忍者ブログ
プロヴァンス滞在記 (管理人の日記です)
今回の我が家の連休は久しぶりに2日間とも 晴れemojiマーク。
しかし先週の黒戸尾根の疲れが取れてないし・・・
膝も、もう痛くはないがホントに治ってるのかは分からない・・・
あまり厳しい山歩きは無理かな??
かと言って、岩登りも今の時期は行きたい岩場が思いつかない。
往復5~6時間くらいの軽い歩きで楽しめる山はないかな???

思いついたのが雨飾山。
この地域、戸隠・妙高は自宅からは遠いこともあって、まだ1回も行ったことがない。
こんな機会なのでちょうどいいかな?って決定した。

*******
前夜、19:38自宅を出発で、諏訪湖SAで車中泊。
仕事が終わって夜出発だと、このあたりが体力の限界か?

3:30 起き。
3:58 諏訪湖SAを出発。
安曇野ICで降りて、北アルプスパノラマロード、国道148号。
木崎湖の辺りは、ヨーロッパの湖畔のような雰囲気で良いですね。
このあたりまでは快晴だったが、進行方向は雲がかかっている。emoji

6:10 登山口・キャンプ場の駐車場へ到着。
ドンヨリ曇って今にも降りそうな空・・・emoji
きっと晴れると思うし、こんな空で急いで歩き始めてもつまらないのでまず仮眠。
1時間眠ったが、空模様は変わらないので、仕方なく準備。

▼時々、青空も見えるんだけどなぁ・・・(7:44)


7:46 歩き始め。
まずは下って湿原へ、木道をしばらく歩く。
魚がいっぱいいる。30cm位の大きなものもいた。

▼木道を歩く。(7:52)


▼湿原に咲いていた花。(7:53)


歩き始めから10分ぐらいで湿原が終わると、いきなり急登が始まる。
泥道の急登がひたすら続く。
眺めは何もない。
気温は低いけど一気に汗が吹き出てくる。

▼こんなドロ道の急登が延々と・・・(8:10)


8:31 ブナ平。
そろそろ休憩の時間なんだけど・・・
湿気でジメジメで、休憩する気分になれない。通過。

▼ブナ平。(8:31)


9:04 荒菅沢を通過。
さらに急登になるが・・・
天気は悪いし、霧で眺めもないし、つまらない!!!
休むのに適した場所も見つからず、ひたすら登って・・・

9:23 諦めて道の途中で休憩、20分(9:43まで)。
止まると体が一気に冷えてくる。
山専サーモスに入れてきた熱いお茶が美味しい。
もうそんな季節なんですね。

▼道の途中の倒木に座って休憩。(9:24)


先週痛めた左ひざがやっぱり少し痛くなってきた。
痛めた部位がどうもはっきりしない。原因もはっきりしない。
膝は2次的に負荷がかかって痛んでいるとしか思えないのだが、その原因を確かめながら、加減しながら登り続ける。。。

稜線が近づいてきて、ようやくドロ道は終わるが、変わって岩ガレの急登。
下りのハイカー1組とすれ違った。
雲が晴れないので諦めて降りてきたそうだ。
雨雲レーダーではこの周辺にだけドーナツ状に雲が出ているそうだ。
「これじゃぁ雨飾山じゃあなくて雲飾り山だよ!」って嘆いていた。

私の読みでは「昼までには晴れるんじゃないかな?」なんだけど・・・。
もう少しの辛抱!って思うんだけど・・・。

▼霧の中、岩ガレの急登を登る。(10:06)


▼アサヒビールの寄付金で設置されたハシゴ。(10:09)


空が薄青くなってきた!!!
やっと山の雲が消え始めたか!??
まもなく眩しいくらいの青!!

▼霧が晴れた!!(10:21)


10:23 笹平を通過。
尾根はもう秋色に色づき始めている。
もう少ししたら紅葉が綺麗なのかな??

▼笹平を通過。(10:23)


山頂も見えた。
ハイカーさんが大勢見える。
みんな早朝に出たはずなのに(駐車場には先客がいっぱい停まってた)、ここまで1組しかすれ違わなかったので不思議に思ってたのですが、やっぱりみんな山頂で晴れるのを待ってたんですね。。。

▼秋色になり始めた草原の向こうに山頂が見える。(10:37)


最後の急登は、急登って言ってもせいぜい標高差100mちょっと。
時折 振り返って眺めを楽しみながら・・・

10:50 雨飾山(標高1,963m)山頂に到着。
山頂は小さな双耳峰になっていて、標柱があるのは南峰。
まず到着写真を撮って、休憩するには若干狭いので、北峰へ移動。
石像さんの横にシートを広げて、長い休憩。

▼雨飾山に着いた!(10:51)


▼山頂から登ってきた尾根を見下ろす。(10:55)


頂上では2時間近く休憩。
せっかく晴れたし、風景を楽しもう!って。

だけど、周囲の雲はなかなか完全にはれない。
北アルプスは雲の中。
時々、白馬岳?が部分的に見えるが同定が困難。
山頂に着いた時は、日本海と糸魚川市が綺麗に見えたが、すぐに霧がすごい勢いで湧き上がって・・・その後はなかなか好展望にならない。

▼白馬方面は雲だらけで同定が出来ない。たぶん左が白馬岳。(11:17)


▼左から地蔵山、高妻山、戸隠山。こちらは好展望。(12:03)


▼日本海と糸魚川市は湧き上がる雲と霧でなかなか見えない。(12:26)


足元に明星山(みょうじさん)が見えた!
P6南壁も見える!!!
オクサンに「昔パトリック・エトランジェがフリーソロした・・・」「あれがP6南壁で・・・」とか解説していたら、日本海側から霧が増えてきて見えなくなってしまった。
その後はずっと霧の中。写真を撮り逃してしまった。emoji
出発準備中に一瞬、霧が消えかかり、慌てて撮ってみたけどイマイチ写真。。。

▼明星山(みょうじさん)。P6南壁が見える。(12:28)


12:40 下り始め。
いったん南峰に行って写真を撮って、他のハイカーさんと下山後の温泉の話を少し交わして、下り始める。

▼北峰を見ながら下り始め。(12:40)


▼頂上直下の下り。見下ろす池が美しい。(12:42)


▼オヤマリンドウ(御山竜胆)かな? 沢山咲いていた。(13:01)


12:55 梶山新湯
13:00 笹平
下りは良い休憩ポイントも無いので、ひたすら黙々と。
上りの時と違って、眺めが良いのが救いか・・・。

左膝は・・・痛くならないように上手く歩けていたのだが、うっかり滑って転んでしまい、捻ってしまったのか?激しく痛むようになってしまった。emoji
途中から痛い左足をかばいながら・・・。

13:43 荒菅沢
沢を渡った後の登り返しが辛い。
登りきると・・・この辺りが、雨飾山と稜線を見渡せる最後の展望ポイントだ。
写真を撮って雨飾山ともお別れ。

▼左ピークの奥が雨飾山の山頂。このアングルからみるとすごい急峰です。(13:54)


14:12 ブナ平
14:34 湿原に着いた。
最後の木道を、魚と花を見ながら歩いていたらオクサンが大転倒した。
なぜここで??emoji
14:47 駐車場(登山口)に帰還した。

▼雨飾山登山口。(14:47)


▼駐車場で。道具を洗って干したり、一休み。(15:05)


駐車場で道具を洗って干したり、膝に鎮痛剤を塗ったり・・・
お腹が空いたのでおにぎりを食べたり・・・
しばらく休憩、急ぐ必要もないし。

車で鎌池の駐車場まで行ってみて、歩くようなので引き返し。
途中の林道から見上げる雨飾山が素晴らしい。

▼雨飾山。どっしりした素晴らしい姿です。(15:31)


▼何が起きたらこうなるのか?変形したガードレール。(15:33)


15:40 雨飾高原 露天風呂へ。
ここは村営で料金は「寸志」。料金箱へ気持ちを投入するシステムです。
森の中に露天のみがあって掛け流しされています。
「昔、北海道を自転車旅した時にこんな露天風呂によく入ったなぁ」って懐かしく思いながら・・・。もちろんここも素晴らしいです。1時間ちょっと?長風呂した。

▼雨飾高原 露天風呂(17:22)


明日も休みだけど・・・
左膝の感じでは休んだほうが良さそうだし、ノンビリ帰宅することにした。

小谷村の道の駅に寄り道して地ビールを買って・・・
下道を走って、安曇野ICから高速道路を走って・・・
眠くて2回、途中で仮眠。

自宅に着いたのは 1:54 だった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
木村 三郎
性別:
男性
職業:
ひょっとしてプー?
趣味:
岩登り、旅
自己紹介:
ハンドルネームは使いません、こんな名前ですが本名です。
本名を使う理由は単純に、匿名で言いたい放題言う風潮が嫌いなだけです。。。
顔が小さいので背が高く見られがちですが、じつは167cmしかありません。しかもなで肩で、上へのリーチは身長160cmの人とあまり変わりません。もうちょっと背が欲しかった。。。
カテゴリー
カウンター
最新コメント
[11/16 さぶろう]
[11/16 三村]
[11/13 さぶろう]
[11/13 三村]
[11/12 けーすけ]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]