11:09)


▼雪が緩んでグズグズの急斜面で苦戦中の登りハイカー達。(11:18)


▼霞沢岳を背景に、オクサン。(11:21)


11:30 広場。
広場は最後のビューポイント。
この先は樹林帯で眺めはもうない。
焼岳を眺めながら、休憩19分(11:49まで)

▼広場から焼岳を眺める。左が南峰、右が北峰。(11:38)


樹林帯の下りは、案の定、雪が緩んで途中何度も踏み抜きで転んでしまい、一度アイゼンのツァッケが膝裏に刺さりかけてしまった。危うく一大事になるところだった(帰宅後に傷を見たら結構なアザになっていた)。

12:48 駐車場着
駐車場で穂高連峰の眺めがお出迎え。
駐車場からの眺めが一番良かったか・・・(笑)

▼登山口に着いた。(12:48)


▼穂高連峰を背景に記念撮影。(13:15)


他のハイカーさん達と話しながら片付け・・・
駐車場を出たのは13時半頃。

まずは沢渡公園へ立ち寄って・・・
コンビニでアイス食べて休憩して・・・

15時過ぎに松本ICから長野自動車道に乗ったけど、中央道の渋滞がすごかった。事故渋滞と、それを見物するために事故現場をなかなか通過しない不届きなドライバー(怒)。

自宅に着いたのは、なんと21時半!
楽しかった山行の思い出が、速攻で最悪渋滞の思い出で上書きされてしまった。
5月連休すごすぎ。(x_x;)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 12 13 14
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
木村 三郎
性別:
男性
職業:
ひょっとしてプー?
趣味:
岩登り、旅
自己紹介:
ハンドルネームは使いません、こんな名前ですが本名です。
本名を使う理由は単純に、匿名で言いたい放題言う風潮が嫌いなだけです。。。
顔が小さいので背が高く見られがちですが、じつは167cmしかありません。しかもなで肩で、上へのリーチは身長160cmの人とあまり変わりません。もうちょっと背が欲しかった。。。
カテゴリー
カウンター
最新コメント
[04/17 さぶろう]
[04/17 三村]
[02/27 さぶろう]
[02/27 三村]
[02/26 さぶろう]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]