忍者ブログ
プロヴァンス滞在記 (管理人の日記です)
ビックロックの仲間と一緒に剱岳・八ツ峰に行ってきた。
その2日目です。
*********************

■私にとっての剱岳は・・・
昔、学生の頃、所属していた山岳会(稜朋会)の夏合宿で行ったきり。
1日目は夜行電車で富山から入って熊の岩まで。2日目にまず6峰Dフェースのルートを登って(何を登ったか忘れた)、そのままチンネへ進んで、チンネ左稜線を登って熊の岩に戻った。3日目は長次郎谷を降りて丸山東壁に登りに行ってしまったので・・・
つまり、剱岳の山頂に立ったことがない(笑)

「やはり1回は剱岳の山頂に立ちたいな!有名所だし」って常々思っていたが・・・
ビックロックのお馴染みメンバーのケイスケさん、ウッチーから「八ツ峰に行こう!」って話が持ち上がり、「じゃあ八ツ峰のついでに剱岳に登ろう!」って計画になった。
今日がそのお楽しみの日です ♪♪

3:00 起床
3:30 キャンプ場を出て剱沢小屋へ向かう。
小屋泊まりのウッチーと待ち合わせだが、暗闇で小屋の場所が分からずに少し迷ってしまった。

▼さあ、楽しい登山の始まりです!!(3:55)


4:00 剱沢小屋を出発。
まずは剱沢の右岸をひたすら下る。

と?ふっと気付いた。ザックにロープを入れ忘れた!!
ザックを降ろして確認するか?いやそんなコトしなくても明白だ!ザックが妙に軽い気がしていたので。。。標高差100m以上は下ってきたか? もう取りに戻る気はしない。(x_x;)

私は長年のクライミング野外生活で、寝る時の枕はロープ束が定番で、昨夜もロープ枕で気持ちよく眠れたのだが、肝心なそのロープを、起床後、ザックに入れるのを忘れてしまった。
メンバー皆様ごめんなさい。
ケイスケさんのロープ1本での登攀が決定です。m(_ _)m

剱沢右岸から雪渓に乗ったところでアイゼンを装着。
長大な雪渓をひたすら下る。

▼剱沢大雪渓をひたすら下る。空が白んできた。(4:32)


平蔵谷の出合を過ぎて・・・源次郎尾根に取り付くパーティーが1組いた。
また更に雪渓を下って・・・

4:55 長次郎谷の出合いに着いた。
まずは休憩。ここから長くて辛い雪渓の急登が始まるので・・・。

▼長次郎谷。写真では分かり難いが、長大な登りが始まる(4:55)


長次郎谷の登りは辛い。
出合いから見ると傾斜が無いように見えるが、実際はなかなかの傾斜。
熊の岩が遠くに見えてきたが、登っても登っても近づかない。
風が強くて冷たい。

▼急傾斜で長大な長次郎谷を登る。(5:38)


長次郎谷から1時間弱くらい?
雪渓の中央に、休憩にうってつけの岩場があり、一休み。
吹き下ろす風が冷たく、上着を着る。

さらにひと登り、熊の岩の目の前まで到着した。
ここから右上へ、八ツ峰5・6のコルへ向かって詰めていく。

▼八ツ峰 5・6のコルへ向かって雪渓を詰める。(7:09)


5・6のコルの手前は雪渓が切れて残っていて・・・
昨日、ケイスケさんが剱沢小屋でコース状況を聞いた時に、「5・6のコルへは危険で上がれないかも」って、さんざん脅されたらしいが、実際は問題なし。
左のシュルントから、普通に5・6のコルへ上がることができた。

▼左のシュルントを潜って5・6のコルへ這い上がる。(7:27)


ようやく、お楽しみの始まりです。
ひと休みして、ハーネスを付けて準備開始。

7:50、リードはケイスケ隊長!
我が家はロープ忘れのため、ケイスケさんが登ってロープをいちどフィックスにして、そのロープにプルージックで確保して登る。最後にフィックスを解いて、ウッチーがフォローで登る・・・って手順。まあ、三級も無い程度の、落ちることなんてありえない岩ですからね。。。

▼6峰を登り始め。リードするケイスケ隊長!(7:52)


▼6峰をプルージックでフォローする我が家。(8:32)


ロープを使ったのは1ピッチだけで、あとはロープ無しで登る。
9:10頃、Cフェースの頭を越えて、1回懸垂して、もういちど登り返して・・・
9:30頃、6峰のピークに着いた。

6峰で少し休憩して懸垂下降。

▼6峰を懸垂下降中のオクサン(9:36)


6・7のコルに降りてロープを畳んでいたらウッチーが驚きの発言!「7峰・8峰は巻こうよ~」って。(@@)
それはダメでしょう!」って、一度は一笑に付したが・・・しかしよく考えると、6峰で意外に時間ロスしている。ロープが1本しかなくて効率が悪いのも明らかな原因(私のミス)だ。このペースでは八ツ峰の頭に着くのは12時を回ってしまうかもしれない。再三のウッチーの意見を半分取り入れて、7峰だけ巻くことにした。

6・7のコルから右側を巻いて、雪渓の隙間を潜って、7・8のコルに這い上がった。8峰まで巻いてしまったら、「八ツ峰を登った」なんて到底言えなくなりますからね。。。

8峰の登りはノーロープで通したが、凹角から始まって、後半は高度感があるトラバースも出て、なかなかスリリングだった。

▼8峰への登り、オクサン。(10:23)


▼8峰への上り、ケイスケさん。(10:31)


10:30、8峰のピークに着いた。しばらく休憩。
右にチンネが見える。
チンネ左稜線もここから見るとカッコイイですね。。。
クレオパトラニードルも見える。

▼8峰の懸垂下降(11:02)


八ツ峰の頭は、出だしの登りがちょっと悪い。
いや、実際は悪くは無いのだが、出だし2mの見た目が悪そう。
念のためケイスケ隊長にロープを引いて登ってもらった。
浮き石が多くて岩もボロい、嫌な感じの登りだった。

▼クレオパトラニードル(11:36)


11:40、八ツ峰の頭に着いた。
今日の第一目標達成です。ちょっとオチが付いたけど・・・。
少し休憩。

▼八ツ峰の頭でオクサンとウッチー。左奥が本峰、右は池の谷尾根の頭(11:43)


▼八ツ峰の頭、最高点のケイスケさん(11:47)


八ツ峰の頭から、正面に 池の谷尾根の頭が見えるが、見るからにボロボロ。
あんなの登れるの?って感じだが、8峰を登っている時から数人のハイカーが行き来しているのが見えてたので、まあなんとかなるのでしょう。その彼らもガラガラと落石しながら登り下りしていたが・・・。

八ツ峰の頭から懸垂下降1回+クライムダウンで池の谷乗越、一般路(北方稜線)へ合流した。
長次郎谷の右俣は、池の谷乗越の直下まで雪渓が残っている。あちこち割れているので下るにはかなりややこしそうな感じ。もちろん目指すのは劔本峰なので降りないですが・・・。

池の谷尾根の頭は、凹角をメインに登るが、見た目通りボロボロで登りにくかった。
北方稜線は、池ノ谷ガリーが悪いので有名らしいですが、池の谷乗越から剱岳本峰までの上部区間も十分に悪いですね。。。特に富山側を巻くとき、切れた谷を見下ろしながら、ザレ・ガレの足元に注意しながら狭いバンドをトラバースするのは緊張する。雪解けからまだ間もないので、山が全般的に緩んでいるのも気持ち悪い。

▼北方稜線を剱岳本峰目指して登る。(12:26)


▼北方稜線は悪路。あちこち緩んでザレて危険がいっぱい。下は谷です。(12:58)


▼浮石だらけの凹角を登る。(13:40)


長次郎の頭は、最初は左側から、最後は右に巻いたが、長次郎のコルへ降り立つ直前は、懸垂下降の支点があったけど、フィックスも垂れていて、ロープは出さずにそのまま垂直のチムニーをクライムダウンした。

あとはもう悪いところはない。
剱岳山頂は目の前!
息を切らせながら耐えて登って・・・

もう頂上直下?
間違えて左に巻き気味に登ってしまったら、きれいに整地されたテント場に出た。2張り可能か?すごく快適そうです・・・。山頂からはちょうど見えない位置にある。
そのテント場から上へ、10mくらい?登って・・・

13:56 剱岳(標高2,999m)山頂に到着した!!

山頂にはソロの方が1人。
写真を撮って頂いた。

▼剱岳(標高2,999m)山頂に到着!!(14:03)


ウッチーは山頂に着くなり、ビールを取り出して乾杯(笑)
私もやっと念願の、剱岳登頂で嬉しい。
オクサンも初剱岳が八ツ峰からなんて勲章?付きで大喜び。
すっかり世話役に化してしまったケイスケ隊長、ありがとうございます(笑)

▼北方稜線を登る後続P。右奥は鹿島槍、中央やや右は五竜 (14:20)


山頂の天気は、時々雲が湧くが、概ね晴れ。emoji
日本海が見えないのが残念だが、南側の景色は概ね完璧。
せっかくの山頂なので、風景見ながら30分ちょっと休憩した。

▼帰る先の剱沢キャンプ場は遠い。(14:21)


14:35 下り始め。
ここまでと打って変わって、整備された歩きやすい道。ペイントマークもあって迷うこともない。疲れているけどお気楽に下る。

別山尾根は「カニのなんとか」って鎖場が幾つかあるけど、カニのヨコバイ意外はどれがどれだか分からなかった。高度感があってなかなか楽しい道ですね。今日は平日の午後なので私達以外は誰もいないけど、土日の午前中など、混んでいたら渋滞して大変なことになりそうですね。

▼カニのヨコバイ(14:54)


▼カニのヨコバイの次は階段(14:57)


▼鎖場の登り返し。下山なのにアップダウンが多くてツラい。(15:14)


▼剱岳山頂が遠くなった。(15:55)


疲れたので、途中休み休み。
遠くにみえる剱沢キャンプ場がなかなか近づかない。
下山なのに、登りが意外に多いのがツラい。

前剱からやっと一気に下り始めて・・・
一服剱の手前でまた休憩・・・
最後の登り返しを耐えて、剱御前小舎を目指す。

17:25 剱御前小舎に着いた。
剱沢小屋の売店は18時までなので、着く頃にはビールは買えない。
なので、剱御前小舎でビールを買って、少し早いけど無事下山祝です。emoji

▼剱山荘に着いた!ビールで乾杯!!(17:28)


20分ぐらい剱御前小舎の前で休んで、剱沢キャンプ場へ向かう。
剱沢小屋まではほぼトラバースだが、剱沢小屋からキャンプ場までの登りが辛かった。疲れて足がなかなか上がらない。。。

18:20 キャンプ場に帰還。
テントに入って寝転んで、疲れでしばらく動けず(笑)

▼キャンプ場に着いた。もう疲れてヘトヘト。(18:20)


疲れてご飯を作るのも面倒。
棒ラーメンをオクサンとすすって、今日の晩ごはんは以上。

▼夕焼けが美しい。右のシルエットは剱岳。(19:23)


夕焼けと、剱岳のシルエットが美しかった。
疲れたけど、楽しい1日だった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
木村 三郎
性別:
男性
職業:
ひょっとしてプー?
趣味:
岩登り、旅
自己紹介:
ハンドルネームは使いません、こんな名前ですが本名です。
本名を使う理由は単純に、匿名で言いたい放題言う風潮が嫌いなだけです。。。
顔が小さいので背が高く見られがちですが、じつは167cmしかありません。しかもなで肩で、上へのリーチは身長160cmの人とあまり変わりません。もうちょっと背が欲しかった。。。
カテゴリー
カウンター
最新コメント
[05/23 さぶろう]
[05/23 けーすけ]
[05/19 さぶろう]
[05/19 三村]
[05/18 さぶろう]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]